ピクシブ百科事典

サキュ嬢

さきゅじょう

漫画・アニメ『異種族レビュアーズ』に登場する風俗嬢「サキュバス嬢」を略してこう言われる。便宜上、彼女らが所属する店舗もここで紹介する。
目次[非表示]
  • 1 サキュバス嬢とは?
  • 2 店舗・店員一覧
  • 2.1 エルフのおやど
  • 2.2 スナックミツエ
  • 2.3 滝壺の渦潮(原作) / 海底神殿(アニメ)
  • 2.4 妬き鳥・秘伝のタレ(原作、コミックス特典より)/ 有翼人エルドリー(アニメ)
  • 2.5 ニャンニャン天国
  • 2.6 フェアリー花蜜
  • 2.7 牛乳牧場
  • 2.8 性転換の宿屋
  • 2.9 女体焼肉火竜(サラマンダー)
  • 2.10 淫魔の狂喜乱舞
  • 2.11 単眼倶楽部
  • 2.12 はなぞの光
  • 2.13 男のキノコを天国へ…
  • 2.14 性のマリオネット
  • 2.15 産卵ショー店ナマタマゴ
  • 2.16 おかしらのアジト
  • 2.17 サキュバスタワー
  • 2.18 ネクロワイフ
  • 2.19 マジカルローション
  • 2.20 デミア魔道具店
  • 2.21 あんたが種馬
  • 2.22 水槽のハーレム
  • 2.23 みんな酒の精
  • 2.24 悪魔の穴
  • 2.25 夢のリピーター
  • 2.26 出会って数分で初夜
  • 2.27 けものみち
  • 2.28 肉刀研磨工房
  • 2.29 こげつき亭
  • 2.30 性欲の巨人
  • 2.31 オトナのおもちゃ箱
  • 2.32 人とのひととき
  • 2.33 アラクネの巣
  • 2.34 肉体言語
  • 2.35 天空の巣
  • 2.36 清流ノ聖水
  • 2.37 身体DE払え
  • 2.38 マーマンメイドのご奉仕
  • 2.39 かまきり婦人
  • 2.40 メトロポリタン秘宝館
  • 2.41 北極の奥さん
  • 3 小説版
  • 3.1 カーマ・スートラ
  • 3.2 バジリ娘倶楽部
  • 3.3 扉のスキマ
  • 3.4 ねむとぴあ
  • 3.5 みんなでぴょんぴょん
  • 3.6 ミネルヴァ
  • 3.7 見つめてサディスティック
  • 3.8 ナマイキ赤ずきん
  • 3.9 イチャラブハニー
  • 4 関連タグ
  • 5 外部リンク
  • サキュバス嬢とは?

    サキュバスは様々な作品で周知されているように、男性を誘惑して関係を持ち、精気を吸い取る種族である。多種族が共生するこの漫画においては、サキュバス族が生活のためにそういう仕事をすることは当然であり、法律で認められているのである。

    だからそういう仕事をしている女性の皆様は多様な外見をしているが、みんなサキュバスの血が入っているのでいわばハーフであり、サキュバスの嬢だから違法ではない。……という建前。

    だが実際のところ、この世界においては異種族婚が奨励されているため、世代を10も遡ればサキュバスの血が入っていない者はいないというほど混血が進んでいるため、まったくデタラメな話でもない。

    サキュバス店を経営する場合、妊娠・性病を防ぐための魔法陣を敷くことが義務付けられており、店外はもちろん魔法陣の範囲にない場所で行為に及ぶことは固く禁じられている。

    またこの手の作品としては珍しく、嬢一人一人にちゃんと名前が設定されており、殆どはその話限定のゲストキャラだが、一部は再登場する事もある。
    特にアニメに出演している嬢のほとんどはOP・EDでも出番があり印象に残りやすい。

    ちなみに男性はインキュバスボーイ、略してインボーと呼ばれる。その中でも、一日に五人以上相手できる絶倫な者は「淫乱棒」、男女両方とも相手にできる者は「レインボー」と呼ばれている。

    店舗・店員一覧

    エルフのおやど

    センシティブな作品


    第一話(アニメ1話)に登場した、高齢エルフが多数在籍するエルフ専門店。魔力の衰えを感じられるエルフや、嗅覚に優れる獣人からは敬遠されがちでお値段も相応にお安い。が、一般的な人間にとっては若くて綺麗で可愛いエルフを安く抱けるとあって大人気。スタンクによればエルフは他種族より淡白気味なことが多い、らしい。

    御年500歳越えの美人エルフ。彼女の存在をきっかけにレビューの仕事を始めるようになったため、ある意味この作品を象徴する嬢。ババアって言うな。第一回サキュバス嬢人気投票では二位を獲得。悪いな。この人気投票、人間用なんだ…

    スナックミツエ

    センシティブな作品


    アニメのショートコーナー「ミツエの部屋」の主な舞台で、店名はアニメのオリジナル。異種族レビュアーズというだけあって人間の嬢が出てくることは稀であり、彼女のお店も原作では深く掘り下げられない。

    第一話より登場。人間のベテランサキュバス嬢。五十歳(自称)。フルネームはミツエ・オノダ。
    スタンク的には完全アウトだがゼルにとっては鉄板のお気に入り。彼女とエルマを比較した事からレビュアーズは始まった。ベテランらしくとても上手いとのこと。
    原作では一話限りの出番だが、アニメではまさかのレギュラー枠。サービスシーンも多め。喜べお前ら。

    滝壺の渦潮(原作) / 海底神殿(アニメ)

    センシティブな作品


    海底王国のトリトン王が別種族にもサキュバス街を解放した、ということでレビュアーズのレビューと相成った。原作では海底神殿にあるが、アニメでは中央街にあり店名が「海底神殿」となっている。
    ダゴン族の目玉はヌルヌル触手による吸盤攻めとのこと。吸盤もアソコも締め付け抜群…らしいが、吸い付き加減が雑でそこそこ痛く、3日は跡が残るという。あとは、絡み合う時にお好みで身体を変色させられるとか。

    第二話(アニメ1話)でレビューされたダゴン嬢。第一回サキュバス嬢人気投票八位。タコだけに。

    妬き鳥・秘伝のタレ(原作、コミックス特典より)/ 有翼人エルドリー(アニメ)

    センシティブな作品


    森の中にある有翼人の専門店。食酒亭がある異種混街からは遠いらしく、往復2週間はかかる。有翼人は基本受け体質らしく、攻めっ気のない者は苦手。性感帯は首筋にあり、打てば響く高感度の身体が特徴。また、穴は総排泄孔がひとつであり、そちらも敏感だとか。湖で水浴びプレイ、森で砂浴びプレイも可能。なお、ラミアは入店NG。(デミアの店を除き)スタンク、ゼル共に本年度満足度ナンバー1の店だった。

    第二話でレビューされた有翼人嬢。第一回サキュバス嬢人気投票五位。

    ニャンニャン天国

    Unnamed Neko Neko


    第三話(アニメ1話)に登場した猫系獣人専門店。マタタビをキメてのプレイOKが店の売りだそうだが、他種族からすればわりとどうでもいい。
    みー以外の嬢の容姿はコミックス1巻で確認できる。

    クリムの初めてを男も女も喰らったやり手の猫系獣人嬢。人懐っこいサービスをする一方で、意外と毒を吐く性格でもある。第一回サキュバス嬢人気投票第三位。
    • カルル
    スタンクのお気に入り嬢。カラカル系獣人で、体力に優れ性欲が強め。
    • モッコ
    ゼルのお気に入り嬢。マヌルネコ系獣人。古代種で大きな魔力を秘めている。
    • ジャラシー
    原作では糸目の受付嬢。アニメでは完全に容姿が別人の娘が受付をしているが、関係性は不明。

    フェアリー花蜜

    かっけェ!


    第四話(アニメ2話)に登場したフェアリー専門店。異種族との体格差がありすぎるため、初入店の客は500Gで初回登録が必須であり、会員証を発行する際にもれなくアレの大きさを測定される。サイズによって選べる嬢の数が異なり、モノのサイズに自信がない方々に人気なようだ。
    尚、測定中に出した客がこれまで3人ほどいたそうな。

    店長であり受付であり時々嬢。「フェアリーの概念が壊れる」と称される退廃的な雰囲気の女性。受付でありながら第一回サキュバス嬢人気投票で一位を獲得している。お相手できるのは8センチまで。
    同族の中では巨体でふくよかな体型のフェアリー嬢。16センチ越えのスタンクの相手ができるのは彼女らだけだった。

    牛乳牧場

    センシティブな作品


    第五話(アニメ2話)で登場した乳牛ミノタウロス専門店。
    詳細は牛乳牧場を参照。

    性転換の宿屋

    01/31毎日1枚 21枚目 異種族レビュアーズ 


    第六話(アニメ3話)で登場。受付で性転換薬をもらえる連れ込み宿。
    詳細は性転換の宿屋を参照。

    女体焼肉火竜(サラマンダー)

    センシティブな作品


    第八話(アニメ4話)に登場したサラマンダー嬢の身体で肉を焼く焼肉店。おさわりOK、アフターもOK。油をいやらしく塗りたくるなり、フランクフルトを突っ込むなりするのもOK。火耐性のない種族は滅多に利用しない。そういった種族向けに、サラマンダーの身体で焼いた料理(例:醤油を付けた手で焼いたおにぎり)を出すだけの店も存在する。
    その後、第三十六話で大魔導師デミアが自作の完全耐火リングのテストのためにレビュアーズを連れて利用した。

    女体鉄板として働くサラマンダーの嬢。第一回サキュバス嬢人気投票では無念の最下位。人間は抱けないから仕方ない。
    • ティアサンド
    おだんご頭が特徴のサラマンダー嬢。デミアが来店した際に女体鉄板を務め、その口ぶりから同性もイケる口のようだ。

    淫魔の狂喜乱舞

    センシティブな作品


    第九話(アニメ4話)に登場した時間無制限&人数無制限、500Gポッキリで楽しい時間を好きなだけ楽しめる淫魔の店。…と聞けば破格の好待遇に聞こえるが、実態は低級淫魔の詰め合わせ部屋に放り込まれるだけの店。一度入ったが最後、泣こうが喚こうが絞り切られるまで解放されず、途中で死ぬことになっても自己責任。…一応30人くらい連れて挑めば楽しめないこともないらしい。アニメ版ではオークが100人の徒党を組んで挑んでいた。その後インキュバスのレビトに一人で陥落させられた。

    受付嬢を務める豹の獣魔(魔族ベースの獣人)のお姉さん。
    大部屋に詰め込まれた名もなき低級淫魔の嬢。嬢というのもほぼ建前で、実際彼女たちが店に出資して経営が成り立っている。それゆえか客への態度も行為も非常に粗暴。

    単眼倶楽部

    センシティブな作品


    第十話(アニメ5話)に登場した単眼族専門店。
    詳細は単眼倶楽部を参照。

    なぞの光

    第十一話(アニメ6話)に登場した光の精霊、ウィルオーウィスプの専門店。細かいことを気にしない、底抜けに明るくオープンな性格の娘ばかりである。光の精霊は全身が発光しているため個室では何も見えず、必然的に大広間で人数問わず勝手にプレイするシステムになっている。その性質上受付も必要ないため料金は滞在時間で加算され、長居すればするほど高くつく。
    ネオン看板の『は』の文字も落ちているが、誰も気にしていない。

    緑髪のウィスプ嬢。店の入口からいきなり全裸で出迎えるが大事なところは光で見えない。世界線によっては光は点いたり消えたりすると語るが真偽は定かではない。
    金髪のウィスプ嬢。光で大事なところが見えないためか、他の嬢ともども最初から全裸で接客する。
    ピンク髪のウィスプ嬢。
    淡い緑髪で片目隠れのウィスプ嬢。
    銀髪眼鏡のウィスプ嬢。

    男のキノコを天国へ…

    センシティブな作品


    第十二話(アニメ5話)で登場した茸人間であるマイコニド族の専門店。一口にマイコニドといっても茸の種類は千差万別であり、素人目で指名すると毒キノコに当たったりするので危険。ちなみに種別ごとに同じ顔の嬢が複数出てくるが、それらは地面で繋がっている同一個体とのことで、一人の指名で実質ハーレムプレイ状態となる。

    店長であり受付。マンネンタケ系。自称何百年キャリアのベテランスケベババア。秘宝館にいそうな下ネタ乱発おばさんだが、男の好みを見定める目は一級品。
    ナメコ系マイコニド嬢。体の滑り気が売りでスタンクの相手として推薦された。
    チチタケ系マイコニド嬢。魔力効果が高い上に乳液も楽しめる。ゼルの相手として推薦された。
    ブナシメジ系マイコニド嬢。名の通り地味なタイプでルルウの相手として推薦された。
    ホコリタケ系マイコニド嬢。クリムの好みを把握できなかったレイシが苦し紛れに推薦したが、結果的に相性は良かった。

    性のマリオネット

    ラヴネット


    第十三話(アニメ6話)に登場したドールパペットゴーレムの専門店。膨大な量のパーツを貸し出しており、来店した客が好みの嬢を組み立てることができる。自信がない場合はすでに出来上がっているプリセット人形を使うこともできる。なおこのプリセット人形は客が作ったものの使い回しであり、改造も可能。

    店長であり受付嬢。種族はパペットで、木目も見えるデッサン人形のような体つきが特徴。
    カンチャルがある人物そっくりに組み立てたパペット嬢。その造形が他のレビュアーにも気に入られて人数分作られ、それぞれ好きな性格の核を入れられてプレイに使われた。
    だが後にレビュアー達は事実に気付いたご本人から全員まとめてジェノサイドされた。ちなみにこの人形4体はその後も店に置かれ、原型をとどめなくなるほど魔改造された挙句、1体は…。

    産卵ショー店ナマタマゴ

    異種族レビュアーズ


    第十四話(アニメ7話)に登場した産卵ショー専門店。
    詳細はナマタマゴを参照。

    おかしらのアジト

    異種族レビュアーズレビュー(第8話Aパート)


    第十六話(アニメ8話)に登場した異種族混合イメージプレイサキュバス店。
    詳細はおかしらのアジトを参照。

    サキュバスタワー

    エンジェルマヨネーズ


    第十七話(アニメ8話)に登場。人呼んで原点にして頂点、純粋サキュバスの専門店(兼嬢たちの住むマンション)。指名にどんなうるさい注文を付けても対応可能とされる。常に誰かしらはいるため24時間営業、かつ嬢の質もサービスも一級品だが、一度通えばその後しばらくは性欲すら湧かないほど徹底的に搾り取られる。
    規模は大小さまざまだが各町に必ず点在しており、サキュバス街を見つける目印にもなってるらしい。

    四十六話では、植物種用のサキュバスタワーも登場。トレントなど、植物種、もしくはそれに近しい種族に対応したサービスを行っており、花粉集めをする程度ならどのサキュバスも可能。
    しかし受粉し種を付けるような『植物種完全対応』プレイは、両親が植物種のサキュ嬢でなければさすがに無理で、スタンクを初めとした殆どの者は何処がエロいのかまったく理解できなかった。

    どこぞの有名女悪魔を思わせるエメラルドグリーンの長髪とそれっぽい口上が特徴の受付嬢。
    クリムが勢いで指名した誰かに似ているピンク髪のサキュバス。魔力も駆使した最上級のテクニックでクリムのマヨネーズをすっからかんにした。

    ネクロワイフ

    ネクロワイフ


    第十八話(アニメ9話)に登場したアンデッド専門店。
    詳細はネクロワイフを参照。

    マジカルローション

    初めて一人で来てしまった…


    第十八話(アニメ9話)に登場したローションプレイ専門店。「動く魔法粘液プレイ」の肩書通り、魔力のこもった特殊なローションを魔女が自在に操るという特殊な店で、スライムの上位互換ともいえるプレイを楽しめる。なお、魔女本人とのプレイはプレイ内容に含まれない。

    甘ったるい声色が特徴の魔女の嬢。下ネタのオンパレードのような呪文詠唱でローションを自在に操る。
    • ヌラーラ
    小説版『まりおねっと・くらいしす』にて登場した魔女の嬢。前髪が長く目元が隠れており、スタンクがEカップはあると目踏みする程度にはでかい。ローションを操ってスタンクに掛けられた呪いを解いた。

    デミア魔道具店

    第二十話(アニメ10話)に登場した魔法都市にある大魔導師デミア・デュオデクテットが直営する店。彼女そっくりのデコイ人形を3日間5000Gで借りられるという破格のコスパで、作中初のオール満点評価を出した。

    あんたが種馬

    第二十二話に登場。ケンタウロスの村にある。ケンタウロスは人間の体温調節機能と馬の脚力を併せ持ち、通常の馬の3倍近い移動力を誇る。が、男を背中に乗せたまま何日も走り続けると酷く興奮するらしく、そういう場合に日雇いサキュバス嬢として働くためのお店。

    ケンタウロスの交尾はバックで行うため、顔より種族としての脚力(とアレのサイズ)が評価される。異種族の客は脚力もアレのサイズも同族に劣るため、穴に突っ込むのは腕である。バックなので顔が見えないという欠点があり、交尾それ自体も早い。ケンタウロスの平均は15秒とのこと。

    引き締まった上半身は不器用極まりなく、「たぶん折れる」…とのことでご奉仕には向かない。ただし感度自体は高く、短時間で何度も絶頂するので攻める分には楽しいらしい。
    ケンタウロス輸送隊
    スタンク達が遠く離れた魔法都市に向かう際お世話になった輸送ギルドの人達。その後、正式に風俗レビューを輸送隊ギルドと提携する契約を交わした際親密となった。彼女等のお陰で気軽に遠くの町の店までレビューできるようになったため、ある意味最重要キャラ。

    ベージュ髪のケンタウロス。サキュ嬢としてはゼルの相手となった。
    • ヒューマンムーン(cv:綾瀬有
    ブルーグレーの髪で褐色肌のケンタウロス。サキュ嬢としてはスタンクの相手。
    黒髪で太眉のケンタウロス。ホライゾンクイーンと同じくゼルを狙っていたが指名を受けられず、クリムを相手にすることに。
    • エルフジャベリン
    茶髪で寡黙気味のケンタウロス。サキュ嬢としてはカンチャルの相手。

    水槽のハーレム

    センシティブな作品


    第二十四話に登場した部屋一面に水槽が並ぶ店。水槽の中にいるエビや貝や魚の中から適当なオスに魔法で魂を憑依させ、水槽内の適当なメスと好き放題交尾するという趣向。健康上の理由により5時間までと定めている。一度憑依してしまえば美的感覚は憑依した生物と融合するので問題なく、オスの精力が尽きた場合、別の個体に乗り換えることもできる。欠点は、憑依しているだけなので身体的に満足できるわけではないということ。

    • ソール
    店長兼受付の魔法使いのお姉さん。魂の憑依や融合の魔術を研究する研究費用を稼ぐために店を経営している。憑依魔法なら別に水槽である必要はないのだが、アクアリウムなのは彼女の趣味だからである。

    みんな酒の精

    第二十五話(アニメ11話)に登場した酒の妖精クルーラホーン(俗に言う「酔ったレプラホーン」)が経営するパブ。内装もパブなので個室などはなく、客席で嬢と共に酒を飲み交わしながら互いに酔った勢いで自由に行為に及ぶという無秩序空間となる。ただし、その間も手を出した嬢の数に応じて料金が加算されていくため、酔いに身を任せた結果とんでもない額を支払わされることも。
    クルーラ嬢(cv:藤原由林佐倉薫青山吉能望田ひまり

    • グレーゾン
    毛先のカールが特徴的な受付担当。他の嬢が泥酔している中でも1人正気の状態で料金計算をしていた。
    • ハナヨリ
    緑色のストレートロングが特徴的なクルーラ嬢。露出は控えめだが「脱いだらすごいんです」を地で行くスタイルの持ち主。
    • タンゴ
    ピンク色のふわっ毛と麻呂眉が特徴的なクルーラ嬢。持ち前の巨乳をアピールするようにわざとらしく服をはだけている。

    悪魔の穴

    センシティブな作品


    第五話(アニメ2話)で悪魔党から紹介された高級悪魔店。異種族の中でもアンデッドに次いで不人気の悪魔族の議席獲得を狙いとしていたものの、スタンク達が入店したのは選挙からだいぶ後の第二十六話(アニメ12話)だった。悪魔族は契約にうるさい種族であるため、しっかりした契約に基づく来店であれば最高のサービスを提供してもらえるが、そうでなければ穴を突かれて搾り取られることになる。一方、個体によって体長・体格の差が激しく、好みの嬢を選びやすいという利点もある。

    額に鬼のような二本角を生やした青肌の受付嬢。一般客には素っ気ない態度だが、VIP客には露骨なほど畏まる典型的な商人肌。アフターサービスで悪魔族の知られざる性質についてあまりにも明け透けに話すが、懇切丁寧な説明の成果はレビューにも反映されており、種族のイメージ改善に貢献している。

    夢のリピーター

    第二十七話(アニメ12話)に登場した夢魔(サキュバスとは別種)の経営する店。客を魔法で眠らせた後、夢の中で好みの嬢とのプレイを再現するという疑似リピートプレイを楽しめる。なお、嬢の再現は客の記憶をもとにしているため、未経験の嬢との疑似プレイはできないという制約がある。

    • グゥ
    常に眠りこけている夢魔のサキュ嬢。夢から覚めた後は彼女とのプレイも可能。ミノタウロス級の超乳。ちなみに客の記憶からの再現しかできないのは夢魔として未熟なためで、一人前となりあらゆる夢を自在に見せることができるよう練習も兼ねてサキュ嬢をしているとのこと。


    出会って数分で初夜

    第二十八話に登場した異種族混合イメージプレイサキュバス店。フラスパ大聖堂の近くにあり、あちらで一般のカップルが式を挙げる裏で、疑似結婚式を挙げて初夜イメージプレイを行うというトンデモ店。

    けものみち

    センシティブな作品


    第三十話に登場した「世界一の獣人エロの聖地」といわれるサキュバス街。
    入り口では申し訳程度の獣要素しかない嬢が出迎えるが、奥に行けば行くほどケモ度が上がっていくという造りになっている。そして最深奥まで行けばケモ度100%になるが・・・

    • メスイ & カイネ
    「けものみち」入り口付近の店の嬢。外見に人間要素が99.9%出ているが、しぐさや動作は獣人そのもので、そのアンバランスさが楽しめる。
    • フルバニー
    「けものみち」ケモ度90%区域・最奥寸前の店のウサギ獣人嬢。ケモ度99%(推定)という事もあって、見た目はほぼ完全に二足歩行するウサギ。

    肉刀研磨工房

    第三十二話に登場した魔具工房街にあるドワーフ専門店。種族の特性として女性にも立派な髭が生えている。もともと鍛冶を専門とする種族だけあり、サービスで肉ではない方の刀剣を手入れしてくれることも。

    • カジー
    スタンクが指名したドワーフ嬢。アゴヒゲだけをおさげにしているという、ドワーフ基準ではかなり異端なファッション(人間で言えばロン毛モヒカン)。鍛冶師としても有能で、料金は取らないが、自分を満足させられる男の依頼しか受けないということで有名。

    こげつき亭

    センシティブな作品


    第三十三話に登場。食酒亭に似た冒険者の酒場だが、4人の看板娘がサキュバス嬢も兼ねているのが特徴。ただし彼女らを指名するためには、「こげつき依頼」と呼ばれる高難易度ゆえに放置され続けてきた依頼を達成する必要がある。

    • スーネリア
    看板娘の1人で5メートル近い長身を持つエキドナの嬢。愛称はスーネ。
    • トラップ
    看板娘の1人で両性具有のサテュロスの嬢。人呼んでドスケベ快楽主義者。
    • ぬぬ
    看板娘の1人で6つの複乳を持つ猫系獣人の嬢。
    • ホクト
    看板娘の1人でボーイッシュな鷹系有翼人の嬢。

    性欲の巨人

    第三十五話に登場した巨人族ヘカトンケイルの専門店。種族が種族だけにサキュバス街でも圧倒的インパクトを誇るが、ニッチ過ぎるためか客足が伸びず、輸送手段としての利便性に目を付けた他店と提携することも。普通にプレイすることが可能なようだが、サイズが違いすぎるため攻略には困難をきわめる。本編でレビューこそなされていないものの、2人ほど果敢に挑んでいたらしいことが描かれている。

    • バベル
    2つ結びにした金髪が可愛らしいヘカトンケイル。文字通りの意味で看板娘と言えなくもない。
    スタンクはスイカより大きな乳首を前に固まってしまい終わってしまったが、カンチャルは全身を汁まみれにしながら絶頂まで導くことに成功した。

    オトナのおもちゃ箱

    第三十五話に登場したミミックの専門店。嬢はみな宝箱や壺などのオブジェに閉じこもっており、客は指名するまで中身を見ることができない(というかミミック界隈では中身を重視しない性質らしく、何なら見られる必要すら疑問視している)。
    指名すると客もオブジェの中に引きずり込まれ、何も見えない真っ暗闇の中でプレイすることとなる。「何をやっているかわからないがとりあえず気持ちいい」というニッチな店だが、レビューを見た丸呑みフェチから支持を集めた。

    • ラカタバコ
    カンチャルの相手をした宝箱型ミミック嬢。
    • タブランス
    スタンクが選んだ、女物の箪笥型ミミック嬢。立ったままプレイできるという、ミミックとしては珍しいタイプ。

    人とのひととき

    第三十八話に登場した人間(30代まで)の専門店。かつてゼルがとある新人サキュ嬢と出会った思い入れの深い場所である。

    アラクネの巣

    アニメ第1話より看板のみ描写されていたアラクネの専門店。第三十九話でレビューされることとなった。
    5000Gを先に支払った後、蜘蛛の巣が張り巡らされた店内を進んでゆき、最奥までたどり着けば払ったお金を回収することができるというダンジョン形式のお店。
    糸に引っかかると嬢に捕まり、一方的に拘束プレイをさせられる…といった趣向なので、逆に嬢を責め立てるプレイは嫌がられる。
    絡めとること前提のため無傷でクリアすることは最初から想定していないが、万が一無事にクリアできた場合はそのまま外に脱出することができる。当然その場合は嬢とのプレイもない。

    • アシダ
    水色のショートヘアが特徴のアラクネ嬢。

    肉体言語

    第四十話に登場した訓練場を兼ねたサキュバス店。
    ある程度の腕があれば格安で訓練施設を利用でき、訓練を通じて嬢と仲良くなればアフターにも挑める。専属嬢や女性客の特訓相手を担えるレベルの強者なら無料で遊ばせてくれる。

    • メスリラ
    店長を務めるアマゾネス。強者が好みであり、「強い男は強い女とヤるべき」との信念から強い男を漁るために店を立ち上げた。スタンクの事も幼少期からその強さをマークしていたちょっと危ない人。
    • ニガシマ
    『肉体言語』の常連の一人で、いかにも鬼といった風貌・体格の鬼女。スタンクと組手をしたが軽くいなされてしまい、他の常連ゴリラウーマンともども彼の強さに惚れ込む。
    • クーゴ
    『肉体言語』に通うキンシコウ系獣人の嬢。素早く軽やかな身のこなしが自慢で、ゼルやカンチャルを挑発しつつ追っかけっこを楽しんでいた。本来の在籍店は『猿山のボス』。

    天空の巣

    第四十二話に登場したハクトウワシ系有翼人の専門店。在籍する嬢は有翼人の中でも牛をつかんで飛べるほどの肉体派ばかりで、立地もただでさえ都市部から遠く離れている上に数百メートルある木の上に建っているため、客も相当な体力自慢であることを求められる上級者向けの店である。

    • トワ
    黒ギャル系の顔つきに反し引き締まった筋肉質の体を持つ有翼人嬢。『肉体言語』の常連でもあり、面食いでナンパして来たスタンクに対しその内なるスペックを見せつけ唖然とさせた上で自分の店を紹介した。

    清流ノ聖水

    第四十二話に登場した水の精霊ウンディーネの専門店。スライムのような粘性のない水そのものに近い体をしていることから、まるで水流に吸い込まれていくような新感覚を味わえる。
    ただし、この店のウンディーネは聖水の性質も持っており、光属性とは相性がいいが悪魔などの闇属性には致命的に不向きである。

    身体DE払え

    センシティブな作品


    第四十五話に登場。
    本格的なカジノを兼ねたサキュバス店で、プレイの前に受付でチップを購入。その後、チップを賭けて店の嬢とギャンブル勝負を行う……という風変わりな店。
    勝てばその分だけサキュ嬢にカラダで支払ってもらえるが、負けた場合は逆に50分間容赦なくカラダで支払わされる。
    どっちにしろヤれることには変わりがないので、ギャンブル好きとドMにはもってこいな店。
    嬢の強さも別にこの店でヤる必要のない年中発情の最弱集団から、名うてのギャンブラー向けのエキスパートコースまで揃っている。
    クリム以外は全員負けてカラダで支払わされたため低評価だが、だからこそ勝つまでハマる危険な店。この屈辱晴らさいでか!!
    ただ、素人のお客には簡単なギャンブルを用意してくれるし、追加料金を払えば個室で脱衣勝負などもできたりするので、あまり気を張ったガチ勝負をしなければ普通に楽しいお店である。

    • チティチング
    店の受付嬢も兼ねている、ハーフリングのサキュ嬢で店長。
    自身も元ギャンブラーで、エキスパートコースのディーラーも兼ねており、カードゲームの腕前も非常に高い。
    メスガキめいた態度の挑発に乗って挑んできたカンチャルを返り討ちにし、50分間ドSの限りを尽くし尊厳で支払わせた。
    単行本おまけ漫画で高レベルのシャーマンスキルを所持していることが判明。消えかけの動物霊や背後霊を付いていたことをクリムが目撃していたので、霊を利用してイカサマをしていたことが示唆されている。
    • サトリー
    同じくエキスパートコースのディーラーを兼ねた三つ目の予知妖怪。
    過去、店長とともに一般のギャンブルカジノを荒らしまわり、出禁になったらしい。当然腕前も負けず劣らずで、冒頭でも客相手に勝利していた。

    マーマンメイドのご奉仕

    第四十七話に登場。海底神殿方面に存在する人魚のサキュ店。
    最強の人魚の男が店長を務めているが、実は在籍員は魚類の雌性先熟の性質を有しており、群れの中で最強の個体はオスに性転換する。なので、サキュ嬢たちは場合によっては全てが男性になる可能性がある。 
    劇中では店長がケガをしたためにボス争いでケンカが絶えなくなり、「圧倒的な実力を有する男が、怪我の治る10日間限定でイチャイチャし放題」という依頼を出した(当然、怪我している間はメスに戻っている)。
    スタンクとゼルがそれに応募し、暴れる者をねじ伏せ人魚ハーレムでイチャコラしまくった(飽きるので二日ごとに交替する事に)。とはいえ目前で可愛い女がムサイ野郎へ変わる様には、さすがに複雑な面持ちを隠せなかった。
    またアマゾネス同様に「強い男」に従順になるタイプの種族なので、なよなよした弱い相手の客はご奉仕プレイになるため、全体的な評価はあまり良くないらしい。
    また、その店名から「メイドがご奉仕する」店と勘違いされる事も結構ある様子。

    かまきり婦人

    第四十八話に登場。
    交尾中に男を食い殺す性癖のカマキリ娘専門のサキュ店。
    最初に客の頭部を模したケーキ等を作り、これを頭に据え付け(本来の頭は胴体部に隠しておく)、カマキリ娘がこれを食べつつ、プレイする……という内容の店。
    カマキリ娘としては、このような行為ができる場は貴重であり、快楽目的の日雇い素人嬢も多く在籍している。曰く頭部をかじり取られた男に責められると、敏感になり強い快感を覚えるらしい。
    ただし、このような特殊性からプレイには非常に時間もかかり(6時間近くかかる)、客側からの責めもあまりできず喋る事もできないので、特殊な性癖を持っていない限りはいまいち楽しめない。顔の型をキープしておくと、リピートは安くなるらしい。
    しかし、首を抱えたデュラハンにとっては「首無し男に本気で欲情する娘」しかいないため、評判が良い。
    なおカマキリ獣人(同族の男性)が後日にプレイに行ったが、後に「ケーキ太りした娘ばかりじゃないですか」と文句を言っていた(人間姿の胴体部は普通だったが、カマキリの腹部が太く、スタンクたちは気付かなかった)。

    メトロポリタン秘宝館

    第四十九話に登場。
    『絵画』や『像』に憑りつくタイプの『画霊』によるサキュ店で、嬢が取り憑いた館内美術品の絵の中に客を取り込んでプレイするお店。
    加えてある客の注文を切っ掛けに、持ち込んだお気に入りのエロ本の中に入って好き放題できるという独自サービスも追加された。
    そこで本当に何でもできれば値段の安さも相まって言うことなかったのだが、実際は「画霊がイラストに入り込んで動かす」為、「登場人物一人しか動かせない」「キャラの人格も画霊側のもの」「絵に描かれていない箇所は再現不可能で服も後から脱がせられない」等々、色々と落とし穴がある。
    字面上の利点だけが拡散された結果、実態を伴わない評判を博してしまったようだが、プレイ自体は普通に良いし外見は完璧なため、総合的に見ればそこまで悪いお店ではない。

    • カチンコ
    館長で、女性の上半身像に憑りついている。来店したスタンクたちに、この店のシステムを説明した。
    • 持ち込んだエロ本
    スタンクたちは、今回全員が持ち込みのエロ本でプレイしていた。
    「60種族贅沢一気飲み!異種乳比べの決定版 乳でおぼれ死ね!」:スタンク
    「ヨンタフェヌード本」:ゼル
    「自作エロ画」:カンチャルの持ち込みエロ絵
    「ごくふつーのイチャラブえっち本」:クリム

    北極の奥さん

    センシティブな作品


    第五十二話で登場。寒冷地出身の種族が在籍する店で、白熊系、セイウチ系、ペンギン系、キタキツネ系と幅広い種族の獣人・有翼人の嬢が在籍している。その特性上、部屋は全面が氷漬けになっているが、耐性のない種族向けにサウナも完備されている。
    なお、初来店時には氷水の泉に浸かり冷気耐性があるかどうかのチェックを受ける必要がある。

    ブルーズの鉄板お気に入りである白熊系獣人嬢。
    ちなみに中の人はネクロワイフの吸血鬼嬢ソーフとの兼役。

    小説版

    カーマ・スートラ

    小説「えくすたしー・でいず」に登場。ガンダルヴァとセイレーンのサキュバス店。
    ガンダルヴァは東方の熱帯地方に住む有翼種で、武芸を好むのが特徴。
    歌と踊りが売りだが、プレイ中に嬢が歌い出す、コースによっては吟遊詩人の弾き語りやパイプオルガンの演奏がBGM、挙句の果てにはインド映画よろしくバックダンサーが伴奏付きで部屋になだれ込んでくるなど、とにかく落ち着かない。
    さらに店内には強烈な香辛料の香りが常に漂っており、犬獣人であるブルーズは数日匂いが取れず、寝不足に悩まされた。

    バジリ娘倶楽部

    小説『えくすたしー・でいず』に登場。爬虫類系の希少種、バジリスクの専門店。
    石化の魔眼と有毒の息を持つ危険な種族だが、魔力眼鏡と解毒ポーションによって安全性を保っている。このポーションによって、毒性の強さを十段階で味わうプレイが売り。ちなみに魔力眼鏡必須のため、全員が眼鏡っ子である。

    • リジー
    スタンクの相手をしたサキュ嬢。たどたどしい口調だが、延長をする際ににやりとした笑みを浮かべた。

    扉のスキマ

    小説『えくすたしー・でいず』に登場。自分の妻や恋人が寝取られるところ(という設定の、サキュ嬢とインキュバスボーイの絡み)を覗く、NTRイメージプレイ専門店。ネトラレ、ネトラセのみで寝取り側を希望することは不可。
    基本的には好みのシチュエーションを希望し、あとは支給されたマジカルホールを持って鑑賞する。追い込まれて辛くなってしまった場合に中断したり、プレイ方針を途中で相談することもできる。好みで寝取られ役を連れてくることも可能(なお、連れてきた本人は見るだけ)。プレイを録画した映像を購入できる有料オプション、通称「水晶レター」がある。
    所属する嬢および相手役は選りすぐりの演技力によって採用された猛者揃いであり、あまりにリアルな絶望に数日間再起不能となる客が出たり、寝取られ役と寝取り役の仲が険悪になったりすることもある。
    なお、喧嘩や暴走といったトラブルを未然に防ぐため、受付嬢は屈強なドラゴン族が務める。

    • シロップ
    ナンバーワンであるシルキー嬢。スタンクが一週間練りに練った力作持ち込みシナリオにあった「将来を誓った憧れのメイドさん」を見事に演じ、スタンクの心をへし折った。

    ねむとぴあ

    小説『えくすたしー・でいず』に登場。密林の奥にある石塔『廃都の朽木』の屋上にあるサキュバス店。癒しをコンセプトとしており、至れり尽くせりのサービスが売り。
    それが当時の魔王の政策に合わなかったため、行政指導と称して封印されていたが、スタンクたちの活躍によって封印が解かれ、営業を再開した。

    • ヤチヨ
    店長である座敷童子嬢。ピンク色の髪が特徴で、幼く見えるがかなりの高齢。そのため、相手をしたスタンクは仲間からドン引きされた。
    • 李葉(リイエ)
    ゼルの相手をした、三尾の妖狐の嬢。魔力の籠った尻尾のモフモフをゼルに堪能させた。
    • プリム
    カンチャルの相手をしたバブリースライム嬢。全身に薬湯のような効能がある。
    • ユメ
    クリムの相手をしたぽっちゃり系バク嬢。夢を操り、クリムの羽目を外させた。

    みんなでぴょんぴょん

    小説『まりおねっと・くらいしす』に登場。アナウサギ獣人の亜種、ドワーフラビットの専門店。見た目も言動も幼いが、年中発情期であるため積極的に誘惑してくる。コスプレやイメージプレイが売りだが、種族の性質上、意味をなしていない。

    • チミナ
     スタンクの相手をした嬢。店で一番の巨乳。

    ミネルヴァ

    小説『まりおねっと・くらいしす』に登場。猛禽系有翼人専門店。通常コース内に「総排泄孔手洗いサービス」、オプションに空を飛びながらのプレイがある。なお、何をとは言わないが、空中でまき散らすと罰金を取られる。

    • ミミル
    スタンクの相手をした、ミミズク系有翼人の嬢。ナマタマゴの受付嬢ミミロの双子の妹。

    見つめてサディスティック

    小説『まりおねっと・くらいしす』に登場。高い魔力と多数の魔眼を持つ種族、ギャザーの専門店。
    眼力金縛りプレイが売りのソフトSM店。魔眼で客側の限界を的確に見極めて責めてくるため、演技や痩せ我慢はできない。筋肉や内臓の状態まで見通されるため、健康体であるほど嬢のウケは良い。

    • ビホルーン
    クリムの相手をした嬢。かなりのSで、クリムを巧みに攻め立てた。千里眼を使った占いもできる。

    ナマイキ赤ずきん

    小説『まりおねっと・くらいしす』に登場。血を好む狂暴で残虐な妖精種、レッドキャップの専門店。サービスとは名ばかり、嬢が嗜虐性を満たすためだけに徹底的な罵倒と屈辱的な責めを行うという、そっちの趣味以外には勘弁してほしい内容。この店かは不明だが、ラミアのナルカミがレッドキャップ相手にコテンパンにやられたことを愚痴っている。
    しかしレッドキャップは「ヒイヒイ言わせると素直で従順になる」という性質があるため、上手くいけば征服感が得られる。

    • ロゼ
    スタンクの相手をした嬢。最初はスタンクをバカにしていたが、負かされてしおらしい態度になった。

    イチャラブハニー

    小説『まりおねっと・くらいしす』に登場。お香と魔法陣によって、相手を恋人と錯覚した状態でプレイする店。プレイ時間は他の店より長めだが、延長は不可となっている。欠点を挙げるなら、プレイ中の酩酊状態で口走った恥ずかしい台詞が、正気になると一気に恥ずかしくなること。

    • ガラドリー
    『まりおねっと・くらいしす』のキーパーソンであるキメラゴーレム嬢。紆余曲折の末にこの店で働くこととなり、スタンクが最初の客となった。

    関連タグ

    モンスター娘 風俗嬢
    異種族レビュアーズ

    外部リンク

    異種族レビュアーズに登場するサキュバス店 - アニヲタWiki(仮)

    関連記事

    親記事

    異種族レビュアーズ いしゅぞくれびゅあーず

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivで「サキュ嬢」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162688

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました