ピクシブ百科事典

ギャンレル

ぎゃんれる

ギャンレルとは『ファイアーエムブレム 覚醒』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種トリックスター
誕生日3の月の16日
軍の中で一番高いところが怖い
CV坂巻学


概要

ファイアーエムブレム 覚醒』でペレジアの国王である人物であり序盤のクロム達の敵とでも言うべき人物。

争いを好み、人を欺くことに悦びを覚える性格である。
過去にイーリスと戦争をし疲弊したことでイーリスの事を恨んでおり、武力でイーリスを叩き潰そうと企てる。

山賊行為などを行う他、マリアベルを拉致しつつ不法侵入と題し賠償金を取ろうとするなど下劣な策を以ってイーリスを挑発し、その際のクロム達自警団の行動により戦争へと発展していく。

その後、エメリナを拉致し処刑しようとしたところをクロム達に乱入されるが、参謀ともいうべきインバースの呼び出した屍兵により救出作戦を失敗に終わらせる。
しかしながらこの時のエメリナの遺言により戦意を喪失したペレジア兵のほとんどが交戦を拒否したため戦力での優位を失った。
それでもあくまで強気で、引き返したクロム達と対峙するが、その戦いでついに敗れることになる。

素性

喧嘩っ早い国王であり、民の支持は次の敵というべきヴァルハルトと比べると非常に薄い。
実際実力も彼と比べると低く、国王でありながら「トリックスター」(「盗賊」の上位)である。

というのも彼は元から王族の生まれという訳ではない。
貧民街で奴隷に落ちた元貴族の母親のもとに生まれたのである。
その母親は病と貧困で死に、母親を守れなかったことに鬱屈した感情を抱えた末に「力が無ければゴミだ」という信念を持つ(と同時に恐らく性格も上記のように歪んでいった)。
そしてあらゆる悪事に手を染め、貧民街という底辺からペレジアの王にまで成り上がるに至ったのである。

クロムたちに敗れ死亡したと思われていたが、2012年5月2日にいつの間に通信で配信された追加外伝「死せる愚者」で生存確認。
全てを失って大海賊の手下に成り下がっていたが、クロムの度重なる説得を受け、自身の命を使い潰す事を条件に自軍に加わった。
ちなみにこの時はクロムで3回話し掛けなければいけないという前作の某軍師並の面倒くささである。
ただ、仲間に加入し最後まで生き残っても、エピローグによるその後の末路は決して明るいものではない。
彼自身はただのクズと自称していただけに、それを由として受け入れているのだが。

支援関係を結べるキャラはマイユニットただ一人のみ。
そこでイーリスとの戦争を引き起こした、彼の真意を知ることができる。

あと意外と高所恐怖症である。

ただし第一期DLCマップでは、過去作からのキャラクター邪竜のブレス並の爆弾発言をぶちかます不敵さを見せつけている。当時のファンは注意したほうがよろしい。

本当に暗愚王だったのか

本編中でも“暗愚王”とキッパリ表現されているギャンレルだが、実際には西大陸3大国のうちでも有数の裕福な国家である。
かつてのイーリスが聖王の権威を振りかざし、周囲諸国に圧迫をかけていたこともあり、
対イーリスで強気に出るギャンレルを強く支持する人間も多かったようである。
(ムスタファーのような古い気質の軍人には受けが悪かったようだが)

さらにギャンレルはヴァルハルトが西大陸に領土的野心を持っていることを知っており、それに対抗する軍備を整える必要性に駆られていた。
つまり対ヴァルム戦線を築く上でギムレー教団と手を組むほどに、東大陸の併合は急務だったのだ。
ところが同時期のイーリスはエメリナによって和平を尊ぶ方針にシフトしたため、図らずもその上で大きな障害になってしまったわけである。

だが(『聖戦の系譜』にてロプト教団に出し抜かれたアルヴィスと同様に)、彼自身もギムレー教に欺かれており、より多くの犠牲を出すことになってしまう。
これについては自ら残酷な仕打ちであったと認めている。
(このことはルフレとの支援会話で明らかになる)

関連タグ

ファイアーエムブレム覚醒 エメリナ ファウダー インバース

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャンレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 440997

コメント