ピクシブ百科事典

シルヴィア(FE聖戦)

しるゔぃあ

SRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。
目次[非表示]

クラス:ダンサー
CV:ゆかな(ヒーローズ)

概要

シルヴィア



奔放な踊り子緑の髪を両サイドでシニヨンに結い、余った髪を垂らしている。セクシーな女だと自負しているが、シグルドにはナチュラルに子供呼ばわりされ、軽くあしらわれてしまう。
一人称は「あたし」で稀に「わたし」。個人スキルは連続と祈り。

吟遊詩人レヴィンに好意を抱き、彼にくっついてシグルド軍に加わった。自分と同じくレヴィンを想いながらも、それを表に現そうとしない堅物のフュリーをライバル視している。4章でシルヴィア、フュリー、レヴィンの3人が独身の場合、フュリーとシルヴィアが隣接すると女の戦いが勃発する隠しイベントが起こり、OPデモではとうとう2人に壊れた剣で斬りかかっている。また、4章では特定の村を訪ねると貴重な「まもりの剣」を貰えるイベントも用意されている。
レヴィン、騎士アレククロード神父のいずれかと結ばれた場合は恋愛イベントが発生する。

元々は孤児で、「親方」に拾われて踊りを仕込まれるも、日常的に鞭で打たれたため出奔した過去を持つ。しかし、踊ること自体は心から楽しんでいる。
本人は出自を知らないが、実は仲間のある男性ユニットと同じ聖戦士の血を引いていることがステータス画面から確認でき、彼との会話には「生き別れの兄妹ではないか」と思わせる内容が含まれている。しかし、システム上はその男性ユニットとも恋愛が可能であり、実の兄妹かどうかは不明である。

恋人ができるとリーンコープル姉弟の母親となる。バーハラの悲劇を生き延び、幼いリーンをダーナの修道院に預けているが、本人のその後の行方は一切不明。また経緯は不明だがダーナの街に残された赤ん坊のコープルをトラキアのハンニバル将軍が保護しており、養子として育てている。

外伝『トラキア776』にはコープルが登場するので、恋人を作った設定。

ヒーローズ

旅の踊り子 シルヴィア

属性
武器種別
タイプ歩行
武器バリアの剣+
補助踊る
A鬼神明鏡の構え2
B疾風静水の舞い2

18年9月から登場。衣装は原作の取扱説明書のイラストが基になっている。
Bスキルは「踊る」で行動可能にしたユニットの速さ・魔防を上げる。バリアの剣は明鏡の構えのように受け時の魔防+7となる。
実装当初のピックアップの後は星4からの召喚もされるようになった。星4以下で出てくることがある再行動ユニットはオリヴィエに続き2人目である。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 シルヴィア
カップリングタグ … クロシル レヴィシル アレシル

pixivに投稿された作品 pixivで「シルヴィア(FE聖戦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65310

コメント