ピクシブ百科事典

トト子なのだ

ととこなのだ

アニメ「おそ松さん」第4話Bパートのサブタイトル。
目次[非表示]

概要

アニメ「おそ松さん」第4話Bパートのサブタイトル。
ヒロイン・トト子初のメイン回である。

あらすじ(ネタバレ)


ある日、トト子の部屋に呼び出されたおそ松。トト子から告白される妄想をして期待し緊張する彼の前に現れたのは、トト子ではなくオーバーオールを着た十四松であった。

トト子の部屋で素振りをし出す十四松を注意しつつ、この二人を呼んで何をするのかと戸惑うおそ松。「本人に聞いてみよう」とするが、そこに現れたのはオシャレをしたトド松であった。

呼び出されたのは自分だけではなかったことを知り、泣きながら素振りをするトド松をなだめるおそ松。そこに現れたのはビジュアル系バンドマンな格好をした一松hide松)であった。これはヤバイ…と驚くおそ松。

隅で体育座りをしながらおそ松たちをにらむ一松。「いじっちゃダメかな?」「絶対ダメ。殺しにくるよ」そんな場面でそこに現れたのは、バスローブ姿でワイングラスを持ってドヤ顔のカラ松であった。ドン引くおそ松たち。

バスローブ姿でカッコつけながら寝転ぶカラ松を見ながら「どうする?警察呼ぶ?」「オカルトだよ」と話すおそ松とトド松。チョロ松が来ていないことに気づき、彼もダサいオシャレをしてくるだろうと嘲笑っていたそこに現れたのは、大量の人々…

これだけの人数を集めて何が始まるのか?とおそ松たちが話していたところに、トト子とスーツメガネ姿のチョロ松が現れる。
記者会見が始まり、チョロ松が彼女のマネージャーであると名乗り、トト子から重要な話があると切り出す。
チョロ松に促されトト子が涙ながらに「実はアイドルを始めた」ことを宣言。
それは決して趣味や自己満足ではなく実家の魚屋の宣伝のための親孝行であることを強調しながら、近々デビューライブを控えているが、チケットが全然売れないことを明かし、買ってくれと言う二人に全員が呆気にとられる…そう、呼び出された理由はこれだったのだ。

そして迎えたトト子の実家でのデビューライブ。ぼったくり価格のチケットやグッズを買わされたことについて、おそ松とトド松はチョロ松に文句を言う。
マネージャーになったお礼にトト子に「一回だけ……せっ……背中、トントンしてもらった」と照れながら告白するチョロ松に対し、おそ松とトド松が彼に殴る蹴るの暴行を加えていた。

そんな中ステージに現れたのは、モチーフの微妙な衣装を着たトト子。

アイドルはじめました


彼女のシュールな姿と歌に六つ子だけがメロメロになっていた。
それらを見たイヤミシェー‼と叫び終了したのだった。

トト子の歌の歌詞

『鱗を剥がさないで♡』
作詞:作者不詳 作曲:橋本由香利
ウロコを剥がさないで 胸がいっぱい(イカは一杯!)
恋は幻(一夜干し!) 人類みなエラ呼吸(パクパクパク イェー!)
※曲のタイトルはサウンドトラックにて判明、()内はチョロ松のヲタ芸

補足

8話Bパート「トト子の夢」はこの話に続く内容となっている。

関連タグ

おそ松さん おそ松さん(アニメ) トト子弱井トト子)  チョロ松

pixivに投稿された作品 pixivで「トト子なのだ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60070

コメント