2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

セリス・バルドス・シアルフィ

せりすばるどすしあるふぃ

任天堂のゲーム『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』第二部の主人公「セリス」のフルネーム。外伝『トラキア776』の解析された没データの内容であり、作中では使われない。
目次[非表示]

CV:内田雄馬(ヒーローズ)
クラス:ジュニアロード→ロードナイト
血統:バルド直系/ナーガ傍系

概要

SRPGファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の第2部の主人公
第1部の主人公・シアルフィ公爵家の公子シグルドと精霊の森の巫女ディアドラの息子で、父からはを、母からは顔立ちを受け継いでいる。一人称は「私」と「ぼく」。『ファイアーエムブレム大全』によると生年はグラン暦758年で、第2部では19歳。

生後間も無く母ディアドラは行方不明になり、2歳の頃に父シグルドは策略によって無実の罪を着せられて処刑されてしまった。
父の死後は彼の戦友レヴィンオイフェシャナン、生存時のエーディンらによって、スカサハ(ロドルバン)、ラクチェ(ラドネイ)、レスター(ディムナ)、ラナ(マナ)、デルムッド(トリスタン)と共に、イザーク王国のティルナノグの里においてグランベル帝国の追っ手から隠れながら育てられたものの、17年後ついに隠れ処を発見されてしまう。
しかしそれを逆手に取り、帝国の圧政に苦しむ人々のため、ユグドラル大陸の救済という重い使命に悩みながらも、解放軍の盟主として蜂起することになる。

聖戦士バルドの血筋を引く英雄シグルドの遺児にして、母方の血筋を辿ればグランベルの正統な王位継承者でもあるため、国民からは「光の公子」「光の皇子」と祭られ反帝国の象徴になっている。もっともグランベル帝国は、かつてバーハラ王家唯一の後継者だったディアドラと結婚する事で王位を簒奪した皇帝アルヴィスの立場上、セリスを皇妃ディアドラの第一子とは公式には認めておらず、あくまでも「反逆者シグルドの息子」として逆賊扱いをしている。
神々の系図はバルド直系、ナーガ傍系。母からロプトの血筋も受け継いでいるが、系図には現れていない。

本来は争いを好まない性格であり、敵への思い入れが過ぎるあまり参謀のレヴィンに叱責される一幕もあった。あどけなさの残る口調でたまに上から目線とも取れる発言をする(実際、シアルフィ公爵家およびバーハラ王家の嫡子、しかもロプト皇族の末裔という大陸屈指のやんごとない身の上ではある)が、6章のある村で村娘に言い寄られて顔を赤らめたり、初めて見た踊り子にうろたえたりする純情さも併せ持っている。

シリーズ初の伴侶が固定ではない主人公。序盤に記憶喪失の少女ユリアを見初めるも、訳あって彼女とは決して結ばれない。幼馴染のラナ(マナ)と相性が良く、普通にプレイしていると彼女たちと結ばれる可能性が高い。マナとの間には、隠しイベントも発生する。主人公の特権か、ユリアとアルテナを除いた14人の恋人候補のうち、リーンレイリア)以外の全員と恋人会話がある。ただし半数は代替ユニットなので、内容は実質6種類。

スキルは「追撃」と「見切り」。聖剣ティルフィングの継承者。
下級職で登場し最初はステータスや移動力が低いため、序盤は育成が難しい。だが、両親から受け継いだ聖戦士の血に起因する抜群の成長率や、を超える指揮官能力を持っており、最終的にはラスボスとも十分戦える戦力になる素質を秘める。また、騎兵に変わっても下馬できる唯一のユニット。

終盤に彼の手で宿敵・皇帝を討ち、特定の位置に待機すると特殊イベントが発生する。

外伝『トラキア776』では、レンスター城を再び奪われる危機に陥っていたリーフ王子の前に、彼らの約10倍の兵力を擁して現れる。本作では彼より1つ年上の設定で、776年の時点で16歳と見られる。
軍師アウグストはセリスを民をまとめるための「作られた英雄」と表現しながらも、それでも父親以上の才覚の持ち主でもあると評価している。

覚醒』でもDLC及びいつの間に通信で仲間に出来る。
剣士の国イザークで育ったためか、クラスはソードマスター。衣装も和風の戦装束に変わっている。

タイトル説明にもある通り、作中では一貫して「セリス」と呼ばれており、正式なフルネームは作中においては一度も出てこない。そもそも没データの内容なので、正式な設定かどうかも定かではない。




血縁(ネタバレ)




父方の血縁者は叔母エスリン従姉弟に1~2歳上のアルテナと2歳下のリーフがいる。父の軍師であり自身の育ての親にあたるオイフェも父方の親戚にあたる。
母方の血縁者は、グランベル帝国の皇子ユリウスは異父弟、ユリウスの双子の妹である皇女ユリアは異父妹であり、セリスは二人の従兄にもあたる。双子の父親であり父の仇でもある皇帝アルヴィスは母方の伯父で、アルヴィスの落胤サイアスとは従兄弟(ユリウスとユリアにとっては異母兄にあたる)同士であり、合わせて5人のいとこがいる。また聖戦士ヘイムの血を引くターラ公爵家の令嬢リノアンも親戚にあたる。

父シグルドの親戚

名前血縁身分神々の系図
シグルドグランベル王国シアルフィ公爵家公子バルド直系
バイロン祖父グランベル王国シアルフィ公爵家当主バルド直系
エスリン叔母レンスター王国王太子妃バルド傍系
アルテナ従姉(エスリンの娘)レンスター王国王女→トラキア王国王女ノヴァ直系・バルド傍系
リーフ従弟(エスリンの息子)レンスター王国王子ノヴァ傍系・バルド傍系
オイフェ親族グランベル王国シアルフィ公爵家騎士バルド傍系


母ディアドラの親戚

名前血縁身分神々の系図
ディアドラグランベル王国王女→グランベル帝国皇妃ナーガ直系・ロプト傍系
クルト祖父グランベル王国王子ナーガ直系
シギュン祖母グランベル王国ヴェルトマー公爵家夫人ロプト傍系
アズムール曽祖父(クルトの父)グランベル王国国王ナーガ直系
アルヴィス伯父(母の異父兄)グランベル王国ヴェルトマー公爵家当主→グランベル帝国皇帝ファラ直系・ロプト傍系
サイアス従兄弟(アルヴィスの息子)グランベル帝国宮廷司祭ファラ直系・ロプト傍系?
ユリウス異父弟・従弟(母とアルヴィスの息子)グランベル帝国皇子ロプト直系・ファラ傍系
ユリア異父妹・従妹(母とアルヴィスの娘)グランベル帝国皇女ナーガ直系・ファラ傍系
リノアン親族自由都市ターラ公爵家公女ナーガ傍系


ヒーローズ

光を継ぐ者 セリス

愛の剣
神装セリス


「私の名はセリス。無念の最期を遂げた
 父シグルドの遺志を継ぎ…
 私には闇と戦う使命があります。」

属性
兵種剣/歩行
武器ティルフィング(専用)↔聖剣ティルフィング(専用)
補助速さの応援
AHP3
B差し違え3

武器のティルフィングはHPが50%以下のとき戦闘時守備が上がる。ステータスは総合値で見ると高いほうに入るのだが、速さ・魔防が極端に低い。攻撃は高いのだが、仕留め損ねると追撃をとられて返り討ちにあうケースが起こりやすいため、スキルでうまくカバーしたい。
後に武器錬成が追加され、父・シグルドと同じ聖剣ティルフィングへの錬成が可能になった。

2019年1月のアップデートで武器錬成対象に。「祈り」の効果に変わり、特殊錬成効果は攻撃守備の絆3。これで耐久力は高まり、味方と隣接していると強化する個性を得た。
2020年10月に聖剣ティルフィングの武器錬成が追加された。詳しい内容は父親へ

2022年3月から神装英雄に選ばれた。アスク王国の衣装を身に纏い、より凜々しくなった。

光の皇子 セリス(伝承英雄)

【work】光の皇子 セリス


「私はセリス。
 力と勇気、そして聖剣ティルフィングで
 この世の闇を照らしましょう。」

属性
兵種剣/騎馬
武器至聖ティルフィング(専用)
奥義華炎
A遠距離反撃
B最後の聖戦(専用)
C守備の相互鼓舞

三年越しで2020年6月に地の伝承英雄としてようやく別バージョンが登場。ロードナイトの姿で登場。
通常版とステータスを比べると攻撃と守備が大幅上昇。魔防もある程度は上がって改善したが得意のHPが減り、苦手な速さはさらに劣化してしまう。
専用武器「至聖ティルフィング」は魔防3と自分のHPが99%以下か攻撃された時のみ戦闘中、敵の攻撃守備-6かつ攻撃するだけでHPが7回復する効果で条件はあるが通常版よりも耐久面が上昇した。
専用Bスキルの「最後の聖戦」は自分のHPが半分以上で敵に攻撃されたのみ自分は絶対追撃かつ追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃するいわば切り返し+攻め立ての複合スキル。
通常版よりも耐久面や速さのカバーが出来るようになり、受け専門のユニットになった。

ただ弱点も増え、見切り・追撃効果で追撃封じや騎馬特効で大ダメージなどリスクは大きい。速さは超鈍足となったのでほぼ確実に追撃されてしまう。HPの管理も必要なのでユニットの組み合わせも重要。自分から攻撃する事には向かないので受けに徹しておこう。

父の志を追って セリス

総選挙セリス


属性
兵種剣/騎馬
武器聖日ティルフィング(専用)
奥義月光
A攻撃速さの激突4
B速さ守備の凪3
C光をつぐもの(専用)

2022年8月から登場。第6回英雄総選挙で男性二位を獲得した総選挙版。セリスの別バージョンのレギュラー入りは初で実に5年ぶり。衣装は恒例の父親衣装でセリスの場合はシグルド。

伝承版とステータスを比べると速さがとても高く、セリスの中でトップクラス。攻撃も伝承版を上回るが逆に魔防は苦手となり、一番低い。HPもわずかに下回る。

専用武器「聖日ティルフィング」はキラー武器効果と行動後の2マスの再移動に加え、攻撃する側(自分からなら自分、敵からなら敵)が1マスでも移動していれば戦闘中、全ステータス+5と敵の守備の10%に移動したマス数分、ダメージを軽減する。もう一つは同条件と自身のHPが25%以上で1戦闘1回のみの祈り効果。

初登場であるAスキルの「攻撃速さの激突」も移動量に応じて効果が変動するもので、攻撃する側が1マスでも移動していれば戦闘中、攻撃速さ+6。更に移動したマス数分だけ攻撃速さを最大+4まで増加させるほか、2マス以上の移動であれば攻撃速さのデバフ無効。

専用Cスキルの「光をつぐもの」は、ターン開始時周囲2マス以内に味方がいれば、自分の攻撃速さ+6、移動+1、見切り・追撃効果を付与とこれでもかと自己強化。

高い移動力を活かして戦場を駆けまわり、その移動量に応じて強化するというユニークな性能。
敵の攻撃を受ける時も敵の移動した量に応じて強化されていくため、待機は可能な限り敵と隣接しない位置を選ぶこと。
とはいえ、伝承版のように遠距離反撃を持たず、騎馬特効も普通に喰らい、魔防も通常版以上に低いため魔法や竜相手にはすこぶる弱くなっている。さらに連続攻撃は祈りを貫通しやすいのでラインハルトやトライアングルアタック付与の花嫁カチュアなどは天敵となる。種類に関わらず、魔法の使い手の攻撃範囲には無闇に入らないように。

現状では英雄決闘において対処が非常に困難なキャラの筆頭として猛威を奮っている。

関連イラスト

木漏れ日
光の皇子



関連タグ

ファイアーエムブレム FE 聖戦の系譜 トラキア776 ファイアーエムブレム覚醒
聖戦子世代 セリス 異界のセリス 青髪 碧眼 一つ結び
グランベル シアルフィ ティルフィング

スカサハ レスター デルムッド ロドルバン ディムナ トリスタン アレス
ラナ ラクチェ ナンナ フィー リーン パティ ティニー
マナ ラドネイ ジャンヌ フェミナ レイリア デイジー リンダ

カップリング関連タグ

セリラナ セリラク
セリユリ

ロイ リリーナ ルキナ マーク カンナ:同シリーズの主人公の子供繋がり。

関連記事

親記事

聖戦子世代 せいせんこせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311085

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました