ピクシブ百科事典

ミルラ

みるら

任天堂のゲーム「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」の登場人物。
目次[非表示]

CV:門脇舞以(FEヒーローズ)
固定クラス:マムクート

原作での概要

ファイアーエムブレム聖魔の光石に登場するキャラクター。古の竜神種族の一人。他のシリーズでいうマムクート

チキファと同じ少女型のマムクート。年齢は彼女によれば1200歳くらいらしい。人見知りな性格で、その見た目の割には若干ませたところもある。他の少女型マムクートに比べると他の人の気持ちに敏感で、相手を思いやる描写もゲーム中で多く描かれている。ポカラの里の人々からは「竜神様」として崇められている。実の父親・母親はすでに他界しており、彼女の面倒はマムクートのムルヴァがしてきた。彼女自身もムルヴァのことを「おとうさん」と呼び慕っている。

ストーリー中ではグラド帝国の異変を感じとり、ポカラの里の賢者サレフと共に調査に出る。だがその途中でグラド軍の戦闘に巻き込まれてしまい、サレフとははぐれ、彼女は竜石を取り上げられてどこかへ連れて行かれそうになった。そこで偶然出会ったエフラムに助けられ、以後彼について行くことに。彼になついている。

物語分岐でエイリーク編を進んだ場合でも彼女はエフラムについて行くので、彼女の心情を描かれることは物語終盤まであまりなく、ストーリー的な出番の多さは控えめ。
エフラム編ではエフラムとの会話がかなり多めにあったり、13章にて帝国将軍のセライナと会話があったりとエイリーク編に進んだ時と比べて出番がだいぶ多くなっている。

物語中で自分の話を最後まで聞いてくれたセライナ、「おとうさん」と呼び慕っていたムルヴァと死に別れるなど、歴代少女型マムクートの中でもストーリー中でかなり不幸な目に遭っている。だがそれを乗り越えて彼女は精神的に成長していったようである(20章クリア時のセリフやEDでの会話から)。

物語中でスト-リー的に大事な役回りを担当しているので、戦闘でHPがゼロになっても死ぬことはなく、撤退扱いになる(次章からは使えなくなる)。

支援関係を結べる相手はエフラム・サレフ・ドズラの3人。この内、エフラムとサレフとはED時に支援Aになっていると後日談が変化する。

エフラムとの支援会話では「エフラムのこと・・・おにいちゃんって呼んでもいいですか」…とか言ったため、エフラムは(プレイヤーにネタ的な意味で)ロリコン扱いされる羽目になったりしている。

支援会話



ユニット性能

クラスはマムクート、ファとは異なり変身後の姿はかなり厳つい。
過去のマムクートの例に見れず凶悪なまでの成長率を誇り非常に強力。
特にHP・守備の成長率が素晴らしく、一度のレベルアップで能力が2上がったりすることも。飛行系ユニット扱いなので山岳地帯や水上も移動ロスなしで自由自在に進むことができる。ただし飛行系ユニットのお約束で弓での特効ダメージは普通に喰らうので注意。飛行系ユニット扱いとは知らず、前線においていたら弓で射殺されかけた(された)プレイヤーはいるみたいだ。
竜石は魔物に特攻ダメージが入るので対魔物の切り札にもなる。
竜石の使用回数も30回から50回へと大幅に増加したものの、今作はフリーマップの都合上無限に戦えてしまうため、50回しか使えないというのは極めて大きなデメリットである。
どーしても使い倒したい場合は、実は烈火の剣時にあった敵を操作できるバグ技が放置されているため、一部の魔物装備で戦ったり、ドロップアイテムと神竜石を入れ替えて敵からドロップさせることで耐久力を回復させたりできないこともない。ただし、バグ技であるため自己責任で。

ヒーローズ

2018年1月から登場。

属性
武器種別
移動タイプ飛行
武器神炎のブレス(専用)
奥義緋炎
パッシブA獅子奮迅3
パッシブC竜刃の鼓舞

原作同様、変身前でも翼を持つためか飛行ユニット扱いになっている。
竜ユニットでは初の専用武器である「神炎のブレス」は、守備が5以上低い相手からは追撃されないという強力な効果がある。5以上と言う条件は一見厳しいように見えるが、ミルラの守備はかなり高い上、竜・飛行の兵種専用バフを受けられるため、多くの相手に対して問題なく成立する。
仕様上「守備隊形」のような追撃を封じるスキルを装備していても、特定の兵種に絶対追撃ができる「殺し」系スキルを使う事で無理やり追撃することは可能な仕様だが、「殺し」スキルの対象外である竜族の彼女はその危険性がほぼ無いので、速さをほぼ死にステータスにしてしまうのだ。
また、仮に成立しない相手でも、下の上程度の速さはあるので、鈍足~中速ぐらいの相手には結局追撃を取られない。
さらにステータスの合計値が高く、飛行ユニットでありながら重装に匹敵しようかと言う高い受け性能を誇るので、追撃を取られた所で、防御・魔防ともに十分高いので、生半な相手の攻撃では追撃を含めても余裕で受け切ってしまう。

つまり、「ミルラにダメージを通せる高い攻撃」「神炎のブレスの条件を満たさないほどに高い防御」「ミルラに追撃を通せる程度には有る速さ」の3つを兼ね備えた相手でなければ、ミルラにとって脅威になりにくいのである。

弱点も無い訳ではないが、弓からの飛行特攻は「アイオテの盾」の聖印で回避でき、反撃出来ない2距離攻撃は「遠距離反撃」を継承させれば、その弱点も埋まってしまう。
バフをかければ相性不利である筈の赤の攻撃すらものともしない。
竜特攻だけはスキルで無効化出来ない上、緑なのでファルシオンが唯一にして最大の弱点……ではあるのだが、それすらも(アルムのものでなければ)一発程度は耐える事もある、と言えばどれだけ強力か分かるだろう。

これだけ防御性能が高いなら攻撃性能は……と言えば、専用武器補正込みで決して低くない攻撃ステータスと、竜ユニット共通の「射程2の相手は、防御・魔防の低い方で判定させる」能力を所有しており、十分以上に強力。先述した通り二種の兵種バフ対象なので、援護も貰いやすい。

大英雄戦・伝承英雄戦などの高難易度マップですら、「バフかけて敵陣に放り込んだだけで敵が全員溶けた」と言う話が頻出するほどに強力。2018/7現在、ゼルギウスと並んでFEH最強ユニットと名高い。
また、CPUが操作しても十分強力で、闘技場(縛鎖含む)においては、ミルラの対策は必須と言える。

ただし、専用武器の能力の性質上、個体値で守備得意かどうかで強さが変わってくる。恒常ではあるものの、☆5限定排出で、ピックアップの機会も多くないので、個体値厳選はかなり難しい。一部ではプレミアムドラゴンと呼ばれるなど、かなりお高いキャラとなっている。

また、任天堂史上初となるガチャが導入されたゲームという性質上、「石を返してください……」がネタにされることとなった。

関連イラスト

エフラムとミルラ
マムクートの姫君たち



関連タグ

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
エフラム サレフ マムクート

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561929

コメント