ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『この戦、必ず勝利を手にしよう。我らが信じるものの為に。』


CV:楠見尚己(ヒーローズ)

兵種:グレートナイト


人物編集

作品の舞台となるマギ・ヴァル大陸で最大の領土を有するグラド帝国の将軍で、最高武官位『帝国三騎』の筆頭である「黒曜石」の称号を持つ。

誇りに生きる生粋の武人。皇帝ヴィガルドはもちろん、多くの軍人や国民に慕われている。古くから面識があったエフラムに家伝の槍術を伝授した師匠でもある。


「グラド帝国にその人あり」と言わしめる武官として帝国軍の中枢にあり、皇帝ヴィガルドの意志に従って大陸全土の平和を脅かす存在の監視、排除に奔走する日々を送る。しかし、ある日を境に変貌したヴィガルドの真意に疑問を持ちつつも忠義を貫いて勅命に従い、特例で将軍位に復帰した蛇竜騎士ヴァルターになる野心を秘めた傭兵上がりの剣豪ケセルダ、人とも魔とも付かぬ異様な雰囲気を漂わせる怪僧アーヴを加えた『帝国六将』筆頭として意に沿わぬ戦争に身を投じる。


その後も皇帝を信じ、占領したルネス王国の治安回復など様々な進言を試みる。しかし一向に聞き入れられる様子が無い上にフレリア遠征の総指揮官に指名され、落胆を隠せないまま出撃。その途上であるベスロン港でデュッセルを追ってきた同じく旧帝国三騎のセライナから、思うように軍を進めない様子に業を煮やしたヴィガルドより反逆者と見なされ指揮権と全官位を剥奪されたと伝えられる。

帝国軍に囲まれたデュッセルであったが、丁度グラドに進軍中であったエフラムと会ったことで彼が率いるフレリア連合軍と合流。「不忠の徒」としてグラドに向き合う決意をした。


デュッセルはエフラムとミルラに皇帝の変貌が魔石誕生の日から始まった事、魔石誕生にリオン皇子が深く関わっていた事を明かす。

以降は連合軍と共に帝国と戦う。セライナや魔石の力による不完全な反魂の術によって既に生ける屍でしかなかったヴィガルド、魔石を介して魔王に意識を狂わされたリオンの死などを経て戦役の終結を迎える。


仕える主人も国も失ったが途方に暮れる間も無くグラドに戻り、故国再建の陣頭指揮を取りつつ自身の培った術を各国の若者に指南する指導者の道に進み、グラドの復興に生涯を捧げた。


代々に渡って槍を家名とする厳格な武官ではありながら、年長者としての懐の深さや大らかな風格を持つ人間味に溢れ、実子をもうけていない身の上からグレンクーガー兄弟、エフラム、アメリアなど槍を扱う若者に対しては我が子に等しい愛情を以って接し、教えを請われれば厳しく指導する師匠として、手合わせを申し込まれれば大陸随一の槍術家として全力で対峙する。


長く皇家に仕えて槍を振るう武門の家柄からの操術理論にも精通しており、それらを前提に研鑽を積み重ねた末に「槍術は基本こそ奥義」の結論を導き出し、後進の指導に当たる際には槍の素晴らしさや特性と共によくよく諭す槍術の達人である一方、自身も含めた各代の当主が収集してきた数々の小槍の中でも特に選りすぐった逸品を常に携帯するという些か物騒なコレクターでもある。


本人曰く「小槍と言えどもそれらは総じて実用に足る」との事で、この中には稀代の名工ガヴレウス晩年の作である美しい輝きに満ちた槍の他、ヴァルターを殺人狂に走らせる原因となった魔性の槍まで含まれている。エフラム専用の『レギンレイヴ』が各王家伝来の双聖器に劣らぬ唯一無二の豪槍である点、槍一筋に生きる師弟の契りを交わした2人の間柄などから考えると、これも「師の下を去る餞別として与えられたデュッセル秘蔵の1本」と推測するには充分な材料と言える。


ユニット性能編集

エフラム編10章(レベル8)、エイリーク編15章(レベル10)で加入。

加入時点で上級職の強力なグレートナイトであり、シリーズの不文律である『ジェイガンの法則』(「最初から上級職」「最初から老齢」の条件に当てはまるユニットは育たない)に該当しながら成長率の期待値も大きく、体力面と防御面の安定感から終盤まで前線部隊の一員として活躍できる性能を備えている。特にエフラム編で加入した直後の幽霊船マップでお世話になったプレイヤーも多いのではないだろうか。


ただし、最初からほぼ完成されたユニットであるために下級職を経由したユニットと比べると最大能力値が低くなりがちで、残された12(10)回のレベルアップで有用な能力が育たない場合には2軍降格もあり得る。またグレートナイトの兵種特性上、アーマー特効武器(アーマーキラー、貫きの槍、ハンマー)と騎馬特効武器(斬馬刀、ホースキラー、ハルベルト)の両方が弱点となっているため、これらが数多く登場する特殊ステージ『ヴェルニの』と『ラグドゥ遺跡』での運用には注意を要する。



ヒーローズ編集

黒曜石 デュッセル編集

「わしは帝国三騎が一人

【黒曜石】のデュッセル。

……元、がつく老体だがな。」

属性
兵種槍/騎馬
武器黒曜の槍(専用)
奥義緋炎
A守備魔防の孤軍4
B攻撃守備の凪3
C守備魔防の奮起3

2020年12月から登場。

専用武器は守備3に孤立していると戦闘中、敵の攻撃守備-6、かつ自分は絶対追撃。全てのスキルも戦闘中か孤立で発動するタイプで一人で戦うことに特化している。騎馬では珍しく守備と魔防が両方高水準な数値でどの兵種にも対応可能なまさに走る砦。特効も騎馬の1種だけと改善されており、原作以上に頼れるユニットである。


弱点は超鈍足。敵からの追撃はほぼ確定で速さの高いユニットは警戒。いくら固くても騎馬特効の弱点はもちろんあるので総選挙リシテアやミカヤ相手は致命傷となる。また運用には味方ユニットを隣接させない位置取りが必要となるため、支援を組んでも最大の恩恵を受けることができない。

守備魔防が高水準なので「遠距離反撃」に変えたいところだが、デフォルトの「守備魔防の孤軍4」もシナジーがあるため十分強力、プレイスタイルに合わせよう。


武器がシンプルかつ強力だがそれ故に敵として出てきた場合に厄介な相手であり、移動力の高さから孤立状態になりやすく、イベントのオートモード中の壊滅原因として名が挙がりやすい。できるだけ敵同士で隣接している時を狙いたい。


関連イラスト編集

ノールさんと、

…疲れておるな。哀れなまでに。


デュッセルとアメリア

あの娘の顔、どこかで見た覚えが…。


関連タグ編集

ファイアーエムブレム 聖魔の光石

ヴァルハルトネメシス(FE):同シリーズの中の人繋がり。

関連記事

親記事

聖魔の光石 せいまのこうせき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70100

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました