ピクシブ百科事典

アリとキリギリス

ありときりぎりす

イソップ童話の一つ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. イソップ童話の一つ。本項にて解説
  2. ホリプロ所属のお笑いコンビ。→アリtoキリギリス


概要

 労働の重要性を説く物語。元々は「アリとセミというお話だったそうだが、製本された場所ではセミが生息していなかったためキリギリスに変更され、そのまま定着したらしい。

あらすじ

 昔々あるの日に、キリギリスは怠けてばかり歌っていました。キリギリスは暑い中熱心に働くアリバカにしていましたが、アリは気にせず働き続けました。
 やがて季節は廻りが来てが訪れました。寒くなってが取れなくなったキリギリスはアリの元を訪ねました。アリのには夏場に溜め込んだ無数の餌があったのです。キリギリスはアリに食料を無心に行きましたが、アリはこう返しました。

「夏に歌ってたんだから、冬は踊りでも踊ってれば? じゃあな」

 やがてキリギリスは飢えと寒さで野垂れ死にました。

ちなみに

 現実のキリギリスは冬を越さずに死ぬ生き物なので冬備えの必要はなく、歌を歌うのもメスを誘い子孫を残すための行動。
 キリギリスだって懸命に働いているのです。

余談

 子供向けに結末をマイルドにした結果「冬になって食料を無心に来たキリギリスに対し、アリは説教をしつつも情けをかけて食べ物を恵んでやり、キリギリスも心を入れ替えて真面目に働くようになる」とか「アリが食べ物を提供する代わりに、キリギリスはアリに歌を聴かせて娯楽を提供することで仲良く冬を越す」といった、キリギリスが死亡しない終わり方に改変されるケースが多い。
 その一方で「アリに食料の無心を断られたキリギリスは、雪の降りしきる中を寂しく何処へと去って行く」という、最後まで死亡こそしないものの希望も見えない終わり方になっている場合もある。

関連項目

寓話  キリギリス
アントホッパーイマジン

pixivに投稿された作品 pixivで「アリとキリギリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72344

コメント