ピクシブ百科事典

全員参戦

ぜんいんさんせん

ゲーム「スマッシュブラザーズ」シリーズに関するイラストのうち、全ファイターが集結したイラストに対して使用されているタグ。
目次[非表示]

歴代オールスターが全員登場した!ホントのオールスターの戦いはこれからだ!

概要

「全員参戦」とは、スマブラシリーズに登場する全てのファイター達が大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALで全員登場することである。

2018年のE3にて新作のスマブラの発表があり、ユーザー達は一体誰が参戦し、誰がオミットされるのか、期待と不安が集まったが、最初のムービーにて、Forでは参戦できなかったアイスクライマーポケモントレーナーが参戦が決定され、ムービーの中盤でスネークが登場し、「全員登場」とテロップが表示され、世界中のユーザー達が歓喜を上げたのである。
また、PVをよく見ると、視聴者の興奮を誘う様々な見せ方がされている。

発表キャラクター一覧

登場順が↑のファイターは上記のファイターと同じタイミングで登場したことを示す。
※特に盛り上がりがあったキャラは太字

登場順番号ファイター解説・備考
11マリオスマブラで最初と言えばのこのファイター。
24サムス発表が番号順ではないことを示す(一部のキャラがリストラされるのではないかというミスリード)。
36カービィ
414クッパ
53リンク『ブレスオブザワイルド』仕様に変更。
62ドンキーコング
77フォックス『スターフォックス零』仕様に変更。
20ファルコ『スターフォックス零』仕様に変更。
821マルス
917ゼルダ『神々のトライフォース』仕様に変更。
16シーク
1045むらびと
1127メタナイト
24ミュウツー前作DLCによって復活したファイター。今回は元から使えることを提示。
1238ソニック他社枠:この枠の中で最初の登場。
1313ピーチ
148ピカチュウ
1515アイスクライマー復活枠:前作リストラの理由がマシンスペックなので復活は有力視。
1664インクリングこの映像の唯一の新規参戦枠:前回の新作発表映像にも登場した為このタイミングで登場。
1711キャプテン・ファルコン
1829ゼロスーツサムス
47Wii Fit トレーナー
1933-34-35ポケモントレーナー復活枠(ゼニガメ・フシギソウ・ポケモントレーナー):アイスクライマー同様、マシンスペックがリストラの理由だったので復活有力候補だった。
33ゼニガメ
34フシギソウ
35リザードンこれによりリザードンはポケトレの1体として戻ったことを提示。
2010ネス
37リュカ
2160リュウ他社枠
23ガノンドロフ『時のオカリナ』仕様に戻る。
2232アイク『蒼炎の軌跡』、『暁の女神』の両方が登場。
2361クラウド他社枠:前回が奇跡の参戦だった為、続投は厳しいと言われていた。
2431スネーク復活&他社枠:コナミ・小島プロダクションをめぐる事情や、前作でリストラされたことから復活からは最も遠いと思われていたファイター。シャドーモセス島とおぼしき背景から光学迷彩で登場することで、下記の要素と合わせて、本発表最大のサプライズを演出する。
-全員登場(EVERYONE IS HERE)最も参戦が難しかったファイターの紹介を以て、本作では過去作の全ファイターが登場することを満を持して発表する。英語では「IS HERE」の解釈に幅があるため、次以降の紹介順でこれを確実にするという演出になっている。
2512プリン
19ピチュー復活枠:ピカチュウのコンパチであることと意図的に弱く設定されていることから、復活の可能性がまず考えられなかったファイター。上述のプリンとピチューの発表によって、間違いなく文字通り「全員」登場することを強調している。
2625ロイ
2740ピクミン&オリマー
36ディディーコング
2841ルカリオ
2921’ルキナここで「'」(海外ではε)という意味深な表記が登場。
56ルフレ
3063ベヨネッタ他社枠
3150ゲッコウガ
26Mr.ゲーム&ウォッチ
3218Dr.マリオ
42ロボット
59ダックハント
3328ピット
28’ブラックピットルキナと同様
3454パルテナ
3562カムイ
3658クッパJr.コクッパ達の登場も確認。
3743トゥーンリンク
22こどもリンク復活枠:トゥーンリンクの直後に出すことで、「トゥーンリンクとこどもリンクが同一視されて事実上リストラ」という可能性を払拭
3839デデデ
48ロゼッタ&チコ
3951Miiファイター 格闘タイプSwitch本体でMiiがあまり活用されないことや、Miiファイターをオンラインで使用不可能だったことから、はたして彼らを参戦ファイター扱いしていいのか、ということから「全員登場」の枠に含まれない可能性を払拭
52Miiファイター 剣術タイプ
53Miiファイター 射撃タイプ
4030ワリオ
49リトル・マック
4155パックマン他社枠
4257シュルクMiiverseのディレクターズルームでの桜井氏の「本来『スマブラ』に出られるキャラではなかったが、頑張って参戦させた」という発言から不安要素も懸念されていた。
4344ウルフ復活枠:「全員登場」という告知、復活が絶望視されていたキャラクター達の参戦により、復活の期待が鰻登りしていく中で満を期して登場。ウルフの参戦発表を以て『for』で不在だったキャラが全員参戦となり、視聴者は本当に歴代全てのファイターが参戦することを確信することとなった。
4446ロックマン他社枠:全員登場を再三強調し、先に同社のリュウを見せた上で満を持しての公表
-大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL正式タイトル発表
459ルイージここまで来てリストラはあり得ないので満を持してのオチ担当
5ヨッシーこちらもオチ担当なのだが、マリオ以外で唯一声を発したキャラクターという非常に貴重なキャラクター。
-参戦絵全 員 参 戦

このように、見事な視線誘導により「全員参戦」のインパクトをこれでもかと強調し、E3 2018のハナを飾った。

公式サイトや広告等にも「全員参戦」と大きく書かれており、公式イラストには、後に参戦が発表されるファイター達も含めた全員集合のイラストが書き下ろされている。
ちなみにファイターが参戦するたびに、追加されている。

pixivでは、全ファイターが集結したイラストに対して使われているタグとなっている。

YouTubeでは

よく話題に挙がるのは外国人の反応が有名(これに関しては全員参戦に限らず他のファイターの参戦動画でもよく見かける)だが、最近ではスマブラに参戦できなかったゲームキャラを始め、ネット等でネタにされている人や動画素材、果てにダークウェブのトラウマ映像だったりと所構わず『〇〇参戦‼︎』というスマブラお馴染みのフレーズと共に参戦動画を作っている人が多い。ただ、どの動画も全員参戦が実現したスマブラSPのではなく、スマブラXのメインテーマが使用されている。

関連動画




関連リンク


関連タグ

ゲーム スマブラ スマッシュブラザーズ
スマブラシリーズ オールスター 他社組

ソニー参戦:更なる衝撃

関連記事

親記事

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL だいらんとうすまっしゅぶらざーずすぺしゃる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「全員参戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48680

コメント