ピクシブ百科事典

実松さん

さねまつさん

「実松さん」とは、アニメ『おそ松さん』第1期第13話・第2期14話のAパートのサブタイトル。及びその話に登場した人物。
目次[非表示]

実松さんの話

テレビアニメ『おそ松さん』の、「連続テレビドラマ 実松さん」(作画はアニメ)という劇中劇のような呈で流れる異色のパート。
実松さんのキャラデザインは通常の「おそ松さん」とはかけ離れているが、おそ松さん版の六つ子達のデザイン担当と同じ「浅野直之」氏が担当している。

第1期の第13話がテレ東で最初に放送されたのは2016年1月4日深夜(5日)。新年最初にして2クール目の最初の話だったが、作画も登場人物もいつもと違うし雰囲気もなんかこわいと多くの視聴者が混乱したようだ。
ちなみに第13話のBパートは「じょし松さん」の初回で、新OPを挟んだCパート「事故?」でやっといつもの六つ子が登場する。
そして第2期も、2クール目最初にして年明け(2018年最初)の放送となった第14話で再び「実松さん」が流れる。ちなみにB・Cパートは「UMA探検隊」「チョロ松事変」である。

パートは第1期と第2期のそれぞれ1話きりで、次回予告もついているが実際は放映されない。
一方、主人公の実松さんという人物はその後の回にも出たことがある。

実松さんの人物像

(CV:小野大輔
30代(40歳手前)の男性。アパート暮らしの会社員。顔が濃い。
フルネームは不明……というか、会社で「実松さん」や「実松先輩」と呼ばれているため、そもそも「実松」とは苗字の可能性すらある(異字ではあるが、野球選手にも實松一成がいる。)しかし、下の名前のように呼ばれている場面もある。

凹凸商事という職場へ電車通勤している。朝食も昼食もコンビニで買ったメロンパンコーヒー牛乳が定番のようだが、昼は職場で食べると嫌味を言われるので外へ行くこともある。
何かと不器用な上に、無口で他人とまともなコミュニケーションがとれず人間嫌いである。
独身で恋人はいない。家族はいるが母親からの電話には出ず、第2期でも留守電で母親(CV:くじら)に「心配しています、連絡をください」と言われている。
兄弟は……

関連項目

おそ松さん・・・「おそ松さん(アニメ)」も参照
本当は怖いおそ松さん
みんなのトラウマ
闇芝居・・・同時期にアニメが開始され、絵のタッチが似ているホラーアニメ。


※ここから『おそ松さん』全般のネタバレを含みます


第1期の「実松さん 第三話」(第13話)

登場人物とキャスト

…他

あらすじ

「第三話」として放映されたが、第一話と第二話は存在しない。

主人公の実松は、不器用で要領が悪いため痴漢を疑われたり会社でお荷物扱いされるなど、散々な日々を送っていた。
上司や後輩に何を言われても言い返せない彼だが、残業だけは断って必ず定時に帰るため、家でどうしているのかと思われることもあった。

そんな彼のことを気にかけてくれる後輩の女子社員・薫子が、ある日の仕事帰りに彼の家を訪ねるが……?
そう、実松には人に言えない秘密があった。

実松がすき焼きの材料を買って帰宅すると、同じ顔をした5人が待っていた。
そう、彼は六つ子の兄弟がおり、一人で他の兄弟の分まで養っているのである。
定時に退社し、夕飯の買い物をし、彼らが待つ我が家に帰るのである。
そして、家族団欒をして和む……


…という妄想を行うことが日課であり、日頃のストレスを発散しているのである。

6つの茶碗が並んだ食卓を前にして、実松が会話の一人芝居をしている光景を見た薫子は恐怖のあまり叫ぶのであった。

小ネタ

警察のポスターに、原作風の絵で赤塚漫画のニャロメなどが描かれている。
アパートにあったビール瓶と同じ物は次の「じょし松さん」パートにも出てくる。

登場人物とキャスト補足

実松さんの六つ子?はそれぞれおそ松さんと同じ声優が担当しているのだが、元のおそ松さんとは兄弟順(妄想だが)などが異なっている模様。

兄弟順おそ松さん声優実松さん兄弟順
長男おそ松櫻井孝宏徳松三男~六男
次男カラ松中村悠一捨松次男~五男
三男チョロ松神谷浩史菊松次男~六男
四男一松福山潤平松四男~六男
五男十四松小野大輔実松長男
六男トド松入野自由門松次男~四男

  • ※上記表で兄弟順がかなり曖昧なのは劇中で類推できる要素が少ないため。
    • 実松(十四松)は長男。
    • 平松(一松)は門松(トド松)と捨松(カラ松)を「兄さん」と呼んでいる。
    • 門松(トド松)は徳松(おそ松)を呼び捨てにしている。

兄弟(?)の性格など。
  • 徳松(おそ松):実松兄さんを褒めちぎるものの、実はお小遣いを貰おうとしているいつもの手口でバレバレらしい。
    • 「でもさすがだね、実松兄さんは…… 仕事して飯も作って、俺達のこともちゃあんと見てる」
  • 捨松(カラ松):毎朝自転車通勤している。実松兄さんから手袋を貰った。
    • 「おぉっ、ありがとう実松兄さん!」「へへっ、イエーイ」
  • 菊松(チョロ松):新しい仕事をやっているがぼちぼちらしい。マイペースで、実松兄さんから周りに合せることも大事だとたしなめられる。
    • 「んーまあ… ぼちぼち…」「人間嫌いの実松兄さんに言われたくないし…」
  • 平松(一松):門松兄さんのことを子供っぽいというものの、手袋を貰った捨松兄さんを羨むなど彼もやや子供っぽい。彼もこないだ実松兄さんからマフラーを貰ったらしい。
    • 「ふふっ、門松兄さんってほんっと子どもだよねぇ!」「あーっ 捨松兄さんだけずるーい!」
  • 実松(十四松):六つ子の長男。仕事して飯も作って兄弟の面倒を見ている。でも人間嫌い。
    • 「こら門松、肉ばっかり食うなよ!」「おいおい、誰が人間嫌いだよっ!」
  • 門松(トド松):鍋で肉ばっかり食べてて弟の平松に子供っぽいと言われる。徳松の魂胆を見抜いた。
    • 「徳松、お前小遣いがほしいんだろぉ!いっつもその手口バレバレ」

アニメ内容だといかにも実松が兄弟を養っているような描写ではあるが、捨松が自転車通勤していることや、実松が菊松に新しい仕事について問いかけたりするなど、本家おそ松さんよりも仕事に就いている兄弟の割合が高い。また兄弟の団欒は作品の雰囲気に反してとてもほのぼのしている。
まあ、全て実松の妄想なんですが

次回予告の秘密(第13話以降のネタバレ)

物語の最後の方で「実松さん 第四話」の次回予告(嘘)も行われたが、その映像も本編に劣らないほどのカオスっぷりであり、視聴者を困惑させたことは言うまでもない。
なお、予告の読み上げは松代中の人が担当した。
…さて、この次回予告だが…余談の声優&兄弟表を元に照らし合わせていくと…?


……つまり、この嘘予告はあながち間違っていなかったりする。

ただし一つだけ、「門松の結婚」だけは本編とは該当する六つ子が違う。
第15話のCパート「チビ太の花のいのち」のオチにて結婚しているのは捨松に該当する六つ子であり、結婚というワードしか合っていない。
しかし、第23話Bパート「ダヨーン族」ではダヨ〜ン族の娘菊松に該当する六つ子が結婚しようとしていた。
なので今後門松に該当する六つ子に同様の展開がないとも限らない(なにより、その該当する六つ子が兄弟一のプレイボーイでもあることから、可能性は極めて高い)。

実松のその後の登場(第1期18話)

第18話「逆襲のイヤミ」の番組の主役を掛けたレース「イヤミカート」に彼も参戦していた。
マシンは本編でも登場した鍋を模したもので、ドライバーは実松一人のみが乗っている。
(もしかしたら実松からすると妄想で六つ子全員が乗っているように見えている可能性も否定出来ないが)
これにより(おそらく話自体はパラレルではあるが)本家の六つ子と同一世界観で共演を果たすことになった。

アニメ第2期やアニメ外については下記。

第2期の「実松さん 第9話」(第14話)

以前に垣間見た第3話から飛んで、今回は第9話(もちろん実際には第4~8話は放送されていない)。
また同回からの新オープニングテーマ『まぼろしウインク』のOP映像に非常に地味ながら実松が登場している。ヒマな人は探してみよう。

あらすじ

冬の路上で警察官に名前を聞かれる実松さん。かつてのあの日のように、本当は何もしていないにも関わらず未成年に手を出した疑惑で尋問されているのだが、問い詰めに屈した彼には再び名乗るしか術は無かった。
別の日、いつもの出勤ピークで車を走らせる中、ふと彼の脳裏に蘇るのは心配する母からかかってきた電話や、日々の会社で「不器用だから足を引っ張らないで欲しい」と言われる上司、唯一実松を案じてくれる薫子に対し本来の内気さやその度に同僚から吹き込まれる冷たい一言で、結局会話する勇気も踏み出せない弱い己自身………。思い返す程いつも何処でもあらゆるストレスや災難が降り積もる現実ばかりであり、彼にとっては心底嫌な思いが尽きなかった。

そんな中、いつの間にか眠っていた実松を誰かが呼ぶ声が聞こえて来る。その声に気付き彼が目を覚ました所は、夏の松野家だった。彼は六つ子(七つ子)の一人としてそこにいた。
始めは戸惑っていた実松だが……

登場人物の補足

今回は弟達が登場しない。その代わり、ついに本家の六つ子と本格的な共演を果たす。ゲスト枠では1期18話Bパート以来の再登場となるが、本編のおそ松ら6つ子達と同じ世界で会話や交流を交わしたのは今回が初めてである

  • 夏の世界の実松は、6つ子達の一員(言わば7つ子)で、呼び方から推測するとチョロ松と一松の間に居る四男(本編に準ずるなら3.5男)と思われる(同時に、一松以降の弟3人は本来から一つ下がったポジションにズレる形となる)。
    • ただし劇中での実松の立ち位置は、飛び込みの時はトド松より後、線香花火では十四松とトド松の間、背中を流す際は一松と十四松の間、そして風呂に浸かって以降はチョロ松と一松の間、と六つ子(七つ子)に馴染むにつれてじわじわとポジションが這い上がっていくような描写となっている。
  • この世界の6つ子達のやり取りは普段より比較的皆仲が良い所や、一人称の言い方、兄弟の間の呼び方が違う所など、本来とは少し異色な雰囲気も感じ取れる。
    • 例として一松がカラ松を「カラ松兄さん」と呼び「うん ありがとう」と素直で穏やかな口調、カラ松がおそ松を「おそ松兄さん」と呼ぶ、おそ松は弟達を気にかけるしっかり者で、逆にチョロ松は実松のスイカを横取りして食べようとするなどやんちゃ気味になっている、実松に「お金も時間も無い」と辛辣な意見を叩きつける十四松など。
    • 今回の六つ子の一人称は全員「俺」で統一されているらしく、特に十四松は一期4話「自立しよう」以来久しぶりに4回目の使用となり、トド松は前話「戦力外通告2017」に続いての二度目と、どちらもレアな一人称となっている。

次回予告

今回も嘘予告がAパート終了後に流れた。読み上げは前回に引き続き松代の中の人(くじら)が担当した。
予告で医者として映った6つ子達は2期1話ちゃんと努力して生まれ変わったおそ松のような容姿となっていた。
「おそ松の問診」、「カラ松の触診」、「十四松の総回診」、から成る第10話「実松死す」が次回のようである。何故このようなサブタイトルになったのかは……ラストでお察しください。ちなみに遊戯王の「城之内死す」が元ネタと思われる。

その後の登場(第2期25話)

第2期25話(最終回)に再登場。
他のゲストキャラと共に、地獄から現世に戻ろうとする六つ子を援護する。
事故当時に乗っていたステーションワゴンで獄卒達を撥ね飛ばしながら爆走し、果ては閻魔大王までも空の彼方に飛ばした。
なお、前述のように第14話で実松が会ったのはちゃんとしていて異質な六つ子だったが、最終回ではいつもの六つ子にも実松の記憶があった。

余談

世界観とか

第1期の放送直後、ネット上では「週刊ストーリーランドみたい」との声が多数挙がった。
また、テレ東のアニメ「闇芝居」と似ている点がある上にそのアニメは実松さん(おそ松さん第13話)と近い日付で第3期が始まっているため、宣伝を兼ねた可能性が高い。

コンビニや某服屋チェーン店(のパロディ)が登場するという現代的な世界観にもかかわらず実松の職場の事務作業は全て手書きで、プリンターを除けばデスクにパソコンが一台も見られない。一応実松自身は携帯電話を所有しているためそれほど昔の世界というわけでもなく、この話の謎はまだまだ多く残されている。

(ちなみに職場の凹凸商事にそっくりな建物が第2期10話の「新入社員トト子」には松野商事として出てきたり、派生アプリのたび松のイベント「カラ松オフィスLOVE」における社名が凹凸商事だったりするが、どちらも「実松さん」の人物は登場していない。)

通常の実松さんはリアルな絵柄だが、第2期で実松がおそ松達の世界に行った後の画風は(実松の顔だけはほぼそのままだが)デフォルメ調で青い主線のいつもの本編の絵柄になっている。

第2期のおそ松達の世界はオチからしておそ松さんの世界は死後の世界ではないか』という二次創作のネタを連想させるが、先述の『本編とは違う雰囲気』から本編とは別物として遠まわしに死亡説を否定しているようにも感じさせる。

アニメ以外の実松の出番

  • おそ松さんのへそくりウォーズ」の2017年4月1日に一日限定で実松がジャックした。また、「松ノワール(地獄)」バージョンの十四松が戦うと探検隊の服装をした実松が車に乗って乱入する。このバージョンの戦い方は第2期最終回のオマージュなので乱入もその一環である。探検隊のほうはゲーム内のシナリオに関連していて、6つ子の兄弟を自称する誰かが行方のわからない兄弟を探していた話(参考)があったために、それが実松だったらしいと思わせる要素になっている。
  • たび松」にはおみくじの小吉の絵や、クイズステージの出題者として登場したりする。クイズでは出題側なのになぜか「(問題が)あんまり難しいのは嫌だな…」と気が引けているが、正解すると笑顔(アニメ13話で帰宅中の顔)を見せる。ストーリーにはほとんど顔を出さないが、よりによってF6イベントのオチ要員として出たことがある。
  • しま松」(サービス終了)のTVCMには実松が出て会社で過ごすゲームのように宣伝された(2017年12月から放送された第3弾「ウソです」篇)。もちろん嘘です。また、2018年4月1日にジャックされた。


中の人

実松役の小野大輔は実松さんが非常に苦手らしく(理由は「怖いから」)、第2期にも実松さんが存在することが比較的早い段階からキャスト陣にも知らされていた中、小野大輔だけは収録直前まで内緒にされていた。これについて本人は「心の準備があるんだから早く言え」と苦言を呈した(2018年8月19日のイベント「フェス松さん'18」にて判明)。
ちなみに十四松と実松さんの中の人は同一であり、彼らがお互いに会話するシーンは二役となっている。

関連記事

親記事

おそ松さん(アニメ) おそまつさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「実松さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306453

コメント