ピクシブ百科事典

ヴィガルド

びがるど

任天堂のゲーム「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」の登場人物。

概要

ファイアーエムブレム聖魔の光石に登場するキャラクター。グラド帝国の皇帝。リオンの父親。ゲーム中でのクラスはジェネラル。

大陸各地に侵略戦争を仕掛け、主人公であるエイリークエフラムの祖国であるルネス王国にも侵略の手を伸ばしたストーリー的には表向きの黒幕と言える人物。
侵略戦争を仕掛ける乱心前は穏やかで心優しい皇帝で、「穏健帝」という二つ名もある。貧しい寒村に食料を送ったり、自身に襲いかかった野犬を追い払おうとしたグレンクーガー兄弟を王宮に招き入れたりと乱心前はどれほどの好人物だったのかがストーリー中の会話、支援会話から伺えることが出来る。

実は物語開始の1年ほど前にすでにこの世を去っており、実際にキャラクターとして出てくる彼はリオンが動かしている操り人形のようなものである。
皇帝である彼が死去した後リオンはグラド帝国の新たな皇帝になるわけだが、リオンは事前に魔道でグラド帝国に近いうちに大地震が来て多くの死者が出ることを予見しており、「自分には父親の跡を継ぐそんな力はない」と思いどうにかしようとして研究に没頭、そして物語の根幹に関わる重要な「魔石」を誕生させ、その力によって死んでしまった父親を蘇らせる。これがストーリーに出てくるヴィガルド皇帝の正体である。

エイリーク編では別行動をとっていたエフラム達が合流時点ですでに倒していたことになっているので戦闘することはない。

エフラム編では14章のボスとして登場。この時点ではそれまでに出てきたボス達をあざ笑うかのような高い能力を持つ。ジェネラルという兵種のくせしてこちらが追撃できないこともあるほど速く、玉座補正もあって高い回避率も誇り、直間両用攻撃可能なスレンドスピアを装備し、力・守備ともに優れた能力、発動率が高いスキル「大盾」、加えて必殺率も高い強敵。特効武器を使っても当らない、ダメージがヘボいということも多い。だが所持している武器が耐久力の少ないスレンドスピアのみなので、それを使い切らせば丸腰の金属の塊と化す。正面から正々堂々と勝負する場合は支援効果を受けたエフラムのレギンレイヴが有効だろう。

撃破するとその体は灰となって消える。そして物語は急展開を迎えるわけである。


関連タグ

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
リオン

コメント