ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:井上喜久子(ヒーローズ)

クラス:シャーマン

血統:ナーガ直系/ロプト傍系


概要編集

前半のヒロイン。波打つ銀髪と儚げな雰囲気を持つ17~18歳ほどの美しい少女。

母のシギュンは彼女を生んでそのまま他界し、父は不明。育ててくれた占い師の老婆も亡くなり、外界との交流を絶っている精霊の森で、巫女としてひっそりと暮らしていた。彼女は200年以上昔の聖者の末裔であり、人との交わりを禁じられ、その禁を破れば世界に大いなる災いをもたらすと予言されている。


しかし、エーディンから人となりを聞いていた騎士シグルドと一目で惹かれ合い、彼のことを忘れられず(サンディマを倒していない場合、シグルドを助けたいという理由もある)、母と同様に故郷を出奔。シグルドと結ばれて息子のセリスを生み、幸福な時間を過ごしていたが、因縁の血を求める魔の手はすぐそこまで迫っており、やがて予言は現実のものとなる。


光魔法と杖を扱い、スキルは見切り。光の魔道書や、祈りとライブのスキルを付与する初期装備のサークレットは、前半ではディアドラ専用。

加入時の会話がサンディマを倒す前か否かによって変わり、後者のほうが難易度が高い代わりに、色々な意味でより濃密な内容になっている。主要人物なので、戦闘で負けても死亡しない。


覚醒』にも登場。光魔法が廃止されていることから、クラスはダークマージ


出自と結末編集

グランベル王国を治めるバーハラ王家の王子クルトと、ヴェルトマー公爵夫人となっていたシギュンとの間に生まれた、いわゆる不義の子である。


母シギュンは暗黒神ロプトウスの血を引きながらロプト帝国に反旗を翻した聖騎士マイラの子孫であり、ロプト皇族の血は暗黒神を復活させてしまう危険性があったため、暗黒神の再臨を願う暗黒教団に見つからないよう人との交わりを強く禁じられていた。しかしシギュンは村での暮らしに退屈して外界に飛び出し、ヴェルトマー公爵ヴィクトルに見初められて正妻となり、息子のアルヴィスを出産した。

ところがヴィクトルに何人も愛人や庶子を作られ、シギュンが心を痛める日々を送っていた中、彼女を不憫に思い慰めたヴィクトルの若き主君クルトといつしか恋に落ち、一線を越えてしまった。妻を心から愛していたものの、彼女の愛を疑い辛く当たっていたヴィクトルは二人を怨みながら自殺。シギュンも7歳のアルヴィスをヴェルトマー家に残して故郷の村に戻り、クルト王子の娘を出産して亡くなった。マイラの子孫で初の第二子となるその娘こそディアドラであり、暗黒教団がロプトウス復活の鍵として血眼になって捜していた。


母シギュンから聖者マイラの血筋を受け継ぐロプトの傍系であるのと同時に、父クルトから約100年前の聖戦で解放軍を率いていた聖者へイムの血筋を受け継ぐナーガの直系でもある。クルト王子がシギュンのことを忘れられず、妻を娶ることなく公では子もいないまま暗殺されてしまったため、彼の遺児であったディアドラは断絶するかと思われたバーハラ王家の唯一の後継者となった。


一児の母となって間もなく暗黒教団の司祭マンフロイに誘拐され、記憶を封じられた状態でアルヴィスのもとへ送られ、父の死を謀った一味だと知る由もなく彼と婚約する(作中では「二人は恋仲らしい」「二人とも幸せそうだった」という伝聞とアルヴィスの「私たちは愛し合っている」という台詞のみで、ディアドラのアルヴィスへの思いは定かではない)。彼女がクルト王子の遺児であることを聞かされていたアルヴィスの手引きで、息子に先立たれて憔悴していたグランベル国王アズムールに紹介され、額の聖痕から国王の孫娘と発覚、正式にグランベルの王女となった。

その後、夫となったアルヴィスによって、王子殺害の共犯者として処刑される寸前のかつての夫シグルドと引き合わされる。彼の姿に懐かしさを感じ、出会った時のシグルドのように「もう少しだけ話を」と懇願するも、その願いが聞き入れられることはなかった。


後に周辺国を統一させたアルヴィスが国名を「グランベル帝国」に改めたことでディアドラはグランベル帝国皇妃となり、夫との間にユリウスユリアという双子の兄妹を生む。しかし、異父兄であるアルヴィスとの近親婚(ディアドラにとっては重婚でもある)によって母シギュンから受け継いだロプトの血が濃くなり、息子のユリウスは虚弱な肉体の中に優しい心だけでなく、暗黒神になりうる血をも宿していた。

