ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

CV長妻樹里
所属アドラステア帝国黒鷲の学級
誕生日帝国暦1161年9月29日
年齢18歳(第1部開始時点)→24歳(第2部開始時点)
身長170cm
個人スキル歌姫
紋章なし
初期クラス平民
趣味特になし
好きなもの歌/音楽/舞台/装飾品/小動物
嫌いなもの高慢な貴族/自分自身
称号愛しき人のために、神秘の歌姫


概要

アドラステア帝国出身。ガルグ=マク大修道院の士官学校に入る前は帝都アンヴァルでミッテルフランク歌劇団に身を置いていた歌姫。アドラステア出身者が集う黒鷲の学級では唯一の純粋な平民である(一応ペトラの初期クラスも平民だが立場は王族)。
同じ歌劇団にいた教師兼医師マヌエラを先輩として慕っている。

一人称は「私」で二人称は異性には「貴方」、同性には「貴女」。
同級生を「くん」「ちゃん」付けで呼び、エーデルガルトをエーデルちゃん、ヒューベルトをヒューくん、フェルディナントをフェルくん、イングリットをグリットちゃんなど、長い名前は略した呼び方をする。

聡明かつフランクな少女ではあるが、地位や財産、紋章といった後ろ盾がないことを気にかけており、入学の動機も、将来を見据えての玉の輿を目的にしたものである。様々な男性とデートをしていて、ときには自ら誘うこともある。無節操な行動にも見えるが、当人にとっては付き合う人の人物像を見極めるための大切な行事である。
エーデルちゃんペトラちゃんに序盤から距離が近いのもこのような背景があるからだろうか。

一方で、歌姫として活動してきた中で人間関係の光と闇を経験しており、男性から迫られたり命の危険に晒されたりしたこともあったためか、冷めた人生観をしている。そのため人付き合いについては幾分か打算的であり、常に相手の人柄をチェックしている。
自分の容姿や若さに惹かれて言い寄ってくる上っ面だけの貴族達にうんざりしているが、自分の女性的・肉体的な魅力で(会話のノリだが)誘惑することもあるなど峰不二子のような、お色気系の気まぐれキャラに見える行動もしばしば。
男性はもちろん女性に対してもそのような言動をすることがある。女主人公(ベレス)との同性婚が可能な人なのでどれが本気でどれが冗談なのかよくわからない。しかし実際は誰よりも乙女な内面の持ち主。
ベルちゃんとの支援では、彼女が引きこもりになってしまったわけを聞き、そんな彼女を気遣い、友人となっている。

第2部

ドロテア
ドロテア



5年後の2部では、背中が大胆に開いた衣装をまとっている。この衣装はウォーロックと踊り子で適用される。踊り子で拠点用衣装が適用される唯一のユニットとなっている。

ユニット性能

得意技能剣術/理学
苦手技能信仰/馬術/飛行
才能開花信仰
個人スキル歌姫(ターン開始時、隣接する味方のHPを最大値の1/10回復)
固有習得スキル魅力の応援/攻め立ての陣/白魔法回避+20
固有習得戦技魔刃
理学習得魔法サンダー/トロン/アロー/メティオ/アグネアの矢
信仰習得魔法ライブ/リザイア/リブロー
スカウト条件魅力25・指揮B以上


成長率HP魔力速さ幸運守備魔防魅力
%402040454035153540

得意は剣術と理学、苦手は騎馬と飛行、信仰は苦手だが才能開花する。
魔力・魔防が高く力・守備は低く、黒魔法を得意とする典型的な魔導士型ユニット。また、技と魅力も高い。

3マス先へ届くトロンを早期に覚え、その後の習得魔法も弾数の多いアロー、遠距離攻撃のメティオ、最強黒魔法のアグネアの矢と様々な役割をこなせるラインナップ。
白魔法は遠距離回復のリブローを習得するため、他の理学寄りのキャラと異なり、回復役としての有用性が段違いに高い。また、才能開花時に白魔法装備時回避+20のスキルを習得する点も特徴である。
総じて状況次第で色々な役を幅広く演じることができる、取り回しやすい性能の持ち主。成長率は平均的であるためヘタれる事も有るが、「使える魔法が便利」と言う長所から多少ヘタれても有用さにさほど陰りが出ない。

特にメティオは貴重かつ極めて有用。ターン開始時に装備させておけば支援適用範囲が思い切り広がる上、いざと言う時に逃げそうな敵や危機に陥っている仲間を救出したり、ボスをいきなり倒して早期マップクリアなどと言う事もできる。
メティオを使えるキャラは他にハンネマンだけであり、理学だけを見ればあちらの方が優秀だが、前述のようにリブローを使える点と女性なのでグレモリィに就ける点で汎用性に優れる。
なお、他の遠距離魔法はサンダーストームだけで、しかもヒルダ(物理向き)、マヌエラ(理学苦手)と実用性には少々難がある。
DLCで追加されたコンスタンツェもサンダーストームを習得するが、その他の習得魔法の点から差別化は容易。

上記の能力や職素質的に、最上級職は理学と信仰の両立が可能なグレモリィ一択だろう。一応、職素質としてはエピタフも適正だが、力成長率が低いため向いていない。戦技「魔刃」やサンダーソードメインなら運用出来ない事はないが、サンダーソードに出来て理学に出来ない事は戦技「燕返し」による飛行有効攻撃位しか無い。
また、イメージ的に、そして剣術が得意で技や魅力が高いことからも、踊り子にする人も多い。魔法を使える職種である上、踊り子になることで得られる戦技「剣の舞」は魅力が高いと威力が上がる戦技であるため、それなりに相性は良い。

黒鷲の学級を選ばなかった場合のスカウトの条件がやや厳しく、魅力25と指揮B以上を要求してくる。とはいえ、どちらも主人公にとっては自然と伸ばせる部分なので、遅れがちではあるが比較的スカウトはしやすい。支援レベルを上げると条件が緩和されるため支援値を稼ぎつつ、お茶会などで魅力を稼いでおくと楽になる。

支援会話

※括弧内は支援レベルの上限
ベレト(S)/ベレス(S)

黒鷲の学級

エーデルガルト=フォン=フレスベルグ(A)
ヒューベルト=フォン=ベストラ(A)
フェルディナント=フォン=エーギル(A)
リンハルト=フォン=ヘヴリング(A)
カスパル=フォン=ベルグリーズ(A)
ベルナデッタ=フォン=ヴァーリ(B)
ペトラ=マクネアリー(A)

青獅子の学級

フェリクス=ユーゴ=フラルダリウス(A+)
シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエ(A)
イングリット=ブランドル=ガラテア(B)

金鹿の学級

ローレンツ=ヘルマン=グロスタール(A)

セイロス聖教会・セイロス騎士団

ハンネマン=フォン=エッサー(A)
マヌエラ=カザグランダ(A)

灰狼の学級

ユーリス=ルクレール(A)

エクストラから見返せない会話差分

  • エーデルガルトB・Aはドロテアと男性のA発生済だと台詞に変更あり
  • マヌエラCはドロテアと他の誰かのA発生済だと台詞に変更あり
  • 黒鷲ルート1部10月クリア時にフェルディナントB発生済だと台詞に変更あり


ヒーローズ

太陽の歌姫 ドロテア

センシティブな作品


属性
兵種暗器/歩行
武器花の髪飾り+
補助踊る
B攻撃の魅了3
C攻撃の鼓舞4

2020年7月に水着の超英雄として初登場。歌姫の経験もあって踊り子になっている。
武器効果は各ターンに一度だけ攻撃魔防+5、かつ戦闘後は7回復するユニークな効果。踊り子の割には攻撃も高め。Bスキルは自分の周囲4マス以内にいる敵の最も近い敵の攻撃-7とデバフ効果。Cスキルの攻撃バフも相まって攻撃のバフデバフを得意とする
物理は当然紙耐久なので弓はもちろん、反撃出来ない近接武器。速さも中途半端なので追撃しやすさも注意。

宵闇照らす双灯 ドロテア

センシティブな作品


属性
兵種魔法/飛行
武器仄暗き邪痕の燭台(専用)
補助踊る
A飛燕明鏡の瞬撃
B業火疾風の舞い2
C攻撃速さの牽制3

2021年1月に再び超英雄で登場。まだレギュラー化なしに連続で超英雄実装。シリーズ13作目『覚醒』のペレジア王国の衣装をまとう超英雄で今回は「孤児出身で、好色な男を嫌う現実主義の苦労人」という共通点がある4作目『聖戦の系譜』のリーンと双界英雄として登場。風花雪月では最初の双界英雄。
水着版とステータスを比べると攻撃は上がったが魔防は落ちた。

専用武器は攻撃3と最も高い各ステータスのユニットにそれぞれ-6という広範囲の封印効果。しかも恐ろしいのが敵ユニットが減っていくたびにデバフがかかりやすくなる。
速さも同じく中途半端だが飛燕明鏡の瞬撃でカバーするようになってるが逆に自分が追撃しやすく敵の追撃を封じるようになった。B、Cスキルを見ると攻撃とバフも行えるアタッカー兼サポート型の踊り子魔道に変化。

守備が低いのは据え置きだが飛行特攻の弱点も増えてしまう。物理には余計に弱くなっているので弓と近接武器は要警戒。

関連イラスト

ドロテア
Dorothea


ドロテア
FE - Only Thorns



関連記事

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月

カップリングタグ

異性

レトドロ フェルドロ カスドロ フェリドロ シルドロ

同性

レスドロ ドロペト ドロイン

マリク(幼少期)…同シリーズの中の人繋がり。
アクア…同シリーズの歌姫&ターン開始時周囲の味方のHPを10%回復させる個人スキル所持繋がり。
デジェル…同シリーズの誕生日が同じキャラ。

関連記事

親記事

黒鷲の学級 あどらーくらっせ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドロテア=アールノルト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドロテア=アールノルト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5879761

コメント