ピクシブ百科事典

チキ(ファイアーエムブレム)

ちき

SRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種マムクート
誕生日2の月の28日
軍の中で一番寝起きが悪い
CV諸星すみれ(子供)/大谷育江(大人)


概要

暗黒竜』および『紋章

チキ
チキターン



暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)に登場。
竜人族(マムクート)の中で最も強力な神竜族の王女。亡き神竜王ナーガの娘で、同族の3人の生き残りのうち、唯一竜に変身できる(ただしリメイク版にはナギが登場する)。
見た目も精神的にも幼いが、年齢で言えば1000年以上も生きている。
封印の盾」が失われた結果、他の竜族と同様に退化する運命にあり、暴走を危惧していたナーガの意思により、生まれたころから氷竜神殿にて永い眠りにつかされていた。

時折、人類を殺戮する悪夢にうなされてもいた彼女を数百年に渡って見守るうちに情が移り、不憫に思った世話役の火竜バヌトゥによって連れ出された。
おじいちゃまと慕うバヌトゥと共に10年ほど人里で暮らし、幸せな思い出を作るも彼とはぐれてガーネフに操られ、バヌトゥの説得で術が解ける。
『紋章』ではナーガの遺志を継ぐ同族のガトーのもとで再び眠っている。盾に必要なオーブの欠片を集めきれなかった場合、二度と目覚めさせないという決断が下されるだけでなく、退化した数千もの地竜が蘇ると予測されているバッドエンドが確定する。

ユニットとしては、通常は人間の姿をしているが「竜石」と呼ばれる特殊な石を用いることで数ターンだけ竜の姿になることができる。
竜になるととてつもない強さを誇る一方、「竜石」を失った人間状態では完全に無防備。
特に敵陣の真っ只中で人間の姿で居続けるのはかなり危険な行為となる。

シリーズやリメイク版などによって変身の仕様は変わっているものの、どの作品でもユニット性能および成長率が高いため自軍に加入してすぐに前線で活躍できるキャラクターである。

覚醒

覚醒チキ



ヴァルム大陸中部のミラの大樹で暮らす巫女
かつて英雄マルスと共に戦い、『暗黒竜』・『紋章』に登場した本人が成長した姿である(有料配信マップで『暗黒竜』・『紋章』のチキと対戦させるとはっきりと「過去の自分」と呼ぶ)。
当人いわく「もう3000歳だもの。仕方ないわ」(LVUP時にステータスがヘタれた時)ということで、『覚醒』は『暗黒竜』や『紋章』より約2000年後の世界であることが分かる。

外伝をクリアすることで、今作でも「竜石」を手に活躍をしてくれる。
後半加入ながら、即戦力級の初期パラメーターと当時そのままの高成長率を兼ねそろえており、上級加入組では最強クラスに位置する。
成長したことで大人びて物静かな言動が多いが、時折幼い一面を覗かせることも。
彼女にとっての「お兄ちゃん」は英雄王が伝説になったこの時代になっても、マルスただ一人だけのようだ。男性として好意を持っていたのかは不明。

神竜信仰の巫女でもあるが、極端に神聖視されることは嫌っている。激しい感情を見せることは少ないが、巫女としての神聖さを利用した講演会やグッズ販売などでボロ儲けしていた、大昔に会ったことがあるような気がする行商人に対してはさすがに腹に据えかねたか、巫女の神聖さを不当に利用したとして食うぞ(意訳)と脅す姿を見せた。
ちなみにその行商人が儲けた金は全額寄付に回されることになった。

過去二度の戦争を「マムクート」として生き抜いた戦闘経験は伊達ではなく、実際ほかの「マムクート」と比べると鱗の密度や量が多いらしい。そのことをンン毛深いと形容された(直後にンンは訂正している)。

ちなみに男マイユニットと結婚することもでき、子どももできる。
この子どもの場合、真面目に設定を考えると神竜ナーガと邪竜ギムレー両方の血を受け継ぐことになるため、将来は歴代最強クラスの「マムクート」になると思われる。恐ろしい…!
ただ「覚醒の儀式」の際マイユニットだけ神竜の力を感じ取ることができていなかったため、互いに打ち消し合ってしまう可能性も考えられる。

一応ステータス的に言えば、「技と速さをある程度単独でカバーできる」利点がある。
というのも『覚醒』の「マムクート」は速さの基本上限値が低いうえ、もう一人の「マムクート」は速さ成長率や固有上限もやや低くなっているからである。

代わりにチェンジプルフシステムの対象になったことにより、無制限にではないが「マムクート」以外のクラスにもなれるようになった。『新・暗黒竜と光の剣』、『新・紋章の謎』で涙を呑んだお兄ちゃんたちには朗報……なのか?

少し本気出すね
チキ


覚醒での任天堂繋がり中の人ネタ

他のシリーズ作品

幻影異聞録♯FE

チキちゃん



子供の姿で登場。大ブレイク中の「ウタロイド・TIKi」という合成音声ボーカルソフトのキービジュアルキャラ。その正体はクロムたちと同じミラージュで、元の世界での記憶を失っている。自力でこの世界に存在を維持できないため、志摩崎舞子サーリャが制作したTIKiを通してパフォーマを得ている。
フォルトナ事務所にある「ブルームパレス」に縛られているらしく、蒼井樹の世界のものに触れることもできない。クロムたちのようにカルネージフォームになって戦うことはできないが、「ユニティ」という儀式を行ってカルネージ(武器)の作成や強化、樹たちのスキルの習得などを行うことができる。それ以外にもイドラスフィアで得られる素材から薬の調合や道具の錬成などもできる。
樹たちのことは「おにいちゃん」もしくは「おねえちゃん」と呼んでいる。

ファイアーエムブレムヒーローズ

暗黒竜・紋章の子供時代のチキと覚醒の大人時代のチキの両方が登場。それぞれ合わせて5種類のチキが登場している。

神竜族の王女 チキ

属性
武器種別
タイプ歩行
武器灼熱のブレス+→霧のブレス(専用)
奥義爆火
A金剛の一撃3
C生の息吹3


子供チキの通常バージョン。
子供のチキは全体的に高水準なステータスを持ち、「金剛の一撃」によって自分から攻撃する時限定で守備が高くなる。なので重装(アーマー)など、魔防が低い物理ユニットには特に有利。特に闘技場で人気のヘクトルをほぼ確実に倒せるのはうれしい。
弱点としては素のスキルが非常に貧相、あるいは使いにくく、大規模なスキル継承が必須ということだろうか。また、星5でしかガチャ排出されないので入手難易度が高いのも難点だろうか。

アップデートで専用武器「霧のブレス」が追加。ファルシオンと同様に竜特効を持ち、ターンごとの回復効果も持つ優れもの。闘技場がミルラギムレーといった強力な竜ユニットで溢れていることもあって、マムクートに強いマムクートというアイデンティティを持つに至った。

神竜の巫女 チキ

属性
武器種別
タイプ歩行
武器雷のブレス+→霧のブレス(専用)
奥義緋炎
A攻撃の覚醒3
C魔防の紋章3


大人チキの通常バージョン。こちらも属性は赤の竜。
大人のチキは子供のチキと比べて、守備が高いが速さと魔防で劣る。子供のチキと比べて優れている点は「雷のブレス」によって遠距離反撃が可能な点。スキル継承をすればあちらも遠距離反撃は可能だが、こちらは守備の高さから弓や暗器などに対して強く出られる。
ただし、魔防の低さから魔法に対しては弱い。また、速さが低いので守備が高いからといって物理ユニット相手でも油断は禁物。
こちらは星3~4でガチャ排出されるため、子供のチキよりはいくらか入手しやすい。

こちらもアップデートで専用武器「霧のブレス」が追加。竜特効が突けるようになることは大きなメリットだが、優秀な「雷のブレス」を捨ててまで使うかはお好みで。

三千回目の夏休み チキ

チキ


属性
武器種別
タイプ歩行
武器スイカ割りの棍棒+
奥義太陽
A近距離防御3
C斧の技量3

2017年夏の超英雄として登場した水着姿の大人チキ。このチキの属性は斧の歩兵。スイカが刺さった棍棒を武器にしている。
攻撃と守備が高く、「近距離防御」のスキルにより物理相手の壁役として使える。武器の「スイカ割りの棍棒」はHPが満タン時能力が上がるが、戦闘後ダメージを受ける。HP最大時に本領を発揮するので、回復系のスキルがあると安定する。素で持っている「太陽」だけだと回復→スリップダメージという順番になるため、「回復」のスキルや他に回復役を用意しておくとを安定して高ステータスを維持できる。

ちなみに、このバージョンはサイファのプロモーションカードにもなっている(ヒーローズ出典のためシンボルなし)。

浜辺の竜姫 チキ

【お仕事】『ファイアーエムブレム ヒーローズ』浜辺の竜姫 チキ


属性
武器種別
タイプ飛行
武器真夏のブレス(専用)
奥義月虹
A攻撃守備の絆3
B一撃離脱
C竜の技量3

2018年7月の超英雄として登場した水着姿の子供チキ。これまでマムクートキャラの超英雄はブレス以外の武器を使っていたが(ノノニニアンは魔道書、大人チキは斧など)、マムクートの超英雄では初のブレス持ちである。通常verとは違いミルラのように人型状態でも翼を生やし、移動タイプは飛行になっている。ただし、変身後の姿は通常verと同じ。
ステータスは速さが比較的高めで魔防がやや低く、他は平均的だが通常ver同様成長に子供補正がかかっており他の飛行ユニットよりも総合ステータスがやや高い。

専用武器「真夏のブレス」は、竜特効に加え、守備補正と迎撃時奥義カウント加速を併せ持つ本作屈指の強スキル「金剛の呼吸」を内蔵した武器。Aスキルとしての「金剛の呼吸」は飛行ユニットには継承不可という仕様があるため、この能力を武器スキルに内蔵していることは飛行ユニットとして大きなアドバンテージであり、他の飛行ユニットにはできない活躍が期待できる。もちろん竜ユニットとしてもとても強力。

パッシブスキルは育成用のCスキル以外はそのままでもそれなりに強いが、ブレスの特性上「遠距離反撃」と特に相性がよく、他に「待ち伏せ」や「切り返し」など受け運用を意識してパッシブスキルを整えるとよい。飛行ユニット故に弓には弱いので、余裕があれば「アイオテの盾」のスキルか聖印を付けると受けられる相手が増える。ただし、竜特効だけはどうしても防げないのでファルシオン使いやチキが相手にいる時は他のユニットで対応しよう。

伝承の竜王女 チキ(伝承英雄)

仕事イラスト『ファイアーエムブレムヒーローズ』


属性
武器種別
タイプ重装
武器神霧のブレス(専用)
奥義月虹
A鬼神の呼吸
B攻撃隊形3
Cみんなと一緒に(専用)

地の伝承英雄。ローブを付けており、そのためか重装となった。竜化後の姿は無双の上級職のように金色の竜になっている。
重装であるだけでなく、従来のverのような成長率補正もあるためステータス合計値は守備が苦手でなければ180にまでなる。ステータスは突出したものはないが、守備が高めで速さも重装では高い方で追撃されにくい。

ステータスの高さもさることながら、専用武器の神霧のブレスは竜特効かつ遠距離反撃可能、鬼神の呼吸と攻撃隊形で常時奥義を加速でき、重い奥義も使いやすいとなかなかの性能。専用Cスキル「みんなと一緒に」は味方が隣接していれば自分および隣接する味方の守備魔防が上昇する。

竜に対して強く出れるが自身も竜なのと、加えて重装特効も受けてしまう点には注意。

ファイアーエムブレム無双



TGS2017で暗黒竜の子供チキの参戦が発表。普段は人型だが敵を倒すと貯まる覚醒ゲージで竜に変身することができる。人型だと攻撃範囲が限られるが竜に変身するとその巨体を生かし敵を蹂躙できる。また強攻撃1で無双ゲージを覚醒ゲージに変換できるなど、この仕様は「ゼルダ無双」のこどもリンク鬼神リンク)に近い。
ただしこちらの変身前での攻撃は(ガンダム無双のガンキャノンのように)ぐるぐるパンチしたり、すっ転んだりとコミカルでファンシーなものもある。
ちなみに変身前でも強攻撃4でスタンゲージを表示させることはできるが、金スタンゲージはダブルを駆使しないと出せない。

人型の状態では全ての敵将にやや不利のアイコンがついてしまい非常に使いづらいが、竜に変身できればまさに無双に相応しい一騎当千の戦い方が出来る。しかしそこに行き着くには十分な紋章のスキルが必要となり、あろうことか解放には大量のマムクートの素材が必要となってしまう。強い事は確かだが愛と時間を要する大器晩成型のキャラクターと言える。

なお、歩行型としては移動が6と微妙に高い。しかしそれ以外のステータスの伸びは控えめ。
言わずもがな、ファルシオンなどによる竜特攻には要注意。

DLCで専用武器「神竜石」が追加。ファルシオンと同じように竜特効を突けるようになり、マムクートに非常に強くなれる。

その他の出演

プロジェクトクロスゾーン2

覚醒の大人チキがイベント専用キャラクターとして登場。プレイアブルキャラとして参戦しているクロムやルキナと会話シーンがある。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL


2018年11月1日配信のDirect(上記動画)にて、『覚醒』の大人チキがアシストフィギュアとして登場する事が判明。
召喚されると竜に変身し、強烈な火炎ブレスを吐いて攻撃を行う。
なお、当然と言うべきかピカチュウもいるので、上述した中の人ネタの競演も実現可能である。

関連タグ

ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎 ファイアーエムブレム覚醒 幻影異聞録♯FE ファイアーエムブレムヒーローズ ファイアーエムブレム無双
チキ マムクート はいてない 合法ロリ  / ドラゴン ルフチキ
ナーガ バヌトゥ チェイニー ガトー マルス ナギ ルフレ

pixivに投稿された作品 pixivで「チキ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 496420

コメント