ピクシブ百科事典

デリバリーコント

でりばりーこんと

アニメ「おそ松さん」でたまに行われるショートショートの1つ。
目次[非表示]

概要

アニメおそ松さんで唐突に繰り広げられる、二人一組の童話日本昔話パロったショートコント
デリバリーを届けられた観客=被害者はたいてい戸惑うばかりで、ウケたことは無い。
何故かモチーフになる話はどれも女性が登場するので、ほぼ毎回女装がある。

これまでにあったデリバリーコント(ネタバレ)

【第1期】

2話の「本当は怖いイソップ物語」

第2話アバン。元ネタはイソップ寓話の『金の斧と銀の斧』。
担当はチョロ松十四松若葉松)。水中から現れた二人がコントを始める。
被害者は釣り堀に来ていたカラ松及びトド松材木松)。
釣竿を水に落とした十四松がヒジリサワ↓ショウノスケ↑ダー!!と喜ぶシュールなコント(詳しくはめがチョロを参照)の後、泉の女神のチョロ松が「なんか怖くない?」と観客の二人に投げかけるオチ。
カラ松とトド松はただ呆気に取られていた。いや、投げられても……。

4話の「本当は悲しい赤ずきんちゃん」

第4話Cパート。元ネタはグリム童話の『赤ずきん』。
担当はトド松ダヨーン。また水中から現れた二人がコントを始める。
被害者は一人で銭湯に来たおそ松
赤ずきんトド松の「おばあさんの耳はどうしてそんなに大きいの?」などの問いにダヨーンがひたすら「遺伝」と答え、遺伝なら仕方がないと2人で泣きだす。
見ていたおそ松はこっそり立ち去ろうとしたが、落ちていた石鹸に足を滑らせて転んでしまった。

9話の「本当は気まずい鶴の恩返し」

第9話アバン。元ネタは日本昔話の『鶴の恩返し』。
担当はおそ松と一松パーカー松)。雪の中から現れた二人がコントを始める。
被害者は雪道を歩いていたハタ坊
鶴おそ松が一松に恩返しを断られて家に入れてもらえず終わる。
そしてハタ坊はコントをする彼らを無視して雪だるまを作っていた。

【第2期】

17話の「本当は賢いヘンゼルとグレーテル」

第17話Dパート。元ネタはグリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』。
担当はカラ松と十四松(筋肉松)。六つ子の部屋に入ってきてコントを始める。
被害者は放送時間の尺が余ったのでシコろうとしていたチョロ松。
ヘンゼルのカラ松が道しるべのパンくずを落とすと、空腹のジュウシテルが拾って食べてしまう。しかしジュウシテルは賢かった。来た道にはパンを食べたジュウシテルの(下ネタにつき省略)
チョロ松はズボンを下ろしかけた姿勢のままずっと止まっていた。

19話の「本当は話が進まない白雪姫」

第19話Dパート。元ネタはグリム童話の『白雪姫』。
担当はトト子橋本にゃートト子とにゃー以来のコンビ)。
被害者は再び尺が余りコント担当を呼び出したチョロ松(担当が彼女達だったことに驚いていた)。
王妃トト子が「この世で一番美しいのは誰?」と尋ねると魔法の鏡(にゃー)が「白雪姫」と答えるが、王妃は聞かなかったことにして再び同じ質問をする。問答のループが続いて喧嘩になり、暴力沙汰に発展。
お芝居そっちのけで戦う二人をチョロ松はうろたえて見ていたが、しまいに叫んで頭を抱えてしまった。

余談

法則のようなもの

  • その回での観客=被害者の一人が、次回のデリバリーコントを担当するうちの一人となるという法則が1期ではあったが、2期からはこの法則が崩れた。
  • 第1期では外出先でコントが始まるが、第2期では松野家の中へデリバリーが来る。
  • 第2期19話では初めて六つ子がコントを担当しなかった。
  • 第2期19話のコントでは「お前が前提を認めないと話が進まないんだよ」と鏡が怒るが、ちょうど第1期19話で現状認識ができなかった観客のチョロ松にとって教訓になりそうな話を見せているのかもしれない。


カラ松の出演

  • 第1期では、6つ子の中でカラ松のみ作中でデリバリーコントを行わなかったが、アニメ放送終了後に開催されたイベント「フェス松さん'16」にて行われた朗読劇「シャッフルこぼれ話集」の中の1つとして、カラ松が単独でコントを行おうとする(が、結局未遂に終わる)新規シナリオが披露された。
    • 因みに未遂に終わったコントのタイトルは「本当はクールな浦島太郎」だと思われる。
    • また、同イベントでは出演声優が決められたテーマのもと即興芝居を行うコーナー「デリバリーコント」があった。しかし、このパートはBD・DVD版には未収録となっている。
  • そして、先述の2期の17話Dパートでカラ松も遂にデリバリーコントの担当が遅れて実現した


提供画面の小ネタ

  • 第2期17話のデリバリーコントのシーンはTV放映時の提供にも使われたが、こちらでは同話Cパート「旅館」に登場したおそまちゃんが写り込んでいる(OP後の提供も同様)。
  • 第2期19話のデリバリーコントも第17話同様提供画面に使用され、この際トト子とにゃーが投げつけた石臼や箱を喰らって死んでいた十四松が写り込んでいる(本編時には描かれていない)。


デリバリーコント以外のおとぎ話ネタ

「おそ松くん」

原作「おそ松くん」の話には、学校で浦島太郎の劇をする「トンカチビタレント」(eBook版3巻)や、六つ子が自らをおとぎ話の主人公だと思い込む「昔話がいっぱ~いの巻」(同32巻)、アニメ版の「あっぱれ!チビ太の鬼たいじザンス」など、おとぎ話ネタがいくつかある。

「おそ松さん」アニメ本編


d松さん

dTV配信のショートアニメ「d松さん」では、トト子がおとぎ話のお姫様に扮した。第7~12話の「おそ松とトト子」で白雪姫、「カラ松と…」で鉢かづき、「チョロ松と」でシンデレラ、「一松と」で人魚姫、「十四松と」で乙姫、「トド松と」でかぐや姫の役。

第2期オープニングとその派生

第2期OP(君氏危うくも近うよれ)に昔話の仮装をした六つ子がいる。おそ松は鶴(被り物)、カラ松は浦島太郎、チョロ松はかぐや姫、一松はさるかに合戦のカニ、十四松は金太郎、トド松は桃太郎

この役柄で、Daiichiとのコラボによるグッズが制作された。東京コミコン2017の限定グッズとして初登場し、2018年のイベント「フジオロック」にも出品された。
おとぎ話の仮装をしたキャラがシェーをする絵や、話の場面をみんなで演じる絵柄がある。(関連リンク
デリバリーコントにもあった「金の斧銀の斧」の絵では、泉の精に扮した六つ子全員と、木こり役のイヤミが、なぜか斧を奪われまいと引っぱり合っている。
他は第2期OPと同じ5つの昔話や、花咲かじいさん・シンデレラ・アリとキリギリスの場面。

2018年10月開始の、パチンコ「CRおそ松さん~はじまりはじまり~」にも昔話の六つ子たちが登場し、それに合わせてショートアニメが公開された。また、コラボとしてゲームの「にゅ~パズ松さん」にも登場した。
(リンク⇒おそ松さん~はじまりはじまり~プロジェクト

その他の派生展開

公式ゲームやグッズ等にメルヘンが題材の衣装がある。
の女神チョロ松・鶴おそ松・赤ずきんトド松は、ゲームにも出演することが多い。

⇒他の関連ネタは「童話松」を参照。

関連タグ

おそ松さん / おそ松さん(アニメ) ヒジリサワ↓ショウノスケ↑ダー!! めがチョロ トドずきん 鶴おそ
派生松 童話松 童話パロ

pixivに投稿された作品 pixivで「デリバリーコント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188394

コメント