ピクシブ百科事典

ほうき星の天文台

ほうきぼしのてんもんだい

マリオシリーズの舞台におけるスポットの一つ、並びにロゼッタのホームとなっている建物。初登場作は『スーパーマリオギャラクシー』。
目次[非表示]

概要

スーパーマリオギャラクシー』で初登場。同じく初登場キャラであるロゼッタと沢山のチコが住んでおり、宇宙を旅している。いわば、宇宙船宇宙ステーションを足したようなものであり大きさはピーチ城を軽く超える。

元々は少女時代のロゼッタがホームシックになってしまった際、沢山のチコが彼女を慰めるべく、共に住んでいたとある氷の星と一体化するが如く彗星になって、それが現在の天文台となった経緯を持っていた。故郷にいつでも戻れるようになったロゼッタは、100年に一度だけそこに向かうとされている。

『スーパーマリオギャラクシー』では他の惑星に向かう際のメインフロアとして登場した。
(『スーパーマリオ64』のピーチ城、『スーパーマリオサンシャイン』のドルピックタウン、『スーパーマリオギャラクシー2』の星船マリオ、多少趣は異なるが『スーパーマリオ オデッセイ』のオデッセイ号と同じ役割)
力の源はピーチ城と同じくパワースターであり、クッパによって散乱されたパワースターを集めていくと、徐々に光を取り戻し銀河の行動範囲が広がっていく。
ちなみに変形させることも出来、バリアを纏いつつ圧倒的巨体で突撃してクッパ軍団の宇宙戦艦を軽々と撃破する描写も存在している。

他作品では、『スーパーマリオギャラクシー2』ではエンディングにのみ登場、『マリオパーティ アイランドツアー』では「ロケットレースギャラクシー」の舞台、『スーパーマリオ3Dワールド』では背景に登場と言った具合に、様々な形で登場していっている。

構造

様々なドーム(生活スペース)が存在し、「テラス」「バスルーム」「キッチン」「ベッドルーム」「マシンルーム」「ロフト」に分けられている。そのうち、テラスにはパパの望遠鏡が置かれており、ロフトはチコ曰く「秘密の部屋」らしい。
(実際に部屋の中は草原が広がっているような雰囲気であり、室内であることを感じさせない。その為か、英語版では「Garden(庭)」という名称になっている)

他には、時々ロゼッタがチコ達に読み聞かせをする際に使われる「書斎」や、プロローグのステージ「ヘブンズドアギャラクシー」に行くための「子供部屋」キノピオ探検隊の宇宙船が停まっておりルイージマリオを待ち構えている「ガレージ」、高難易度ステージ「試練の銀河(チャレンジギャラクシー)」やキノコ王国ステージ「グランドフィナーレギャラクシー」に行くための衛星「試練の扉」が存在している。
その内、子供部屋の内部はそれっぽい要素は一切見られず(これも海外版では単に「Gate(門)」になっている)、スターを120枚集めた際のトゥルーエンドではその建物を通じて直接「ヘブンズドアギャラクシー」と天文台を行き来している模様。

関連タグ

スーパーマリオ スーパーマリオギャラクシー ロゼッタ(スーパーマリオ) チコ(スーパーマリオ)
キノコ王国 宇宙船 宇宙ステーション

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ほうき星の天文台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823

コメント