ピクシブ百科事典

ダヨーン

だよーん

赤塚漫画の登場人物だよーん
目次[非表示]

概要ダヨ~ン

赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』に登場する口の大きなキャラクター。『もーれつア太郎』など他の赤塚作品にもゲスト出演している。
言葉の最後に「だよーん」とつけて話す。

演者(CV)

【アニメ第1期】 大竹宏 (第1話のみ神山卓三)
【アニメ第2期】 神山卓三 (第80話~第83話のみ緒方賢一
おそ松さん】 飛田展男

おそ松くん

大口が特徴で、口の中で雪だるまがつくれるほど。大食漢でもある。趣味は俳句
スーツを着て下駄を履いていることが多い。
主役を演じることはないが、保安官、誠実な政治家ギャング怪盗警察など善玉も悪玉も演じ分ける。53歳。
アニメ2期ではイヤミ松造と同年代で描かれる事が多く、『おそ松さん』の頃より良く喋る。

おそ松さん

『おそ松さん』の公式HPでは「THE怪人」と称され、何を考えているかわからない神出鬼没のキャラクターとして描かれている。実際、作中の性格もかなりブレがある。
そこらへんでモブにまぎれているほか、六つ子のショートコントの相方を勤めたり、イヤミデカパンとセットで登場することも多い。OPでいつも本編以上に存在感のある登場シーンを貰っている。

第1期1クール

幻となった1話の冒頭ではアニメ放映の嬉しさのあまり号泣している。逆作画崩壊松☆RISH)では不良役として整った顔つきで登場したが、膨らんだ頬はそのままだった。

2話Aのブラック工場では彼が大量生産され、Bパートでも至る所に現れた。なおブラック工場のベルトコンベアは彼の顔を模した並びになっている。
円盤未収録となった3話の「デカパンマン」では刑務所にてチビ太をいじめる悪役として登場。かなり流暢にしゃべっている。

4話アバンでは、イヤミの「シェー」の練習に付き合っていた。4話Bでは嫌々ながらトト子のライブチケットを購入しており、財布が空っぽになっていた。またCパートでは銭湯にてトド松といきなり湯船から現れてデリバリーコントを繰り広げ、入浴しにきたおそ松はたまらずに逃げ出すも石鹸を踏んで転倒した。

5話Bでは、デカパン博士の研究所で、メイド服という誰得な衣装で登場し、十四松も吐き出すレベルのまずいジュースを提供した。

6話Bパートでイヤミの付添いに登場し、市役所をその呼吸だけで大わらわにし、イヤミの「シェー」の前振りを買って出ていた。イヤミの靴下を口に含んであまりの臭さに泣いたり、有名になったイヤミにテレビ出演させてもらおうと頼み込むが、断られると号泣したり、子供っぽい面が目立っていた。

7話Aではデカパンと「スタバァコォヒィー」からコーヒーを持ち帰りしていた。
デカパンとの主役回となるBパート「北へ」では、常に「だよーん」というセリフしかしゃべらない。デカパンと旅をしていた(カナダオーロラを見に行こうとしていた?)が、デカパンとケンカの際にデカパンをボコボコにしている等、全般的にかなり冷酷な役回りをしていた。寒冷地にてデカパンが途中で氷漬けになってしまい、吊り橋に差し掛かったところで回想に浸りながらも何とデカパンを突き落とし殺害してしまう。その後目的地に到着し、オーロラがかかった夜空で星になったデカパンに見守られたところで話は終わる。わけがわからないよ
なお、回想の中の一場面で歯をむき出しにしているシーンがあるが、歯は上下合わせて6本しかなく、人体としてはかなり謎な作りになっている…。
またED後のCパートに「ダヨーン相談室」を設けていた(後述)。

8話Aパートでは一瞬だけ火あぶり中の焼死体役で登場。地味に前回のデカパンとの回想の1シーンから繋がっている。
しかし、おそ松は火を消すどころかその火で焼き芋をしていた。

10話ではイヤミチビ太と共に路上でレンタル彼女として売り出すが、あまりの不細工さゆえに客はこなかった。ノリ気じゃなかったのか、六つ子からルックスの醜悪さを指摘された際はイヤミとチビ太に向けて「お前達バカなのかヨ~ン!」と叫んでいる(だがお前が言うな)。
Cパートではデカパンが開発した美女薬を服用した状態でミスビューティコンテストに参加し、見事にグランプリに選ばれるが、インタビュー中に薬が切れて元に戻ってしまい、その番組を見ていた松造は飲んでいたビールを噴き出してしまった。
一応6話Bで言っていた「テレビに出たい」という願望はこれで叶えたことにはなった。

11話「クリスマスおそ松さん」の「マッチ売りのイヤミ」ではイヤミが付けたマッチの火の中の光景にて金持ちの老夫婦の坊や(孫かどうかは不明)として登場。6話Bで見せた吸引力をここでも披露し、食事どころか老夫婦や机すら吸い込んだ。
久々のデカパンとの主演となる「愛」では2人で楽しそうにクリスマスパーティを開いていた。その後、酔った勢いで路上に繰り出した2人はそこで目に留まった光の溢れる扉の中へ真剣な表情で入っていくが、その先は…。

「ダヨーン相談室」

おそ松さんの登場キャラクター達がダヨーンに相談する」というED後のおまけコーナー。
概ねダヨーンは無言で、彼の住むアパートを訪れた者が一方的に話す。なお、この話の夕暮れのアパートの構図は「狙われた街」のオマージュではないかと推察されている。

相談者悩み
おそ松第7話ギャグアニメって荷が重いから「自己責任アニメ」なんてどう?
カラ松第11話第2クールから自分の扱いを少しだけでも良くしてほしい。
第7話では相談に来たおそ松の無責任な提案に対して問答無用でおそ松を落とし穴に叩き落とし、おそ松は「逃げ出したーい」と叫びながら落ちていった。
第11話では2度目となる相談室にカラ松がやって来たが、結果はやはりボッシュートオチ(更に+発火オチ)。自身の扱いを良くしてくれと訴える彼をまたもや落とし穴に叩き落としていた。

第1期2クール

2クール目の13話Cでは正月用の着物を着てデカパンと共に松野家の前を歩いていた場面があった。

14話Aでは聖澤庄之助と共に六つ子の体内のウイルスとして登場。登場直後に十四松菌に駆逐される。

15話Cでは、聖澤庄之助と共に指名手配されており、最終的にドブスに捕まっていた。

17話では、十四松によって概念化された世界で「」と表現されていた。

18話Bではデカパンと共に「ベストフレンド」というマシンに乗り主役争奪レースに参加。冒頭では「楽しくドライブするヨーン」と語っていたが、イヤミの車(?)にデカパンと共に細工したり、先頭を走るトド松皆さんご存知ファイナルダヨーンで跡形もなく消し去り、「茶番は終わりだクソガキども」とキャラも語尾も捨てて流暢にしゃべり出すなどかなりゲスい行動をしていた。その様子は実況アナウンサーに「世の中で一番怖い存在、本気を出したおじさん」と言わせるほどである。
その後、六つ子スーツを着て2クール目OPを歌いながら花畑を快走するが、ミスターフラッグの車を奪い追い上げてきたイヤミの罠にかかり死亡。その後、おそ松とイヤミが死闘を繰り広げている際に主役への執念から復活し、「女を抱きたいヨーン‼」と叫びながらファイナルダヨーンで人々を抹消していた。なお、イヤミの車に細工していた工具は口の中にしまっていた。

18話目のアレ〜ベストフレンド〜
18話目のアレ〜BestFriend〜



19話では「時代劇おそ松さん」の「松尾バショ~ン」と「デカパン裁き」に登場。詳細はリンク先へ。

20話Cにてデカパンと共に劇場スタッフとなり、六つ子に対して「お前達が登場する時、『超絶面白い六つ子』って紹介してやるヨ~ン」とからかっていた。

21話Aではラストの暴風の中で聖澤庄之助と共に飛ばされていた。

22話Bではイヤミが武術大会にて対戦相手に首を絞められ、あわや敗北かと思われたその時、伝説の鳥「鵬」のような巨大な鳥に乗って会場に眼帯と無数の古傷を付けた道着姿の逞しいダヨーンが登場。すぐさまダヨーンが取り出した「あるもの」を見たイヤミは…。

23話Bでは、彼の体内に彼に似た民族がいたことが判明した。六つ子の上3人も彼らの暮らしに馴染んでしまい、顔も彼らみたいになってしまったが…。→ダヨーン族

24話Bでは、トド松が住み始めたボロアパートの住人として登場。なぜかネグリジェを着ていた。このアパートが11話でデカパンとクリスマスパーティを開催したアパートなのか、ダヨーン相談室の会場なのかどうかは不明。

だが25話では、ドラフト選抜を決める野球試合では、甲子園で流れるサイレンのような感じで試合開始の合図を出した。そして、宇宙最強チーム「四銀高校」に次々とやられていく松野家チームの元にデカパンと共にいかにも強そうな容姿(デカパン曰く「妬み性欲で手に入れた姿」とのこと)となって現れるも、隕石によって宇宙船もろともやられてしまう。

第2期

  • 2期1話の前半の未来ではデカパンとキャバクラにいて、自分たちが六つ子のアニメを作ったとホラを吹く(あるいは制作スタッフ役の)デカパンに便乗していた。後半の未来でも頭身が高くなった絵柄で集団の中にいる。
  • 2期2話B「超洗剤」…またもメイド服を着てデカパン博士の研究所におり、だよんだよんと呟きながら探し物を手伝っていた。後の場面ではいつもの服で外にいた。
  • 2期3話C「トト子の挑戦」…番組ロケの音声スタッフに扮していた。
  • 2期4話「松造と松代」…いつもの服を着て研究所にいた。惚れ薬が無くなっていた件で、自分から「ダヨーンじゃないよ~ん。使ってないよ~ん」と恥ずかしそうに言いだし、逆に「あいつか」とバレバレだった。
  • 2期5話「夏のおそ松さん」…「暑いざんす」パートでは、研究所のクーラーが壊れた件で、また自分から「ダヨーンじゃないよ~ん。触ってないよ~ん」と白状してデカパンに舌打ちされた。また「花火」パートではデカパンと花火師をしたが、自分たちの顔の形の花火ばかり打ち上げて、観客に去られた。
  • 2期6話B「ともだちがほしいじょー」…みんなとハタ坊の友達探しに付き合う。ハタ坊の気持ちを「正体不明の寂しさだよ~ん」と言い表した。
  • 2期7話C…トイレにいた(セリフ無し)。
  • 2期8話A「合成だよん」…だいたいこいつのせい
  • 2期12話B「返すだス」…デカパンのパンツを奪ってひたすら逃げる。ダヨーンがいつも何を考えているのかはデカパンにも分からない。
  • 2期13話「年末」…デカパンと餅つきをする。
  • 2期17話「宇宙海賊」…こんな顔の人間がいるかという理由で宇宙海賊と決めつけられる。なにげに一人称「俺」がレア。
  • 2期17話「UMA探検隊」…存在がネタバレ。十四松にやたら渋い顔と声で返事をした。
  • 2期18話「イヤミはひとり風の中」…大家さん(原作ではデカパンの役)。
  • 2期20話「こぼれ話集2」…ワイプで「おそ松さん」を見て、笑ったり驚いたりする役。台詞は始めと終わりの二言しかないが、画面に映り続けるので出番が多い。六つ子の日常パートでは退屈そうにしているが、非日常パートはそこそこ好みな様子。特に「あらいぐま十四松」「スケルトン」で大ウケしていた。
  • 2期21話「BANANA」…みんなで踊る女性役の一人。


その他

おそ松さんのへそくりウォーズ」では敵味方の両方で登場。「だよーん」と言いながら場に出てきて、大きな舌で舐めて攻撃をしてくる。攻撃を受けると泣き顔になる。他のキャラ共々、コスプレの種類が多い。

亜種

男女ともに数多くの亜種が存在する。または話によってはイヤミの『イヤミの娘』と同じく実娘設定のキャラクターも。⇒娘ダヨーン
ダヨーン族も参照。

関連項目ダヨ~ン

関連イラスト

おそ松さん2期記念
ダヨーンに丸呑みされる六つ子


関連タグ

おそ松くん おそ松さん おそ松くんの登場キャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「ダヨーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 352050

コメント