ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ロイ(マリオシリーズ)

ろい

マリオシリーズに登場するキャラクターでクッパ7人衆のひとり、任天堂作品でロイの名前を持つ最初のキャラクターでもある。
目次 [非表示]

検索時の注意

タグとしてはロイが使われていることが多いため、「ロイ マリオ」や「ロイ コクッパ」などのスペース検索をかけるとイラストにヒットしやすい。


概要

塗り絵

コクッパ7兄弟(現:クッパ7人衆)の1人。海外名はRoy Koopa。

なお、現在のクッパ7人衆はクッパの子供ではなく部下扱いになっている。


スキンヘッドに派手な赤いサングラスを掛けている。掛けている理由は、当初は「シャイな性格」の為とされていたが、『NewスーパーマリオブラザーズWii』での設定見直し以降は「ワルを気取っている為(公式HPより)」というものに変わっている。

大抵の作品では赤サングラスにショッキングピンク(もしくは濃い赤紫色)の甲羅だが、「スーパーマリオワールド』でのドット絵は白サングラスに青い甲羅である。


体重が重く、それを活かした攻撃が得意。地震攻撃をよく使う。作品によってはキラーを発射するバズーカ砲で攻撃をする。

後半のコースのボスとして登場することが多いが、『NewスーパーマリオブラザーズWii』で久しぶりに新規の順番でクッパ7人衆が登場した際は、ロイだけがそれまで後半戦にしか登場しておらず、他のコクッパとの平均登場順の差を縮める為か前半のボスとして登場している。

それ以降も前半に登場することが多くなっており、『Newスーパーマリオブラザーズ2』ではWorld1のボスになっていたりする。

ペーパーマリオカラースプラッシュ』にて、『ヨッシーのロードハンティング』以来23年ぶりとなるラストをつとめた。


マリオカート8』での二つ名は「重量級の暴走タートル」で、準重量級。しかしモートンの方が彼より体重が重いためやや目立たない。

その後、『マリオカート8デラックス』では性能としては最強キャラの一角に躍り出た……のだが、同性能のワルイージの方が細身で視界が広いためやはりこちらでもロイは目立たない事態に。


名前の由来はアメリカの歌手・作曲家、ロイ・オービソン。『NewスーパーマリオブラザーズWii』以降の声優はダン・ファルコーネが担当。


性格

初期はコクッパ達に公式からの明確な性格付けはほとんど無く、説明書等に僅かにセリフがある程度で、攻略本や漫画等でも独自の個性付けが行われていたため媒体によってブレがあった。

『Newスーパーマリオブラザーズ』でのリニューアル後に新たに性格付けが行われ、実際にゲーム内で明確にセリフを発したのは『マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX』からである。

以降の作品では同作での性格付けや口調がベースとなっている。


初期作品

どれもこれもマリオが欲しがりそうなものやおまへんか。

アクションゲームの中で手に入れたアイテムはマップ画面では使えへんからよー注意しなはれや。

(『スーパーマリオブラザーズ3』説明書より)

ワイの地響攻撃をくらったらマリオなんて一撃デンネン!!

(『カードダス スーパーマリオブラザーズ3』No.39「空の国のコクッパ」より)

頭脳派のわてが発明した新しいブロック!かんたんにはこわせまへんで!

(『スーパーマリオアドバンス4』カードe+より)

(※この新ブロックとは地蔵マリオハンマーマリオでしか壊せない「灰色ブロック」のこと)


初期作品では京都訛りの関西弁で喋っていた。

ただし、漫画などでは関西弁設定が反映されていたものは殆ど無い模様。

また4コマ漫画ではイギーと共に常識人として描かれることが多い。


後期作品

マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIX』以降は一人称は「オレ」になり、言葉も関西弁ではなく他の6人と同じように標準語で話すようになっている。ウェンディと共に行動しており全体的に出番が多い。また、7人の中では常識人であり、クッパ7人衆全員が集合した際に先陣を切っていたのも彼。4コマ漫画版での常識人設定が逆輸入されたのかどうかは定かではない。戦闘中にマリオ達にカウンターを取られるとウェンディにキレられてフルボッコにされ、タイミングが悪ければそれでHPが0になり戦闘不能になることがある。


ペーパーマリオカラースプラッシュ』ではラストステージのクロクッパ城に登場。

「ペンキあそび」と称したバトルを挑んでくる。登場の際の部下のヘイホー達と一緒になってマリオとペンキーを囲んで踊るシーンはプレイヤー達に絶大なインパクトを与えた。マリオの視界を悪くするために自ら大量の黒ペンキをバズーカ砲で発射し浴びるシーンがあるが何故か平気である(クッパは黒ペンキを浴びて自我を失い凶暴化している)。