そしてユリウスはマンフロイの手で暗黒神として覚醒し、宿敵ナーガの力を受け継ぐ母と妹を殺そうとする。瀕死のディアドラは最期の力を振り絞りワープの術でユリアを逃がすと、ユリウスの手によって血の運命に翻弄され続けたその生涯を終えた。享年31~32歳、12歳にも満たない愛する息子に用済みと嘲笑われながらの、哀しい最期だった。


かつて愛した人や、その人との間に生まれたもう一人の息子の記憶については、EDでユリアが「シグルド様へのつぐないをします それが、ディアドラ母様の、願いだったから」と発言しており、生前に思い出していた可能性もある。

一方で製作者インタビュー(KTC「聖戦の系譜を遊びつくす本」収録)によると、ディアドラは最期まで記憶を取り戻すことはなかったという。シグルドが自分の前夫であるという事実は後に知ったが、そのことでアルヴィスを恨むことはできなかった。ユリウスに抵抗しなかったのは、自らの罪の意識から逃れたいという意識もあったのだとされている。


第二部開始時点では既に死亡しているが、8章でユリアを介してセリスにイシュタルの脅威を警告し、10章の隠しイベントではシグルドと共に息子セリスの前に現れている。


ヒーローズ編集

精霊の森の少女 ディアドラ編集

ディアドラ

「私はディアドラです…

 ごめんなさい…

 私には記憶がないのです…」

属性
兵種魔法/歩行
武器聖書ナーガ(専用)
補助献身
B切り返し3
C速さの謀策3

2017年10月から登場。ナーガ直系ということで原作では入手できない神聖魔法ナーガを持ってくる。


ステータスは魔防が高い事以外全て低め。


専用武器『聖書ナーガ』は娘ユリアが使用する『ナーガ』同様の竜特効だがこちらは戦闘中、敵の場無効でブレード系魔法を牽制しやすい。ステータスは先に登場したユリアと似た傾向で魔防がかなり高く、青魔法に強い。


名前をタップした時に表示される説明文では、過去の記憶を失っていると表記されるためマンフロイの手によって記憶を消された後の時期からの参戦扱いになっているが、同時実装された外伝マップのイベントではきちんとシグルドの事を認識していた。なお英雄紹介には「森を通りがかったシグルドさんはディアドラさんと出会い」と書かれているが、森はふたりが再会した場所である。


2019年1月のアップデートで錬成武器対象に。敵の守備か魔防の低い方でのダメージ計算を無効化(錬成ブレス)が追加。特殊錬成効果は敵より魔防が3以上高い場合は戦闘中、全ステータスが+3される。これでよりマムクートに強くなる個性を得た。同じ錬成対象になったユリアも同様。


2022年2月から神装英雄に選ばれた。悪夢の国スヴァルトアルフの衣装を身に纏う。


運命の聖女 ディアドラ(伝承英雄)編集

Legendary Deirdre - ディアドラ

属性
兵種魔法/歩行
武器精霊の森の秘本(専用)
奥義聖神と暗黒神の冠(専用)
A止水4
B攻撃魔防の拍節3
C攻撃魔防の脅嚇

2022年8月から地の伝承英雄として約5年ぶりに登場。


通常版とステータスを比べると止水の補正で守備以外上回る。苦手の守備は補正で14と全歩行でワースト3位タイ。


専用武器「精霊の森の秘本」は竜特効とキラー武器効果。周囲三マス以内に味方がいると戦闘中、敵の攻撃魔防-6かつ錬成ブレス効果無効+絶対追撃。そして魔防が敵より1以上高いと魔防の差の80%分、最大12まで敵の攻撃魔防をさらに減少する。


専用奥義は魔防の40%をダメージに加算して二つの条件が満たしていると祈り効果が発動。

・一つ目は「自分か敵が奥義発動可能状態か、その戦闘(戦闘前、戦闘中)で奥義発動済みである」

・二つ目は「自分から攻撃するか、敵が遠距離武器のみ」


全てが魔防に対しての効果で敵の攻撃と魔防を下げ、拍節のキャンセル無効も含めて祈りをほぼ常備。魔防で差をつけて得をするメリットを合わせ持つ。

ただし、祈り効果も連続攻撃には弱い点に注意。


余談編集

担当声優の井上喜久子氏はファイアーエムブレムシリーズ初担当。後に本編作品「風花雪月」で昇格し、重要人物となるレアを演じる事となる。


関連タグ編集

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ファイアーエムブレム覚醒

聖戦親世代 ディアドラ


カップリングタグ編集

シグディア アルディア


レア/セイロスニイメ…同シリーズの中の人繋がり。レアはレスター諸侯同盟領の領都はデアドラと由来繋がりでもある

関連記事

親記事

聖戦親世代 せいせんおやせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 730942

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました