ピクシブ百科事典

セイロス聖教会

せいろすせいきょうかい

「ファイアーエムブレム風花雪月」に登場する宗教団体。
目次[非表示]

概要

遥か昔に起こった「英雄戦争」で堕ちた解放王ネメシスを倒した聖者セイロスが、開戦前に立ち上げた拝一神教の教団。フォドラ3大国の中央に位置し、1部の995年前に建立されたガルグ=マク大修道院を総本山としている。主神である女神の名を軽々しく口にすることは禁じられている。

中枢である中央教会のほかに東方・西方・南方教会を抱えていたが、教団発祥の聖地アンヴァルにあった南方教会は2部の約120年前に、帝国の内乱に関与したかどで司教が追放されている。作中の時代では女神再誕の儀襲撃戦以降、西方教会は中央教会と対立している。

教会は「預言者セイロスの剣であり盾たる白銀の騎士たち」こと精強なセイロス騎士団を擁しており、3大国家と並ぶフォドラの秩序の要としても機能している。
そして大修道院は宗教施設や騎士団の拠点としての機能のほかに、約200年前から士官学校も併設しており、3大国別に編成された学級でフォドラの未来を担う者たちに戦いや信仰などを教えている。
ただし、授業料はかなりの高額で、貴族はまだしも平民は入学するのに貴族の後ろ盾を得たり家業を畳んだり借金したりしている者もいる。

アドラステア帝国のかつての皇帝は代々セイロスの紋章を受け継ぎ、皇位継承は司教の立ち会いを要する。ファーガス神聖王国では国教となっており、国王は大司教の戴冠を受ける。レスター諸侯同盟でも信仰は貴族の義務と見なされている。
その浸透ぶりは、セイロス教と無縁に生きてきた主人公が「そんな人がフォドラにいるなんて、信じられない」と驚かれていることからも窺い知れる。

自軍に所属するユニットも多いが、「生徒」に当てはまらないユニットは成長率に「最低2ピン保障」がされておらず、従来のお助けユニット、いわゆるジェイガン枠のような扱いとなっている。それでも、全体的にユニットの成長率が高い作品なので全く使えなくなってしまうということは少なく、中にはそのデメリットを抱えても強いユニットも存在する。

関連人物

開祖

セイロス(CV:井上喜久子
セイントセイロス


教団直属

レア(CV:井上喜久子)セテス(CV:子安武人
レア
FE セテスさん
フレン(CV:大野柚布子ツィリル(CV:河西健吾
風花雪月はフレン推し
ツィリル



士官学校

マヌエラ(CV:小島幸子ハンネマン(CV:浜田賢二
Fire Emblem Three Houses
ハンネマン
イエリッツァ(CV:伊丸岡篤
イエリッツァ先生



セイロス騎士団

ジェラルト(CV:大塚明夫アロイス(CV:坂巻学
ジェラルトパパ💛
The night of that tragic day.
カトリーヌ(CV:松浦チエシャミア(CV:渡辺優里奈
カトリーヌ
落書きシャミアさん
ギルベルト(CV:小上裕通門番(CV:松本忍
風花雪月おじさんたちツイログ1
FE3H sketch dump


関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月 宗教










ネタバレ













上層部が望遠鏡や活版印刷、外科手術などといった技術の進歩を抑制していたことがアビスにて明らかになる。公式インタビューでは「文明の成長スピードが早くなりすぎるのを抑えた」と説明されている。

フォドラを治めていた4勢力のうち、全ルートで存続が確認できる唯一の陣営。ただし、いずれのルートでも改革が推し進められる。ハンネマンとマヌエラのペアエンドによると士官学校への入学条件が緩和され、ツィリルとペトラクロードとフレンのペアエンドによると異国との交流を始めている。

終戦後の大司教の人選についてはっきりしているのは、蒼月ルートの主人公と銀雪ルート支援S時のレアのみ。銀雪ルートのナレーションでは主人公が国王と兼任したとも受け取れるが、主人公の一部のペアエンド(翠風ルートと共通)に「統一王国はセイロス聖教会と歩調を揃え」「セイロス聖教会やフォドラ外の諸国家との渉外」などの記述があるので、大司教は別の人間が務めた模様。

関連記事

親記事

ファイアーエムブレム風花雪月 ふぁいあーえむぶれむふうかせつげつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイロス聖教会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30132

コメント