ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

略して「ポテチ」とも呼ばれる。
誕生の由来は1850年頃、アメリカレストランで客からのフライドポテトが分厚すぎるというクレームに、コックであるジョージ・クラム氏が「これなら文句無いだろ」と限界まで薄くスライスしたことで誕生した。

現在ではそのままのジャガイモを薄くスライスして揚げたものと、ジャガイモを細かくしてから成形して揚げるものの二種類の製法がある。

日本では、昭和20年代にハワイ移民の濱田音四郎がアメリカン・ポテトチップス社を設立したのが始まりとされる。当初は進駐軍にしか売れず、また高級品であったため一般には浸透していなかった。
それを湖池屋の創業者である小池和夫氏が、飲みに行った場所で出されたポテトチップスに感動し開発に着手、そして研究の末に1962年に「のり塩味」として発売に踏み切った。これが一般に広まる鏑矢となった。
ただ、当時の湖池屋は地方へまで及ぼす影響力は乏しく、全国的に浸透するきっかけを作ったのは1975年に業界に参入したカルビーであった。
カルビーは当時から地方への販路を持ち、またTVCMも全国に放送しており、また当時まだ新人の藤谷美和子を起用したCM中のフレーズ、「100円でカルビー・ポテトチップスは買えますが、カルビー・ポテトチップスで100円は買えません、あしからず」のインパクトの強さも相まって一挙に全国へ拡がっていった。

現在も上記2社が販売しているものが人気で、味・コンソメ味・のりしお味が定番。
子供に人気で遠足のおやつに選ばれやすい上、初心者ご用達のおつまみにも最適で、ビールチューハイに良く合う。


余談

イギリス英語ではフライドポテトのことをチップスと呼び、フィッシュアンドチップスもこの名から来ているため、ポテトチップスが食べたい時はクリスプスと呼ばないと通じないので注意が必要である。
なお、どちらもサンドイッチ具材である

日本の「チキンバスケット」という居酒屋メニューではフライドポテトとポテトチップスが混在しており、厳密に区別はされていない(フライドチキンでなく唐揚げの場合すらある)。

2018年11月に発売された遊戯王チップスには「ポテト&チップス」というオリジナルカードが収録されているが、名前の由来は間違いなくポテトチップスだろう。
なお、2018年段階では遊戯王チップス限定カードとなっており、欲しいと思う決闘者は早めに確保する事をお勧めする。
なお、他のTCGでは食玩方式でTCGを同封するケースはあるのだが、遊戯王に限れば今回が初ケースとなるようだ。

関連タグ

お菓子 スナック菓子 じゃがいも ポテチ おやつ

外部リンク

Wikipedia - ポテトチップス

関連記事

親記事

スナック菓子 すなっくがし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポテトチップス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 286822

コメント