ピクシブ百科事典

学生松

がくせいまつ

おそ松さんのキャラクターを学生にした二次創作。
目次[非表示]

解説

おそ松さん』のキャラクターを学生にした二次創作
六つ子達の、小学生時代での6人全員がそっくりだった『おそ松くん』と、大人になりバラバラの個性が付いた『おそ松さん』の間の、それぞれの成長過程(性格や趣向の変化など)の考察を含むことが多い。
『おそ松さん』第1話にて「(『おそ松くん』時代から)10年ちょっと経過した」と言う発言があり、彼らの現年齢は20代前半と思われるが、彼らがどのようにして今の人格へと成長したのかという経緯はほとんど描かれていないため、ファン各々の想像で補われる要素が大部分を占めている。
ただし両作とも時事ネタなどを扱っていた関係上、原作『おそ松くん』が描かれた当時の時代設定と『おそ松さん』の時代設定には乖離があり、当然ながら『くん』と『さん』をそのままの設定で繋げようとすると時代的に矛盾が発生するため、ギャグアニメやメタ設定等でぼかさない限りは過去の時系列を『さん』側に沿った時代設定へとずらしているものが多い。

関連エピソードなど

少ないものの、『おそ松さん』内で過去の出来事に触れるような場面もいくつか存在する。

  • 第2話ではおそ松が『くん』時代における服のダース買いについて触れている他、「どこ行っても指さされるし、いくつになっても比べられるし」とこれまで六つ子として生きてきた際の苦労を漏らしていた。
  • 第3話ではカラ松が元・演劇部であったとじぐ蔵に言われているが、「10年前」という発言と上記の年齢設定を踏まえると、高校時代よりも前、中学時代の出来事である可能性が高い。
  • 第7話でカラ松とチョロ松が芋ジャージと学ランを着ていたが、第17話に出た制服に似ている。なお他の兄弟達が、全員が中高全て同じ学校であったかなどは不明)。
  • 第17話で中学・高校時代の十四松の写真を見る描写があり、それによると彼が現在の性格になったのは高校生からであるらしい(中高共に制服は学ランで、現在の性格になる前はアホ毛も2本あった。また『アニメージュ』2015年10月号にて、十四松の現在の性格について「あんな子供時代を送ったせいでぶっ壊れてしまった、というかピュアで天然まま大人になった結果」と語られている。
  • 第2期第3話では、チョロ松と一松の2人が気まずい理由を挙げる場面で電車内で立っている学生服姿の六つ子らしき6人のシルエットが描かれていた(ただし単なるイメージ映像のため、これが実際の過去の状況だったのかは不明)。
  • 第2期第4話の初放送時は、松造が回想する子供時代の六つ子の姿が何故かそれぞれ現在のような個性を反映して描き分けられていたが、この件については後にアニメーターがチェックミスであったことを語っており、その後BD・DVDやネット配信などでは全員『くん』時代同様の個性の無い姿に修正されているため、無かったことになっている模様。
  • 第2期最終話では、トド松の中学の時の卒業文集「花のように生きたい」、高校の時の「あの日見た花はwhat's your name」、時期は不明だが一松の文集「マイベストフレンド」が地獄にて公衆の面前で読み上げられた。
  • アニメ外の近い題材では、2017年セガコラボカフェに「学園祭ver.」のグッズがあった。おそ松は屋台を担当、カラ松が演劇、チョロ松が執事喫茶、一松がお化け屋敷(猫)、十四松は風船を持った着ぐるみ姿、トド松がメイド喫茶をやっていた。
  • えいがのおそ松さん」は学生時代がテーマのようだ。

別名・表記ゆれ

高校時代の描写の場合は、高校松と言われることもある。

余談(学パロ)

過去の想像とは別枠に、学校が舞台のパラレルもある。「学生松」の代わりに「学パロ」「他人設定」などの注記がある二次創作はこちらの可能性が高い。
例えば、ゲーム「トト子に貢ぎ隊」のカラ松がバスケ選手のユニホームを着た事がきっかけで、バスケ部の学生という設定のパラレルが描かれたりした。

アニメでいえば第1期1話のF6達や、第20話の副題「スクール松」などがパラレルの学生に当てはまる。また、アニメ外でも過去とは無関係そうな学生に扮していた。(たび松のゲーム内イベント「潜入! 松高学園祭」、へそくりウォーズのゲーム内イベント「THAT'S学園ミュージカル!!」、にゅ~パズ松さんアウトキャストなど)

関連タグ

おそ松くん&おそ松さん(二次創作) ケンカ松
えいがのおそ松さん ブレザー松

pixivに投稿された作品 pixivで「学生松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20222824

コメント