ピクシブ百科事典

パーカー松

ぱーかーまつ

『おそ松くん』およびその派生作品や関連作品での、おそ松&一松のコンビタグ
目次[非表示]

概要

パーカー松とは『おそ松くん』およびその派生作品に登場する六つ子のうち、長男である松野おそ松および四男である松野一松のコンビ名である。
由来は『おそ松さん』のPVなどでスーツ以外の服としてパーカー松パーカー)を着ていることが最も多い二人であることから。
非公式の呼称である。

『おそ松くん』と『おそ松さん』で関係性の違いがあるが、ここでは両方紹介する。

注意事項

※『パーカー松』はコンビタグです。腐向け要素を含む作品にはつけないよう棲み分けにご協力お願いします。またそのような作品にタグが付けられていましたら、外してもらえると助かります。
BL松やCPタグとの併用はお止め下さい。

「おそ松くん」の関係性

おそ松くん」では他の兄弟間と同じく、外見が全く同じで性格もあまり違わない。

チビ太が帽子を取ると悪い子に変わる話(サンデー版「帽子をとったらはいそれまでよ」、ebook版4巻収録)では、おそ松以外の兄弟がおそ松にチビ太の世話を押しつけて逃げたが、あとで一松は「ヘヘッ、おそ松、さっきはごめんな。」と言って戻ってきた。しかしおそ松は、こっそりチビ太の帽子を取るいたずらを仕掛け、まんまと一松をトイレに閉じ込めさせてしまった。

「おそ松さん」の関係性

おそ松さん」のおそ松は小学生のときと変わらず、がめつく自己中心的な側面を持つ青年である一方で、一松は卑屈ともいえるほど自己評価が低い青年に育った。

おそ松は弟たちに構ってほしがるかまってちゃんな面があり(1期2話Bパートなど)、一松も実は寂しがり屋で兄弟たちがいるから友達はいらないと思っている(5話Bパート)。こういったところから、似ている二人であるとも言え、そのためか兄弟仲は良好なようである。
しかし、弟の財布を持ってパチンコに行ったおそ松に対するディープキス(1期14話Aパート)や、数日分の生活費を独り占めしようとしたおそ松をカラ松や十四松と一緒に抑えつけたり(2期6話Aパート)、おそ松が身勝手なことをしでかした時に中心となって制裁を加える役割こそが一松であるという側面もあるようだ。

呼び方

一松は彼の三人の兄のうち、カラ松のことは「クソ松」や呼び捨て、チョロ松のことは「シコ野郎」等の仇名や呼び捨てで呼ぶのに対し、おそ松のことは基本「おそ松兄さん」と「兄さん」を付けて呼んでいる。
おそ松は一松のことを基本呼び捨てで呼ぶが、たまに「いちまっちゃん」という呼称を用いることがある。初出は一期23話の「灯油」だが、二期に入ってからはこの呼称を用いるシーンが増えた。
おそ松が他の兄弟を「ちゃん」付けで呼ぶことは現状なく、一松特有の呼び方である。対する一松自身はこの呼び方に対して否定も肯定もしておらず、ごく自然にこの呼び方に慣れている模様。

アニメから

第一期

おそ松は2話Aにて「こんな人間性じゃ仕事とか一生無理」との理由で「一松の事が一番心配」と発言しており一松のことを特に気にかけているようである。

2話B「おそ松の憂鬱」にて、町で一松を見かけたおそ松が「お前だけは俺と遊んでくれるよな」とあとをつけ、路地裏で猫を構いだす一松おそ松は「かわいいところあるな」と見ていた。
その後なぜか一松に変貌した。
一松が猫になることを、おそ松は二十数年間一緒にいてこの時まで全く知らなかったらしいが……
一松は今の所おそ松から唯一可愛いと言われた弟である。

一松の方はおそ松に5話Bではからかわれたり、あえてキツイ言葉をかけられても大してキレることはなく(後者は睨みつけたはつけたが逆に目を逸らさずに見つめ返された)比較的大人しく従っている。

9話冒頭ではなぜか雪だるまの中からおそ松と一松が現れ、通りすがりのハタ坊の前でデリバリーコント「本当は気まずい鶴の恩返し」を披露した(しかし最終的に肝心のハタ坊はコントを見ておらず、雪だるまを作っていた)。

14話Aでは、風邪で寝込んでいる弟たちの財布を勝手に持ち出しパチンコでお金を擦った様子のおそ松に対して激怒し、トド松に「風邪を移してあげて」と言われた一松は、ディープキスをかますという形でおそ松に風邪を移すことに成功していた。
ちなみに分身(分裂?)した十四松に驚き起き上がった際にも何故か一瞬キスをしているように見える場面がある(所謂天丼?)

