ピクシブ百科事典

アリとキリギリス

ありときりぎりす

イソップ童話の一つ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. イソップ童話の一つ。本項にて解説
  2. ホリプロ所属のお笑いコンビ。→アリtoキリギリス


概要

 労働の重要性を説く物語。元々は「アリとセミというお話だったそうだが、製本された場所ではセミが生息していなかったためキリギリスに変更され、そのまま定着したらしい。

あらすじ

 昔々あるの日に、キリギリスは怠けてばかり歌っていました。キリギリスは暑い中熱心に働くアリバカにしていましたが、アリは気にせず働き続けました。
 やがて季節は廻りが来てが訪れました。寒くなってが取れなくなったキリギリスはアリの元を訪ねました。アリのには夏場に溜め込んだ無数の餌があったのです。キリギリスはアリに食料を無心に行きましたが、アリはこう返しました。

「夏に歌ってたんだから、冬は踊りでも踊ってれば? じゃあな」

 やがてキリギリスは凍死しました。

関連項目

寓話  キリギリス
アントホッパーイマジン

pixivに投稿された作品 pixivで「アリとキリギリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65137

コメント