2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

シリーズの他作品では無敵効果のある「スーパースター」と同じ外見のアイテム。集めることで様々な力を発揮する。
冒険の主な目標は各ステージでこれを回収することであり、一定数を集めていればより多くのステージに入れるという形で行動範囲が広がっていく。

スーパーマリオ64ではピーチ城のパワーを司る力を持っており、クッパはこれを奪うことで住民を絵画の世界へ閉じ込めた。

スーパーマリオギャラクシー及びスーパーマリオギャラクシー2ではそれぞれの拠点となるほうき星の天文台星船マリオの原動力であり、宇宙に散らばっている。また、パワースターの巨大版ともいえるグランドスターというアイテムも登場している。

スーパーマリオオデッセイでは、クリア後に訪れることのできるキノコ王国で集めることができる。本作のパワームーンはパワースターと同じ扱い。

進め!キノピオ隊長ではキノピオ隊長キノピコの集めるアイテムとして登場。これを取ることでゴール、ステージクリアとなる。

ミッション達成の「証」

スーパーマリオ64は、家庭用ゲーム機としては当時非常に斬新な「箱庭の中を自由に歩きまわれる3Dアクション」である。つまり、スタート地点は存在していても、道のりは一本道ではなく、したがってゴール地点というものがない

ゆえに、ステージ構成も「一本道の小規模なマップで1コースを形成し、それが無数に集まって1つのワールドを築き上げ、ワールド自体をいくつも用意してゲームのボリュームを構成する」という従来のスタイルを覆し、「従来で言う1つのワールドに相当するものは、本作では巨大な1つのステージとする」という構造になっている。

広くてゴールも無いならば、何を以ってコースクリアと看做すのか。その答えがこのアイテムである。

簡単なものであれば何の仕掛けもなくただ設置されているパターンが多いものの、ボスを倒して手に入れたり、依頼人の頼みを聞いてお礼としてもらったり、コインを一定数集めることで出現されたり、あるいはただ設置されているにしても探り当てるまでが非常に難しかったりと、入手までの経路がことごとく個性的。

1つのステージ内にパワースターはいくつも隠されているのが原則であり、したがって同じステージでも捜し求めるパワースターによって巡回経路が全く違うものとなる。1つのパワースターを探すにあたり背景同然だった場所が、別のパワースターを求めようとすれば核となる仕掛けだったりと、ステージの見え方が違ってくるのである。

そして、パワースターを発見・入手できた時点でクリア扱いとなり、原則的にはその場でステージを脱出してアイテムを集計。他に探したいものがあれば再びステージへと入ることになる。また、1つのステージ内でパワースターを入手する=事件解決の側面があることから、特定のパワースターを手に入れる(=特定の事件を解決する)ことでステージの構造に変化がもたらされることも。

早苗さんのイラストに思い切ってダイブしてみた結果


ステージに入った際に表示される「スターのタイトル」(スーパーマリオギャラクシーではシナリオ)が、入手経路のヒントになっている(画像はイメージです)。大概かなり答えに等しいヒントなので、大部分のスターは迷わずに経路を探れるだろう。

関連タグ

マリオシリーズ グランドスター スーパースター

関連記事

親記事

マリオ・アイテム一覧 まりおのあいてむいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「パワースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 628

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました