ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

コクッパ7兄弟(現:クッパ7人衆)の一人。英語名はLemmy Koopa。

なお、現在のクッパ7人衆はクッパの子供ではなく部下扱いになっている。

可愛すぎんだろ!


派手な虹色モヒカンをした小柄なコクッパ。兄弟たちの中で一番体が小さい。ややあどけなさが残る見た目で、運動神経がよく、ひょうきん者でやんちゃな性格。


目の横の両側(『NewスーパーマリオブラザーズWii』以降は左目側のみ)には2本のオレンジ色のラインのフェイスペイントがされている。また、うなじ辺りから黄色く長いスカーフのような髪?が飛び出している。

甲羅の色は初期は緑だったが、『スーパーマリオワールド』のドット絵以降から黄色になった。


玉乗りが大の得意で、一部作品ではに乗りながら攻撃を仕掛けてくる。玉を弾ませて飛ばすことも。

乗っているボールには★のマークが入っている。玉の色は初期のイラストやNewスーパーマリオブラザーズシリーズでは黄色だが、『スーパーマリオブラザーズ3』のドット絵では緑だった。

他にも、『スーパーマリオワールド』や『マリオ&ルイージRPG』ではダミー人形を用意したり、『NewスーパーマリオブラザーズU』ではボール型爆弾を投げたりなど、毎回自身の身体能力で出来る独特の戦い方をするほか、シリーズを通してファイアボールが効かないことが多い。


登場順はまちまちであり、前半になることもあれば後半になることもある。なお、初登場の『スーパーマリオブラザーズ3』では6番手であった。


公式イラストではいわゆる斜視で描かれることが多く、の焦点が合っていないことが多い。

ただしNewマリオシリーズなどの近年の作品では焦点をわざとずらしているらしく、焦点があっていないのは逆立ちしたときだけになっている。

マリオカート8』などでは目の焦点が合っている彼をじっくり拝める事ができる。

また、昔は髪型と髪色がほぼ同じだったイギーは、区別のためかNewマリオシリーズで髪型が大幅にイメチェンしている。


【コクッパ】 レミー


『スーパーマリオブラザー3』での登場順から、「七人の中では次男で、ラリーやイギーよりも兄なのでは」と想像している人も多い。

一方でその体の小ささとあどけなさから、「兄弟順では下の方ではないか」と思われる場合も。

一応公式には「ラリーが末っ子」ということなので、それより上だという以外は不明である。


『マリオカート8』での二つ名は 「すばしっこさナンバー1」で、最軽量級。ジャンプアクションもアクロバティックさとあどけなさ故の可愛らしいアクションが多い。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは、他のクッパ7人衆と同様、クッパJr.の色替えの1つとして参戦。

色変えなので他の7人も大きさは彼基準に縮んでいる。

またフィギュア解説によると体の小ささを気にしており、小さいことをバカにされるのを嫌っているらしい。


名前の由来はイギリスのバンド「モーターヘッド」のベーシスト、レミー・キルミスター。

『NewスーパーマリオブラザーズWii』以降の声優はレニ・ミネルラ、『マリオカート8』以降はカーリー・マクマナスが担当。


性格

初期はコクッパ達に公式からの明確な性格付けはほとんど無く、説明書等に僅かにセリフがある程度で、攻略本や漫画等でも独自の個性付けが行われていたため媒体によってブレがあった。

リニューアル後は新たに性格付けが行われ、実際にゲーム内で明確にセリフを発したのは『マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX』からである。

以降の作品では同作での性格付けや口調がベースとなっている。


初期作品

『マリオ3』や『スーパーマリオアドバンス4』のカードe+ではやや暢気な口調で、一人称は「ぼく」になっている。


 マリオのヤツがどこまでガンバレルか楽しみだなー。

 ワールドのマップも先に進むにつれ、どんどん複雑で広大なものになってくるよ。

 それはそうと、暗黒の国だけはオヤジしか知らなくて何もわかんないんだ。

 でも、何か、すごい新兵器を作っているのをちらっと見たことがあるよ。

 (『スーパーマリオブラザーズ3』取扱説明書より)


 ぼくのかわりにテレサたちが たっぷりあそんでくれるよ!

 (『スーパーマリオアドバンス4』カードe+より)


一方、漫画は一人称は安定していないもののオトボケな感じで明るい性格付けが多く、『マリオ』3の玉乗りやワールドの人形使いがネタにされることもしばしば。



後期作品

マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX』では表記こそはカタカナで「ボク」になっているが、コクッパの中で一人称が唯一変更されていない。ただし口調などはあまり変わっていないのだが、天然気味だった過去作とは違い、現行のイメージはむしろ腹黒ショタに近いかもしれない。

1回目はモートン(ドデカクラフト戦)、2回目はモートンとイギーと一緒におり2回戦闘する。イギーとスイッチのボタンをどちらが押すかで口論になる描写がありモートンに呆れられている。その後戦闘中に自分のボールで味方のイギーとモートンを轢いたり(故意なのかは不明)、ルドウィッグのリーダー発言に真っ先に反論するなど見た目の可愛らしさにそぐわない少々サディストな面が見られる。


ペーパーマリオカラースプラッシュ』ではある理由により入場無料のサーカスを公演。「世紀のイリュージョニスト、レミー」という肩書きでサーカスの花形をしている。根っからのエンターテイナー気質であり「華麗に魅せる」ことは彼の美学であるらしく台詞にも「華麗」という言葉を頻繁に使用しており、去り際には某あくタイプの四天王のような台詞を言い放っている。また戦闘BGMの雰囲気、ペーパーという世界観、彼のキャラクター性からディメーンを思い出した人も少なくはない。


マリオ&ルイージRPG3DX』の追加モード『クッパJr.RPG』ではクッパ城の留守番を担うが、SSカンパニーに襲撃され、クッパ城を救いに乗り込んできたウェンディとラリー共々捕まってしまう。しかし、巨大化したクッパによって図らずも助けられる。その後ラリー(ウェンディは運悪くクッパ城に取り残された)と共にイビッキタワーに踏みつぶされたクッパを発見し、クッパJr.と再会する。その後ラリーと共にクッパの応援に向かうも、返り討ちに遭い、クッパJr.に助けられる。


スーパーマリオメーカー2』では2020年4月22日にて配信されたアップデートver.3.0.0で他の6人ともに追加。性能はボールに攻撃判定が無いのを除けば3とほぼ同じで玉乗りしながらボールを放つ。羽を付けると移動手段が小ジャンプになる。


漫画版での登場

初期は他のコクッパ達に比べ出番が少なく影が薄め。

スーパーマリオワールド編ではバニラドームでの登場がなかったためクッパ城でようやく登場する。そのため、登場順は原作ではラストとなるラリーよりも後。スーパーファミコンのマウス型ロボットに乗り込みマリオ達と対決する。


設定やデザインが見直されたNewスーパーマリオブラザーズWii編以降は語尾に「じょー」とつけるなど言動がかなり幼くアホになっている。

当初はマリオ達の敵であり、アイスブロスを送り込んでマリオを倒そうとしていたが、マリオと共闘しアイススネークブロックを倒し、冬のワールド(なお、アイスブロスを送り込んだ際にマリオがとんでもない量のアイスボールを使用したことでワールド全体が凍りつく氷河期レベルの寒さになっていた)であるワールド3に春が訪れたことでマリオ達と和解、以降はどの登場作品でもマリオの味方になってしまう。

実際にNewマリオWii編でのクッパとの戦闘時には、クッパを裏切り人数分のファイアフラワーを持ってマリオ達の元へ駆けつけたり、ペーパーマリオカラースプラッシュ編では、戦わずに大ペンキスターをプレゼントしたりしている。


余談

海外アニメ版での名前はHip Koopa(ヒップ・クッパ)で、髪型繋がりかHop(イギー)と双子という設定になっている。またラリーを差し置いて二人が末っ子になっている模様。


関連イラスト

レミーちゃん


関連タグ

マリオシリーズ クッパ軍団 コクッパ クッパ7人衆

クッパ クッパJr. カメック


ラリー モートン ウェンディ イギー ロイ ルドウィッグ


スネ夫 ディディーコング:顔が似ている

関連記事

親記事

コクッパ こくっぱ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56862

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました