ピクシブ百科事典

ファイナルシェー

ふぁいなるしぇー

アニメ「おそ松さん」の第22話Bパートのタイトルである。
目次[非表示]

概要

カンフー映画をモチーフにしたイヤミが主役のエピソード。当然ながら各所にカンフー映画などのパロディが見受けられる。なお、ここでは劇中に登場する拳法「シェー拳」についても説明する。

ストーリー(ネタバレ注意)

ある日の夜、一人の老人がとある居酒屋で晩酌を交わしていた。

すると店内で居眠りをしていたイヤミの皿を店員が片付けようとするとうっかり店員は手を滑らせて食器を誤って放り投げてしまうが、老人はその食器をいとも簡単に片手でキャッチし店員を驚かせる。

そんな中同じく店に呑みに来ていた六つ子たちが些細なことで口論になるが、老人はそんな六つ子たちに対して静かにするよう注意すると六つ子たちは老人に対して喧嘩を売る。

しかしいざ六つ子が老人に一斉に殴りかかると、彼は出身国に伝わる必殺拳「フェー」でいとも容易く六つ子たちを返り討ちにし、「弱い者いじめになってしまった」と呟く。

そして老人がそのまま店を立ち去ろうとすると六つ子と老人との乱闘騒ぎで目を覚ましたイヤミが散らかっている店内の様に驚いたことでシェーをし、それを見た老人が彼を自分が探していた伝説の究極奥義「シェー拳」の使い手であると確信し、イヤミを政府が犯罪組織との汚職によって疲弊し滅亡の危機に陥っていた母国「アカーツカ」に(強引に)連れ込んで、10年に一度開催され優勝者には国王の座に就くことができる武術大会に出場するよう懇願する。

勝手に滅べばいいと老人の要求を必死に拒否するイヤミであったが、老人の娘・シャオリンを目にした途端彼女の美しさに見とれたことで、掌を返したように出場を決意する。

そしてシェー拳を極めるべくイヤミは厳しい修行を開始。当初は失敗続きであったが、やがて徐々に修行に順応するようになり、最終的にはシェー拳を極め師範代とシャオリンを感激させる。

やがて武術大会の日を迎え、イヤミは観戦に訪れていた六つ子たちから応援?(「負けたら半殺し」byチョロ松、「家燃やす」byトド松など、そもそもそのイヤミの家は第3話にて六つ子たちにによって骨抜きにされている)を受けたのち、試合を迎える。(なお十四松も大会に出場しようとしていた

自信満々で試合に臨むイヤミであったが、いざ彼がシェーをするとどういうわけかシェー拳の能力が発動せず、対戦相手にボコボコにされてしまう。

しかしおそ松が上面だけのシェーでは能力が発動しないとイヤミを叱責し、感情を乗せるべくチョロ松はイヤミの通帳を放り投げ、猫松と化した一松にそれを切り刻ませる。するとイヤミはそれに対する動揺からシェーをし、ついにシェー拳の能力が発動され相手を弾き飛ばす。それを機に形勢は逆転し、その後もトド松から同様に自身の保険証を猫松に切り刻まされる光景、カラ松のヌード写真集、十四松の分裂、おそ松からシャオリンが実は子持ちの人妻であったという事実をそれぞれ見せられ、当然ながら彼はそれに対する動揺から次々とシェーをし、シェー拳の能力によって相手を弾き飛ばして行く。

ところがとうとうイヤミを動揺させるためのネタが尽き、さらに追い詰められた相手がここで本領を発揮してイヤミは再び窮地に追い詰められ、一松がトド松のヘソフェチコレクションを取り出したり、おそ松とカラ松が全裸になるも全く効果はなし。

もうダメかと思った矢先、巨大な鳥に乗ってきたダヨーンが会場に登場。そして持っていたクロッシュから巨大なう○こを出し、それを見たイヤミは必殺技「ファイナルシェー」を発動。

そこから巨大な竜巻を発生させ、それは会場のみならず国、大陸、果ては地球全体を覆っていき…




地球を丸ごと消滅させた

一つの小国を救うためにシェー拳を極めたはずが、そのシェー拳によって国はおろか地球そのものが滅亡するという、ある意味皮肉すぎる結末となった。

ゲストキャラ

アカーツカ国の老練の武道家。フェー拳の使い手。重度の心臓病を患っている。

お師さん


↑元ネタはカンフー映画「酔拳」「蛇拳」でお馴染みの俳優ユエン・シャオティエン

師範代の娘。

ファイナルシェーの中華娘



アカーツカ国武術大会第一回戦のイヤミの相手。ちなみに中の人はシェー拳の解説も担当。

シェー拳

またの名を「死影拳」。アカーツカに伝わる必殺拳「フェー」よりも上位に位置する黄河発祥の最強の拳法。9千年という長い歴史を持ち、古代では「死矢拳」、中世では「死油拳」などと呼ばれていた。

現在では神話のごとき存在であり、伝承者はいなかったが、劇中でイヤミは厳しい習得の末に会得している。

独特な構えによって運動力学を超越した破壊能力を生み出すとされているが、イヤミの場合は感情が乗っていないと能力は発動しなかった。

なお、物語のラストで地球を滅亡に追いやるほどの危険な拳法であることが判明
おそらく消滅の原因は過去の伝承者がその脅威を悟り、地球の滅亡を防ぐために封印したことが推測される。歴代の漢字表記で「」という文字が使われているのも、これが理由なのかもしれない。一国の命運を託した最後の希望が、まさか地球を滅亡させる超兵器だったとはなんとも皮肉すぎる話である(まあお約束ではあるものの、では何事もなかったかのようにキャラクターたちは日常生活を送っているが)。

余談

よくよく考えると、この回は六つ子とイヤミの友情回とも捉えられる。事実イヤミのために貧国とはいえわざわざ海外に渡航し、イヤミを優勝者に推している上、一方的に殴られるイヤミを叱責しシェー拳を発動させるのに一役買っている。六つ子は過去にイヤミの家財や衣服を根こそぎ奪い取ったり、イヤミの方も六つ子を騙して大金を巻き上げるなどしたが、なんだかんだで彼らは信頼しあっていることが伺える。ただし六つ子は試合終盤でイヤミが追い詰められた際には、イヤミよりも彼に賭けた320円の心配をしていた

小ネタ




  • ファイナルシェーによって発生した竜巻でおそ松たちが巻き込まれるシーンをよく見ると、デカパンが一瞬映っている。


関連タグ

おそ松さん おそ松さん(アニメ) イヤミ シェー シャオリン(おそ松さん)
希望の星、トド松(第22話Aパート)

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイナルシェー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44449

コメント