ピクシブ百科事典

ゼロスーツサムス

ぜろすーつさむす

ゼロスーツサムスとは、パワードスーツを解除したサムス・アランの姿。
目次[非表示]

概要

パワードスーツを展開していない状態のサムス・アラン
武器は手に持ったハンドガンと鍛え抜かれた肉体。超人的身体能力からこの状態でも戦闘力は非常に高く、銃やアーマーで武装した屈強な軍の男たちも単独・無傷・素手で即座に片付けてしまうほど。
惑星ゼーベスの過酷な環境に完全に適応しているため、生身で酸性雨を物ともせず、あらゆる状況で凄まじい筋力と機動性を発揮し、実際「キャプテンN」では、パワードスーツ無しでもクレイドを振り回して周囲の敵を凪ぎ払う豪腕を披露している。

手持ち火器のハンドガン自体もボムブロックを破壊する程度には威力があり、アームキャノンには遠く及ばないものの拳銃としては高い火力を持つ。しかし、ゼーベス星人などに対しては数秒だけ麻痺させる事しかできない。
そのため、ゼロミッションではゼーベス星人から逃げたり、隠れたりしてやり過ごしながら進むしかなかった。

ゼロスーツが登場する以前は、金髪で碧眼の女性と言う特徴は知られていた。
下記の通り、それ以外の要素である服装などは媒体によってさまざまである。

パワードスーツを解除した際にゼロスーツ姿が現れることが多く、大抵はゲームのエンディングにてプレイヤーを驚かせる要素として登場している。
メトロイド ゼロミッション』後半で初登場、以降の作品ではパワードスーツの下は金髪ポニーテール+ゼロスーツであることが多い。

サムス・アラン
センシティブな作品



同作品以前ではハイレグビキニホットパンツなど、
スーツを脱いだ際のコスチュームは作品によって異なっていた。
またポニーテール+ゼロスーツ以外のコスチュームが設定からなくなったわけではなく、以降の作品でも他のコスチュームが使用されているシーンは存在している。

なおパワードスーツは私服など一般的な服装の状態でも即時着用が可能な代物であり、パワードスーツの着用にゼロスーツが必須というわけではなく、ゼロスーツはパワードスーツを失った際の保険としての意味合いが強い。
またゼロスーツあるいは私服でいることよりも、パワードスーツを装着している時間の方が遥かに多い。「サムス&ジョイ」で各地の情報収集時等でもマントを羽織ったバリアスーツ状態でいることからむしろ「パワードスーツが普段着、私服である」とも言える。

登場作品

メトロイド ゼロミッション

上記の通り、後半にて登場。
マザーブレインを倒し、ゼーベスから脱出できたものの、気を抜いてスーツを解除した所をパイレーツの戦闘機にスターシップを撃ち落とされてしまう。
この時、伝説のパワードスーツを手に入れるまでパワードスーツを起動しなかったのは、プレッシャーから精神集中できなかったためである。
スーツ装着をサポートするスターシップも失ったため、幼い頃にオールドバードに連れられて来たチョウゾ遺跡の大軍神の間へ活路を求め、スペースパイレーツの宇宙船に潜入する事になる。

メトロイドプライムシリーズ

従来同様、スピードラン達成時に姿を拝める。
プライム3では冒頭にて一瞬拝める。コールドスリープから目覚め、スターシップのサポートを受けながらパワードスーツを起動している。

メトロイド OtherM

サムスの人となりを綿密に描いた作品であるので、結構な頻度で登場。
連邦軍所属時代のサムスの姿も見れる。エンディング後のあるパートではゼロスーツ状態のサムスを操作する事になる。装備は勿論ハンドガンの「パラライザー」。
口の左下(向かって右下)にホクロがある。
演出として素顔が登場することは他作品に比べ多いものの、実際に操作する時間はほんのわずか。

メトロイド サムスリターンズ

メトロイドⅡのリメイク作品。ゲームオーバー時やスピードラン達成時に登場。
なお、オープニングストーリーの時点では既にパワードスーツ着用でバイザーから見える目も男性か女性か分かりづらい描写になっている他、そもそもサムス・アランの素顔を知るものがほんの一握りであることがスーパーメトロイド時点から記述されているため描写として何ら問題はない。
また『Other M』において寄せられた意見からか、本作では『Other M』から引き続き坂本賀雄氏の主導で製作されていながらも、リドリーの姿を見てパワードスーツを解除したり精神的な脆さを演出する描写は一切無くなり、メトロイドプライムシリーズ、ひいてはそれ以前のメトロイドシリーズで培われた「寡黙でありながらも心優しい側面も持った戦士」というサムス・アラン像を直接的に描写している。
そのため、当然ながらゲームオーバー時や一定時間内のクリア以外では彼女の素顔を見ることすら出来ない。

大乱闘スマッシュブラザーズ

従来のサムスとは別のファイターとして『X』から参戦。
「ゼロスーツサムス」の名称はこの作品で付けられた。
スーツ無しでも非常に高い鳥人族由来の身体能力を駆使して戦う。

スマブラDX

『マスクを脱いだサムス』という名称でフィギュアが登場していた。

スマブラX

ボタンワザ一覧
Bパラライザー
→Bプラズマウィップ
↑Bプラズマワイヤー
↓Bフリップジャンプ
切りふだパワードスーツ装着

『メトロイド ゼロミッション』のデザインで登場。
『スマブラX』ではキャラクター選択画面にはいないが、対戦中にサムスで最後の切りふだを使用するとパワードスーツが崩壊し、ゼロスーツサムスに変身する。また、キャラクター選択画面でサムスを選んだ状態でシールドボタンを押したままステージ選択画面へ遷移すると、対戦開始前のカウントダウン中にパワードスーツを脱ぎ、ゼロスーツサムスの状態で対戦を開始できる。対戦中に変身した場合も対戦開始前のカウントダウン中に変身した場合も、ゼロスーツサムスの周辺にパワードスーツの残骸が散乱し、それを投擲アイテムとして使うことができる。最後の切りふだ「パワードスーツ装着」を使用することによってのみ、サムスに戻ることができる。キャラクター選択画面や必殺ワザで任意に選ぶことが出来るゼルダとシーク、ポケモントレーナーとは異なる特殊な変身キャラクターである

武器は手にしているハンドガン「パラライザー」と、超人的な身体能力。
相手に電撃を浴びせて痺れさせたり、鞭のようにビームを伸ばしたりと多彩な攻撃が可能。
パワードスーツ時と比べてパワーは落ちているものの機動力が大幅に上がっており、手数で勝負するスピードファイターとなっている。

『X』ではサムスが最後の切りふだ「ゼロレーザー」を使用することで、スーツが崩れこの姿に。キャラクター選択画面で特定のコマンドを使えば最初からこの状態で戦うことも可能。
ゼロスーツサムスの最後の切りふだもサムスに戻る「パワードスーツ装着」となっている。装着する際に戦いを仕切り直しにさせかねないほどの凶悪な攻撃判定があり、接触した相手を大ダメージと共に大きく吹っ飛ばす。
当時は武器(パラライザー)を使ったワザは強く、体術は低威力に、という調整により「武器に頼らざるを得ない弱さ」という上記『ゼロミッション』での操作パートを彷彿とさせるコンセプトのファイターであった。

スマブラfor

ボタンワザ一覧
Bパラライザー
→Bプラズマウィップ
↑Bブーストキック
↓Bフリップジャンプ
切りふだスターシップ

『メトロイド OtherM』ベースのデザインで登場。
for』以降ではサムスから完全に分離し、独立したファイターとして参戦。新たにスマブラオリジナルの「ジェットブーツ」を装着している。
素早い動きで撹乱しながら中間距離を保つように戦う戦法を得意としていた中距離の強みは減ったが、その分以上にコンボから撃墜まで近距離の強みが大きく増した。撃墜手段が増え、スピードファイターでありながらの火力とコンボが豊富でとくに下投げや下スマッシュ攻撃からの各コンボが撃墜手段として猛威を振るい強キャラの一人として扱われた
上必殺ワザが「プラズマワイヤー」から「ブーストキック」に変わる、一部のワザに炎属性が付与されているなど、結構色々な所が変更されている。

また、『for』からはカラーバリエーションとして、『メトロイド ゼロミッション』や『メトロイドフュージョン』のエンディングで観られるショートパンツスタイルが選択できる。
戦闘向きでもなんでもないインナーのみ装備同然の状態でも、その動きは一切衰えることがない。チョウゾDNAと彼女のハイスペック過ぎる戦闘力のなせるワザである。

『for』における最後の切りふだはスターシップに乗り込み砲撃を行う「スターシップ」。
画面外から対戦相手をレーザーで狙い撃つシューティングゲームのようなワザで、着弾速度が非常に早く逃げ回る相手も何のその、容赦なくふっとばしていく。

スマブラSP


ボタンワザ一覧
Bパラライザー
→Bプラズマウィップ
↑Bブーストキック
↓Bフリップジャンプ
切りふだゼロレーザー
楽曲『宇宙戦士 サムスアランのテーマ(X)』
SP』でも前作同様『OtherM』ベースのデザインで続投。バストが縮むように原作にやや近くなった。
前作で猛威を振るったのか弱体化。下投げの後隙が増えたせいで追撃がやりづらく、下スマッシュ攻撃も硬直時間短縮。上必殺ワザ「ブーストキック」も攻撃力と吹っ飛ばし力低下とかなり下方修正されている。今までのコンボがほぼ不可能になってしまった。強化点と言えば全空中攻撃の着地隙が減少したことで違ったコンボが可能になった。

オンライン、オフライン対戦でも弱体化によって使用率は前作より減ってしまったが、途轍もない弱体化を食らい強キャラという評価が一切されなくなったベヨネッタシークやまだ強いものの、弱体化で強キャラから降ろされたディディーコング達とは違い、今作も最上位キャラとしての立ち位置を確立している。それどころか、同じく最強候補であったジョーカーがver7.00でそこそこ弱体化を食らったのに対して、大した弱体化がなされなかったことから、なし崩し的に本作最強キャラへと出世を果たした。
前作程の投げコンボの強さはなくなったが、「全キャラ最強」と目されていた非常に高い防御力や、通常のコンボ火力、上必殺技と下必殺技の吹っ飛ばし力は今作でも健在で空中攻撃の隙減少によって中距離戦の差し合いが強くなった。
また、コンセプトやキャラ性能が単純に優秀なため、キャラ相性で不利キャラが殆どいないのも特徴。

基本的に隙は大きいので狩られやすい。体重の軽さや自分から空中での迎撃に弱い点から攻撃力の高いガノンドロフクッパ、空中戦に強いロボットピットには気をつけたい。中距離戦が得意のしずえミェンミェンも天敵になる

しかし長くは続かず、Ver11.0.0から通常空中攻撃の隙増加と上必殺ワザの出が遅くなる弱体化でコンボ性能と撃墜性能がさらに低下する。これによって余計に狩られやすくなり、違う立ち回りが必要になる。

最後の切りふだも操作系切りふだの廃止により、パワードスーツを装着してスターシップ上からサムスと同じワザ名の「ゼロレーザー」を発射するようになった。画面奥から発射するため、見た目に反して照準の周囲にしか攻撃判定が発生しない。

勝ちあがり乱闘「ワイヤーを使いこなせ!」。はその名の通りワイヤー系のつかみを持つファイターのみが相手。
……かと思いきや、ラウンド6ではワイヤーフレームカラーのリトル・マック軍団が相手になる。

メトロイドシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
04サムス64
04’ダークサムスSP
29ゼロスーツサムスX
65リドリーSP

28.ピット(ブラックピット)→29.ゼロスーツサムス→30.ワリオ

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
サムスさんに迫られたい!
センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
ゼロスーツサムス
ゼロサム
越すプレうちのこ



関連タグ

サムス・アラン メトロイド スマブラ

関連記事

親記事

サムス・アラン さむすあらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロスーツサムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37931518

コメント