Bパートでは、兄弟たちに話す事と話さない事のラインについて話し合っていた際、一松の発言がおそ松の言いたいことと一致していたようで、大喜びで「わかっているね~常識あるね~社会に出てもやっていけるんじゃない?」と言いながら一松をなでなでしていた(ちなみにこの発言は2話の居酒屋での発言とは言っていることが真逆である)。一松もそれに対し満更でもなさげな反応を見せ「あざーす」とお礼まで言っていた。末弟に「気持ちわりっ」とドライに吐き捨てられていたが。

16話Bパート「一松事変」では、一松が出来心であるものを手にした際に偶然おそ松が帰ってきたことから始まり、主に二人のやりとりメインで話が回っている。素直になれない性格の一松が素直なおそ松を羨ましがったり、一松が「おそ松兄さん」と呼んでいることが発覚していた。
ただ、当のおそ松は目の前の相手を知ってか知らずか一松が用意したポテチや猫用の煮干しを無断で食べるなど所々一松の怒りを買う場面があった。

22話Aパート「希望の星、トド松」では、テーブルの上で脱糞しようとし出した理由として「だってみんないっぱい言うから…俺には俺のペースがあるのに」と言う一松に「ペース乱されてもウンコはしなくない!?」とおそ松が突っ込んでいた。
Bパート「ファイナルシェー」では、おそ松が虎に乗って登場し、10話でイヤミとチビ太を虎に襲わせた一松と同じく、二人揃って虎を扱うことができると判明した。

23話Bパート「灯油」では、給油に行きたくないがために十四松の後を追いこたつで寝た振りをかます一松の鼻に、ゲス顔のおそ松がこよりを入れる嫌がらせをし挙句着火させていたが、身が焦げてもかたくなに寝た振りをやめていなかった一松を見て「やるな弟よ」と感心していた。
なお、嫌がらせで一松を振り回す際に初めて「いちまっちゃん」という呼称が登場するが、かなり聞き取り辛いセリフであるため、気付けなかった視聴者も多い。

24話Bパート「手紙」では、チョロ松が就職したのをきっかけに、兄弟たちが次々と自立するため実家からいなくなる中、最後まで残ったのがこの二人であった。しかしそんな一松も今川焼きを食べている際におそ松に家を出る決心をしたと告げ、「これで…これでいいんだよ、多分…」と寂しげに語っていた。

第二期

2話Aパート「祝・就職!!」では、「トッティちゃんねる」で配信する動画撮影の際に、兄弟の中で真っ先に脱ぎ芸を披露する一松に対し、おそ松は「ずるいぞ! じゃあ俺も!」と便乗して全裸マンになった。
Bパート「超洗剤」では、超洗剤を飲み内臓が見えるようになった6つ子かそれぞれお互いの内臓を評するなか、おそ松が「一松は?」と話を振ったが、一松は自分の内臓を隠そうとした。しかし兄弟5人がかりで取り押さえられた一松は、「ワレモノ注意」と注意書きを貼られたガラスの心臓をみんなに見られてしまう。その際におそ松は「こいつ普段は闇のオーラ放ってるけど、ホントは傷つきやすいのかな…」と感想を語り、直後に一松の心臓にヒビが入った時には「あー! 割れた、ごめーん!」と謝った。
また、6つ子でボディペイントをする際に、弟五人がかりでも思い出せないおそ松の顔の印象について、「漠然としている…」と呟いた。その後、「バカでクズでゴミでエロい感じ」に描いたところ「割と俺じゃねーか!」と憤るおそ松に対し、「そっくりか、よかった」と述べた。

3話「チョロ松と一松」で気まずいひと時を過ごした一松は、兄弟が帰ってきた際に安堵のあまり、チョロ松と共に泣きながらおそ松に抱き付いた。

5話「夏のおそ松さん」中の「今年こそは」では、夏のビーチでナンパに繰り出そうとする一松に対し、おそ松は「俺たちに付き合わなくていいよ」と、いつも弟たちを自分のやりたいことに巻き込もうとする彼にしては珍しい気遣いの言葉を掛けた。
一度は激昂した一松が、結局は「俺みたいな人間が夏のビーチに来れたんだよ? これ以上望むものはない」とナンパに出向かず座り直した際に、おそ松は「だろ~? だから止めたのに~!」と相槌を打った。

