ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:黒沢ともよ

概要

ある日突然主人公の夢の中に現れた少女。一人称は「わし」で二人称は「おぬし」。
幼い見た目をしておりやや尊大だが、どこか老成したような性格をしている。
「時を巻き戻す」という超常の力で主人公の危機を救い、主人公の心に直接語りかけてくるようになるが、本人も「はじまりのもの」と呼ばれていたことや誕生日が主人公と同じであることと名前以外、自分がどういう存在なのか忘れてしまっている。
セイロス教の大司教レアと似た髪色をしており、同じような紋様の装飾品を着けている。
なお、選択肢による好感度の上下に攻略上の影響はない。ただし、下がりすぎるとペアエンドを見られなくなる。

ヒーローズ

玉座の少女 ソティス(神階英雄)

わしの名はソティス。
 "はじまりのもの"と呼ばれておる。
 急に呼びつけおって、仕方のない奴じゃな!

属性
兵種竜/歩行
武器天帝の波動(専用)
奥義天狼(専用)
A攻撃速さの孤軍3
B怒り3
C始まりの鼓動3

2019年7月末に闇の神階英雄として登場。風花雪月が発売してから数日後にいきなり物語のキーパーソンになるであろう人物が追加されたため、「もう公式がネタバレしてくるのか」と物議をかもしたが、物語の根幹に関わるようなネタバレの要素はないのでご安心を。通常絵は玉座と一緒という型破りな人。

専用武器の「天帝の波動」は竜特効無効+遠距離反撃を内蔵している。専用奥義の「天狼」は速さ30%を奥義ダメージに加算+与えたダメージの30%回復と夕陽の上位互換となっている。
始まりの鼓動はで奥義発動カウントが最大値で回っていない状態ならターン開始時、発動カウントを-1と早める効果を持っている。体力が減っていると怒りの効果も重複するのでカウントが-2となる。

弱点は守備と魔防が中途半端でダイムサンダや勇者系武器だとスキル次第では一発で倒される。切り返しや迎撃隊形などの反撃にも弱い部分もあり、攻めすぎないように注意が必要。
またライバルも多く、自分がバフ状態なら敵の追撃無効とソティスより守備と魔防は上回るンン。汎用性と入手率が高い大人チキ。同じ竜特攻無効持ちのガロンなどが対抗馬となる。

また、中途半端な防御性能を「城塞」や「呼吸」、「構え」などのスキルで補い、奥義で反撃していく受け型も選択肢に入る。受け型で運用する場合は「見切り・反撃不可」や「見切り・追撃効果」を継承しておくのも良いかもしれない。

ちなみに、出撃待機時のSDは少し待つとあくびをする。また、これまでのSDキャラでは見られなかったくるっと横に回転するモーションがある等、神階英雄だけあって色々と作りこまれている

雪夜の幻 ソティス

センシティブな作品


「わしは“はじまりのもの”ソティス。
 ふうむ、この姿は…なるほど。
 冬祭りを満喫せよ、ということじゃな!

属性
兵種竜/重装
武器神祖の恵み(専用)
奥義天狼(専用)
A遠距離反撃
B奥義隊形3
C攻撃魔防の威嚇3

2019年12月に登場したクリスマスの超英雄。風花雪月からの超英雄は彼女が初となった。この見た目で重装扱い。
通常版とステータスを比べると速さがかなり上がり、中途半端だった魔防が大幅増加と改善されている。専用武器「神祖の恵み」は速さ3と通常版の「天帝の波動」にもあった竜特攻無効。戦闘開始時に自分のHPが半分以上なら戦闘中全ステータス+5となると攻守に長けた性能をしている。
だが守備の中途半端は据え置き。ダイムサンダには強くなったが逆に重装特攻と弱点が増えてしまった。ティバーンイドゥンなどの超火力や重装特攻持ちには気をつけたい。
同兵種にはルフレナギファがいるが、いずれもあまり速くなくナギやファは耐久に割り振られているため、ステータスで差別化はされている。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

ベレト参戦動画の個人的ハイライト



なんと、参戦ムービーで例の招待状を【S】から受け取っていたらしくベレトに投げつけた事でベレトが参戦となった。…が、既に剣タイプの先人がFEを中心にやたら多くいた為にベレトはフルボッコにされてしまい、フラフラの満身創痍でソティスの元へ帰ってくる羽目に。

ソティス「お早いお帰りじゃったのう…何? 剣士は沢山おるからもうよいじゃろうと? 泣き言とは畏れ入るわ。それでも男か!?

ベレス(…)

ソティス「あー、そういう手(性転換)で来おったか。なるほどのうー」

と呆れつつも追加武器を大サービスしてベレト/ベレスを大乱闘の舞台に再び送り出したのだった。

最後の切りふだ「神祖破天」やスピリッツにも登場する。ランクはLEGEND(★★★★)。憑依されているのは神祖衣装をモチーフとしたのか6Pカラーのベレス。ステージもソティスがいる石の玉座を意識したのかテンガンざん やりのはしら(終点化)。回復と最後の切りふだスタンバイ状態は第一部のとある出来事からの再現である。

関連イラスト

Sothis ソティス
ソティス



関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月 ファイアーエムブレムヒーローズ 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
ソティス 緑髪 前髪ぱっつん ロングヘア ツインテール エルフ耳 裸足 のじゃロリ 記憶喪失
ベレト ベレス 神祖の服
マムクート:どこか人間離れした外見や能力など、過去作のそれを想像させるが…?

自然王ナチュレ:任天堂のもう一人の「のじゃロリ」。主人公(FE風花雪月)大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALに参戦した事でファイターではないが、声付きのキャラクターにおける「のじゃロリ」がこれで二人になった。DLCファイターの仕様でパルテナ組との会話(ピットのスマッシュアピール)で会う事は無い(DLCファイター達では専用の会話が追加されない)と思われる。















謎多き少女の正体(ネタバレ注意)


その正体はセイロス教の「主」たる女神。太古の昔、フォドラに降り立って植物や人間を含む生物を創り、人の願いに応えて魔道を授けた。

ある時フォドラは「邪神」と呼ばれる存在に侵略を受け、対策として人間のネメシスとフォドラ十傑に英雄の遺産紋章を託した。その後ネメシスが堕落すると、預言者セイロスに神託を下し彼を討たせたが、いつしか人々が自らの与えた力を悪用し始めたために天上へと去る。今も故郷の「青海の星」からフォドラを見守ると伝えられ、その再臨を願う「女神再誕の儀」がガルグ=マク大修道院にて執り行われる。
フォドラに降臨した時は赤き谷ザナドを仮の住まいとしていた。作中でザナドに「見覚えがある」「住んでいた記憶がある」と言っているのはこのためである。

ちなみにドゥドゥーによると、多神教であるダスカーの神の一柱に数えられているという。








更なるネタバレ


実は上記の話はレアが教団による支配を盤石とする為に一部を捻じ曲げたカバーストーリーであり、真実は異なる。

異種族「女神の眷属」ことナバテアの神祖ソティスは遥か遠き所より訪れ、その姿を人に似せたもの(ニンドリ2020年5月号によると本来の姿は大人の女性であり、作中では不完全な状態なので幼い姿をしている)へと作り替えると、自らの血をもって眷属を生み出し、人々に知識や技術を伝えて発展を促した。
しかし人は後に女神の教えに背き、無益な争いを始めたばかりか己を神と称し、女神に戦いを挑んだ(ただし、アビスの書庫にある書物では、ソティスらしき「異形の巨躯」が「古の神の住処であるはずの土地で目覚めた、神ならざるもの」として書かれている)。

この戦いで地上は焦土と化した上に大洪水に見舞われ、一部の人間は数千年前に地上を追われ地下へと移り住んだ。
彼らの末裔が「闇に蠢く者」…またの名を「アガルタ」という者たちである。

大地を再生するのには気が遠くなる程の年月を要したが、ソティスはそれを果たすと、聖墓で永き眠りに就いた。
女神の眷属達のほとんどは、神祖が生前に築いた聖墓を守りながらザナドで暮らしていたが、ある時ネメシスによって聖墓は暴かれる。
ネメシスは「闇に蠢く者」と手を組み、ソティスの遺体を利用して力を得た。

ソティスの血から炎の紋章を、その骨からは天帝の剣を、そしてその心臓からは紋章石を作り出したのである。

そうして力を得たネメシスはザナドへ侵攻すると、天帝の剣の力で女神の眷属を虐殺し、谷を赤く染め上げた。
さらに「闇に蠢く者」は天帝の剣と同様に眷属の遺体から紋章を、武器を、紋章石を作り出し、ネメシス傘下の十傑に与えた。
十傑の紋章の起源はこれであり、「英雄の遺産」は眷属の骨から作られた物である。

最後に生み出された眷属のセイロスは、母と同胞の遺体で作られた武器を振るうネメシスらを見て、激しい怒りと復讐心を燃やした。
セイロスはソティスを唯一神とする宗教「セイロス教団」の教祖となり、ある人間にアドラステア帝国を建国させた。さらに眷属の生き残り(のちの四聖人)とともに軍を組織。後の世に「英雄戦争」として伝わる大戦争を起こし、激戦の果てにネメシスを討ち取った。
オープニングムービーにおいて、セイロスが「天帝の剣」を抱いて「お母様…」と安堵していたのはこれが理由である。

その後セイロスはフォドラの秩序を守るために歴史を捻じ曲げ、人類の支配を盤石のものとした。
だが、同胞たちを喪った彼女の悲しみは癒えず、先の戦争でアガルタが用いた紋章石の能力に着目し、紋章の力を用いてソティスを復活させることに執着するようになり、彼女の意識を復活させるべく人体錬成実験を繰り返した。

その後、12番目に造られた少女が、セイロスことレアに血を分け与えられたジェラルトと恋に落ち、彼との間に子が生まれる。
しかし、生まれた子は息をしておらず、母親も出産に耐えきれず瀕死となってしまう。
母親は最後の願いとして「自分の紋章石を子供に移して、子供の命を助けてくれ」とレアに頼み、願いを聞き入れた神祖の紋章石を子供に移し、それがきっかけとなりソティスの意識が宿る事となる。

その子こそがソティスの化身たる存在、主人公のベレト/ベレスであった。

その力が故に、主人公は「闇に蠢く者」に「凶星」として命を狙われ、その一員であるソロンの手によって闇に閉じ込められてしまう。
しかし、ソティスが自らの意思で主人公を救う事を選び、主人公と融合。
ソティスの力が継承され、主人公は緑髪翠眼に、「天帝の剣」は「天帝の覇剣」へ姿を変え、闇を引き裂き、禁呪を破るまでの力を発揮する。
…が、その代償にソティスの意識は消えてしまった。
(スマブラSP参戦ムービーはこのシーンをセルフパロディしたもの)




…かのように思われていたが、本人が別れ際にいつも主人公と共にあると言った通り、実は主人公の心に寄り添ったまま意識は生き続けていた。
5年の眠りから目覚めたときにソティスの声がしたのはこれが理由である。

また、物語の終盤で指輪を渡す相手を選ぶ際に、ソティスのみ無条件で選ぶことが可能となっており、そうした場合はすべてが終わった後、女神の塔にて姿を現し、その理由を語った彼女に指輪を渡すこととなる。(シナリオの関係上、紅花の章のみこのときの会話が一部変わる)

…のだが、文字通り「一心同体」の存在となってしまっているので、自分の指に指輪を嵌めるというちょっとシュールな展開になる。
しかし、人として人の心に住まい、死が二人を分かつまで共にあると決めた彼女の決意には、心を打たれるものがあるだろう。

「おぬしが滅びる時が、わしの滅びる時。世の終わりまで、共に旅しようぞ。」


余談だが、ソティスとの支援会話はC~Aまでが一切存在せず、シリーズでは初の支援ランクがSしか存在しない相手となっている。後日談の記述は単独エンドと同じで、ソティスの立ち絵が加わった内容になる。

関連記事

親記事

ファイアーエムブレム風花雪月 ふぁいあーえむぶれむふうかせつげつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソティス(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2490196

コメント