2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

🍠概要

日本語でこう呼ぶ場合、慣例的にさつまいものみを指す。
じゃがいもについてはじゃがバターの記事を参照。また、それ以外のについては焼いて食する機会自体が日本では乏しく、広く通じる名称も存在していない。

最もシンプルな料理の一つと言え、丸ごと焼いたさつまいもを皮だけ剥いてそのまま食する
現在は秋の味覚とされる事も多いが、季語としてはに分類される。
さつまいもの持つほくほくした甘味をダイレクトに感じられるこの料理は、日本では一般的に女性が好むものとされている。

砂利状のを加熱し、そこに芋を埋めて間接的に火を通す」という独特の料理方法が有名で、石焼き芋の別名も付いている。
これは石が発する遠赤外線を利用するもので、直火にかけるより芋を甘くすることが科学的にも明らかになっているが、やはり慣例的な側面が強いようで、日本で同様の料理を行う食材は他にがある程度である。その栗にしても「石焼き栗」と呼ばれる事は通常無く、ほぼ1セットのものとして扱われている。
その関係は非常に強固なもので、この1セットを載せて焼き芋だけを売り回る屋台移動販売車商売として成り立つほどである。どこか哀愁が漂うの音や「いーしやーきいもー」の呼び声で集客する姿もまた、秋から冬にかけての風物詩とされてきた。

他方で「掃除をした後に、集めた落ち葉焚き火をする」という方法で芋を焼く光景もよく見られてきた。直接その火にくべるものと誤解される事も多いが、実際には前述した理由により、真下の土の中に芋を埋めて間接的に熱した方が良い。
近年は事業者の高齢化や焚き火の規制強化といった逆風も吹いているものの、小型・無煙化された機材がスーパーマーケット等の店頭に置かれたり、更に小さなものが家庭用に市販されたりと、焼き芋自体はより身近な存在となって存在し続けている。


ところで、今でこそ『ドラえもん』の源静香ぐらいでしか見られなくなっているが、一昔前までは若い女性が焼き芋好きを公言する事は憚られるという風潮も日本にはあった。
これは焼き芋が

  • ただ焼くだけ→ズボラ
  • 基本的に間食→食い意地が張っている
  • 甘い→太る
  • 消化に良い→おならが出る
といったマイナスのイメージを併せ持っていた事による。
特に最後は『ドラえもん』を含めた昭和の漫画における鉄板ギャグと化しており、隠れて食べようとするあまり逆に不自然な事になったり、現実にはありえない勢いのおならを盛大に吹き出したり(これは流石に男性キャラの役回りである事が大半だったが)といった展開がお約束であった。

関連イラスト

やきいも
やきいも


焼き芋
インドア紅葉



関連タグ

さつまいも  秋の風物詩 冬の風物詩
焼芋「スイートポテトルーム」秋穣子

関連記事

親記事

さつまいも さつまいも

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「焼き芋」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「焼き芋」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7189983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました