ピクシブ百科事典

十四松の彼女

じゅうしまつのかのじょ

十四松の彼女とは、アニメ『おそ松さん』第9話に登場するキャラクター「彼女」の便宜上の表記である。
目次[非表示]

※この記事には第9話のネタバレが含まれます!

















概要


彼女、すごい笑ってくれたんだ。 面白いって。大好きだって―――

CV:桑島法子
おそ松さん』第9話後半の「恋する十四松」に登場した女性キャラクター。
劇中で本名は明かされておらず、EDクレジットでも「彼女」としか表記されていない為、記事名としては便宜上「十四松の彼女」と表記する。

長い茶色の髪を、本人から見て左サイドに寄せた一本の緩い三つ編みにしており、純朴な容姿をしている。鼻の頭にはソバカスがある。眉はちょっと太め。
性格は温和で大人しげな雰囲気だが、例の通りの十四松の奇行ネタを見て見事にツボにハマるという少し変わった女の子。また、普通の人ならドン引きしそうな十四松のパワフルな公園デートでも、彼女は楽しそうに過ごしている。
特に、十四松が口に入れた水を鼻・耳・そして頭から噴出させるネタは、笑い過ぎて失神する程気に入っているようだ。
十四松とは何度かデートをしたようで、二人で撮ったプリクラを夜に十四松は大切そうに抱きしめて眠っていた。

だが十四松と出会ってから一か月が過ぎた頃、彼女は十四松から告白を受けるが、あれほど仲が良かったにも関わらず彼女は悲しげに十四松を振ってしまう。
理由は、田舎へ帰るのでもう会えないからというものだった。その出発は今夜の新幹線。失恋と突然の別れに涙が止まらない十四松だったが、おそ松から背中を押され最後の見送りに駅のホームへと駆けつける。
そこで彼女を見つけた十四松は別れの言葉ではなく、「また会える」といつものようにギャグを連発。十四松の精一杯の励ましと分かっていても、彼女は、発車する新幹線のガラス越しに泣き出してしまう。それでもなお十四松は、走り出す新幹線と並走しながら、ホームの果てまで自身の渾身ネタを出し続ける。

そして、最後に見た彼女の表情は……。


「ありがとーくだいさよならホームラーーーーン!!」


最後まで彼女を想い続けた十四松は一人、ホームに倒れて涙を浮かべながら笑う。いつものように大きな口を開けて。
そして旅立った彼女もまた十四松を想い、新幹線の中で一人涙する。その左手首には「14」と書かれた黄色いリストバンドがあった……。

詳細

話中では、二人を見守る兄弟の行動や、二人の出会いも明らかになっている。

彼女の存在を知った兄弟達は直後にデート現場を尾行。始めこそ十四松の奇行にハラハラするものの、仲睦まじい二人の姿を見届けると、安堵してその場から立ち去る。……が、素直に祝福するのも悔しいので、デート帰りの十四松を自宅で締め上げ、いびりまくるのだった(特に一松が)。
一方ただ一人、二人の仲が面白くないおそ松は、「俺の彼女」を借りようとレンタルビデオ屋のアダルトコーナーに立ち寄り、そこで「何か」を発見する。帰宅後、十四松に「話がある」と言いかけたおそ松だったが、結局何事も告げず、兄より先に彼女を作ろうとすることに対する憎まれ口を叩きながらも、弟の恋を全面的に応援する姿勢を見せる。
そして告白決行当日には、兄弟総出で十四松の勝負服を考え、恋愛成就を込めた(と思われる)謎の儀式と祈祷で激励した。

その後十四松が彼女に振られた夜、失恋のショックから一旦落ち着いた十四松から、兄弟達は二人の馴れ初めを聞き、そして絶句する。

十四松と出会った時、彼女は投身自殺を図ろうとしていたのである。

高波が打ち寄せる断崖絶壁から身を投げようとした時、彼女は十四松が下の砂浜で素振りをしにやってくる姿を見つける。仕方なく十四松が去るまで待っていたところ、十四松が高波に攫われて溺れてしまう。彼女は気絶した十四松をどうにか助け上げ、砂浜で心臓マッサージを施し、彼は一命を取り止めたのだった。

「…で、僕が命を救ったんだ」
「逆だよね!?それ十四松が救われたよね!?」

チョロ松は上記のように突っ込んでいるが、人一倍エネルギッシュな十四松の姿に自殺を思い留まり、更には助けた彼との交流から生きる気力を取り戻していったと考えれば、十四松が彼女を救ったという言葉は概ね正しいと言えるだろう。
ちなみに彼女が十四松を助けた際、心臓マッサージで押すたび十四松が頭や両耳・鼻から水を噴出し、彼女はその姿に思わず大笑いしてしまう。

壮絶な出会いにギャグを絡めつつも、温かい二人の交流は、多くの視聴者を涙させた。

「また、会えマッスルマッスル!ハッスルハッスル!」

彼女についての考察

同じ役割でも人物像やチビ太との関係などが明確に描写されており、彼に従来通りの人格を維持させていた花の精とは対照的に、十四松の彼女は恋人という役割でありながら名前や素性を始め、人物像、十四松と付き合うまでの経緯、彼の内面をどの程度見てどの程度彼を支えているか、自殺に至るまでの経緯などの重要な部分については作中では具体的に語られておらず、なおかつ彼を従来とは正反対の真面目な人格に豹変させた。そのためあくまでも推測の域を出なく、恋人か友達かが中途半端に見えない事もなく、見方によっては無力に見える。ただし、作中の描写から以下のような考察が放送後挙げられている。

1.彼女の年齢と職業
十四松を「君」付けで呼び、トド松が彼女を「あの子」と呼んでいる点、更に後述の考察から、年齢は18歳から松野兄弟と同年または年下の20代と思われる(十四松の性格と自殺から救われた経緯から、彼女または十四松が嘘の年齢を言うとは考え難いため)。
なお、おそ松の動向と言動から、彼女の職業はAV女優だった可能性が極めて高い(単なる他人の空似という可能性もあるため、断定はできない)。上京後に何らかの不本意な理由から出演を余儀なくされたか、もしくは最初こそ自身の意思で出演したものの、やがて内情に幻滅し絶望したか、いずれにせよ十四松と出会った時の彼女は、自殺寸前までに精神的に追い詰められていた。

2.自殺までの経緯
自殺を図ろうとしていた時、彼女の左腕には白い包帯らしきものが巻かれているのが分かる(白いブラウスを着ている事から初見では判別しづらい)。更に彼女は身を投げようとした際、その包帯部分を右手で握りしめる等、徹底して左腕を庇うような仕草を見せている。これらの事から、包帯の下にはリストカットの傷跡があると考えられる。原因は上記の職業への負い目やストレスと見て間違いないだろう。しかし次第に自傷行為では精神の安定が得られなくなり、投身自殺を選んだものと考えられる。

3.リストバンド
彼女と出会う前の十四松の日常シーンにおいて、ユニフォーム姿の彼の左腕には、同様の「14」のリストバンドが見られる事から、これは彼のものと考えられる。
リストカットを隠すためにプレゼントされたと考えられることが多い。
しかし、新幹線に乗り込んだ時点で、彼女はリストバンドをしておらず、ホームを離れたあとの新幹線車内で突然リストバントをしているため、いつ、なんのためにプレゼントしたか、そもそも十四松からプレゼントされたものなのかも不明。
なお、新幹線に乗車から新幹線のドアが閉まるまで、十四松との直接的な接触はないためその時点で渡されたとは考えられない。また、回想を含むデート中にリストバンドをしていた描写は一切ない。

ちなみに、「いつも十四松がつなぎを着るときに被っていたカラーコーンは、彼女と出会う前までは赤一色だったが、彼女と出会ってからシマシマになっている」とよく言われているが、9話中、彼女と出会う前(奇行中の十四松の時)もすでにカラーコーンにシマ模様はあり、さらに3話「寝かせてください」で既にシマ模様のカラーコーンは登場している。

4.おそ松の真意
アダルトコーナーで「何か」を見つけた夜、おそ松は憎まれ口を叩き彼を締め上げながらも、十四松の恋への応援の姿勢を見せ、それに続く形で弟達も十四松の応援に加わっている。この直前おそ松は十四松に何かを問いかけようとしたが、首を傾げた十四松を数秒見て止めている。この真意については以下の二点に分かれると考えられる。

  • 1:十四松は彼女の暗い過去を知っており、それすらも受け入れた上での好意と悟り、応援と静観に徹する事を決めた。
  • 2:十四松は彼女の暗い過去を知らず、彼の純情を汚すまいと何も言わず、応援を建前に十四松の恋の結末を見守る事を決めた。
いずれの場合でも、おそ松の長男としての器が窺い知れる場面であると言えるだろう。

余談

声優
アニメ公式Twitterにおいて桑島の出演がアナウンスされた際、ネット界隈は騒然となった。
それと言うのも過去に桑島が演じたキャラクターの死亡率が高い(本人の記事参照。もっとも、実はキャリア全体で見た場合「圧倒的に多い」わけではないのだが…)というジンクスが影響しており、「まさかの死別エンドが待ち受けているのでは!?」という予想をするファンが絶えなかったからである。
劇中でも自殺未遂したりと「死のイメージ」は纏わりついていたものの、結果としてはむしろ未来への可能性を残す結末となり、安堵した一方でどこか物足りなさを覚えたという視聴者も一部存在した模様(まさか25話で死んでしまうとは思わなかったが)。


ちなみに「小野大輔+桑島法子」のペアと言えば、近いところで思い出されるのが『宇宙戦艦ヤマト2199』の古代進森雪

押せ押せ雪ちゃん!(・∀・)


ここでの雪はクライマックスで一度は死んだものの最終的には生還しており、この事を踏まえてのキャスティングであったならばまさに公式がび…もといスタッフGJ、と言えようか。

その他

  • ホーム天井の低さや、背景に夜景が描き込まれていないこと等から十四松が彼女を見送った駅のモデルは上野駅であると思われる。

  • Aパートでカラ松が酷い目に逢うとBパートはシリアスというフォーマットをつくろうとしているのかもしれない。彼女が身を投げようとしていた場所も岩の配置から、5話でカラ松がチビ太に沈められかけた場所の可能性がある。

まさかのその後

25話「おそまつさんでした」でまさかの再登場。
他のモブキャラ同様セリフは無しで、コーチ松の墓参りに来ていた(感傷に浸った後のシェーも披露)。
その後の決勝戦で相手チームの「四銀高校」にボコボコにされ、他のモブキャラと共に死亡。
(なお、その際着ていたユニフォームの胸には「十四」の文字があった)
なお、お祭り回であるため十四松との再会の描写などは特に無かった。

さらに第2期8話Bパート「十四松とイルカ」にて3度目の登場。
ただしパラレル扱いのためかいつもの本編と設定が異なり、人物像が明確に描写されており、今回は十四松とは初対面である。
イルカショーの調教師をしており、「イルカになりたい」と同僚調教師のじょし松さんたちに直談判する十四松を預かり、彼に芸を教え込む。
が、その内容はことごとくスパルタ。しかも他のキャラのような顔芸は一切なく、真顔でドS指導を繰り返し、涙腺崩壊ものだった初登場時とは打って変わって視聴者の腹筋を見事に崩壊させた。

アニメ外では

アプリゲーム

2016年に「(初代)パズ松さん」に桃太郎十四松が登場していたが、進化後のイラストでは桃太郎のはずが浦島太郎のように竜宮城にいて、そこに乙姫の彼女が小さく映っていた。

おそ松さんのへそくりウォーズ」では、十四松の和風スチームパンク版(2018年1月1日登場)の戦闘モーションの背景にいた。(Twitterリンク
他にも夏祭りでは十四松が涙ながらに彼女の顔の形の花火を打ち上げたり、
更にプリンス松のホワイトデーバージョンではドレスアップして十四松と踊っているシーンも見受けられた。
そして2018年2月20日には、彼女自身が新キャラクターとして追加された。第2期の姿で肩書きは「彼女:ウェットスーツ」となっており、モーションは魚を食べさせる場面が元になった。(Twitterリンク

たび松では特定の家具を置くと十四松と部屋に来ることがある。「ニートマジカルミュージックガチャ」から出る「魔法の机」には魔法音楽学校という設定で作曲をする十四松が現れるが、魔女帽子をかぶった彼女も後ろで様子を見ていた。

また、本人の登場ではないが、2018年11月16日に「にゅ~パズ松さん」に登場した「天使と悪魔」シリーズでは十四松が誰かの写真を抱えていた。写真の顔は見えないがおそらく彼女である。(Twitterリンク

他にもストラップなどで単独登場しているシーンもいくつか見ることが出来る。

関連イラスト

十四松くん
付き合ってください!!はい喜んで!!!


名も知らぬ彼女に
キミに幸あれ!



関連タグ

おそ松さん 十四松
恋する十四松 十カノ
男女松 NL

十四松の彼女は本来は彼女に対してのタグだが、現在は十四松とのイラストがほとんどであり、カップリングタグとしても使われていることが多い。

関連記事

親記事

恋する十四松 こいするじゅうしまつ

pixivに投稿された作品 pixivで「十四松の彼女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39310619

コメント