ピクシブ百科事典

ゼロスーツサムス

ぜろすーつさむす

サムス・アランのもう1つの姿。
目次[非表示]

概要

パワードスーツを装着していない状態のサムス・アラン
武器は手に持ったハンドガンのみだが、鍛え抜かれた肉体と超人的身体能力から戦闘力は高く、銃やアーマーで武装した軍の男の群れも単独・無傷・素手で片付ける程度なら何の苦労も無しにこなす。

ゼロスーツが登場する以前は、金髪で碧眼の女性と言う特徴は知られていた。下記の通り、それ以外の要素である服装などは媒体によってさまざまである。

パワードスーツを脱いだ際にゼロスーツ姿が現れることが多く、大抵はゲームのエンディングにてプレイヤーを驚かせる要素として登場している。
メトロイド ゼロミッション』後半で初登場、以降の作品ではパワードスーツの下は金髪ポニーテール+ゼロスーツであることが多い。

サムス・アラン
サムス・アラン



同作以前はハイレグビキニだったりホットパンツだったり、作品によってまちまちだった。ただしポニーテール+ゼロスーツ以外のいでたちがオミットされたわけではなく『メトロイド otherM』のエンディングで普通の服を着用し、ポニーを解いた姿もあるため、いくらパワードスーツがサムスのメインビジュアルとはいえ、別にパワードスーツを装着していない時は常にゼロスーツかと言えば全くそうではない。パワードスーツはマガジンZの漫画から分かる通り私服の状態でも即座に展開可能で、ゼロスーツが無ければ展開出来ないような二流品ではない。
またゼロスーツ、あるいは私服でいることよりもパワードスーツを装着している時間の方が圧倒的に多いようで、サムス&ジョイで各地の情報収集時等でもマントを羽織ったバリアスーツ状態でいることからむしろ「パワードスーツが普段着、私服である」と言った方が正しいとも言える。

登場作品

メトロイド otherM

サムスの人となりを綿密に描いた作品であるので、結構な頻度で登場。連邦軍所属時代のサムスの姿も見れる。エンディング後のあるパートではゼロスーツ状態のサムスを操作する事になる。装備は勿論ハンドガンの「パラライザー」。

メトロイド サムスリターンズ

メトロイドⅡのリメイク作品。ゼロミッション以後に設定が統一されているようで、パワードスーツの下はゼロスーツである事が判明している。(E3 2017で公開されたプレイ配信においてEN0になった際のパワードスーツ崩壊による爆発で顕になるサムスの姿がそれであった)
なお、オープニングストーリーの時点では既にパワードスーツ着用でバイザーから見える目も男性か女性か分かりづらい描写になっている他、そもそもサムス・アランの素顔を知るものがほんの一握りであることがスーパーメトロイド時点から記述されているため描写として何ら問題はない。
またOther Mにおいて寄せられた意見からか本作ではOther M同様 坂本賀雄氏の主導で製作されていながらもリドリーの姿を見てパワードスーツを解除したり精神的な脆さを演出する描写は一切無くなり、メトロイドプライムシリーズ、ひいてはそれ以前のメトロイドシリーズで培われた「寡黙でありながらも心優しい側面も持った戦士」というサムス・アラン像を直接的に描写している。
そのため、当然ながらゲームオーバー時や一定時間内のクリア以外では彼女の素顔を見ることすら出来ない。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

スマブラでは『大乱闘スマッシュブラザーズX』以降の作品から、この姿で戦うことができるようになった。
スピードにものをいわせガリガリダメージを稼ぎ、最後の切り札で周りのプレイヤーをまとめて吹っ飛ばすスタイルが特徴的。for以降は比較的パワーも上がっており、お手軽キャラとまでいかずとも非常に強力なファイターになっている。

スマブラX

Xではサムスがパワードスーツ着用時の最後の切りふだである「ゼロレーザー」を使用することで、装甲が剥がれてこの姿になる(最初からこの状態で戦うことも可能)。

武器は手にしているハンドガン「パラライザー」と、超人的な身体能力。相手に電撃を浴びせて痺れさせたり、鞭のようにビームを伸ばしたりと多彩な攻撃が可能。
パワードスーツ着用時と比べてパワーは落ちているものの機動力が大幅に上がっており、手数で勝負するスピードファイターとなっている。(原作ではパワードスーツはサムスの能力を全て引き出せるツールであり、サムスが素で非常に強いとはいえ脱いだことによるメリットは一切無い)

とはいえサムス自体が元々射撃系のキャラであってパワーファイターではないので、それほどパワーに明確な差はなかったりする。機動力が圧倒的なので脱いだほうが強いという声も多々見受けられ、サムスのアイデンティティーたるパワードスーツが弱いのはいかがなものかという意見は多い。

ゼロスーツサムスの最後の切りふだは、「パワードスーツ装着」。言葉通り、パワードスーツを装着するのだが装着する際に戦いを仕切り直しにさせかねないほどの凶悪な攻撃判定があり、接触した相手を大ダメージと共に大きく吹っ飛ばす。

スマブラ3DS/WiiU

本作ではキャラクターが変身するシステムが排除されたため、通常のサムスとは独立したキャラクターとして設定されており、最後の切りふだを経由してこの姿になることは無い。

今回はハンドガンの他にも足にジェットブーツ(本作オリジナル装備)を装着しており、これにより前作と比べて攻撃力(と攻撃範囲)が上昇。一部の技はそれにともなって火属性が付与された。
一方本来のサムスはというとほとんど手付かずの状態で、相変わらず脱いだほうが強いという意見が多く前作からの微妙なポイントは引き継いでしまった。復帰技がワイヤーから上昇するキックに変わったりと結構色々な所に手が入っており、より強力なキャラクターになっている。

単独キャラ化により、最後の切りふだが「パワードスーツ装着」から、スターシップに乗り込み砲撃を行う「スターシップ」になった。画面外から対戦相手をレーザーで狙い撃つシューティングゲームのような必殺技。着弾速度が非常に早く逃げ回る相手も何のその、容赦なく吹っ飛ばしていく。
スマッシュボールを取得後、すぐに攻撃に移れるのも強みの一つだ。
と、このように書けば強力な切り札であることに変わりはないのだが、FPS視点が苦手なユーザーだと操作に慣れず、当てるのに少々手こずることも。

さらに今作では、キャラクター色変えの要素で『メトロイド ゼロミッション』エンディングで観られる、ショートパンツスタイルのサムスが使えるようになった(3DS・WiiU両機種で同種類使える)。

このショートパンツ姿はゼロミッションのほかマガジンZの漫画にも登場しているが、この格好で戦闘を行う(またはプレイヤーとして操作する)ということは本編ゲーム中でも一切ない。マガジンZでも生身での戦闘時はトレンチコートにキャペリンという気品さとミステリアスを両立したスタイルである。要するに戦闘向きでもなんでもないインナーのみ装備同然の状態で戦っているがその動きは一切衰えることがない。チョウゾDNAと彼女のハイスペック過ぎる戦闘力のなせる技である。

スマブラSPでは最後の切り札に大幅な変更が加えられており、パワードスーツを装着し、スターシップ上から狙撃を行うものになっている。
一見ゼロレーザーを思わせるようなビジュアルではあるものの、「スターシップから狙撃」というアクション自体は漫画版メトロイドプライム2で実際に行われており、パイレーツの母艦をパワービームで木端微塵にしている。
SPではx、for同様スピーディーなキャラクターには変わりないが吹っ飛ばし力がだいぶ落とされており、for程簡単には敵を撃墜できないやや上級者向けのキャラクターになっている。

関連タグ

サムス・アラン メトロイド スマブラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロスーツサムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13791233

コメント