ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

当記事は「ダークサムス」から分離・独立させています。
記事の肥大化を防ぐため、先方に当記事の内容を追加しないようお願い致します。

概要

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にサムスダッシュファイターとして参戦。
ファイター番号は04'、通り名は闇のフェイゾン生命体

第1作からファイターが参戦しているにも関わらず、事実上1しかいなかった『メトロイド』枠において、リドリーに続くカリスマ的ヴィランの参戦は、やはりというべきか歓迎の声が多かった。

サムスとの違い

フェイゾンの導き、背くもの


ダッシュファイターのためワザの構成はサムスと同じで、残念ながらアシストフィギュア時代のワザは一切使用しない。一応、勝利ポーズの中には『プライム3』で行ったダークエコーズを繰り出す動作がある。
ワザ名もほぼサムスと同じだが、最後の切りふだのみ「フェイゾンレーザー」という異なる名称が設定されている。

サムスとの主な違いは以下の通り。

  • 登場演出が青いオーラを纏いながらのモーションに差し替え。
  • 基本モーションの多くが独自のもので、ワザのモーションや演出の違いも多い。
    • 使っていない部位を脱力させる、浮遊したまま攻撃する、アームキャノンが分解する、など。
  • ステップ前後のふりむきが全ファイター中もっとも速い(サムスは一般的)。
    • これにより、反転空後の飛び込み距離、引き空前の後退距離、ステステ時の移動距離が激減し、運動性能やコンボ性能が低くなっている。
    • この性質により、反転動作を含めた空中ダッシュの移動距離が強化されている。
  • 反転ステップから走行への移行が遅く、隙が生まれやすい。
    • ただし、反転から走行へ移行した場合サムスよりわずかに速く移動できる。
  • 緊急回避のスキが少ない。
  • シールドが若干小さい(Ver.6.1.1までは逆に大きかった)。
  • ダッシュ攻撃の動きが小さく見切られにくいが、移動距離に劣るため反撃を受けやすい。
  • 横スマッシュ攻撃のリーチが短い。また、引き動作が小さく反撃を受けやすい。
  • 上スマッシュ攻撃の打点が低い。
    • 根本当てすると抜けられにくいが、先端当てをすると抜けられやすい(サムスとは真逆の性質)。これにより、小さい相手に対しては強いが、コンボ性能は劣っている。
  • 通常必殺ワザ「チャージショット」の打点が低く、低姿勢のファイターを攻撃しやすい。
  • 横必殺ワザ「ミサイル」と下必殺ワザ「ボム」を除き、火炎属性が電撃属性に差し替え。
    • これにより、ヒットストップの長さに差がある。
  • 最後の切りふだは演出やモーションが微妙に異なるほか、バックファイアがないため後ろからでも敵を巻き込みやすい。また、ヒット数もサムスより多めで高威力。

立ち姿や風格はコンパチとは言い難いオーラを醸し出しており、ビームエネルギーやミサイルの形状、ボムの色などが異なっている他、回避アクションやアピール、ジャンプの挙動やダッシュなど所々サムスとは挙動が異なる。
サムスより接近戦は強く、判定や打点が低く当てやすいので対策はダークサムスが上。だが運動性能やジャンプは独特で使いづらく、サムスのように丸くならないため喰らい判定が大きい。ダッシュ攻撃も反撃されやすい点もあって弱点は多め。

一言でいえば、「小さいファイターや遠距離戦に長けるが、体格と姿勢の違いや、体が丸くならないことにより喰らい判定が大きいため、ダメージを喰らいやすい」サムスといったところ。
性能差は小さく好みの範疇だが、強いて言えば接近戦メインで持ち込みたいならダークサムス、遠距離と接近戦で戦いたいならサムス…といった感じの違いはある。

その他

勝ちあがり乱闘「仲間に牙剥く精神汚染」

ROUND味方
1リンクゼルダ
2クロムルキナルフレ
3リュウケン
4ゼニガメリザードンピカチュウフシギソウ
5マリオピーチデイジールイージ
6サムスリドリー(バトルロイヤル)
BOSSマスターハンド(&クレイジーハンド

『プライム3』で洗脳を行っていたことから、ROUND5までは主に原作で洗脳されたことがあるファイターを味方に付ける内容となっている。
ROUND4は『ミュウツーの逆襲』の「クローンポケモン」が由来。

関連タグ

スマブラ ダークサムス
ダッシュファイター

メトロイドシリーズ参戦ファイター

Noファイター初参戦
04サムス64
04’ダークサムスSP
29ゼロスーツサムスX
65リドリーSP


ファイター番号順

03.リンク→04.サムス04'.ダークサムス)→05.ヨッシー

関連記事

親記事

ダークサムス だーくさむす

コメント