ピクシブ百科事典

えいがのおそ松さん

えいがのおそまつさん

2019年3月15日から公開中のTVアニメ『おそ松さん』の劇場版。(全108分)
目次[非表示]

日本中を騒がせた6つ子達が、完全新作劇場版で帰ってくる!
映画になってもやっぱりバカ!?
※上記の2つは発表初期のキャッチコピー

俺たち いつから大人なの?
※公開日決定後のキャッチコピー

どんな思い出も、ぜんぶ宝物。
※本予告映像公開後のキャッチコピー

サイコーの思い出に出会う
※本予告映像とTVCMのラストに登場するキャッチコピー

概要

TVアニメ『おそ松さん』の記念すべき初の完全新作の劇場版2018年8月19日に開催された『フェス松さん'18』で製作発表が告知され、大勢のファンが大歓喜した。
日本では2019年3月15日から公開しており、更に同年5月3日から台湾でも『劇場版 阿松』というタイトルで上映開始された。
2018年11月1日に予告映像、2019年1月4日に本予告映像が公開された。

観客動員数に伴い、様々なサプライズの公開が行われた。実際に達成済みの物はこちら↓

観客動員数達成日お祝いコンテンツ
10万人3月17日Twitterフリーアイコン
20万人3月24日GIFスタンプ
30万人3月31日本編コンテ公開
40万人4月8日メインビジュアル未公開バージョン公開
50万人5月6日本編未公開コンテ公開

詳細はこちら↓
666666人に届け キャンペーン

なお、公開前の2019年2月15日に先行上映会が実施され、舞台挨拶では藤田陽一、松原秀、櫻井孝宏Dream Ami、更にサプライズとして高校生6つ子達の着ぐるみが出演した。このイベント内で、本編上映前に毎週週替わりで全6パターンの前説劇場を上映する事が発表された(詳細は後述)。
また、同時に公開日から週替わりで入場者にプレゼントを配布する事も発表された↓

配布期間内容種類
第1弾3月15日〜3月21日描き下ろしコースター(ニートver.)6
第2弾3月22日〜3月28日描き下ろしコースター(ニートmeets18歳ver.)6
第3弾3月29日4月4日赤塚高校公式カレンダー1
第4弾4月5日4月11日原画スクエアふせん6
第5弾4月12日4月18日赤塚高校学生証風カード6
第6弾4月19日4月25日ステッカー(18歳with黒猫ver.)6
第7弾4月26日5月2日マル秘ポストカード7
第8弾5月3日5月9日まぼろしの第2ボタン1
第9弾5月10日5月16日描き下ろしコースター(ニートmeets18歳ver.) ※再配布6
第10弾5月17日5月23日ICHIポスター ※前説劇場内のエピソードから正式に商品化1
第11弾5月24日5月30日赤塚高校学生証風カード ※再配布6
第12弾5月31日6月6日描き下ろしコースター(ニートmeets18歳ver.) ※再々配布6
第13弾6月7日描き下ろしコースター(ニートver.) ※再配布6

更に、公開日から様々な舞台挨拶も行われた↓

種類実施日開催場所登壇者
初日舞台挨拶3月15日東京藤田陽一、松原秀、櫻井孝宏、Dream Ami、18歳の6つ子、叶美香(サプライズゲスト)
初週舞台挨拶13月17日東京櫻井孝宏、入野自由
初週舞台挨拶2同上大阪入野自由、藤田陽一
2週目舞台挨拶3月23日東京遠藤綾山下七海
6つ子オールキャスト登壇3月31日東京櫻井孝宏、中村悠一神谷浩史福山潤小野大輔、入野自由
6つ子オールキャスト登壇(ライブビューイング)同上全国各地の対象の映画館同上
6つ子キャスト登壇1同上神奈川櫻井孝宏、中村悠一
6つ子キャスト登壇2同上千葉・東京神谷浩史、福山潤
6つ子キャスト登壇3同上埼玉・東京小野大輔、入野自由
4週目舞台挨拶14月6日東京福山潤、上田燿司飛田展男
4週目舞台挨拶24月7日東京鈴村健一、中村悠一
5週目舞台挨拶14月13日東京神谷浩史、入野自由
5週目舞台挨拶2同上宮城入野自由、藤田陽一
5週目舞台挨拶34月14日宮城同上
5週目舞台挨拶4同上福島同上
5週目舞台挨拶5同上埼玉同上
スタッフトーク舞台挨拶4月18日東京藤田陽一、松原秀
追加舞台挨拶14月19日東京高崎翔太(舞台版のおそ松役)、井澤勇貴(舞台版のF6おそ松役)
追加舞台挨拶24月28日千葉櫻井孝宏、小野大輔
6つ子による入場者プレゼントお渡し&ハイタッチ上映会5月8日東京18歳の6つ子
スタッフトーク付き"お茶の間上映会"5月13日東京藤田陽一、松原秀、富永禎彦(制作プロデューサー)
えいがのおそ松さん6つ子誕生日スペシャル上映会5月24日東京18歳の6つ子、大人の6つ子

また、同年3月10日には3月末までに18歳を迎える卒業済み及び卒業見込みの高校3年生限定(当日に制服を着用した上で来場するという条件付き)で先行上映会を実施した。このイベントではサプライズとしてDream Amiと大人の6つ子達の着ぐるみが登場し、主題歌の生披露も行われた。

因みに、非公式ではあるが同年3月2日東京メトロでもサンクスイベント、3月8日にはFilmarks主催のイベントとして先行上映会が実施された。

同年6月26日には、本作のサウンドトラックCDをリリース予定

あらすじ

大人になっても童貞ニートのまま、今日もいつも通りのんびりと過ごしていた6つ子達はある日、ひょんな事から赤塚高校の同窓会に参加する事になった。早速お馴染みの青スーツを着て出席した6人だったが、実際に再会した同級生達は自分達にとって全く程遠い社会人として生活する"ちゃんとした大人"になっていた。

最初は仕事を聞かれた際にサラリーマンやホテルの従業員と嘘をついていたが、最終的にトイレから戻って来たおそ松が本当の事をあっさりとバラしてしまった為、周囲の同級生達から"ニート村"と揶揄されて冷たい目や呆れた目で見られてしまう。
為す術も無いまま今の現状を次々と曝されてしまった彼らは、二次会には参加せずそっと家路に着く事に。

その後、同窓会での悲劇を経てすっかりやさぐれてしまった6つ子達は皆、チビ太おでんやその後帰宅した実家でストックしていたお酒で鬱憤ばらしをしながら愚痴を言い合った。ふと、十四松学生時代を思い出すきっかけとして6冊の卒業アルバムを出したり、何故か3人が覚えていた象に追われたハタ坊のエピソード(後述)も話したが、酔いが深いのか思い出したくないのか全員の当時の記憶が鮮明に蘇る事は無かった。

一緒に生活していたにも関わらず、何故思い出によって覚えている奴とそうでない奴に分かれるのか」、「いつから今のような童貞ニートになったのか」という疑問も抱きながら、6つ子達は仕舞いに泥酔で深い眠りに落ちてしまう。翌日、ようやく酔いから目覚めた彼らには思わぬ物が目に入った......見慣れない勉強机や椅子、更に窓の外からは本当に象に追われていたハタ坊
6つ子達はいつも通りの部屋が何かが違っている事に気付き、その真相を確かめる為2階から外の世界へ飛び出した。

見る建物全てが、ある筈の建物が無い所や、まだ古い名残りの頃の所ばかり.....次々と赤塚区の街を巡る中で、彼らは次第に過去の世界に迷い込んでしまったのではないかと疑うようになる。それだけでなく、背景が少しずつドットで消えかかっていたり、人物や動物の顔がへのへのもへじになるというありえない光景も目にした。
そんな中、運良く偶然出会えたデカパンから衝撃の考察が明かされる事に。彼によると、6つ子達が迷い込んだのは過去の世界.....厳密には過去の思い出で作られた世界で、「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物が居るダス」と告げられる。彼らの予想は更に確信へと変化した。
過去の時代に深く干渉し過ぎると世界が崩壊するというアドバイスも受け取った6つ子達は、その真実を確かめるべく赤塚高校に辿り着く。そこで彼らが出会ったのは......何と、18歳の過去の自分達だった

果たして、高校時代に大きな後悔を残した人物は一体誰なのか。そして、2つの時代を生きる6つ子達の運命は......?

おそ松くん』と『おそ松さん』を繋ぐ新たなストーリーが今、少しずつ始まろうとしていたのであった......!

キャスト

メインキャラクター

おそまつさんでした


あの頃の俺達には、何も無かった。
  "大人になる"って何だろう?
   俺達、いつから大人なの?」(おそ松)

本作でお馴染みの主人公。劇場版でも相変わらずニート生活を謳歌している。
だが、ある日出席した同窓会で既に社会人として活躍する同級生達からその現状がバレてしまい、帰宅後にその傷を癒そうと愚痴も交えながら気晴らしの飲酒で泥酔する。しかし、翌日にかつて18歳の高校生だった過去の時代へ何故かタイムスリップしてしまい、元の時代に戻る為奔走する事になる。

因みに、予告編が公開される前に発表された公式Twitterのツイートでは青スーツを着た立ち姿のイラストを見る事が出来る。ポーズは第1期のキャラクター紹介のバージョンを踏襲しているが、同窓会バージョンの為か全員いつもより着崩れている様子。

  • 18歳の6つ子
全員高校3年生で、卒業を控えた時期を迎えている。CVは本来担当しているキャストと同じである為、実質一人二役となっている
外見や性格は今の彼らとは少し違っている箇所が多く、一部はかつての『おそ松くん』の名残りを感じさせるような所もある(特に、作中で明らかになる高1の頃はアホ毛の本数の違いを除けばほぼ全員同じ顔に見える)。子供と大人の6つ子の要素を足して2で割った物と考えても悪くないかもしれない。
この時代のデカパンイヤミによると「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物が居る」、「この時代を生きる高校生のチミ達は物凄く仲が悪い」との事だが......?

因みに、後々明らかになる高校生の頃のクラス分けは全員同じ(高1)→おそ松&カラ松&一松チョロ松&十四松&トド松(高2は作画担当の一人・渡邉葉瑠のツイートから判明)おそ松&一松カラ松&十四松チョロ松&トド松(高3)の可能性が高いようだ。

おそ松カラ松
パステル風 学生松
えいがのおそ松さんのカラ松くん
今と殆ど外見は変わらない。当の本人は「当時の俺ってろくでもなかったんだよね」と振り返っており、この頃から既に女子高生へのナンパスカートめくりなどを試みていた(後者の方は後で建物に吹っ飛ばされる程の制裁を喰らったが、普通に生きていた)。今より下がっている少し困り顔の太い眉とニキビがあり、ナルシストの要素は当時まだ片鱗も無かった。作中ではある出来事にあって以来、なかなか誰にも言えない"悩み"を抱えているようだが......?
チョロ松一松
えいが
18歳いちまっちゃん
丸眼鏡をつけている(クレジットでのワンシーンから、高2の春頃から使用し始めていたようだ)。常に機械のSEが聞こえる挙動不審な歩き方や、今よりも高めの声で何事もハキハキと喋る(先生に対しては"てんてー"と呼んでいる)...という、6つ子達の中で大人になるまで一番色々な所が変わった可能性が高い事が明らかになった。因みに、鞄の中には何故かエロ本赤点テストが入っていた今よりも目は少し開き気味で、表情豊かで気さくな一面や密かにパリピな性格もまだ多く見られる。それでも、時折男友達の輪に入ってない状態では今と同じ闇の部分が度々現れる事もあるが、彼らの前では何事も無かったかのように隠している。男友達からは"イチ"(ICHI)と呼ばれているが、当の本人にとってこの頃はあまり触れてほしくない思い出の一つとなっているようだ。
十四松トド松
十四松
高校生末弟
笑顔で一杯な今とは対照的に、何故かヤンキーっぽい格好で表情も何処か不貞腐れている。本当に昔の彼本人なのかと到底想像がしづらい......と思いきや、実際にはエアたばこやエアバイクをしたり気が抜けるといつもの顔に戻ったりする事から、完全に悪には染まり切っていない状態だった。一体どうしてこうなったのだろうか頬の赤みが強く、他の5人と体格差があって少し幼く見える参考)。ただし横並びに見える場面もある。実は外見以上に性格が今とかなり異なっており、寂しがり屋でよく泣く事が多い。作中では、下校途中の三男を"チョロ松兄ちゃん"と呼びながら後を追い彼の制服の中にカンガルーの如くスッポリと入った他、帰り道の途中で迷子になり警察署で保護された所を彼に見つけられて無事に一緒に帰る...という、今では珍しいブラコンの一面があったようだ。

本予告映像公開後のティザービジュアルは、高校生と大人の6つ子達がそれぞれ鏡写しのように一緒に揃ったイラストとなっている。

トト子ちゃーーーん!💕


本作でお馴染みのヒロイン
本編では、今回の同窓会にオシャレな衣装で出席している。自身が可愛い事を何より知っているだけでなく、陰で悪口を言った相手には「何か言った?ブス」とあっさり言い返す程強いメンタルも持っている。
また、本予告では過去の時代にブレザーの制服でロングヘアーだった姿(画像右)が見られる。この頃の性格は控えめでおしとやかな女の子だったが、その一方で勝手に背負わされたヒロインという看板にかなりの重荷を実感し、苦労していたようだ。

「さん」のおふたり


本作でお馴染みの腐れ縁
本編では、イヤミは貧乏な格好のまま屋台の外でおでんとお酒を貪り、チビ太の方はそんな彼と屋台の席ですっかり酔いが回った6つ子達の様子に半ば呆れながらも、いつも通り営業に専念している。
だが、そんな彼も数年前は茶髪ヅラを身に付け、高校には行かずにおでんとは距離を置きながら洋食屋コック見習いに勤しむという意外な過去があった。
また、競馬場で出会った過去のイヤミは当時の6つ子達が彼に持っていたイメージの影響で、出っ歯や一部の小物以外が殆ど透明な姿になってしまった。

おっさんずわり


本作でお馴染みのちょっぴりマッドな一面を持つ科学者。本編では、過去に迷い込んだ6つ子達に先述のアドバイスを授けた。

20話目のアレ〜ワイプの住人〜


本作でお馴染みの相変わらず謎が深いTHE 怪人。過去の世界でもダヨーンはダヨーンのまま...なのだろうか?

ハタ坊詰め


本作でお馴染みの幼馴染み。本編では、卒業式の前日に突如動物園から脱走したに追われ、三輪車で逃げた道中で玉突き事故に巻き込まれ飛行機を撃ち落として大怪我をするという出来事があったようだ。

記念日ログ


6つ子達の両親。卒業式の前夜に松造は高校生の彼らが大人になったら働くと信じ、「6人も居るなら将来は安泰だ」と卒業式の前夜に喜んでいた。その後、2階から不法侵入しようとした大人の6つ子達を発見した松代は、泥棒と勘違いし慌てて警察に通報する。その後、必死に逃げていく6人を松造と共に見ながら「(犯罪を犯したあの子達の)親の顔を見てみたいわ」と半ば呆れていた。

8話、9話感想と落書き
JC にゃーちゃん


チョロ松が好きな地下アイドルで、現在は彼も含めた多くのファンを得ながら活動している。そんな彼女の数年前の過去は......何と中学生(画像右)で、当時のトト子にファンレターを送っていた

えいがのアレ〜とりあえずパンフだけ手に入れた〜


アニメ本編ですっかりお馴染みとなった有名なモブとある回ではある意味黒幕のような偉い立場のキャラ......だった筈なのだが、本作では同窓会でDJ(画像右下)としてちゃっかり働いている。
また、過去の世界では何故か赤塚高校の卒業式の参列客として参加し、涙を流していた

ゲストキャラクター

※アニメ版と異なるキャスティングとなっている
同級生の一人で、トド松とは仲が良い。予告映像のワンシーンと公式Twiiterのツイートより本作での出演が判明し、1期22話Aパート『希望の星、トド松』以来3年ぶりに再登場を果たす事になった(なお、第2期でもとある回で名前のみ挙がった事はあったが)。
本作でも一軍の要素は健在で、今の現状の6つ子達を叱る内川を何とか宥めて則本と上原から好感を得ていた。それでも、"ニート村"という彼らを表す呼称は気に入っていたようで、この態度がトド松の逆鱗に触れ反撃されようとする原因になった(ただし、その直後に兄達に抑えられ未遂で終わっている)。
因みに、高校生の時はマッシュルームカットの髪型だった模様。

かつてとある妖精と同時期に誕生した生命体......の筈なのだが、本作では何と同級生の一人として1年3ヶ月ぶりに再登場を果たした。恐らくとある回と同様、別個体の可能性が高い。

かつてトト子の婚約相手になりかけた男性だが、本作の競馬場で1年1ヵ月ぶりの再登場となった。お金に釣られてにじり寄って来たイヤミに困惑していた。

同級生の一人で、現在は赤塚ホテルの従業員として働いている。
同級生の一人で、6つ子達を現状に因んで"ニート村"と呼び「同級生として恥ずかしい」と叱っていた。
同級生の一人で、一松の友達。
(詳細は左から順にリンク先の画像を参照)。

同級生の一人で内川と共に今の6つ子達について尋ねたが、最終的に現状を知った時は彼ほど怒ってはいないものの、呆れつつ苦笑していた。
また、高校生の頃はおそ松からスカートめくりをされており、直後に思わず通学鞄で制裁を一発お見舞いした。
同級生であつしくんの側に居た女性達。彼の的確な行動にすっかり魅了されていた。
また、中盤に登場した高校生の頃の彼女達はトト子やドブスと一緒に、大人の6つ子達へある人物についての噂を教えた。
(詳細は左から順にリンク先の画像を参照)

かつての同級生達。

過去の世界に迷い込んだ6つ子達の前に現れるようになった翠眼。真相を探る彼らの後を追う事もあれば、あるいは突然何処かに行ってしまったり、時にはある方向へ導いたりもしている。
また、この時代で時折何かを感じたり密かに知っているような事もあるようだが......?






※リンク先ネタバレ注意!

エキストラ出演

星プロ』コラボ(詳細は後述)を記念し、特別に本編に登場した。ただし、台詞は一切無い。

動物をモチーフとしたキャラクター。過去の世界で宛ても無く迷っていた6つ子達の傍らで、ドーナツを食べていた。

モンスターをモチーフとしたキャラクター。デカパンとの話を終えた後に街中を歩いていた6つ子達の奥で、何かのメモを取っていた。

SFをモチーフとしたキャラクター。18歳の十四松がオラつきながら向かっている傍らで、のんびりと散歩していた。

スタッフ

原作:『おそ松くん赤塚不二夫/『週刊少年サンデー』(1962年~1969年)他で連載
監督:藤田陽一
脚本:松原秀
キャラクターデザイン:浅野直之
美術監督:田村せいき
色彩設計:垣田由紀子
編集:坂本久美子
撮影監督:福士享
音楽:橋本由香利
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:菊田浩巳
音響制作:楽音舎
アニメーション制作:studioぴえろ
配給:松竹

主な楽曲

主題歌

Good Goodbye
歌・作詞:Dream Ami
作曲:Erik Lidbom, Carlos K.

2018年12月26日公式サイトから発表され、2019年1月30日にMVが投稿された。また、同日から各音楽配信サービスで先行配信も実施されている。
本作で描かれる学生時代での出会いと別れを、旅立ちの切なさを交えながらもそっと背中を押す力強さを感じる素敵な曲調となっており、MV中では6つ子達それぞれのイメージカラーの衣装を身に着けたDream Amiを見る事が出来る。
同年3月13日にはシングルCDがリリースされた。

挿入歌

※曲名は全て本作のサントラから引用。

  • 赤塚ホテル
歌:おそ松を除く6つ子(CV.中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)

同級生の内川と岩瀬から職業を聞かれた際に、ニートである事を誤魔化しているうちに全く知らない赤塚ホテルのイメージキャラクターをやっていると嘘を吐いてしまった為、とっさに即興で歌ったCMソング。シャワーの水圧が弱くたまに幽霊も出る事があるが、沢山のチップを待っているという歌詞で、岩瀬からは「そんなホテル泊まりたくない」と呆れられた。
なお、この時おそ松はたまたまトイレで席を外していた為残りの5人で歌っている(おそ松の中の人が、歌を極力避けている事情も考慮しているのではないかと推測されている)。

  • ネコとディスコとサカナ
作詞:eNu(音楽クリエイティブユニット『(K)NoW_NAME』の一人)
作曲:橋本由香利
歌:トト子(CV.遠藤綾)&にゃー(CV.山下七海)

普段は犬猿の仲な彼女達のありそうで無かった初のデュエット曲で、実質的に本作のOP。映像は第1期のEDを担当したコマ取りアニメーション会社dwarfが再び製作した。主な撮影場所は飛鳥山公園(外部リンク)との事。
6色のネオンと共に6つ子達があちこちを駆け巡る展開となっており、更にディスコらしい軽快な曲調で思わず惹き込まれる楽曲である。また、本編でも過去の時代のカラオケ屋のシーンでちょっとした替え歌バージョンを一部聞く事も出来る。

因みに、アニメでは無いが似たような事例ではへそウォで2018年に新登場した極狼松のイベントストーリーで、弱居組の娘・トト子と出川版組と結託している羽多暴会の養女・にゃーが互いの勢力の衝突を避ける為に1回限りで『FiSH』というユニットでアイドル活動をするという展開がある。派生は違えど、偶然にも本作でこれが実現する形となった。

作詞・作曲:作者不詳
歌:エイベックス・アーティストアカデミー(桝田和希、山田芽依、酒井貴美子、嶋田嗣大、引地あやか、若林佑将、沢田愛、宮下寛大、早坂優姫、TAKAHITO)&エイベックス・マネジメント(坪野真紀)

作中で流れる卒業ソング。馴染みが薄い方も居るかも知れないが、実は1884年に発表された日本唱歌の一つである。
卒業生教師への感謝と自身の学生生活を振り返るという歌詞で、主に明治から昭和の間に学校の卒業式で広く歌われ親しまれた名曲となっている。もし気になった方は是非一度聞いてみよう。

参照動画(外部リンク)
※カラオケバージョンの為声は無いが、本作と同じ音階の為一応ここに掲載する。

  • 思春期バスターズ
歌:佐伯ユウスケ(内容は伏せられているが、本人のツイートにより判明)

高校の卒業式当日にかつて屋上で大喧嘩した過去を阻止する為、大人の6つ子達が"黒歴史予防お兄さん 思春期バスターズ"に変装して参上した時のテーマソング。因みに、ボーカルで出演した彼は第2期の挿入歌『ちゃんとした合体のテーマ』や『イルカになった青年』も担当している。

  • 完全体おそ松さん

終盤で、大人と18歳の6つ子達が黒猫の導きと共にとある目的地へと駆けていく際のテーマソング。徐々に世界が崩落する中、卒業後の将来を案じていた高校生の6人は未来の自分達からのメッセージで何かを感じ、このまま前へと進むきっかけを得ていくラストスパートは必見である。

番外編

『えいがのおそ松さん』劇場公開記念 オリジナル短編劇場 (全7話)

2019年2月21日公式サイトで告知され、同年3月1日からdTVで配信中のショートエピソード。

第1話『おそ松、起床』(おそ松&十四松)
あらすじ爆睡し続けているおそ松を起こしに来た十四松は、彼が見ている夢の中に入って色々な事をするが......?
第2話『歯みがき』(おそ松&チョロ松)
あらすじ朝からどんよりとしながら歯磨きをしているおそ松を見かけたチョロ松は、彼にその訳を聞こうとするが......?
第3話『一松の事情』(一松&トド松)
あらすじある日、一松の元に以前猫カフェで意気投合した店員から手紙が届き、トド松と一緒に内容に期待しながら返事を考えるが......?
第4話 『トドまっつぁん』(チョロ松&トド松)
あらすじ最近トド松が落語に通っている事を知ったチョロ松は、彼に色々と問い詰めるが......?
第5話『にゃんこキャッチャー』(一松&十四松)
あらすじ街中を散歩していた一松は、ゲーセンの外にあったUFOキャッチャーの中で何故か本物の猫が居る事に困惑するが......?
第6話『銭湯にて』(おそ松&カラ松)
あらすじ銭湯を済ませ脱衣所に戻ったカラ松は、ある物が無い事に気付くが......?
第7話『行く?』(6つ子)
あらすじチョロ松が雑誌内のページで提案した行き先に、最初は乗り気ではなかった5人だが......?

『えいがのおそ松さん』前説劇場 (全6話)

同年3月15日から週替わりで本編上映前に6つ子達から2人ずつ繰り広げられるショートエピソード。同年4月26日の7週目や6月7日の13週目以降は再び第1話から上演中。
なお、先述通り第3松の『限定商品』で登場した一松のポスターは後に第10弾の入場特典として正式に採用された

第1松『オン・ザ・ムービー』 (3月15日〜3月21日/4月26日~5月2日/6月7日〜・おそ松&トド松)
あらすじ初めての映画化に重荷を感じたおそ松とトド松は、気楽でありたいとあれこれメタ発言をするが......?
第2松『オレに任せな』(3月22日〜3月28日/5月3日~5月9日・カラ松&チョロ松)
あらすじ初めての映画化に大きな喜びと自信を持っているカラ松に対し、このノリで本当に大丈夫なのかと現状を心配するチョロ松がその訳を聞いてみるが.....?
第3松『限定商品』(3月29日〜4月4日/5月10日~5月16日・一松&十四松)
あらすじ劇場版のグッズを作っていた十四松を見かけた一松は、彼に一体何の商品を準備しているのかと聞いてみると......?
第4松『ストーリー』(4月5日〜4月11日/5月17日~5月23日・十四松&トド松)
あらすじトド松が映画の脚本を考えている所を見つけた十四松は、彼にどんなお話にするのかと聞いてみるが......?
第5松『テコ入れ』(4月12日〜4月18日/5月24日~5月30日・おそ松&チョロ松)
あらすじ公開から約1ヶ月を迎え、そろそろお客さんが減ってきているのではないかと危機感を抱いたおそ松とチョロ松は、更に多くの人に来てもらう作戦を考えるが......?
第6松『ありがとう』(4月19日〜4月25日/5月31日~6月6日・カラ松&一松)
あらすじ映画が6週目に突入した中、何度も見に来てくれているお客さんが居る事に感動し感謝したカラ松は、一松にも皆に感謝の気持ちを言うようにと促すが......?

余談

TVアニメの高校時代との比較

6つ子の学生時代の制服については、アニメ本編では1期17話の『十四松まつり』の『十四松』に登場した十四松のアルバムでは、少なくとも十四松が着ていたのは中学も高校もどちらも学生服であった。

しかし、今回の劇場版ではティザーイラストや予告映像より6人共ブレザーとなっている。
なお、『PASH! ILLUSTRATION FILE 2019』のインタビューによると今回ブレザーになったのは見栄え重視であるものの、上記のアルバムに登場した学ラン十四松の写真については彼が「間違って着ていた」のではないかと触れられている。後に、スタッフトーク舞台挨拶では「(クレジットの写真で)『十四松が間違えて学ラン着て来るシーン』を出せば良かった」というコメントが述べられ、6つ子達の高校生の制服は本作に登場したブレザーであるという事が正式に認定された。

アニメ
17話目のアレ〜そして終焉へ〜
十四松の日でした
劇場版
えいがの
18歳のおそ松さん

更に、上記の『十四松まつり』では十四松は中3までごく普通であり、高1で急に今に近い性格になった(十四松デビュー)事が判明しており、続く高2では海パンに浮き輪を着けた姿で写真に映っていた。(TVアニメで判明したのはここまで)
もし、今回の18歳バージョン(以下参照)も十四松の過去の一つであると仮定すると、この後何らかの要因で高3から急にグレた可能性が浮上するが、その真相は……。

学生十四松



参考作品

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 (約98分)
1984年2月11日に公開された高橋留美子原作の漫画うる星やつら』の劇場版第2作目で、押井守の出世作。アニメーションの制作会社や、(多少の違いはあるが)の世界が舞台である事に共通点が見られる。
また、予告ナレーションで出演していた古川登志夫は主人公・諸星あたるを演じた。因みに、この劇場版ではないが同作のアニメやOVAで登場した尾津乃つばめは、松造役の井上和彦が演じている。

バック・トゥ・ザ・フューチャー』 (約116分)
1985年7月3日に公開されたロバート・ゼメキスの映画で、同シリーズの第1作目。科学者の親友・エメット・ブラウン(ドク)の手伝いとして搭乗したタイムマシンデロリアン』の実験中にタイムスリップで1955年に来てしまった高校生の主人公・マーティ・マクフライ(マーティ)の冒険を描いている。
本編では、現代に戻る為に考えたアイデアの中にこの作品のパロディが登場。カラ松がドク役、残りの5人がマーティ役(特に、トド松のみ作中で"トーティ"と呼ばれている)を演じている。

おそ松くん スイカの星からこんにちわザンス!』 (約24分)
1989年3月18日に『東映まんがまつり』で公開された短編劇場版で、原作回の『テンノースイカばんざいよ』(竹書房版では『スイカ星人あらわる』)が元になっている。2011年5月21日にDVD化された。
スイカ星の人口増加を解決する為、スペシャルスイカで人々を洗脳しつつ地球を侵略する事を試みるスイカ大王と、彼らの魔の手を阻止する為に結成された地球防衛隊(6つ子・デカパン・ハタ坊・ニャロメなど)の物語となっている。
同時上映は『聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち』、『ひみつのアッコちゃん』、『高速戦隊ターボレンジャー』の3本。作中では、前者2作品のパロディが見られる(ただし、とあるシーンでは本イベントで未登場の別作品パロディも登場した)。
(参考リンク)

宣伝・特集番組



  • 2018年12月27日に映画化を記念して『シェーWAVE おそ松ステーション』も一時的に復活。第28回に藤田陽一と松原秀、2019年2月12日に公開された第29回には入野自由が出演した。

  • 2018年12月28日から2019年1月11日の間に本作のスペシャル映像の第1弾、同年1月18日から3月8日までには第2弾が全国の松竹マルチプレックスシアターズで各映画の本編上映前に期間限定で公開された。
    • 内容はどちらもシリーズ構成でお馴染みの松原秀による書き下ろしの脚本に、新規録り下ろしボイスの6つ子も登場する展開となっている。

  • 2019年3月27日深夜(28日)からテレビ東京で『「えいがのおそ松さん」本編冒頭限界までお見せします』の特番が放送された。また、4月29日深夜(30日)に再放送となった。

コラボ

  • 公式アプリゲームには劇場版とのコラボ扱いで衣装デザインが追加された。『へそくりウォーズ』には2018年11月9日に「えいがのおそ松さん」の名称で映画スタッフの役職に扮した姿(後述)が登場し、その後も18歳バージョンなどが追加で登場した。『たび松』には2018年11月22日に同じくスタッフ姿が登場し、その後も18歳の6つ子などが追加された。


