ピクシブ百科事典

目次[非表示]

コクッパ7兄弟の一人。英語名はIggy Koopa。
なお、現在のコクッパ達はクッパの子供ではなく部下扱いになっている。

体力があまり無いらしいが、ジャンプ力の高さと頭の良さでカバーしている。
主に中堅ステージのボスを務める事が多いが、スーパーマリオワールドでは一番手で登場し、「ただ漫然と攻撃しているだけでは倒せないボス」として存在感をアピールした。
挑発的な言動を取る事が多いが頭脳的で、ワンワンを手懐けて援護に駆り出したり、土管や溶岩等のギミックを用いたりと様々な戦術で挑む。

容姿

コクッパの中で一人だけかけている黒縁メガネと、エキセントリックな色合いのモヒカンが特徴。
モヒカンの方は最近デザインと色が大幅に変わっており、旧作ではレミーと同様の虹色のモヒカン、NewスーパーマリオWii以降は緑のパイナップル頭。
昔の髪型はレミーとそっくりだったため、区別のために変わったのかもしれない。新デザインの髪型はペッシっぽい。
牙は4本(大きい牙が2本、その内側にもう2本)生えている(モートンや昔のラリーと同じ)。
イラストでの甲羅の色はシリーズ通して緑。New版では頭も緑になったためほぼ緑統一である。
ただし、マリオ3やワールドの頃の実際のゲーム中のドット絵では顔も甲羅も青色で、モヒカンもほとんど白だった。
そのため、初期のドット絵の影響で青い色のイメージを持っている人もいる。

SSB - Iggy


眼鏡をかけているため、攻略本によっては「勉強好き」と解説されている。
ただしマリオ3の説明書やNewマリオのゲーム内では笑い声を上げたり、尻を叩く等、愉快なお調子者っぽい挑発的な態度をとっている事が多い。
インテリというよりは天才いたずらっ子というイメージである。

マリオカート8では「黒ぶちメガネのトリックスター」というキャッチコピーを引っさげて登場。中量級。
相手に攻撃を当てた際に腹を抱えて笑う、ジャンプアクションでこちらを振り向いておどける、上位でゴールすると笑顔で体を大きく左右に振る、下位でゴールすると嘘泣きをするなどいかにも彼らしい滑稽なアクションが見られる。

スマブラ3DS/WiiUでは、他のコクッパと同様、クッパJr.の色替えの1つとして参戦。

名前の由来はアメリカのパンク・ロック歌手、イギー・ポップ。
NewマリオWii以降の声優はマイク・ヴォーンが担当。



性格

初期はコクッパ達に公式からの明確な性格付けはほとんど無く、説明書等に僅かにセリフがある程度で、攻略本や漫画等でも独自の個性付けが行われていたため媒体によってブレがあった。
リニューアル後は新たに性格付けが行われ、実際にゲーム内で明確にセリフを発したのはマリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIXからである。
以降の作品では同作での性格付けや口調がベースとなっている。

初期作品

マリオ3説明書の一人称は「オイラ」になっており、お調子者っぽい台詞になっている。
 ウキャキャキャキャ。マリオ達、今頃緊張してんだろうな。ザマーミロ。
 それじゃあ、オイラが1人用ゲームを、ワールド1を例にとって説明するからよーく聞いとけよ。
 (「スーパーマリオブラザーズ3」説明書より)

アドバンス4のカードe+の台詞でも「ウキャキャキャキャ」という笑い声が反映されている。

一方、初期の4コマ漫画などではそのメガネからマジメな性格の苦労人として描かれることも多く、ロイ同様常識人として描かれている。逆にお調子者的な描写は少なかった。

後期作品

その後、スマブラ3DS/WiiUのフィギュア名鑑の解説文以降は、自分のことを「ボクチャン」と呼ぶようになり、「アハハハハ☆」と笑う変わった性格となっている。
髪型とともにイメチェンしたのだろうか。

マリオ&ルイージRPGペーパーマリオMIXではミニゲーム以外は1度しか戦闘しない。レミーとモートンと共に戦う。レミーとはスイッチのボタンをどちらが押すかで口論になっているが結局彼が押し、「ずるいぞ!」と窘められる。しかしレミーが先に倒れたあとマリオ一行に対して「オマエたち…よくもやってくれたね!」と言ったりレミーのルドウィッグいじりに便乗したりするなど仲は良好な様子。

ペーパーマリオカラースプラッシュではコロシアムの実況者及びチャンピオンとしてチャリオットを使用したバトルを挑む。やはり今作でもワンワンを懐柔しておりチャリオットにも装備しているが…。そして彼はペーパーシリーズ恒例のメタ発言枠でもありスターでコロシアム内のザコ敵を散らすマリオに対し「これが主人公のやることかーっ?!」と言い放っている(ちなみにマリオにスターを取らせずに進めると実況を放棄し始める)。

マリオ&ルイージRPG3DXではクッパJr.のワガママをあまり気にしていないどころか、サブリーダースキル「ばいがえし」はクッパJr.に攻撃した敵に反撃する技である。
ぼっちゃんに手を出した奴は許さないぞ~!!
会話シーンでは蚊帳の外で笑ったり、右往左往することが多い。終盤の回想シーンではクッパの前でつまらない事を言ってしまい、クッパの怒りを買う描写もある。
SSカンパニーに海に突き落とされて記憶を失った際にリューグーに保護されたが、孫の『チャーリー』に似ていたらしく、彼と間違えらていた。

上記の4コマ漫画版と違い常識人として描かれることは少なく、どちらかと言うとムードメーカー愛すべき馬鹿ないしアホの子としての側面が強い。

余談

海外アニメ版での名前はHop Koopa(ホップ・クッパ)で、髪型繋がりかHip Koopa(=レミー)と双子。またラリーを差し置いてこの二人が末っ子になっている模様。

また、映画「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」ではコクッパの中で唯一出演している。
クッパの部下「スパイク(ガボン)」とは従兄弟という設定で、フィッシャー・スティーヴンスが演じた。
吹き替えは井上和彦氏。

関連イラスト


イギレミ
【コクッパ】 イギー


左、旧モヒカン※右のほう(マリオ3~マリルイ) 右、新モヒカン(NewスーパーマリオブラザーズWii以降)

イギー、ヘアスタイルチェンジまでの道のり


ヘアスタイルチェンジ考察

関連タグ

マリオ クッパ コクッパ ラリー モートン ウェンディ(スーパーマリオ) ロイ(マリオシリーズ) レミー(スーパーマリオ) ルドウィッグ

関連記事

親記事

コクッパ こくっぱ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イギー(スーパーマリオ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36085

コメント