ピクシブ百科事典

メトロイドサムスリターンズ

めとろいどさむすりたーんず

メトロイドサムスリターンズとは2017年9月15日に発売された「メトロイドⅡ」のフルリメイク作品である。
目次[非表示]

概要

ゲームボーイで1992年に発売されたメトロイドシリーズ第二作である「メトロイドⅡ リターン・オブ・サムス」のフルリメイク作品。オリジナル版と同じく携帯ゲーム機であるニンテンドー3DSで2017年9月15日に発売された。
初代メトロイドはメトロイドゼロミッションでリメイクされていたが、それから約13年後にメトロイドⅡがリメイクされるこの話題には驚きを持って迎えられた。さらに同日にはメトロイドプライム4も発表されたため全世界のメトロイドファンにとって記念すべき日となった。
ゼロミッション以来のサイドビュー探索アクション型のメトロイド作品となる。
オリジナル版のサブタイトルが「リターン・オブ・サムス」だったのが「サムスリターンズ」に改題されている。

概ねストーリーはオリジナル版を踏襲しているが、「スーパー」以降にさらに構築された世界観を採り入れている為、オリジナル版をさらに再構築した様な形となっている。(例:サムスのパワードスーツの下がゼロスーツになっている等)

ニンテンドー3DSという事で、バーチャルコンソールのメトロイドⅡと今作を比べて遊ぶというのもオツなので興味のある方は原作との違いを楽しんでいただきたい。

特徴

オリジナル版に比べてアクションが多様となっており、新要素も採り入れられている。
特に敵の攻撃を跳ね返す「メレーカウンター」が大きな特徴。しかし、今作の敵はサムスを見つけると積極的に襲い掛かってくるため、タイミングを誤るとどんどんダメージを受ける。今作はノーマルでもかなり難易度が高いため、慣れないうちは死にゲーになりやすい。
つまりメレーカウンターを活用する必然性を身を持って知る事となる。メレーカウンターが上手くヒットすると自動的に照準が合う為すかさず攻撃するのがコツ。装備が充実していない段階では一撃必殺の方法となる。メレーカウンターの発動のタイミングは実戦で覚えるしかないが、敵が光って襲いかかる時がそのチャンスである。
なお、アイスビームを入手するとチャージしたビームで敵を完全に凍らせてメレーカウンターを決めるとアッパーで粉砕といった使い方ができる。
同時発売のメトロイドのamiiboとの連動でプレイできる最高難易度「フュージョンモード」では初期状態だとザコ敵に一回当たるだけでほぼ瀕死になる。また、スマブラ3DS/WiiUのゼロスーツサムスのamiiboを使うとエネルギーが0になった際に自動的に最大エネルギータンク二つ分を回復するサブタンクが使える様になる。つまり、次にエネルギー回復するまでに1回だけ持ちこたえる事ができるのである。

探索においてもパズル要素が加わっており、破壊できるブロックが対応するものでないと絶対に破壊できないものがあったり、エイオンアビリティを駆使する必要もある。

一定数のメトロイドを倒しより奥に進んでいくという流れはオリジナル版と同じだが、マップの構造は原作よりもかなり広くなり構造も大きく変わっている為(原作そのまんまではない)、既にメトロイドⅡをプレイした事がある人でも新鮮なものとなっている(リメイクでありながら完全新作の傾向がある)。また各エリアには何匹いるのかわかるようになった。メトロイドを倒した時に入手できるDNAを端末に読み込ませると抜け殻の位置がマップに表示される様になる為、次はどのあたりに潜んでいるか推測が可能になった。
原作の暗い場所を進むのとメトロイド遭遇時の恐怖感が無くなっている為ホラー感はかなり減少した。ただし近くにメトロイドがいるとレーダーがピコピコ鳴るため心臓に悪い。
ただし、新規の敵が新たなみんなのトラウマとなってしまった…。

メトロイド各形態の攻撃パターンは大幅に変わっており、ミサイルでひたすらゴリ押しとは中々いかなくなっている。わかりやすいところではメレーカウンターが通用しないパターンを織りまぜてくる。
また、複数戦う部屋があるエリアもあり、メトロイドが途中で部屋移動をする事もある。
原作ではただ浮遊移動してくるだけだったが、ハードの進化と技術の向上でアクションが増えており強敵感が増している。
メレーカウンターのチャンスを逃さずに発動させるとサムスのスタイリッシュなアクションによってメトロイドに連続攻撃できるので上手く見極めて狙いたい。

追加ボスもおり、中にはシリーズおなじみのあの強敵も登場する。さらにエンディング後のムービーでは後の作品に登場するあの生命体の姿を確認できる。
ボスの攻撃は初見殺しが多いが、幸い今回はボスに倒されてもその直前からすぐにやり直しができるため何度も挑戦してパターンを覚えていけばかなり楽になる。
ささやかなヒントとして「ゲームオーバーからのコンティニューはメトロイド戦直前のリトライポイントからの再開」である為、例えば不用意に部屋に飛び込んでボスに挑んで負けたとしても、再開時に挑む前に各種エネルギーや消費武器を回復した万全の状態にしておくとゲームオーバーになる度再開時はその状態からのリトライになる為、覚えておくと有利である。

今作でもクリアタイムに応じて最後の演出が変わるシリーズお馴染みの要素がある。

その他

各エリアは基本的にはシームレスに移動できるが、エレベーターやテレポートステーションを使うとロードが発生するようである。かなり全体が広大になっているのでテレポートステーションはエリア間やエリア内移動のショートカットとして便利である。



待ちに待った公式リメイク

メトロイドⅡは長らくリメイクが待ち望まれており、非公式では熱心なファン達の手によるリスペクトを存分に込めたクオリティが高い非公式リメイク作品「AM2R」が10年ほどの時間をかけて製作されたが、配信から数日で任天堂のクレームによる配信停止で2016年にその幕を下ろした。
これには製作者を含めて落胆の声が多かったのだが、2017年に突如メトロイドサムスリターンズの発表で大きく話題となった。
公式によるリメイクの話題はAM2Rの製作陣をも歓喜させた。

開発は過去に「キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ」などを手がけたスペインのゲーム開発会社「MercurySteam」との共同開発。横スクロール「メトロイド」の新作を模索するプロデューサーの坂本賀勇氏はNOE(ニンテンドー・オブ・ヨーロッパ)から、「MercurySteamがメトロイドのリメイクをやってみたいと言っている」という話を聞き、条件が噛み合ったことで2015年頃からプロジェクトをスタートさせた。
つまり、過去にメトロイドのフォロワー作品を手がけたMercurySteamが本家メトロイドを手がける事となった。

関連動画



関連タグ

任天堂 メトロイド メトロイドⅡ
サムス・アラン ベビーメトロイド

AM2R : 非公式リメイク。

pixivに投稿された作品 pixivで「メトロイドサムスリターンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13126

コメント