戦闘においては自身の杖をイカついバズーカ砲に変えて担ぎ、事前にマリオから奪ったペンキを充填し撃ち出して攻撃する(ご丁寧にペンキ回復に使うカードも全て没収していく)。ペンキ攻撃は撃ち出す色によって付属効果が変わる。HPを減らすとめんどくさくなったのか全てのペンキをごちゃ混ぜにして黒ペンキにして部屋中にぶちまけるが、こちらの黒ペンキは事実上ただの目くらましである。黒ペンキを消すと本来の実力を発揮するが、自身の拳で殴ってくるこの形態が結局一番合計ダメージがデカい。ただここまで来たならもうロイも瀕死なので、さっさとカタをつけてしまおう。

彼の戦闘曲は「ロイのペンキでヌ・フ・フ」という独特なタイトルでありながら、エレキサウンドのロックな曲調であり、本作のBGMの中でもトップクラスの人気を誇っている。


マリオ&ルイージRPG3DX』の追加モード『クッパJr.RPG』ではクッパJr.のワガママに特に困っており、後に堪忍袋の緒が切れてしまう。


「もう うんざりなんですよ!」


その際に仲裁に入ったモートンにも八つ当たりしてしまい、クッパ軍団を降りてしまう。

その後あてもなく彷徨い続け、ドンドクドンダZで狂暴化したクッパ軍団に襲われ、一人で戦い続けるが、それが祟り、クッパ城門前でボロボロになって倒れる。その後カメックの魔法で回復させてもらい、クッパJr.との一騎打ちの末に和解する。


スーパーマリオメーカー2』では、2020年4月22日にて配信されたアップデートver.3.0.0で他の6人ともに追加。地面に潜った後別の場所から現れると言うWii版のそれと比較的近い性能で羽を付けた場合はwii版と同様にフェイントもかけてくる。また、天井が低い部屋だと天井から現れ落下。そして、久々に地響き攻撃を使う。

難易度調整はしやすいが、パーツの配置によっては、マリオの攻撃の届かない位置に出てくる(運が悪いと立て続けにそれを繰り返す)、床のない場所の天井から出て来たり床から出てきた際にせり上がるマグマや毒水に巻き込まれて自滅する等欠陥もあるため、それを考慮する必要がある。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』から、他のクッパ7人衆と同様にクッパJr.の色替えの1つとして参戦。 クッパクラウンのカラーは赤。これは、ピンクだとウェンディと被るためだと思われる。

一見面倒くさがりのようだが、戦うと本気になるらしい。


また、参戦の際には過去に同名のキャラがいたため、一時期はロイ参戦!とネタにされたりもした。

ロイ様ロイ参戦!

後にあっちのロイもDLCで参戦したため、ロイVSロイも可能になった。


続編の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』でも共演しており、ファイアーエムブレムの方のロイの「勝ちあがり乱闘」を攻略すると二人の写真が見れる。

ちなみにあっちのロイとは名前がコールされた際のイントネーションが少し違う。


漫画スーパーマリオくんでは


マリオワールド編から登場し(この頃は丁寧な口調)、マリオをシャボンに閉じ込めて窒息死させようとしたが、怒り狂ったハナちゃんの邪魔が入って失敗し、自分がシャボンに閉じ込められた。その次の話でも登場し、罠の夏祭りを計画するも失敗に終わり、おばけ屋敷から飛ばされてきたブロック状態のアトミックテレサにクッパ諸共つぶされた。

NewスーパーマリオブラザーズWii編では現在の口調になり、黄色キノピオと青キノピオをさらい、ボス部屋に誘い込んだ。土管を全て壊されても地ひびきを起こして対抗していたが黄色キノピオと青キノピオがマリオにプロペラキノコを与えたことで形勢逆転されて倒され、城も崩壊した。

NewスーパーマリオマリオブラザーズU編ではイギー、ルドウィッグと同時に登場するも、スター状態のマリオにイギー諸共1コマでやられた。

ペーパーマリオカラースプラッシュ編ではクッパ7人衆の中で唯一登場すらしなかった。


余談

ブリーズビートキャンプ

海外アニメ版での名前はBully Koopa(ブリー・クッパ)で、体が一番大きい。またルドウィッグを差し置いて最年長のリーダーになっている。


兄弟

あと『ONEPIECE』のあの人に似ている気がする。


関連イラスト

ハロウィーン ロイ クッパSSB - Roy

関連タグ

スーパーマリオ マリオシリーズ

クッパ軍団 コクッパ クッパ7人衆

クッパ クッパJr. カメック


ラリー モートン ウェンディ イギー レミー ルドウィッグ


ロイ(ファイアーエムブレム)…同名の任天堂キャラ。主に「ロイ参戦!」をはじめとするスマブラでの絡みが多い。

ロイ(アニポケ)…2023年に新男主人公としてデビューした同名の任天堂コンテンツキャラ4人目(3人目は余り知られていないがF-ZEROファルコン伝説に登場するロイ・ヒューズであり、ロケット団コジロウ(アニポケ)の韓国版名義のロイをカウントすると5人目)、アニメ登場後は「ロイ」だけで検索すると彼の画像も多くひっかかる。

アニポケの主人公 ロイ

関連記事

親記事

コクッパ こくっぱ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました