ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「先生、お疲れ様です! 本日も異常なしであります!」

概要

CV:松本忍

セイロス聖教会のセイロス騎士団の一員。ガルグ=マク大修道院の正門を警備している。アドラステア帝国出身の敬虔なセイロス教徒で、一人称は「自分」。
新米教師の主人公にも気さくに接し、上記の挨拶はドロテアにモノマネされている。生徒と同様毎月話しかけられるうえに毎回台詞が異なる。その月のイベントに関わる事柄の解説をしてくれることが多く、12月に話すと「女神の塔」イベントの相手を条件を満たした生徒の中から決められる。
カメラの視点を変えると兜の下の素顔を確認できる。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のステージ「ガルグ=マク大修道院」の背景や、2020年発売のドラマCD、TCG『ファイアーエムブレム0』(メイン画像)にも登場する。

担当声優はエンディングにも記載されていなかったがドラマCD発売発表に伴い、シリーズ過去作にも出演し、本作ではディミトリの父ランベール役を務めた松本氏であることが明らかになった。

異常ありな人気

彼は名前もなく、物語にも関わらない、れっきとしたモブキャラなのである。
それなのにファミ通の人気投票では30位で195票というなかなかに好順位である。あまり凄さが伝わりづらいが彼はモブキャラなのに、主要キャラクターのレアより票数が多いのである。
なかには今作のヒロインは門番だ。という意見や、門番との支援Sを望む声が多くあり、彼の人気がいかに凄いかが分かる。実際こうやって記事も作られているのも異常である。
さらには追加DLCの支援会話や支援Sにて少し関わったり、番人という性格が門番と真反対のキャラクターが出てきたりと公式からもその人気を認められている。

ヒーローズ』の2021年の第5回英雄総選挙では、番人共々投票対象に追加された。
中間発表では1位のマルスに次いで2位となっている。最終的な結果はマルスすらも抜いて総合1位となった。なおこの結果は海外で「モブキャラにも投票出来るゲームがあるからネタ投票しようぜ!www」と、ミリしらユーザーが祭りを起こした結果である事が大きい。

ヒーローズ

大修道院の 門番

【FE】門番さん【風花雪月】


「お疲れ様です、本日も異常なしで…
 って、ここはどこでありますか!?
 アスク王国!? 大修道院ではない?」

属性
兵種魔法/歩行
武器突撃の角笛(専用)
補助一喝+
A近反・金剛の構え
B異常なしであります(専用)
C守備の相互大紋章

そんな上記の経緯から2021年8月に登場した総選挙バージョン。イラストレーターは山田章博氏でミラ以来。
イラストでは背景に大修道院を背負っている。槍を持ってはいるが、なんと魔法ユニットとしての登場。

ステータスは特に守備面に優れる代わりに、速さが鈍足で全歩行で二番目に低い17。

「突撃の角笛」は号令を発してセイロス騎士団、主人公や生徒達に突撃させるもの。原作で戦闘描写がないための配慮と思われる。実装されているキャラはもちろんのこと、実装時点では未実装の教団関係者や通常版の生徒達の姿も見られる。
その効果は守備3に加え、自身の縦横3列にいる味方は戦闘中、攻撃速さ+5に加え、自身の戦闘時には敵の攻撃魔防をこの範囲内にいる味方の数×2(最大-6)だけ減少し、3人以上であれば追撃不可も与える。この時、自身の周囲2マスに敵が破壊可能な地形がある場合は人数に拘わらず効果が最大化する。地形を利用して戦う荒技も可能なので、自軍で使う場合は無用な地形はあまり破壊せずにおいておくと良い。

また、専用Bスキルの「異常なしであります」は近接武器の敵は周囲1マスを、遠距離武器の敵は周囲2マスを通過できず、更に周囲4マス以内へのワープ移動スキルも封じる進軍阻止3の上位互換。総選挙エーデルガルト、伝承シグルドなどの移動マス増加や救援の行路などのワープで距離を伸ばす効果を遮断してくれるありがたい効果。

近反・金剛の構えは条件がない金剛の反撃・遠距離(近距離)のようなもの。

余談であるが、彼のイラストに映っている犬と猫の品種はそれぞれフレスベルガーブレーダッディスリーガンフェリスである。

関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月 セイロス聖教会
門番 モブキャラ メカクレ

ランベール ガイア エクセライ グレイ:同シリーズの中の人繋がり

ネタバレ



主人公が教団から離反する黒鷲の学級の覇王ルートでは、彼とも袂を分かつことになり、1部終了後の消息は不明。2部からは帝国兵である彼の双子の弟が同じ場所に立つ。

関連記事

親記事

セイロス聖教会 せいろすせいきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「門番(FE風花雪月)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100578

コメント