ピクシブ百科事典

セライナ

せらいな

任天堂のゲーム「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」の登場人物。
目次[非表示]

CV:渡辺優里奈(ヒーローズ)
兵種:マージナイト

概要

グラド軍を束ねる帝国六将の一人で「蛍石」の二つ名を持つ。貧しい寒村の出身でヴィガルド皇帝が自分たちのために食料を送ったことに恩義を感じて軍に志願した経歴を持つ。主である皇帝からも信頼されているようでゼト曰く、「デュッセル将軍に次ぐヴィガルド皇帝の懐刀」とのこと。皇帝には絶対の忠誠を誓っており、エフラム編を進むとその様子がよくわかる。

エイリーク編では出番はあまりなく影の薄い存在で、(初見では)唐突に加入したデュッセル将軍もろともプレイヤーの記憶から忘れ去られることすらある。ぶっちゃけるとこちらのルートではどういう人物なのかイマイチわからない。

エフラム編では10章で顔見せ程度に登場した後13章にてボスとして再登場し、対決することに。進撃開始前にミルラとの会話イベントがあったり、1章の村を訪問した際にも顔見せ程度だが登場していたりと仲間にできそうな感じもするが仲間にすることは不可能。クリア条件も「敵の全滅」なので嫌でも倒さなければならない。シリーズ恒例の「仲間になりそうでならないキャラ」である。
能力自体はそれほど大したことはないがマップ中央に陣取り、遠距離攻撃魔法のサンダーストームを撃ってくるのが厄介。それに合わせてマップ下側からはペガサスナイトが攻め上がり、山賊海賊が村を襲おうとするのでプレイヤーを焦らせてくれる。道中にはハンマーやドラゴンスピアといった特効武器、キラーランスのような危険な武器を持っている者もいるので下手に急ぐと死人を出すかも。

ちなみにこの章でセライナの前にエフラム、デュッセルを待機させると会話イベントが発生する。やっぱり仲間になることはないが、ストーリーを楽しむ人はやっておこう。

エンディングを迎えた後に特定の条件を満たすとボーナスキャラとして操作可能になる。だがそれほど能力は高くなく、支援も付かないので使用は趣味の範囲であり、「物語本編で使いたかった」と言うプレイヤーは多い。
ボスとしても能力が寂しい上に動かないため、「もっと強くして欲しかった」という声が出るほど。同じく動かないヴァルターといい、なんだか勿体無いボスである。

ヒーローズ

浜辺の蛍石 セライナ

センシティブな作品


属性
兵種魔法/騎馬
武器楽園の果汁(専用)
補助引き寄せ
A攻撃速さの渾身4
B速さ魔防の干渉3

2020年6月に水着姿の超英雄として初登場。
専用武器は装備中に攻撃が+3され、戦闘中に周囲2マスの敵の速さと魔防を-6ずる強力な牽制効果とシンプルに纏まっている。
さらに攻撃と速さが大きく上昇する渾身4と、速さと魔防のデバフを撒く干渉で火力を底上げしつつ追撃を狙う構成となっている。

反面、守備と魔防が非常に低く、紙耐久故に反撃が致命傷になりやすく、迎撃を基本にした戦術には向いていない。騎馬特攻、魔法特効が乗る点にも注意が必要。

蛍石 セライナ

属性
兵種魔法/騎馬
武器万雷の書(専用)
補助攻撃魔防の応援+
A死線4
B攻撃魔防の大共謀3


2020年12月に登場した通常版。水着版とステータスを比べると速さがさらに上がったが、ただでさえ苦手な守備と魔防は超劣化した。

専用武器の「万雷の書」は装備中は速さが+3され、戦闘開始時に敵のHPが75%以上の時は戦闘中、攻撃速さ+5かつ見切り・追撃効果。敵のHPが多いと真価を発揮する。水着版と比べ、超攻撃型のステータスになっているものの、Aスキルで火力を盛り、Bスキルでデバフ撒いて弱らせたところを確実に仕留める構成に変わりはない。

死線4の影響もあって(個性補正無しで)守備は11、魔防は18と超紙耐久。スキル込みならば全魔道ユニットの中でもワーストクラスの耐久力となっている。
仕留めきれなかった場合、反撃はほぼ確実に致命傷になるため、可能な限り一撃必殺を心がけたい。

関連イラスト

セライナさん
「蛍石」セライナ



関連タグ

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
デュッセル ヴィガルド

ブルーニャ ウルスラ…GBA三部作の他のサンダーストーム使い。
シャミア…FEの中の人繋がり

関連記事

親記事

聖魔の光石 せいまのこうせき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セライナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206941

コメント