ピクシブ百科事典

なくはないです。

なくはないです

『スマブラ3DS/WiiU』の発売前新規参戦ムービーにおける公式からのコメント。
目次[非表示]

「なくはないです。」とは、スマブラ3DS/WiiUの新規ファイター参戦ムービーにおいて、クロムに向かって発せられた公式からの励ましの言葉である。

この記事の概要は…ない…のか……?

任天堂の発売中のタイトル『大乱闘スマッシュブラザーズ 3DS/WiiU』においては、公式サイトやTwitterで参戦ファイターが発表されている。
その最中、公式から「7月14日23時に、スマブラ公式HPにて新たなる挑戦者の映像を公開します。」との予告があった。

ムービー内容


ムービーの冒頭で既にクロムが地面に伏しており、彼を背中に守るルキナに「ルキナ参戦!?」の見出しが出る。戦う相手はキャプテン・ファルコン。古豪相手に善戦するも押され、遂にファルコンパンチでとどめを刺されそうになるルキナだが、そこへ一閃の攻撃が。
ルキナを庇うように現れたのはルフレであった。「ルフレ参戦!!」の見出しとともに、その性能を紹介するムービーへ。
既に参戦が決定しているマルスアイクも戦いに加わり、刃を交えようとするファイアーエムブレム勢。そしてムービーはそのまま締められてしまう
終わるかと思われたムービーだが、再度倒れるクロムが映し出された。
熱戦の背後に放置され、苦しそうに呻くクロム。

「俺の出番は……ない……のか……。クッ……。」

直後、「なくはないです。」の大きな見出しと、クロムのカットイン付き必殺技が披露された。
因みに女性のルフレも使えるそうである。

この一連の流れと「なくはないです。」という字幕の妙なインパクトから、pixiv上で関連作品が少しずつ増えつつある。

結果

登場の仕方についてファンの間では議論を呼んでいたが、その後、ファミ通にて正式にルフレの最後の切りふだ「ダブル」での出演が確定した。
ともあれ公式による類を見ない激しいいじりに、その夜はクロムへの励ましの言葉が飛び交ったという。

初めは、ちゃんとクロムの参戦は検討されていた。しかし、結果的に様々な魔法を使うルフレが優先され、彼の参戦は見送られることとなった。
ちなみに、ルキナはラッキー参戦である。
彼女は元々マルスのカラーバリエーションとしての参戦予定だったが、ある程度の性能差を与えたため、モデル替えキャラクターとして別枠参戦される事となった。

スマブラ4コマ 支援・どんなときも


クロム自身に魅力がないわけではないが、既にスマブラは剣士キャラが他にも大勢存在し、その中でクロム独自の技やモーションをスマブラで差別化するのは困難を極めたため今回は参戦を果たす事が出来なかった。
もし参戦させたとしても、桜井氏の言うスマブラでの性能面ではマルスとアイクの『中間』の剣士になってしまうとのこと。

余談はなくはないです。

あんまりです
どうあがいても絶壁


クロムが出てもアイクとキャラが被りそうじゃ
天空でジャンプもできないようなので復帰できませんね
…だからルフレ、ボールを拾ってくれ。頼む。」(原文ママ)

  • 一応クロムにも原作の中でスマブラで使えそうな復帰技候補がある。
もしクロムがスマブラに参戦すればこの技が採用されていた可能性がある。
しかしこの技はアイクの天空に酷似しており、見た目的に被ってしまう。
原作でもクロムはアイク同様に天空を使うことが出来る。しかし、独特でインパクトのあるアイクの天空モーションと比較すると通常の追撃とほとんど変わらず見劣りしてしまう。
だが、戦闘開始時や敵撃破時のモーションは独自のものであり、アピール候補があるだけクロムにもまだ未来があるだろう。
  • WiiU版スマブラの発売を向かえるにあたって『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由』という動画が公開された。(公式の動画は削除されてるので興味のある人は探してみる事を推奨します。)
この動画では3DS版のスマブラとの違いや、Wii U版だけのモードの紹介など、Wii U版のスマブラがシリーズの集大成である事を余すことなく紹介された。恐らくこの動画をみてWii U版のスマブラを購入した者も多いだろう。
当然ゲームの紹介動画なので動画にはナレーションが不可欠である。(ないのもあるが。)
そしてそのナレーション役に抜擢されたのが、杉田智和氏である。
杉田氏はなにを隠そう我らがクロムの声を演じている方である。
そのため動画の冒頭でナレーションの紹介テロップが流れた時に「杉田智和(クロム)」と表示された。スマブラでの出番がゲーム内だけかと思いきや、ゲームの外を飛び出しナレーションをさせられるとは、誰も想像できない展開である。
  • クロム役の杉田氏はニコニコの公式生放送でスマブラの実況動画に出演した。
その時の自己紹介並びに今回のスマブラにどのように関わっているのかの紹介をする時に、「俺の出番はあった。」や「出番はちゃんとあったんだよ!」など、「なくはないです。」に対して杉田節を披露した上で、ルフレやクロムの存在をアピールしてあげていた。
実際の実況プレイの時もクロムを何としても出してあげる為にルフレを沢山使うなど杉田氏なりにクロムの事を大事にしてあげているようである。(プレイしている内にルフレの事も結構気に入ったようである。)

この動画にはゲストとしてスマブラの生みの親である桜井政博氏が出演された。
その時に杉田氏、桜井氏、伊藤賢治氏(Sa・Gaシリーズなどの楽曲を担当した、ゲーム音楽作曲家。スマブラでは、『X』と『3DS/WiiU』で編曲を担当)によるゲーム開発に関する色々な裏事情の話などが展開された。
声優界随一のゲーム好き、ゲーム業界を代表するクリエイター、ゲーム音楽の巨匠の三人の話はかなり面白い内容なのでゲーム好きには必見の内容である。

オレの参戦要望は…ない…のか……?

2015年4月2日のニンテンドーダイレクトでスマブラ投稿拳という企画が発表された。
この企画ではあらゆるゲームキャラクターを対象にユーザーから参戦して欲しいキャラクターの要望を募り、その中から選ばれたキャラクターを今後のスマブラ3DS/WiiUにDLCとして参戦させるというスマブラファンだけでなくゲームファンにとっても夢のような企画である。外部リンク→スマブラ投稿拳
もちろんこの企画の対象にはクロムも含まれている。
クロムが参戦出来ず絶望した人はこの企画に参加しクロムに投票しよう。

DLCで参戦したい願望のクロムさん


まぁ噂ではMiiのコスチュームあたりで収まるであろうと予想されている。

同じ切り札参戦であるダンバンエックスがコスチューム化されたので、クロムもコスチューム化されるという推察である。

しかしこれらの切り札参戦キャラクターは既に他人の技で出ており、参戦を見送られて月日が短く次の新作のファイアーエムブレムシリーズも発売された為、正直なところ今作のスマブラ3DS/WiiUでプレイアブルとして出る可能性は非常に低いと考えられる。

wiiU版楽しみすぎる


今回の企画で果たしてクロムの運命は変わるのか?
それはあなたの手にかかっているのかも…しれない。

途中経過

ロイの出番は…ないよな…?
あります。

2015年6月14日、スマブラに関するダイレクトが放送された。
その放送の内容の中でロイのDLCでの参戦が発表された。
このロイの参戦には全世界のFEファンが喜びの声を上げた。

そして、肝心のクロムに関する内容は、

全く音沙汰がなかった。

その上、ロイのPVの中でマルスやアシストフィギュアで参戦しているリンディスなどのFE組が勢揃いしている中でクロムだけPVに出してもらえず、またまた不憫な扱いをされてしまっていた。
更に、FEの枠がロイを含めると5枠となってしまい、クロムがでる可能性が更に縮小する結果となってしまった。

ちなみにこのロイの参戦についてクロムの中の人である杉田智和氏もTwitterで反応を示していた。(外部リンク)
そのツイートの直後はユーザーからクロムに対する励ましの言葉や、なくはないです。ネタをぶつけられるなど、様々な声を受け、さらには桜井政博氏本人もそのツイートにアクションを起こしていた。(外部リンク)
このツイートは少し波紋を広げたが、杉田氏本人はロイの参戦については喜んでいる様子であった。(外部リンク)
クロムがロイの参戦を祝福する。」というある意味微笑ましい光景には、少し心に感じるものがあったユーザーもいたのではないだろうか?

途中経過その2

2015年7月29日、マブラ公式TwitterにてクロムのMiiコスチュームの配信が決まった
このクロムのMiiコスチュームは、漆黒の騎士ほどではないが、完成度が高く、封剣ファルシオンや聖痕もきっちり再現されている。上記の仮面マルスとの戦いで見せた回転アタックもカスタマイズで再現可能である。

結果発表

2015年12月16日、この日スマブラforシリーズ最後の特番が放送された。
最後と述べられている通り、この特番で投稿拳の結果発表、そして最後の追加ファイターの発表が行われた。

そして、投稿拳によるスマブラファイターの追加は投稿件数1位を獲得したベヨネッタが参戦。
魔女ですから


更に同じFEシリーズからカムイの参戦が決定した。


これにより、スマブラforのファイターの追加は幕を閉じた。

結果としては、クロムはプレイアブルでの参戦を果たすことが出来なかったが、今回のスマブラの件でクロムの知名度が大幅に上がったのも事実。
その証拠として他社作品とのコラボゲームに参戦を果たすなど、クロム自身はスマブラ以外では良い未来を歩んでいる。

ここから先、クロムが一体我々にどんな展開をみせてくれるのか大いに期待していこう。

コラボゲーで…俺の救済は…ないのか…?

なくはなかったー!

スマブラで「なくはないです」ネタがでる以前から設定資料集やサントラの表紙をルキナに取られたり、フィギュア化もサーリャティアモに先を越されたり(その後チビキャラフィギュアが発売された)、DLC絆の夏では、公式音声MADが流れたりしている。
スマブラ以降もクロム様絶対死守TシャツというネタTシャツが発売されたり、FEサイファではメインであるにもかかわらず、ifの特典ユニットはルキナであるなどIS側からも徹底的に弄られたりしている。
また、当時はamiiboがない故にコードネームスチームスーパーマリオメーカーに参戦できず、ifでも操作不可のゲスト参加にとどまったり(グラフィックは新たに描き直されている)など、どこを見てもクロムは不憫な扱いをされ続けていた。

そんな中……

ロイの参戦発表の二日後のニンテンドーダイレクトの中で、
ファイアーエムブレムシリーズと真・女神転生シリーズの異色のコラボタイトル。
幻影異聞録♯FEにて主人公の相棒という美味しいポジションにクロムがつくことが判明した

散々な目にあいつづけてきたクロムにATLUSが救いの手を差し伸べたのである。

ミラージュクロム


今作のクロムのデザインは原作からは少し離れたダークな雰囲気を出しているデザイン〈担当したのがATLUS側なのでペルソナに近い見た目になっている⇒『幻影異聞録♯FE』公式サイト内 クロム紹介〉となっており、ユーザーからは
スマブラにプレイアブルとして参戦できないから闇堕ちしたのでは?
という声が多々寄せられている。

(英国解説日本語字幕版。プレイ動画のテキスト、キャラのボイスは日本語です。)

しかしプレイ動画を見てみると、主人公に頼られたり、主人公を励まして引っ張ってあげたりなど、闇堕ちした感じや、ネタ的な要素はあまり見られず、むしろ覚醒本編でのクロムの性格とあまり大差は見られなかった。
というよりも、本作に登場するミラージュと化したFEサイドのキャラはほぼ全てが闇堕ちしているも同然の状態であり、一部のミラージュが特殊な素質を持った人間に感応して光堕ちし、力を貸ているという設定である。
そしてクロムの参戦が発表された同時期にはそれらの設定に加えて完全にダークサイドに堕ちて異形のバケモノと化したギャンレルの情報も公開されていた為、結局は完全な言いがかりの類に過ぎなかった。

今作のクロムは剣に姿を変えたり二刀流になったり、決め台詞が「運命を越える!!」に変わったり、ド派手な必殺技を身につけたりなど、真新しい感じとなった。
クロムが♯FEでどのような活躍をするか大いに期待しよう。

その後…

ATLUSに救済されたクロムにさらに救いの手が…!
プロジェクトクロスゾーン2参戦決定!

【FE覚醒/PXZ2】クロムの快挙【クロム・ルキナ・ルフレ】


スマブラforを任天堂と共に共同開発をしたバンナムセガカプコンモノリスこれらのゲーム会社の代表キャラの集うゲームPXZ2での出演が決定した。
このゲームにはスマブラでゲスト参戦したストリートファイターリュウや、クロムと同じスマブラの切り札参戦のロックマンXの主人公エックスも参戦している。
その他にはバイオハザードシリーズやテイルズオブシリーズ逆転裁判シリーズなど、人気の高い作品からマニアックな作品などが参戦している。
そして今回は、任天堂がゲスト参戦という扱いで、その代表キャラとしてクロムと娘のルキナ、さらにゼノブレイドフィオルン機神化)も参戦している。
フィオルン「あのルキナさんとクロムさん達と共演なんて穏やかじゃないわね(歓喜)」
シュルク解せぬ

任天堂の代表的なキャラといえばマリオリンクといったキャラが頭をよぎる人が多いであろう。そうすると一般的に参戦に選ばれるのもこれらのキャラのはずである。
なら何故クロムとルキナとフィオルンが選ばれたのか?その理由としては、今回のPXZは掛け合いなどのコミュニケーションを取り合うのが醍醐味であり、マリオやリンクが選ばれなかったのは掛け声だけでやりとりするキャラのため、他社キャラとの掛け合いが出来ないためとされている(一応マリオは過去にバンバン喋ってるゲームがあった)。
それに加え、ナムコクロスカプコン以降のこのシリーズの系譜においては、シナリオ中及び戦闘前後会話においてオタク向けの濃いネタ(声優ネタやパロディネタ、原作ネタ、終いには18禁ネタすら使用する)を用いて様々なキャラを弄くったり漫才染みたことをやるのが恒例行事と化しており、例えボイスの問題が解決しようともそのような空気の中に任天堂の顔とも言えるマリオやリンクを放り込むのは非常によろしくないと判断された可能性が高い。

また、開発チームこそ違うもののゼノブレイドはPXZ2の開発元であるモノリスソフトが製作したソフトである為、キャラやストーリーに関する監修の面で非常に有利であり、
FE覚醒は戦闘システムこそ違うがPXZ2と同様のSRPGという共通点があり、また後述するようにFEシリーズの中でも(というより、昨今の任天堂ソフトの中でもトップクラスに)支援会話等に含まれるネタの比率が極めて高い事からネタにまみれたこのシリーズに参戦してもさほどの違和感は無い。

これらの事もあいまって、FE覚醒とゼノブレイドが選ばれたのはごく妥当であると言えるだろう。

フィオルンが何故選ばれたのかについては、同じゼノシリーズ出身者であり、所謂メカ娘としての共通点があるゼノサーガKOS-MOSと交流させる為だろうと推測される。
また、マリアと呼ばれるとある女性の意識を宿しているKOS-MOSとフィオルンを深い形で関わらせる為には、フィオルンの中にメイナスの魂が存在している時期が最も望ましく、シュルクが何故選ばれなかったのかに関しては、同時期のシュルクの中にはザンザの魂が存在している事が最大のネックになっていた為だと思われる。
この時期のシュルクを参戦させて、様々な異世界やパラレルワールドの地球を冒険させるという事は、それ即ちザンザにも同じ経験をさせる事と同義であり、それは最悪の場合ザンザが前世の記憶を取り戻してしまう可能性に繋がってしまう。
そうなるとゼノブレイド本編のストーリーが修正不可能なレベルで崩壊してしまう可能性が出てくる為、原作のストーリーを保持する為にもあえてシュルクの参戦を見送ったのであろうと思われる。

クロムとルキナが選ばれたのは従来のFEシリーズの主要キャラの中でも親子揃って原作の支援会話やDLCなどを代表とするコメディリリーフ要素が極めて強く、他社キャラとの掛け合いに色を付けることが容易であることが挙げられる。
また、『覚醒』はFEシリーズの中でも特に海外の方での人気が根強く、覚醒のキャラの中でクロムとルキナの親子二人とも覚醒キャラ人気投票で1位を獲得しており、人気も知名度も高いため選ばれたのだと思われる。

今作のクロムのプレイスタイルはファルシオンをはじめとしたなどの武器を扱う。(モンスターハンターとのコラボ衣装でも弓を扱っている)
立ち姿や攻撃のモーションなどはクロムとルキナは原作の覚醒を元にしており、
クロムの攻撃パターンの中には原作のムービーの部分から採用されてるものなどがある(上記の仮面マルスとの戦いで見せた回転アタックなど)。
さらに必殺技はクロムとルキナの親子二人での連撃コンボからの、とどめの一撃に覚醒のパッケージ再現がされたアニメーションとカットインが入る。

開発スタッフがかなり気合いを入れて作ったのが見て取れるほど、クロムの動きは原作にかなり近く再現されている。

このクロムとルキナとフィオルンの参戦が発表されたのは「TGS 2015」の会場で、せがた三四郎役でPXZ2に出演する藤岡弘、氏と、もはやお馴染みクロム役の杉田智和氏が登壇したステージにてサプライズ発表された。

本来のPVではナレーションはついていないのだが、会場でPVが初公開されると、杉田氏が自らアドリブでナレーションを付けていた。
そして、クロムの参戦PVが公開されたのと同時に、

なくはなかったー!

と、雄叫びをあげ、それに呼応するように会場は興奮と笑いに包まれた。
その後のクロムに関する紹介の時に杉田氏のコメントで、
「スマブラには出れなかったけど、なんやかんやで色んな所に出てるから良かった。」
とクロムのスマブラ以外での待遇の良さに安堵しているようである。

無双もなくはなかったー!


さらに2017年9月28日発売のFEシリーズと無双シリーズのコラボタイトル『ファイアーエムブレム無双』にも真っ先に参戦が決定
PVでは剣による怒涛の乱舞や、衝撃波による豪快なアクションで敵をなぎ倒しており、更に覚醒やPXZ2でも披露したジャンプ回転斬りも健在。ファンからは無双アクションでのクロムの活躍に期待が寄せられている。

俺のamiiboも発売されるのか?

なくはなかったー!
2017年のE3にてチキと共に9月28日に発売されると発表された。

PXZ2、幻影異聞録♯FE、FE無双等と、もはやスマブラでの不遇時代は過去のものになり、いや、この不遇があったこそ、今ではシリーズの広告塔と言っても良いほどあらゆる場面にクロムは活躍の場を広げている。
聖王がどこまで羽ばたいていくのか、これからもその動向からは目が離させないところである。

関連イラストはなくはないです。

《ネタバレ》ウンメイヲカ エッ…!?《スマブラ》
アイク続役おめでとおおおおおおお
クロムの憂鬱
スマブラ新作 FE新キャラ参戦マンガ
(クロム)
聖王代理はルフレとルキナのスマブラ参戦にお怒りのようです



(以下のイラストはある意味予言である)

号泣王子 クロム氏の記者会見
なくはないです。って


関連タグはなくはないです。

ファイアーエムブレム覚醒 スマブラ3DS/WiiU
クロム ルキナ ルフレ FE組
大・参・戦!! ロイ参戦!
主人公(笑) なくはなかったー!
貧乳 まな板お察しください

外部リンクはなくはないです。

公式サイト
なくはないです。とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「なくはないです。」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1516303

コメント