ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

cv:間島淳司 / メスタンク(女体化):赤﨑千夏
異種族レビュアーズ』の主人公。人間の男性。
頬の小さい傷と無精髭が特徴で、後ろ髪を短い三つ編みにしている。

年齢は不明だがカンチャルより年下らしい(元となった異種風俗クロスレビューでは29歳。天原の原作およびネームでは顔など全く描かれていなかったため、連載開始時に読者から『こんな顔してたのか』と驚かれた)。
周囲の評価は『冒険者としては英雄クラスだが、エロい事と日銭稼ぎしかしない無名誉エロ剣士』。

毎晩サキュバス街で遊び歩く筋金入りのスケベで、まだ見ぬ店に行くためならば、海底だろうが火山地帯だろうがどんな難所でも冒険に向かうバイタリティの持ち主。

相棒のゼルとサキュバス嬢に対する価値観を議論したことをきっかけに、その延長でサキュバス店のレビューを酒場に張り出したのが好評となり、本業の冒険者と並び貴重な収入源のひとつとなる(とはいえ、日銭稼ぎか夜遊びの足しにしかする気はないのだが)。

メイドリーにセクハラをかましたり、真面目なクリムを女遊びに誘うといった粗野な振る舞いが目立つが、彼の悲鳴を聞いて即座に駆けつけたり、下品な話にちょっと引き気味の態度を見て「女性だったか?」と無礼を詫びたりと、基本的に悪人ではない。
態度はふざけているが仕事となれば一応真面目で、冒険者としての依頼はそつなくこなす。


サキュバス嬢を選ぶポイントは、顔とエロさ。おっぱいは大きい娘が好き。
マナ(魔力)を殆ど感じることができないため、外観が若くて美人であれば実年齢や種族は気にしない派。その為、感覚で齢というものを見る種族の仲間からは時折ドン引かれる事も。

フェアリー専門店で測られたデータによると本気時のアレは長さ16.5㎝、太さ4.1㎝と中々立派。ただそれが災いして、妖精とは思えないほど巨体のおデブしか相手にできなかった。

レビュー内容は一番スタンダードで、人間であるため美醜の感覚は読者に一番近く、レビュー内容も割と共感ができるものが多い。
良いポイントを素直に評価できる優しいところがあり、余りの酷さで他3人が0点をつけた店に「最初の30分は楽しめた」という理由で1点をあげた事もある。

余談

電撃オンラインに掲載されたアニメ化記念インタビューによれば、6ページくらいで彼の設定漫画を描いたが、全体的に重い感じの内容だったので全部ボツになったという。アニメや小説のスタッフにはその漫画が渡されており、それらの設定は結構拾って使われているとのこと。

小説版及びアニメにて明かされた設定を列挙すると、
かつて父親が個人でハーレムを所有するほどの名家の生まれであったこと。
厳しく鍛えられ、幼少期には武芸の大会で大人を押し退け優勝するほどの剣武の才を開花させたこと。
とある事をきっかけに家を飛びだして以来疎遠状態にあり、父親の事も『ハーレムの趣味はいいが人格は最低』と評するまでに嫌っていること。

そうして冒険者となって以降、その剣の冴えを磨くと同時にサキュバス嬢の存在にも触れスケベとしても覚醒し、現在に至ること。(愛用の剣は、ドワーフの目から見ても『上級貴族の家宝として飾っておく』ほどの名剣。恐らく実家から持ち出してきたと思われる。)
ゼルは元々スタンクの父親と知り合いであり、スタンクが幼少期からの付き合いらしい。

関連項目

異種族レビュアーズ

関連記事

親記事

異種族レビュアーズ いしゅぞくれびゅあーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スタンク(異種族レビュアーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311940

コメント