9話「キャンペーン発動!」では、一松が「兄弟であろうともっと気を遣っていこうキャンペーン」を始め、6つ子がお互い気を遣い合って行動しているかを監視する。チョロ松・カラ松・トド松の三者がそれに困惑する一方で、おそ松は「まあいいんじゃない? しばらく様子見て見ようよ。なんか面白そう!」と楽天的なスタンスを取った。
しかし一松は次第に、身勝手さが目に余るおそ松ばかりに集中してたしなめるようになる。最終的に、流石のおそ松も辟易し、キャンペーンの中止を提案するが、弟たちの満場一致でキャンペーンは続行されることになる。

10話「カラ松とブラザー」では、カラ松が兄弟に雑事を押し付けられることを嫌がっていたことが発覚し、カラ松の後釜を誰が担うかと議論になった際に、おそ松は一松について「いや、一松は怖い。恨み溜めてあとで刺してきそう」と評し、それに対して一松は「確かに」と頷いた。

12話「返すダス」では、おそ松と一松が共にパチンコ屋から出てくる様子が見られた。

しかし13話「年末ジャンボ」では、宝くじを買おうというおそ松の誘いを一松はあっさりと断る。

15話「びん」では、パンにつけるための佃煮のびんが開かない一松の前に、一番初めに現れたのがおそ松だった。
おそ松のウザ絡みに苛立ち、びんを破壊しようとする一松について、おそ松は「今お前の一番ダメなところ出てたよ!?」と評する。
おそ松がびんに力を込めた手からすっぽ抜けたびんが一松の顔にめり込む場面もあった。

19話「バレンタインデー」において、兄弟内でチョコを渡し合うにあたり、おそ松は一松にチョコ(ブラウニー)を渡している。
その際におそ松は「お前ってさ、多分俺より幸せになることは一生ないと思うんだよね。安心するよ。ありがとう」との言葉を述べたが、一松は後に「おれのこと下に見てんじゃねぇ!」と怒りを露わにしていた。

その他

二期放送開始前に行われた上映会イベント「おそ松さん 春の全国大センバツ上映会」にて公開された新作エピソード「発表!」では、おそ松がとある重大発表をするために兄弟全員を釣り堀へ呼んだ際に、一松は他兄弟の一足先に釣り堀へ登場した。
おそ松はやってきた一松に手を振ったり渾身の下ネタギャグを披露するが、一松はとことん無視とスルーを貫いた。
また、おそ松による「いちまっちゃん」という呼称は初出こそ「灯油」であるが、それを定着させたのはこのエピソードであるだろう。

おそ松さん ドラ松CDシリーズ

「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ」第1巻では、おそ松と一松が二人一組となって職業体験をしている。職業は「占い師」。
全トラックにおいておそ松と一松のみでストーリーが展開する。

01 もしも一松が占い師だったら
誰にも言えない悩みを抱えて占いの館にやってきたおそ松。だがそこにいたのは占い師の格好に扮した四男、一松だった。やや躊躇しながらも弟に悩みを打ち明けるおそ松だったが…。

02 もしもおそ松が占い師だったら
ある理由から、長男のおそ松を迎えに謎の場所にやってきた一松。無事おそ松を見つけた一松は兄を連れて帰宅しようとするが、おそ松はそれを拒否し…。

職業体験という設定上、六つ子同士が兄弟ではなく他人というパロディ設定になっていることが大半であるドラ松CDの中で、唯一トラック1、トラック2ともに本編に沿った設定の2人の日常を舞台にしたストーリーとなっている(チョロ松と十四松出演のドラ松CD第2巻は、トラック1が本編沿いの設定、トラック2はパロディ設定。ドラ松CD第4巻~第6巻は、それぞれ全トラック通してパロディ設定である)。
アニメ本編ではあまり見られなかったおそ松と一松2人きりの日常会話や六つ子の暇つぶしの様子、更には松野家の夕食事情まで窺い知ることが出来る。

7巻ではおそ松が猫の鳴き声を発する一松を見て、「お前可愛いな」と述べている。
対して一松はパチンコでスッて帰ってきたであろうおそ松に、猫を用いて容赦ない制裁を加える。

おそ松さんかくれエピソードドラマCD「松野家のなんでもない感じ」シリーズ


「一松病院」(「松野家のなんでもない感じ」第2巻)
一松を見つけたおそ松が、「トド松に合コンに誘われなかった。心臓がキュッてなる」という愚痴を吐き出す。「最悪だ」と落ち込むおそ松に対し、一松は「コンビニに行ったら自動ドアが反応しなかった」というエピソードを語り、おそ松の傷心を癒した。

「トッティのお願い」(第3巻)
トド松にパチンコへ誘われた一松は「金がない」という理由で断ろうとするが、おそ松から金を借りることを提案される。対して一松は「おそ松兄さんに、か、金を借りる…!? できる訳ないでしょそんな奇跡…」と驚愕を見せた。(なお一期5話「カラ松事変」では、おそ松が一松に金を貸しているという旨の台詞がある)
トド松から金をねだるためのテクニックについて説明されても、結局一松はおそ松から直接金を借りることはできず、トド松が「一松兄さんもお金借りたいんだけど、ビビッて全然言わないの」とおそ松にねだったことで終わった。

「寝起きドッキリ」(第3巻)
十四松との寝起きドッキリで、おそ松の横チンの上に火薬(?)を載せた。その際に一松はおそ松を「クソ長男」と呼称した。

「なんでもない感じ」(第3巻)
深夜2時に兄弟全員でラーメンを食べに行こうというおそ松の提案に対し、はじめ一松は「眠い。あともう歯を磨いた」と理由で拒否しようとした。しかしおそ松は一松の協調性のなさを指摘し、周りに好かれ社会に出てやっていける人間になるためには面倒でも付き合いをすることの大切さを説き、「一松、ラーメン行こう! お前の未来のために!」と熱心に語り掛けたことにより、一松はラーメンを食べに行くことを決心する。

ゲーム

アプリ「おそ松さんのへそくりウォーズ
鶴の恩返しのおそ松の戦闘モーションに一松も登場した。また、アトラクション「人気シアター」のショートストーリーで「やっぱり気まずい 鶴の恩返し」のデリバリーコントをした。

イベント「クリスマスだよ! 冬のリア充BAN祭り!」ではダークサンタに扮した六つ子が2人組になってカップルを監視するが、司令部と称してひまな場所にいたおそ松と一松のコンビは雑談に興じ、「結婚とかできるのかなぁ?」と言うおそ松に「相手がいないとね」などと一松が応じていた。また、話中でおそ松が持ったクラッカーを一松が引く場面があり、その姿がダークサンタのおそ松の戦闘モーションになっている。

その他の姿(モーション絵と設定文のみ)にもお互いが登場したものがある。
少女漫画家(一松)→ミネット松野こと一松が、書店員のおそ松の店でサイン会をするが、緊張しすぎて人体発火する。
バルドル(一松)→元ネタの神話の場面。一松が己の頭を叩くよう促しておそ松にハンマーで叩かれるが平気。

アプリ「おそ松さんのニートスゴロクぶらり旅」(たび松)では、おそ松と一松が二人でT大名物の赤門を見物に行っていた(東京ep.1「くぐれない門」)。
イベント「猫とカラスの狂騒曲」ではおそ松と一松が2つのストリートギャングのトップとしてラップバトルをした。

アプリ「にゅ~パズ松さん」(2017/9/30~2019/1/28配信)の
お互いの応援ボイスは「いけ一松!」「おそ松兄さん、がんばれ」となっていた。
また新旧とも、衣装によってはお互いが登場した絵がある(サーカスおそ松、イースター一松、魔法使いおそ松、魔法使い一松、ばんぱいあおそ松、アウトキャスト一松、イチボロス)。

関連イラスト

公立高校合格おめでとうございます!
『いざっ!』


3.14
パーカー松⁽⁽꜂(꜀(⑉ˎДˏ⑉)꜆₎₎'`ァ'`ァ



関連タグ

一般

おそ松くん おそ松さん 六つ子(おそ松くん)
おそ松(松野おそ松) 一松(松野一松)

トリオタグ

カラ松を入れる⇒グラデ松(事変組) チョロ松を入れる⇒円周松
十四松を入れる⇒非カタカナ松(ひよこ松) トド松を入れる⇒合格組

腐向け

※以下のタグはBL松と併用すること
おそ一 一おそ おそ一おそ/一おそ一
パカカラ カラパカ パカチョロ パカ十 パカトド

関連記事

親記事

コンビ松 こんびまつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パーカー松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19021415

コメント