2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

当記事は「ルキナ」から分離・独立させています。
記事の肥大化を防ぐため、先方に当記事の内容を追加しないようお願い致します。

概要

第4作『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』から参戦。
ファイター番号は21'、通り名は未来を知る王女

ファイターエムブレムシリーズのファイターでは初の「主人公以外」かつ男女兼用ではない純粋な「女性キャラクター」の参戦となった。

英雄王と!


マルスダッシュファイターで、基本的な性能は同じ。
ファミ通のコラムによると、「当初はマルスのカラーバリエーションの一つとして考えられていたが、下記の性能差を理由にマルスと別枠として扱うことが決定。今回の参戦は非常にラッキーだった」という。
原作『ファイアーエムブレム覚醒』では「いつの間に配信」やDLCで登場するマルス達の顔グラフィック、および専用クラス「スターロード」のグラフィックがルキナ(マルス仮面)からの流用だったため、スマブラではその逆の関係ということになる。

さらに父のクロムも『SP』でマルスをベースにしたファイターのダッシュファイターとして参戦したため、結果的に似た剣術を使うようになっている。

マルスとの違い

マルスとの大きな違いは、剣先の強判定が無く、どこで当てても威力が一定であること
例えば、マルスの横スマッシュ攻撃は先端がダメージ18%・撃墜63%、それ以外がダメージ13%・撃墜144%なのに対し、ルキナは先端でも根本でもダメージ15%・撃墜108%(どちらも『SP』のもの)。
剣の軌跡もこれを反映して、先端が強調されていない平坦なものになっている。

先端の間合いを意識する必要があるマルスとは違い、どこでも一定の威力が出せるので扱いやすい。
かと言ってふっとばし力のあるワザが乏しいのかというと決してそうではなく、前・後空中攻撃は復帰阻止でも地上の崖際でも有効な撃墜手段になり、横スマッシュ攻撃も案外馬鹿にできない。更に武器持ちのため判定も非常に強く、おまけに機動力(スピード)も高くカウンター持ちといった、マルス譲りの要素も数多く備えている。

for』ではマルスより体格が小さかったが、『SP』では同じになっている。
厳密に言えば、クロムとの兼ね合いでマルスとルキナが『for』のロイに準じた大きさに、ロイとクロムが『for』のマルスに準じた大きさに変更されるという、少々ややこしいことになっている。

基本的には「先端判定の無いマルス」だが、実はこれ以外にも細かな違いがいくつかある。

  • 走行などからのその場緊急回避をすると大きく滑る。
  • 上強攻撃が前方当てか後方当てで性能が変化する(マルスは同じ部位なら前後同じ性能)。
    • ふっとばしは前方、攻撃力は後方の方が若干高め。
  • 「シールドブレイカー」のモーションが異なる。
    • 『SP』では頭部分(ダメージ1.15倍)の打点にも差がある。
  • 「カウンター」のリーチがマルスより短い。
    • 理由はモーションがマルスと異なり、構え・反撃の際に後ろに下がるため。

欠点など

これらのことから扱いやすいとされており初心者向けと思われがちだが、実際は初心者にはお勧めできないとされている。
理由としては、ワザ自体は平坦なため壊し要素がなく、一度劣勢になったら覆しにくいという点が挙げられる。
またコンボにも乏しく掴みからのリターンが低く、一気にダメージを稼ぐことができない(上手く決めても30%も行かない)。
武器判定とスピードで差し返しの強いキャラだが、言い換えれば読みを通して的確に攻撃を当てダメージを稼ぐ必要があるということ。適当に攻めていると逆に迎撃されて押し切られるということになりかねない。特にオンライン対戦では迎撃が強いホムラの使用率が高く、初心者でホムラを相手取るのはかなり難しい。
また地上でのスピードに反して落下速度が遅いため着地を狩られがち。カウンターで防ぐという択もあるが読まれれば横スマを叩き込まれるためリスクも高い。
復帰ワザの上Bは判定が強いため阻止されにくいが、横方向の復帰距離に乏しいという欠点もある。

その他

カラーバリエーション

カラーバリエーションのほとんどは『覚醒』の女性キャラを元にしたもの。
5Pカラーと7Pカラーはマントのデザインも変わる。
また、同じキャラを元にしたものでも、『for』と『SP』では細かい部分が異なる。

2Pノノ
3Pセルジュ
4Pティアモ
5Pチキ
6Pリズ
7Pサーリャ
8Pスミア

勝ちあがり乱闘「歴代の英雄」

ROUND
1カムイ×2
2クロム
3ルフレ×2
4アイク
5ロイ
6マルス
BOSSマスターハンド(&クレイジーハンド

ファイアーエムブレム』出身のファイターが新しい順に登場。
マイユニットのカムイとルフレは男女両方が登場する。

余談

仮面を付けた姿で戦うことはできないが、アピール時に着ける姿が見られる。
また、カービィがルキナをコピーした場合、ウィッグではなく仮面を付ける。モーションの違いもきっちり反映される。

マルスアイクに勝利すると、彼らを歴戦の英雄として称賛する言葉を掛ける。
しかし、なぜか同じく『for』から参戦したルフレに対しては特殊台詞が存在しない。

原作を知っている人だとわかるが、『SP』でクロムが参戦した事で父子対決が可能になったわけだが、実は前作『for』の時点で既にもう片方の親(候補)との母子対決が実現していたりする

関連動画




関連項目

スマブラ ルキナ
ダッシュファイター マルス(ファイター)

ロイ:ルキナと同じくマルスをベースにしたファイター
クロム:マルスをベースにしたファイター(ロイ)のダッシュファイター

20.ファルコ → 21.マルス / 21'.ルキナ → 22.こどもリンク

関連記事

親記事

ルキナ るきな

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました