ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

当記事は「クロム(FE覚醒)」から分離・独立させています。
記事の肥大化を防ぐため、先方に当記事の内容を追加しないようお願い致します。

概要

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では「なくはないです。」とされてしまったクロムだが、続く『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではロイダッシュファイターとして念願の参戦を果たした。
ファイター番号は25'、通り名は英雄王の末裔

娘のルキナロイのベースになったファイターのダッシュファイターとして参戦しているため、結果的に彼女と似た剣術を使うようになっている。

ロイとの違い


ルキナの親だけあってか、クロムも根本の強判定が無く、どこで当てても攻撃力が変わらない
相手に接近しないとパワーを発揮できないロイとは違い、攻撃力が統一されているおかげでリーチの長さを存分に活かせるのが魅力。

しかし、クロムは剣の性質以外にも、ロイとは大きく異なる点がいくつかある。

弱攻撃、横強攻撃、上強攻撃はロイが逆手持ちなのに対し、クロムは順手で繰り出す。このおかげでリーチがさらに伸びると言う嬉しい誤算も。
また、各種火炎属性のワザが切り裂き属性に変更されており、上スマッシュ攻撃や通常必殺ワザには風のエフェクトが付与されている。特に上スマッシュ攻撃はヒットストップ短縮の恩恵が強く、ロイよりベクトル変更の影響を受けにくいという強みもある。
ガチ対戦ではあまり関係ない話だが、炎で発動するギミックを発動させられないが、誤って爆薬箱などを引火させる危険性も薄くなっている。

上必殺ワザはロイと全く異なる「翔流斬」。
原作『覚醒』のムービーや『無双』でも見せた大ジャンプからの回転斬りを再現したワザ。
アイクの「天空」と似ているが、こちらは剣を投げないため復帰妨害を受けやすくなっており、復帰力に関しては最下位争いに加われるほど悲惨で擦り当てだけで復帰できないレベル。
そのぶん攻撃ワザとしてはスーパーアーマーが付いているだけでなくメテオ効果まで存在し、これを活かした道連れも出来るため非常に優秀。
また、復帰妨害に弱いとは言うものの、ある程度の工夫は可能。特に少し崖から飛ばされた程度ならば位置やタイミングをずらす余裕ができる。しかも上手く位置を調整すれば下手に手を出して巻き込まれた相手だけをメテオで落とし、自分は悠々と崖に掴まって復帰ということもできる。とはいえ、戻るルートが大きく限られるほど遠くにふっとばされたら流石に無理だが。

最後の切りふだもロイと違い「覚醒天空」。
『覚醒』におけるマスターロードの奥義スキル「天空」を再現したもので、相手をふっとばす際にクロム自身が「天! 空!」と叫んでいる。
マルス達のように長距離を突進するが、途中でブレーキをかけることができないため自滅に注意。
ちなみに名称が違うからか、マルス達のようなHPゲージは出ない。

根本と先端の区別が無くなった事で、慎重なプレイスタイルでも通じる性能になっている。
ロイにも言えることなのだがコンボ火力も高く、ふっとばし力も地上ワザに関してはほとんど下がっていないため非常に優秀。特に地上戦においては全ファイター中最強とも名高い。
逆にロイのような根本の強いふっとばし力が無い故に、剣のリーチが活かしづらい相手にはロイに比べて純粋な撃墜力と攻撃力不足で差をつけられており、特に空中ワザ(空中戦)はロイの方に軍配が上がる。横必殺ワザや下必殺ワザもふっとばし力の低下が著しい。
どれも一長一短な関係でどうカバーするかが技量の見せ所だろう。
また、上Bの復帰力の低さも相まって、少しでも崖外に放られるとなすすべなくやられてしまう事も少なくない。そのピーキーさから剣士版リトル・マックと呼ばれる事も。

総じてダッシュファイターの中では最も性能差が大きく、ロイとは別物といっても過言ではないファイター。
剣士のリーチを活かしながら素早く切り込みたい人にオススメ。

発売前は「居合い斬り」のないアイクと言う事で復帰力が懸念され、前作のロイの性能があまり優れていなかったことから最弱候補の焼印が押される程だったが、いざ発売されるとダメージ判定は一定でも馬鹿にならないほどの火力とコンボ性の強みが知られ、一転して強キャラと呼ばれるようになった。まさに運命を変えると言う台詞に相応しい逆転劇である。

その他

カラーバリエーション

ルキナと同様、クロムも8Pカラー以外は全て『覚醒』男性キャを元にしている。
ただし、髪の色は変わらない。

勝ちあがり乱闘「運命か、絆か」

ROUND味方
1ルキナ(なし)
2フォックスファルコルキナ
3ネスリュカルフレ女性
4ドンキーコングディディーコングルキナ
5ピーチデイジールフレ(男性
6シモンリヒタールキナ
BOSSマスターハンド&クレイジーハンドルフレ(女性)

タイトルは『覚醒』の断章・23章より。
ROUND1は4章のマルス戦がモチーフ。
ROUND2以降はルキナ、ルフレを交互に味方に付けての2on2、言うなれば「絆」と「絆」のぶつかり合いとなる。原作の「デュアル」「ダブル」も意識しているかもしれない(原作では味方側しか使えないが)。

余談

上必殺ワザでのセリフが4種類あり、その中には「残念だったな!」と言うものがあるが、これが復帰が届かず落ちていくクロムに対する皮肉として刺さり、新たなネタが誕生してしまった。ちなみにこの台詞は『無双』でも聞ける。
「残念だったな!…ヌワーーーッ!(すまん!)」

また、ルフレ最後の切りふだ「ダブル」で登場するパートナーとしても続投している。
このため1Pカラーのクロムが1Pカラーのクロムを斬りまくったり、結果表示画面で1Pカラーのクロムが2人出たりという異様な光景も見られる
(似たような例として、パックンフラワーの勝利ポーズの一つで、マリオが戦ったかどうかに関わらずマリオが出てくる)。

初期のバージョンでは彼のファンファーレがFE汎用のものだった。相棒と娘は『「I」~為』なのに。
…と思ったらVer.3.0.0で修正された。

pixivでは「マルス&ロイ」や「マルス&ルキナ」とは違い、ロイとクロムが一緒に描かれることは皆無。

関連タグ

スマブラ クロム(FE覚醒) 

なくはないです。なくはなかったー!

ファイアーエムブレムシリーズ参戦ファイター

Noファイター初参戦
21マルスDX
21’ルキナfor
25ロイDX
25’クロムSP
32アイクX
56ルフレfor
62カムイfor(DLC)
75ベレト/ベレスSP(DLC)


ファイター番号順

24.ミュウツー→25.ロイ25'.クロム)→26.Mr.ゲーム&ウォッチ

関連記事

親記事

クロム(FE覚醒) ふぁいあーえむぶれむのくろむ

子記事

コメント