ピクシブ百科事典

ランベール

らんべーる

ランベールとは『ファイアーエムブレム 風花雪月』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:松本忍

ファーガス神聖王国の前国王で、ディミトリの父。また、ディミトリの伯父であるイーハ大公リュファスの弟。本編開始から4年前の「ダスカーの悲劇」により、ディミトリ曰く「眼前で(襲撃者に)首を刎ねられ」て崩御した。
ディミトリの幼馴染フェリクスの父である、フラルダリウス家当主のロドリグとは親友で、王となってからも公の場以外ではタメ口で語り合う仲が描かれている。

ロドリグを前にした時の一人称は「俺」。



以下にネタバレあり


人柄

ディミトリ曰く「誰よりも強い父」、ロドリグ曰く「悪友」。
ギルベルトから「(ランベールとロドリグは)兄弟のように育ってきた」とも言われている。
特に士官学校を共にしたロドリグからは「何度も一緒に講義を抜け出して」と言われており、それなりに不真面目な部分が窺い知れる。

また、若い頃より多くの武功を上げており、とある支援からは「戦にしか能のない男」とこぼしていた模様。
他、上記と同じ人物の支援によっては「演技や嘘を吐くのが下手」とも言われている。

青獅子の学級及びファーガス神聖王国の関係者からは人徳者のように語られる事が多いが、義理の兄であるアランデル公フォルクハルトからは(それが果たして本当の彼の言葉かは分からないが)、「野蛮な男」とも称されており、人によっては粗野な人物と映る事もあった可能性がある。


本編以前

生前においては急進的な政治姿勢を取っており、それにより主に西方の王国貴族から反感を買っていたことが作中において語られている。ただし、具体的にどのような政策を打ち出していたかは、作中では言及されていない。
とはいえランベールの治世下においては、帝国の女学者コルネリアを重用して疫病を食い止め、長年ゴーティエ家が防衛に努めていた北方民族スレンとの戦闘に成果をあげ、ダスカー民族とはそれなりの親交関係を築いていた。


ディミトリの"継母"に関して

ランベールは、本編より9年前に後妻としてパトリシアという女性を娶っていた。

彼女の素性はアドラステア帝国の貴族アランデル公の妹にして、黒鷲の学級の級長である第四皇女エーデルガルトの生母アンゼルマである。なんらかの事情で帝都から逃れてきたところをランベールに見初められ妻として迎えられたとのことだが、詳しい経緯は本編でも断片的にしか語られておらず、不明な点が多い。
後妻パトリシアは元々アドラステア皇帝イオニアス九世の側室であり、つまるところ人妻の立場にあった。ランベールの行いは醜聞としかならない為、親しい者以外には事情は伏せられており、後妻となる王妃がいる事すら公にはされていなかった。

この件によって、ディミトリとエーデルガルトは義理の姉弟の関係を結ぶことになるが、当時の本人達は知らぬところであった。
しかし継母という立場に在りながらも、ディミトリからは大いに好かれていたようで、生母のことを殆ど覚えていないディミトリにとって「母」は主にパトリシアの事を指している。

その後、パトリシアは会談のためランベールとディミトリと共にダスカーに向い、件の惨劇「ダスカーの悲劇」に巻き込まれたが生死は不明となっている。


「ダスカーの悲劇」

本編中でもかなり断片的な情報しかないが、女学者コルネリア曰く、ダスカーの悲劇は「パトリシアが望んで起こしたもの」。
実の娘エーデルガルトに一目会わせてほしい、と望んだパトリシアに対して、王であるランベールの首と引き換えにその望みを叶えたという口ぶりで、襲撃の際パトリシアの乗る馬車には手出ししないよう命じられていたと当時の実行犯は証言しているが、結局その真相は闇の中である。
先述した王兄イーハ大公リュファスも事件に関わったらしいとギルベルトに言っているが、定かではない。
また、ダスカー征伐にて武功を上げた西方貴族クレイマン子爵家も「ダスカーの悲劇」に協力した一人であり、理由は「急進的な政策を行うランベールを少し脅かすだけだった」と語っている。


関連記事

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月

門番 ガイア エクセライ グレイ…FEの中の人繋がり
キュアン…図らずも妻と娘を軍に同行させてしまい、イード砂漠まで到達した所で、ロプト教団の差し金で現れたトラキアの竜騎士団に軍もろとも虐殺された。聖遺物の槍を受け継ぐ騎士の国の王族という点でも共通点が多い。
ウーゼル…革新的な政治姿勢で多くの貴族から反感を買っていた、リキア同盟の盟主。彫りの深い顔立ち、鋭い眼、髭の生えかたなど、容姿面での共通点も少なくない。

関連記事

親記事

ファーガス神聖王国 ふぁーがすしんせいおうこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ランベール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10433

コメント