ピクシブ百科事典

ダッシュファイター

だっしゅふぁいたー

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』における、モデル替えキャラの総称である。
目次[非表示]

概要

スマブラシリーズにおける、ほとんどのモーションを他のファイターから流用している、所謂「モデルチェンジ」は初代スマブラから存在していたが、最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では新たな区分として「ダッシュファイター」が追加された。

これらのファイターは基本的な体術が他ファイターを基にしており、さらに攻撃力やふっとばし力・歩行/走行速度・ジャンプ力・重さなどの基礎パラメーターがオリジナルファイターに対して“ほぼ”同じである点が共通している。
なお、いずれのファイターもアピールや勝利ポーズ等、性能に影響しない部分は元のファイターと大きく異なる事が多い。

ダッシュファイターの番号は、それぞれ元キャラの番号に「'」(ダッシュ)が付いたものが使われている。

英語名は「Echo Fighters(エコーファイターズ)」で、代わりに「ε」(イプシロン)が付く。
ダッシュ記号(プライム)を「類似」の意味合いで使う用法は元々は数学用語からの引用であり、日本ではそれ以外の分野でもよく使われるものの、一般的ではないため改名されたと思われる。
「Echo」は通常は「こだま」「反響」という意味だが、転じて「他人の真似」「模倣者」という意味もあり、後者の意味合いでのネーミングと思われる。

リヒターの「勝ち上がり乱闘」(過去作のシンプルに当たるモードで、キャラごとにタイトルや対戦相手が設定されている)では、これらのダッシュファイターと戦うことになる。

ダッシュファイター一覧

ダッシュとベース


このうち、ルキナとブラックピットは『for 3DS / Wii U』でもモデルチェンジファイターとして登場していた。
なおドクターマリオは、基本性能が大幅に異なることからダッシュファイターの定義より完全に外れているため、別枠のファイターという位置づけになったと推測される。

番号ダッシュオリジナル特徴
04ダークサムスサムス最もモーションや演出面の変更が多いダッシュファイター。サムスに比べ、電撃属性のワザを多くもつ。また基本性能はほぼそのままだが、モーションの違いによって下強攻撃に強い、ジャンプの高度が高いなど、判定に関する違いを数多くもつ。
13デイジーピーチ一部基礎モーションが異なるほか、ワザの属性や演出にも差異がある。喰らい判定は横に伸びているが、上強攻撃の判定だけはピーチより広め。
21ルキナマルス先端が強いマルスと異なり、どの部分を当てても性能が変わらない他、通常必殺ワザと下必殺ワザは固有モーションとなっている。SP以降は体格や滑りやすさなどの細かな違いがなくなった。
25クロムロイモーションやエフェクトはマルス(ルキナ)・ロイ・アイクの複合。根元が強いロイと異なり、どの部分を当てても性能が変わらない。逆手の剣技が順手になってリーチが伸び、各ワザの炎属性も削除され、一部は旋風エフェクトが付与されている。また、上必殺ワザと最後の切りふだは別のワザに差し替えられている。
28ブラックピットピット通常必殺ワザと横必殺ワザの性質が異なるほか、最後の切りふだが差し替えられている。SP以降は通常ワザの弱体化調整がなくなってピットと同じになり、弓も独自の個性を得たため劣化気味ではなくなった。
60ケンリュウ簡単に言えばややパワーに劣るが機動性に勝るといった感じ。いくつかのワザやエフェクトがケン固有のものに差し替えられているほか、判定や無敵部位、性質などがリュウと大きく異なる。これらは原作(主に『スパIIX』)におけるリュウとの差別化を取り入れたもの。
66リヒターシモンシモンより体格が小さく、立ち・待機モーションも異なる。また下必殺ワザ(聖水)は波動属性で爆薬を着火できない。なお体格は小さいが、何故か横方向の喰らい判定はシモンより伸びている。

モデルチェンジファイター

ダッシュファイター以外にも、「モデル替え」や「モデルチェンジ」と呼ばれるファイターが存在する。
これらはオリジナルファイターの骨格やモーションを流用して作られたファイターだが、運動性能・体躯・ワザの性質などで差別化が図られている。

モデルチェンジオリジナル該当作備考
ルイージマリオ64『64』ではマリオと同じ性能のワザも多く見られたが、『DX』以降では大幅に差別化され、作品を重ねるごとに独自のモーションが増加している。
ドクターマリオマリオDX、for『DX』の頃は「異ならないところが異なるところ」というコンセプトのため微妙な性能差であったが、『for』においてはワザのパワーや持続と引き換えに運動性能を失った。また、ワザの構成は『DX』のものを引き継いでおり、下空中攻撃と下必殺ワザがマリオと異なる。『SP』では下空中攻撃と後投げが独自のワザに変更され、横必殺ワザも性能に合わせたモーションになった。
ピチューピカチュウDX『DX』における「公式最弱ファイター」で、「電撃系のワザを使うと自分もダメージを受ける」という特性を持つが、それ以外にも「ずつき系のワザが強い」「着地隙が極端に短い」などの個性を持つ。『SP』では電撃系のワザが増加した代わりに、それらはパワーやリーチに優れるといった利点を得たほか、モーションに弾みが付くようになった。
ファルコフォックスDX『DX』では横に遅いぶん縦の動きに優れるフォックスと言った性能。『X』で多くの差別化が図られ、羽やくちばしを攻撃に使うようになった。
こどもリンクリンクDX『DX』では「軽くて接近戦が苦手」なぶん、「素早く蹴りワザや飛び道具を得意とする」リンクと言った性能。『X』からは彼のコンセプトを引き継ぎつつよりパワフルなトゥーンリンクが参戦しており、『SP』では共演することになった。
ガノンドロフキャプテン・ファルコンDX『DX』では「極端に鈍重でほぼ全てのワザで致命打を与えられる」といった性能。「力のガノンドロフ、技のファルコン」とはよくいったもの。また、上強攻撃の性質が異なる他、前空中攻撃が独自のモーションになっている。『X』では非常に多くの独自要素を得たほか、『SP』からはスマッシュ攻撃で大剣を使うようになった。
ロイマルスDX『DX』では「未熟だが潜在力がある剣質」と言った性格付けがされており、全体的に控えめな性能だが爆発力のあるファイターとなっていた。『for』では高機動だが小回りの利かないといった性質が加えられた他、原作通り剣を逆手と順手で持ち替えるスタイルに変化した。また、マルスと似た動きもその多くが豪快なものに改変されている。

カラーバリエーションによる別ファイター

『for』以降ではカラーバリエーション扱いとして男女違いや別のキャラクターを再現するケースもある。
カラーで男性⇔女性が切り替わるケースとしては、『for』ではむらびとWii Fitトレーナールフレカムイがおり、『SP』ではさらにピカチュウピチューポケモントレーナーインクリングが加わっている。
中でもインクリングとポケモントレーナーは男女で異なる勝利モーションを持つ珍しいファイター。
他にも、ピクミン&オリマーピクミン&アルフクッパJr.クッパ7人衆といった名前すら別のキャラクターに変化するケースもある他、名前表記こそ変わらないがリトルマック→ワイヤー状態のAC版主人公の再現、『SP』ではピカチュウ→マスクド・ピカチュウなどで別バージョンの姿を再現しているものもある。

実はこれらの原点は、『DX』におけるピーチの色替えでのデイジーの冠や服装の再現なのだが、『X』や『for』では単なる色違いに留まり、『SP』でデイジーがダッシュキャラクターとして独立した経緯がある。

その他のコンパチファイター

実は初代スマブラに登場する隠しファイターは全て、基本キャラの骨格を使用して作成されたファイターだったりする。
プリンカービィの、キャプテン・ファルコンはサムスの、ネスはルイージと同じくマリオの骨格を流用して作られていた。
ただしキャプテン・ファルコンとネスに関してはモーションの流用があまりなく、プリンも前述の2キャラほどではないが、新規モーションは多めである。
あくまで流用されているのは骨格と一部のモーションだけである点に注意されたい。また、『DX』以降では3人とも固有の骨格で作られており、モーションの流用もほぼ見られなくなっている。

また、『X』から参戦しているリュカはネスと、トゥーンリンクはリンクとワザの構成に共通性が見られる。
しかしリュカは骨格こそ同じだがほぼ全てのモーションがネスと異なり、トゥーンリンクは動きにこそ共通点が見られるものの骨格がリンクと異なるため流用が効くようなものではない。
また、性能に関しても大幅に差別化されているため、彼らは初参戦時からモデルチェンジファイターに該当していない。

この他、厳密にはコンパチではないが、『X』のウルフはフォックス・ファルコで培った技術を活用して短期間で作成できたため、急遽参戦が決まったということが明かされている。

『SP』で参戦したしずえは、いくつかのワザがむらびとと共通しているものの、殆どのモーションは固有かつ体格や基本性能もまるで異なる。
あくまでトゥーンリンクのように、むらびとをベースとしただけのファイターであるという事がディレクターによって語っている。

関連イラスト

ルキナの頼み事
ピーチとデイジー



関連リンク

ニコニコ大百科

関連タグ

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL コンパチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ダッシュファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70574

コメント