2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロゼッタ&チコ

ろぜったあんどちこ

ロゼッタ&チコとは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』に登場するファイターであり、二人のコンビタグでもある。本稿ではファイターのキャラクターについて解説する。
目次[非表示]

概要


第4作『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』から登場するファイター。
その名の通り、『スーパーマリオギャラクシー』のキャラクターであるロゼッタチコがコンビを組んで戦う。
ファイター番号は48、通り名は星の旅人

参戦ムービーはカービィワープスターに乗ってレインボーロードに乱入するシーンから始まる。
そこから「『カービィのエアライド』新作か!?」「マリオカートにカービィ参戦か!?」と騒がれていたとか。

声は現行のLaura Faye Smithではなく、なぜか『マリオカート7』におけるKerri Kaneのものを使用している。

特徴

簡単に言えば、ピクミン&オリマーアイスクライマーの要素を合わせたようなファイター

通常必殺ワザ「チコシュート」による遠隔操作が大きな特徴。
チコの攻撃力はかなり低めだが、ふっとばし力は全体的にロゼッタよりも上なため、撃墜を狙う際にも頼りになる存在。
そしてチコ自身は撃墜されても何度でも復活する。

ロゼッタの外見からゼルダ姫のような魔法による攻撃がメインと思われそうだが、実際はゴリゴリの肉弾戦タイプであり、中~近距離や空中での戦いを得意とする。これまた意外かもしれないが上スマやDAでは頭突きを披露する父親候補叔父候補も頭突き使うからだろうか?)。

ロゼッタは軽量級でありながら身長が高いため、やられ判定が大きくコンボを決められやすい。その上反重力的で落下速度が遅い上にふっとばされやすく、空中での挙動も緩やかなため着地を狩られやすいという大きなデメリットを持ち合わせている(ただし空下での暴れがあるためお手玉耐性は高い)。
また、どのワザも威力が低く、決定打となるワザも反確なのものが多く数自体も少なめ、狙える機会も少ないものが多い。動作も長いため小回りが利かず隙も大きい。
そして緊急回避は消える挙動ではあるが、無敵判定や移動距離などの性能自体は並。ダッシュの動作はミュウツーメタナイトリザードンパルテナクラウドリドリーダークサムスセフィロスホムラ/ヒカリソラのように前のめりで浮遊しながら移動していくスタイルとなっている。

しかし、体の大きさはデメリットだけでなく、ワザのリーチの長さに繋がっており、中距離からの攻めが得意。そして発生の早いワザを多く取り揃えているため近距離でも強く、つかみはマリオと同じ最速組。そこから各種コンボに繋げることができる。各空中攻撃も判定が強く打ち勝ちやすいものが揃っている。
また、チコの存在のおかげで全キャラ中最も防御性能が高く攻撃を受け辛い。

特にロゼッタの強みは崖狩りの豊富さ。チコを崖の近くに立たせて百裂をするだけで攻撃上がり以外を狩ることができる(回避上がりをしてもロゼッタの百裂がヒットする)。また崖掴まりを続ける相手に対してもチコの横スマなら容赦なく吹っ飛ばせる。掴まりの姿勢が優秀で攻撃を受けにくいガノンドロフでもチコの横スマからは逃げられない。

復帰阻止に関しても優秀で、チコシュートで相手を動かしてからロゼッタが復帰阻止するという二段構えも可能。ロゼッタ自身の復帰距離が長いため多少の無茶をしても帰って来れるのも魅力。

決定打の乏しさと自身の軽さ・大きさから、乱闘ではチコの各ワザとロゼッタの上スマッシュ攻撃、上空中攻撃、下空中攻撃を上手く活かさなければ勝利をつかむことは難しい。特に上スマは派生・範囲が優秀なのでガーキャンと組み合わせていきたい。
遠隔操作ができる環境なら積極的に狙うことも大事だが、チコは割と簡単に死ぬのでロゼッタ単体での立ち回りが重視される。

大切な人のために星になることを幸せに感じているチコにとって、大事なママであるロゼッタを守るためには、どんな手段を選ぶことも辞さない。

必殺ワザ

“ ” 内の説明文は『スマブラSP』のゲーム内ヘルプから引用。

  • 通常必殺ワザ:チコシュート
“ ためるほど チコを遠くまで飛ばす
 離れたチコも 操作に応じてワザをくり出す ”
ちなみにカービィがコピーした場合は、呼び出したチコがすぐに消滅するため、純粋に反射不可な飛び道具として使用することとなる。

  • 横必殺ワザ:スターピース
“ チコが正面に 星くずをばらまく
 ロゼッタと離れていても 飛ばせる ”
 威力は低く射程も短いが、チコを飛ばしていれば射程を稼ぐことができる。

  • 上必殺ワザ:ギャラクシージャンプ
“ 天高く飛んで エレガントに宙返りする
 飛ぶ方向は ある程度変えられる ”
 移動距離こそ長いがステージ上で使った際に角度調整を誤ると崖に飛び出してしまうというリスクがある。着地も緩やかなので駆られやすく、復帰ルートも読まれやすい。また崖に背を向けた状態で復帰しようとすると崖を掴めないこともある。必ずロゼッタを反転させて崖側に向かせよう。
真上に飛ぶ場合は、スティックを真上に入力後、即ロゼッタの向きとは反対側に入力する必要がある。失敗すると反転してしまってとんでもない方向に飛んで行ったりするので注意。

  • 下必殺ワザ:アイテムキャプチャー
“ アイテムや飛び道具を 引きよせる
 引きよせたものは 相手に当たることもある ”
 引き寄せたアイテムは「ロゼッタの攻撃」として判定が発生する。その他、相手の飛び道具を消滅させる。アイテムだけではなくワザにも有効で、PKサンダーなども容赦なく消滅させるので復帰阻止に利用することも。

流れ星を飛ばす巨大な星を呼び寄せる。
一見弱そうな切りふだに見えるが、「ロゼッタ自身は動ける」「パワースターのヒットストップがかなり強い」という二点のおかげで、意外にも撃墜はとりやすい。
ガケぎわに逃げているファイターを蹴落とすのを目的に使うこともでき、逃げているファイターをつかめた際にはパワースター側に投げて最後の大爆発を当てるように立ち回ることもできる。
また、パワースターの内部にファイターを取り込むことができれば、150%以上という規格外のダメージを与える。当然、全ファイターの最後の切りふだ中最高火力。

基本的な使用は「パワースター」に準ずるが、ダメージが下がった代わりに、まわりのファイターを引き寄せる効果が追加されている。

SP』での変更点


通常空中攻撃が「ロゼッタループ」に変わった他、「アイテムキャプチャー」でアイテムを直接自身に装備させるようになった。
チコは体力が減った代わりに、復活するまでの時間が短縮し、参加人数に応じて変化するようになった。
最後の切りふだではパワースターの代わりに「グランドスター」を掲げるようになり、性能も変更されている。

その他

勝ちあがり乱闘「星々への探訪」

ROUND備考
1ピクミン&オリマー
2フォックスファルコバトルロイヤル
3サムス
4リドリー
5カービィ×6軍団戦(3体ずつ)
6クッパ味方:マリオ
BOSSマルク味方:マリオ

様々な惑星を移動していくルートの一つ。ロゼッタの場合は当然『スーパーマリオギャラクシー』にちなんでいる。
また、同系統のルートの中で唯一ボス戦が汎用パターンに当てはまらないものとなっており、「ギャラクシー(銀河)」つながりでマルクが登場する。

余談

ピーチデイジーのドレスは原作からかけ離れたド派手なものだが、ロゼッタのドレスは原作からそのままグレードアップしたようなものになっている。

汎用のものが合わなかったのか、勝利ファンファーレは『スーパーマリオギャラクシー』のタイトル画面などで流れる音楽のアレンジとなっている。

関連タグ

スマブラ ロゼッタ(スーパーマリオ) チコ(スーパーマリオ)

47.Wii Fit トレーナー48.ロゼッタ&チコ → 49.リトル・マック

関連記事

親記事

マリオファミリー まりおふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロゼッタ&チコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31583

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました