ピクシブ百科事典

ダッシュファイター

だっしゅふぁいたー

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』におけるファイターの区分。従来の「モデル替え」「モデルチェンジ」とは少々意味合いが異なる。
目次[非表示]

概要

スマブラシリーズにおける、ほとんどのモーションを他のファイターから流用している「モデル替えキャラ」「モデルチェンジファイター」は初代スマブラから存在していたが、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではこれとは別に「ダッシュファイター」という区分が加わった。

これらのファイターは基本的な体術が他ファイターを基にしており、さらに攻撃力やふっとばし力・歩行/走行速度・ジャンプ力・重さなどの基礎パラメーターがオリジナルファイターに対して“ほぼ”同じである点が共通している。
なお、いずれのファイターもアピールや勝利ポーズ等、性能に影響しない部分は元のファイターと大きく異なる事が多い。

ダッシュファイターの番号は、それぞれ元キャラの番号に「'」(ダッシュ)が付いたものが使われている。

英語名は「Echo Fighters(エコーファイターズ)」で、代わりに「ε」(イプシロン)が付く。
ダッシュ記号(プライム)を「類似」の意味合いで使う用法は元々は数学用語からの引用であり、日本ではそれ以外の分野でもよく使われるものの、一般的ではないため改名されたと思われる。
「Echo」は通常は「こだま」「反響」という意味だが、転じて「他人の真似」「模倣者」という意味もあり、後者の意味合いでのネーミングと思われる。

リヒターの「勝ちあがり乱闘」(過去作のシンプルに当たるモードで、キャラごとにタイトルや対戦相手が設定されている)では、自身を除いたダッシュファイター6体と、番号の小さい順に戦うことになる。

ダッシュファイター一覧

このうち、ルキナとブラックピットは『for 3DS / Wii U』でもモデルチェンジとして登場していた。

番号ダッシュオリジナル特徴
04ダークサムスサムス
  • モーションや演出面の変更が最も多いダッシュファイター。
    • この差により運動性能や判定などにかなりの違いがある。
  • 横緊急回避の隙が小さい。
  • 一部ワザの火炎属性が電撃属性に変更。
  • 最後の切りふだが強化されている。
13デイジーピーチ
  • 複数のモーションが差し替え。これらは喰らい判定が縦に短く横に広い傾向。
  • ハートのエフェクトが花(雛菊)に変更。
  • 道具を使うワザの多くは見た目が異なるものに変更されている。
  • ワザの性能がオリジナルと全く変わらない唯一のダッシュファイター。
21ルキナマルス
  • その場緊急回避がマルスより滑りやすい。
  • 先端が強いマルスと異なり、どの部分を当てても性能が変わらない。
  • 全体的にマルスの強い部分をマイルドにし、弱い部分を強化した調整。
    • マルスと比べるとDA・下強・横スマ・空後が強く、横強・空前・空下・カウンターで劣る。
  • 通常必殺ワザと下必殺ワザのモーションが変更。
  • 前作にあった体格と剣の長さ、一部ワザがよく滑るなどの差は今作でなくなった。
25クロムロイ
  • 根元が強いロイと異なり、どの部分を当てても性能が変わらない。
  • 地上ワザの殆どと空後が強く、空中ワザや横Bが弱めの調整。
  • 空Nが体重依存になり、重量級をふっとばしにくくなった。
  • 逆手の剣技が順手に変更され、各ワザの火炎属性が削除。
    • この変更により一部ワザのリーチが延長された。
  • 上必殺ワザと最後の切りふだが別のワザに差し替え。
    • 上必殺ワザの変更により復帰力が全ファイターでも最弱を争えるほど弱くなった。
28ブラックピットピット
  • 通常必殺ワザと横必殺ワザの性質が異なる。
    • 前作よりも差が大きい。弓の大幅強化により、立ち回りが劇的に強くなった。
  • 最後の切りふだが別のワザに差し替え。
  • 前作にあった通常ワザの差は今作でなくなった。
60ケンリュウ
  • 地上スピードがやや速い。
  • 多くのワザが別のワザに差し替え。
    • 全体的に低火力だが、コンボ性能に優れている。
  • 必殺ワザの性質が変更され、専用のコマンド必殺ワザが追加。
    • わかりやすく言ってしまえばうと波動のリュウ、昇竜のケンと言った感じに差別化された。
66リヒターシモン
  • 立ちモーションが異なり、喰らい判定が縦に短く横に広い。
  • 下必殺ワザ(聖水)が波導属性に変更。
    • リンク系の爆弾や赤ピクミン、アイテムや一部のスピリットなどに変更の影響がある。

その他のコンパチ

他にもオリジナルファイターの骨格やモーションを流用して作られたファイターは多いが、これらは運動性能・体躯・ワザの性質などで差別化が図られている。

コンパチオリジナル備考
09.ルイージ01.マリオ『64』ではモデルチェンジ。後続作で大きく差別化されたが、モーションの流用は所々見受けられる
12.プリン(『64』)06.カービィ『64』のみ骨格と多くのモーションを流用
18.ドクターマリオ01.マリオモデルチェンジ。『for』で性能の差別化が進んだため、ダッシュファイターには含まれていない
19.ピチュー08.ピカチュウ『DX』ではモデルチェンジ。『SP』では性能だけでなくモーションも全く異なるものの、ワザの内容はほぼ同じまま
20.ファルコ07.フォックス『DX』ではモデルチェンジ
22.こどもリンク03.リンク『DX』ではモデルチェンジ
23.ガノンドロフ11.キャプテン・ファルコン『DX』ではモデルチェンジ
25.ロイ21.マルス『DX』ではモデルチェンジ、『for』以降では骨格と基礎モーションを中心に流用
37.リュカ10.ネス骨格とごく一部の基礎モーションを流用
43.トゥーンリンク03.リンク半数以上のワザが同じ内容。骨格やモーションは大きく異なる
44.ウルフ07.フォックス骨格とごく一部の基礎モーションを流用
68.しずえ45.むらびと半数以上のワザが同じ内容。骨格やモーションは大きく異なる

カラーバリエーションによる別ファイター

『for』以降ではカラーバリエーション扱いとして男女違いや別のキャラクターを再現するケースもある。
カラーで男性⇔女性が切り替わるケースとしては、『for』ではむらびとWii Fitトレーナールフレカムイがおり、『SP』ではさらにピカチュウピチューポケモントレーナーインクリングベレト/ベレスが加わっている。
中でもインクリングとポケモントレーナーは男女で異なる勝利モーションを持つ珍しいファイター。
他にも、ピクミン&オリマーピクミン&アルフクッパJr.クッパ7人衆といった名前すら別のキャラクターに変化するケースもある他、名前表記こそ変わらないがリトルマック→ワイヤー状態のAC版主人公の再現、『SP』ではピカチュウ→マスクド・ピカチュウ勇者(DQ11)→348も選べるなど、別バージョンの姿を再現しているものもある。

実はこれらの原点は、『DX』におけるピーチの色替えでのデイジーの冠や服装の再現なのだが、『X』や『for』では単なる色違いに留まり、『SP』でデイジーがダッシュファイターとして独立した経緯がある。

なお、Wii Fit トレーナー、ルフレ、ベレト/ベレスはカラーを変えることで攻撃判定や喰らい判定がわずかに変化する。特に男ルフレはつかみ判定が縦に狭くなってしまうのが痛い。

余談

実は初代スマブラに登場する隠しファイターは全て、基本キャラの骨格を使用して作成されたファイターだったりする。
キャプテン・ファルコンはサムスの、ネスはルイージと同じくマリオの骨格を流用して作られていた。

コンパチに該当しない組み合わせでも、アイテム関連などの一部の基礎モーションを中心に流用されているケースがある。
例を挙げると、カムイアイクを、ベヨネッタゼロスーツサムスを、勇者はリンクをベースとして開発されている。特に勇者はリンク以外のファイターを元にしたと思われるモーションも数多く見受けられる。
モーションの流用が無いファイターに関しても、クッパJr.パックンフラワーといった感じに、別のファイターをベースとした者も存在する。

「灯火の星」では、ダッシュファイターの元となったファイターは光の世界または最終決戦のキーラサイド(最終決戦ではロイ)で、ダッシュファイターは闇の世界または最終決戦のダーズサイド(最終決戦ではダークサムス)で救出できるようになっている(例外はない)。

関連イラスト

ルキナの頼み事
ピーチとデイジー



関連リンク

ニコニコ大百科

関連タグ

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL コンパチ

関連記事

親記事

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL だいらんとうすまっしゅぶらざーずすぺしゃる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダッシュファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199943

コメント