ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:高橋美佳子(ヒーローズ)

血統:ブラギ傍系(父親によっては追加あり)

クラス:ダンサー(固定)


概要

TCG設定資料集版
FE二十周年記念祭リーン

緑髪ポニーテールに結った踊り子の少女。大司祭ブラギの血を引く踊り子シルヴィアの娘で、当人たちは知らないが、コープルとは生き別れの姉弟。一人称は「あたし」や「わたし」。

イード砂漠のダーナの街にある修道院で育ち、当時2歳だった自分を修道院に預けた母親らしき女性が踊り子だったと聞かされ、独学で踊り子となった。母親と違い、踊りをあくまで生きるための術と捉えている節がある。


黒騎士アレスとは初めから互いに好き合っている仲(他の異性との恋愛も可能)で、以前刃向かったことを根に持つダーナの領主ブラムセルに投獄されるが、それを知ったアレスがブラムセルおよびジャバローのもとを離反したことでアレスに救出され、そのまま解放軍に加わる。ダーナを制圧するだけでは加入しないので注意。ちなみに、救出された際の「あんまり大丈夫じゃない…」という台詞が様々な憶測を呼んだ。

父の仇の子セリスへの復讐に燃えるアレスに、「二人とも人殺しが仕事の騎士だったのだから、生きていくには仕方がなかった」と説く現実的な性格。セリスとの会話では、初めて踊り子を見た彼を動揺させている。


第一子でありながらも、珍しく神器の継承者にはならない。父がレヴィンだと親子会話が発生する。衣装の色は顔グラフィックではピンクで、戦闘時は紫がかった濃いピンク。TCG版のイラストでは紫色になっている。


ちなみに、シリーズ1・3作目の登場人物カシムの裏設定に登場する彼の妹と同名である。

登場条件を満たしていない場合、代替ユニットのレイリアが登場する。


攻略本などでは「カリスマ」を持ちレア武器も入手出来るレイリアの方を推奨される事もあるが、リーンには父親次第ではHPや守備力の成長率を上げて前線に打たれ強くしたり、剣レベルUPと特殊剣を継承させてスワンチカ使いを斬り倒したりと、色々カスタマイズ出来る強みがある。


ヒーローズ

2021年1月には『風花雪月』のドロテアとの双界英雄として実装された。


ダーナの踊り子 リーン

センシティブな作品

属性
武器種別
タイプ歩行
武器守りの剣+
補助踊る
B業火疾風の舞い2
C剣の技量3

18年5月から登場。二つ名は上記の通り「ダーナの踊り子」だが、召喚時になぜか「アグストリアで一番の踊り子」と名乗っている。リーンがアグストリアの地に向かうのは、大まかに言うとエンディングで恋人がいないか、アレスや彼の従弟デルムッド、デルムッドの代替トリスタンの3人の誰かと結ばれた場合である。

また、英雄紹介では原作で言及のないアレスとの出会いについて触れられている。


「踊る」で未行動に戻したユニットの攻撃速さを上げるBスキルを持つ。

守りの剣は受け時の守備+7となる。守備が得意な個体だと27となり、守りの剣が発動すれば34。さらに守りの剣は錬成が可能で守備タイプを選択するとまさかの38と、踊り子とは思えないほどの固さ。


味方の再行動と近距離武器に対応出来るサポート兼壁役となる。踊り子自体攻撃する機会が少ないため相性が良く、Aスキルの相性激化と組み合わせれば緑属性に滅法強くなる。魔防も低くはないのでマムクートやある程度の魔法には耐えられる。

その分体力が少ないので前に出し過ぎないようにしよう。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

聖戦子世代 リーン  踊り子 ダンサー


カップリングタグ

アレリン セティリン


オルエン:FEの中の人繋がり

関連記事

親記事

聖戦子世代 せいせんこせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1428928

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました