ピクシブ百科事典

レオナ・ハイデルン

れおなはいでるん

SNK(SNKプレイモア)のゲームキャラクター。
目次[非表示]

人物

KOF96で初登場をしたシリーズ初のオリジナルヒロイン。怒チームの指揮官であるハイデルンの義娘で、オロチ八傑集の1人であるガイデルの実娘。
基本は無口な軍人娘だが、ラルフ・ジョーンズクラーク・スティルには笑顔や涙など表情を見せることもある。このことに関しては、ラルフとクラークと付き合っていくうちに、無愛想が多少治ってきている。

「KOF2003」までは軍服っぽい服装だったが、再登場した「KOF XII」からタンクトップになって露出度がアップした。3Dとなった『KOF XIV』では胸が揺れるようになっている。

KOF XIV レオナ・ハイデルン




髪の中にブーメランを隠し持っている、着けているイヤリングが実は爆弾だったりと見かけによらず物騒。

「レオナ」という名前は本名だが、名字の「ハイデルン」は元々名前自体が偽名であるため、「レオナ・ハイデルン」というフルネームは実際には養父であるハイデルンが付けたコードネームである。

ラルフとクラークと同様、メタルスラッグシリーズにも登場している。 

好きな食べ物が野菜。ベジタリアンなのね。

何故か工場見学が趣味だが、これは「物が出来上がっていく過程が興味深い」及び「おみやげが貰える」からとのことである。なにこれかわいい
逆に嫌いなものは歯医者。とあるスピンオフゲームでは虫歯があっても行きたがらず、事情を知らないラルフたちを心配させた。(なお、戦っている最中に虫歯が折れて解決した)

担当声優は藤堂香澄バイスとの兼役で弓雅枝が担当していたが、『XIV』を機に吉田聖子に交代した。

上官にタメ口

対戦前デモではハイデルンやクラークと対戦する際に敬礼を行うが、ラルフに対してだけ敬礼せず「あなたでは勝てない」とまで言ってしまう事があった。
・・・実は言うとこれは「KOF98」のバグである。(もちろん、「98」以外の作品ではきちんと敬礼している。)
実際はラルフに元気付けられて笑顔を見せたことがあったり、「97」エンディングで彼のトレードマークであるバンダナを貰っていたりしている。
しかし暴言のフォローについてはされていない・・・

ラルフとは、「KOF97」エンディングで彼のトレードマークであるバンダナを貰うなどの描写から、深い関係を推測されることもしばしば。ただしスタッフの公式見解で否定はされているらしいが、非常に人気の高いカップリングではある。とはいっても、アラフォーのおっさんと10代の少女だしね。

チャンに敬礼

そして、上記でラルフの代わりに敬礼されていたのがなんとチャン・コーハン
どうやらゲーム上で二人の掛け合いの設定が何の間違いか入れ替わってしまったのが原因らしい。
しかしこのことが妙に受けて上記のラルフの件とともにネタにされまくったせいか、
後に後付け設定で「純粋なパワーに敬意を示している」という説明が付けられた。

レオナバグは98からある伝統


どう見ても苦しい言い訳にしか聞こえないが、実はこれに関しては、
『'96』では56kgだったレオナの体重が「筋トレで鍛えた」との理由で『'97』では65kgに激増したことを受け、
「あの人(チャン)はあんな力を身に付けるまで一体どんな鍛え方をしたんだろう」
……と謎の感銘を受けてしまい、それがチャンへの尊敬に繋がり敬礼となった、
という微妙にもっともらしい設定もある模様。
なお、こちらは上の暴言とは違い正式設定として採用されたためか修正を免れ、
その後のシリーズでも採用されて度々レオナはチャンに敬礼を行っており、遂にXIVではチャンも敬礼で返している。
さらにKOFXIIIではライデンにも「純粋なパワーは賞賛するわ」と言ったりしている。

背景

両親を目の前で殺されたショックで記憶を失った後、父ガイデルの知り合いであるハイデルンの養女となっているが、オロチ八傑集である父と母を殺害したのは他ならない彼女自身である(彼女の場合はオロチの血の暴走によるものだが、それを引き起こしたのは四天王の一人のゲーニッツである)。

オロチの復活を描いた「KOF97」において、自らの血の宿命と過去すべてを知った彼女は、自決によってその呪われた生涯を絶とうとする。しかし、それを止めたのはたちであった。いまはもうひとりではなく、「帰る場所」がある――そのことに気づいた彼女の頬には、わずかな笑みが浮かんでいた。