  • 2019年1月18日にNTTドコモの企画『星プロ』から投稿されたCM「青春のドまんなか・星プロ学園」篇』(現在は削除済み)のワンシーンで、高校生の6つ子達がコラボとして登場した。作中での表記は"友情出演 松野家"。同企画では過去のCMでも大人の6つ子達が何度か登場しているが、どちらも台詞は無い。
    • 更に、同年3月3日に投稿された『「最近のいいこと・モンジュウロウ]篇』(こちらも現在は削除済み)から『星プロ』のキャラも本編でエキストラ出演している事が明かされた

  • 2019年3月1日から同年3月21日までスマホゲーム『LINE ブラウンファーム』とのコラボを実施。一定のクリア条件を満たすと高校生6つ子の限定LINEスタンプが貰えた。



  • 2019年4月23日から5月7日にかけて、アプリゲーム『セブンズストーリー』(セブスト)にコラボとして6つ子達が登場した。イヤミカートの直後に異世界へ行ったという設定だが、ハイタッチをする一松など劇場版のネタもあった。


その他

  • 映画化が決まりTwitterでも大きく話題になった際、当時のトレンドには本作に関連するキーワードではなく何故かあらすじの一部に記載されていた"高校の同窓会"が浮上するという不思議な出来事が起きた。
    • なお、このような事態になった理由はそのキーワードが特に多くのファンの間で取り上げられた物だったからか、または周囲のユーザーへの配慮も兼ねてあえて作品名を伏せつつ盛り上がったからではないかと考えられている。


  • 劇場版でもアニメ本編と同様に野球ネタが盛り込まれている。また、ゲストキャラクター(あつしくんや猫、エキストラ出演を除く)の苗字の元ネタは、全て実在する野球選手の苗字から由来している事が完全版の公式パンフレットで明らかになった。

  • 2018年8月19日から販売された前売券第1弾やその特典のイラスト(ティザービジュアル)では、6つ子が映画スタッフの役職に扮した。なお、本編にこの姿は登場しない。
    • アプリゲームの説明によると、おそ松が映画監督、カラ松が大道具さん、チョロ松が音声さん、一松が助監督さん、十四松が照明さん、トド松がカメラマンさんとなっている。

  • 2018年11月発売の前売券第2弾は高校生の6つ子が川原を歩く場面(ランダムで配布された特典缶バッチはパーカー6つ子が座った姿)、2019年1月発売の第3弾は高校生6つ子の各種だった。

関連イラスト

祝☆松映画化!
祝!映画化!!


映画化おめでとう!
祝!映画のおそ松さん!


「俺たち いつから大人なの?」
ver. ADULT × ver. age18


進路調査
えいが松まとめ ①


おそ松LOG16
松えいが視聴前イラスト・漫画まとめ


えいがのおそ松さん!!
[※ネタバレ有] えいがのおそ松さん感想レポ [※ネタバレ有]


今日からだよ!えいがのおそ松さん^ワ^
㊗️えいがのおそ松さん 本日公開🎉



因みに、第1期の頃から密かに劇場版を願っていた先駆者の作品もたまに見られる↓

劇場版おそ松さん



関連動画

特報


予告


本予告


TVCM1


TVCM2


TVCM3


66秒でわかる「えいがのおそ松さん」


主題歌


2/15の舞台挨拶 その1


2/15の舞台挨拶 その2


3/15の初日舞台挨拶


※動画内でDream Amiは推しがカラ松である事を明かした。

松野家6つ子 バースデームービー 2019



関連タグ

メインタグ

アニメ映画 映画 劇場版
おそ松さん おそ松さん(アニメ) 同窓会 高校生 タイムスリップ 
おそ松 カラ松 チョロ松 一松 十四松 トド松
トト子 イヤミ チビ太 デカパン ダヨーン ハタ坊
松野松造 松野松代 橋本にゃー あつしくん ドブス
大山(おそ松さん) 内川(おそ松さん) 柳田(おそ松さん)
岩瀬(おそ松さん) 則本(おそ松さん) 上原(おそ松さん) 高橋のぞみ
星プロ(ドコモ) ドニマル モンジュウロウ コスモフ

類似エピソード

スクール松
1期20話Bパート。(一応)学生繋がりのエピソードだが、こちらは6つ子全員とトト子がヤンキーになっている

表記揺れ

えいが松 映画松 映画のおそ松さん

関連リンク

公式


主なレビューサイト

関連記事

親記事

おそ松さん おそまつさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「えいがのおそ松さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4021491

コメント