ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

イソップ寓話のひとつ。一般には「金の斧銀の斧」「正直な木こり」などという題名で紹介されることが多い。

物語の概要

ある木こりのそばでを切っていると、が滑ってを泉に落としてしまった。
困っていると、泉の中から女神の2丁の斧を携えて現れ、「お前が落としたのはこの斧か」と尋ねた。木こりが正直に「いいえ、私が落としたのはの斧です」と答えると、木こりの正直さに感心した女神は、鉄の斧、金の斧、銀の斧、合計3丁の斧を与えた。
その話をきいた、隣家に住む欲深な木こりが泉に出かけてわざと斧を落としたところ、同様に女神が2丁の斧を携えて現れ「お前が落としたのはこの斧か」と尋ねた。欲深な木こりが「それは私の斧です」と手を差し伸べると、女神は「お前はをついた。だから斧は返さない」と言い放ち、泉の中へと消えてしまった。

これは『欲張って嘘をついたりすると、もともと持っていた自分のものまで失う羽目になる』という教訓を与える物語である。

異説

場所が泉ではなくで、男神のヘルメスが現れるバージョンもある。
漫画キン肉マン』では黄金のマスク編において太古のキン肉王家が始祖・シルバーマンとその兄・ゴールドマンのマスクを得るに至った過程でこの話がパロディされており、そこでは異説通り「川で年老いた男神が~」という筋書きになっている。
しかしコミカル要素の強い回想シーン故、「欲の皮が張りすぎて一番豪華な金のマスクを指そうとしたら間違って自分のマスクを差した」という身も蓋もない話になっている。

実用性

そんなものはない
金や銀といった貴金属は比重が非常に高く、銀は鉄の1.34倍、金に至っては2.47倍もあり、重くてしょうがない。おまけに貴金属は鉄のように熱して叩けば硬くなると言った性質は無いので、どんなに鋭く研いだとしても木の伐採などに使用すれば擦り減ってしまう。
要するに美術品としての価値はあれど、実用性は一切無いというのが事実である。

木こりの泉

漫画ゲームなどに登場する、この寓話をモチーフとした設備アイテムなど。物を放り込むとグレードアップして返ってくるというご都合主義的なところが多い。
有名どころではドラえもんのアイテム「きこりの泉」がある。きれいなジャイアンの強いインパクトで知られるようになったものであろう。また、それいけ!アンパンマンに登場するいずみのせい(伊予弁を話す怪しいおじさん)は正直な落とし主に優れたアイテムや金のアイテムを与えるが、それを断られると感心して本人をゴールド化してしまう。

近年の作品では、泉にゴミを不法投棄するというパロディが多い。

関連タグ

イソップ イソップ寓話 童話
木こり   
水辺 森の中

きこりの泉 デリバリーコント 湖の精ディーネ

金の武器 銀の武器:『仮面ライダーセイバー』に登場するアイテム及び作中に登場する仮面ライダー最光のフォーム。

関連記事

親記事

イソップ寓話 いそっぷぐうわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金の斧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1952033

コメント