その後は軍人として及び怒チームの一員として順調に任務をこなすこととなる。その表情や言動には、劇的ではないが少しずつ柔らかさが生まれつつあり、前述したオロチの血やそこから生まれる力に関しても、制御しながらそれに頼ることなく、要はうまく付き合う術を身につけた。

が、「KOF2003」においてとある事情でオロチの力が表にでるようになると、エンディングで再び血の暴走状態へと陥ってしまう。その場ではかろうじて仲間たちに止められたものの、かくある事情から「KOF XI」は不参戦となった。シナリオ上直接的な次回作となる「KOF XIII」で、彼女は自らの意思でKOFへの参戦を志願、一度は克服したはずの自らの呪われた過去と宿命に向き合う覚悟を決めたのだった。

ヤミノナカオロチノチニメザメルレオナ

暴走状態。
血を噴き出してみたり
アオアオアオとか言ってみたり
ハチャメチャである。
普段おとなしい人がお酒に酔うと暴れるみたいなものだろうか。

なお、「KOF2002」においては自らの意思で「覚醒」することができ(これは彼女が血の力を制御できていた頃の話であり「暴走」ではない)、「KOF XIII」において特に強い技を使うとき髪が赤くなる演出がある。

性能面について

高い機動力と空中技の性能を用い、けん制から飛び込み揺さぶって離脱して~というキャラ。必殺技のいくつかはタメ技であり、対空及び連続技に使える「ムーンスラッシャー」(ハイデルンの必殺技)、隙はあるものの持続が長くある程度の距離から設置的に使える「ボルテックランチャー」、そしてほぼ毎回使い勝手のよい空中からの突進技&ロック技「Vスラッシャー」などが主軸であろうか。特に爆発的な破壊力があったり、相手に何もさせない制圧力があったりはしないので、機動力を生かして継続的に相手の体力を削ってゆく戦術を要求される。ちなみに、シリーズごとに技の構成や使い勝手は僅かに追加される/変わるものの、大幅には変化せず同じ感覚で動かせる。

キャラランク的には、総括して絶望的に弱かったことはないが、最上位であったこともほぼなく、まさしく中堅という感じであろうか。

というのは『XIII』までのお話。『XIV』ではこれまでの全部乗せという評価を受けており、ナコルルが発売当初に暴れた反動を受けマイルドになった結果、現在最強キャラクターとして有名プレイヤー達から認知されている。ちなみにSNK主催の世界大会では半数近くがレオナをメンバーに入れていた。
大暴れが過ぎた為かVer.2.00パッチで強すぎた通常技の数々が軒並み弱体化。さらに体力値が900(標準の9割)に下げられ、ゲージ2本で体力の5割弱が吹き飛ぶ『XIV』ではかなり痛い。尤も、強すぎた部分の見直しが中心でレオナの特長は残っており、壊れキャラではなくなったが十分戦えるという意味では良調整とも評されている。

メタルスラッグシリーズ

死んでもアイテム手離さない子


『XX』(「7」のマイナーチェンジバージョン)から参戦・・・と思いきや実は携帯アプリ版から参戦していた。しかも、ラルフやクラークよりも早く参戦していた。『XX』ではDLCを使用すれば登場できる。(どうせなら「7」から登場させればよかったのに・・・。)

特殊性能はハンドガンの威力が1.5倍、手榴弾(彼女の場合はイヤリング爆弾)保有数が1.2倍というマルコとエリの長所をいいとこ取りしたようなものである。
さらにミスした際所持していた武器を失わないという特徴も持っている。
特殊格闘攻撃も使え、レオナの場合、ムーンスラッシャーを使う(KOFのものとは違う)。強力な近接攻撃で周囲に攻撃判定があり戦車にも攻撃可能で、敵弾をかき消すという斬鉄剣のようなものとなっている。
初心者はもちろん上級者にとっても使いやすいキャラである。

なお、KOFのように暴走状態には一切ならないのであしからず。

メタルスラッグディフェンス

接近戦に完全に特化したキャラクターで単発最高クラスの火力を誇っており、Sランクでステージクリアをするには彼女が必須である。更新前は打たれ弱かったが、更新されてからは一転性能が上がっため強キャラとなっている。
攻撃はナイフとムーンスラッシャー。ムーンスラッシャーはXXと同様敵の攻撃を掻き消してくれる。

関連イラスト

レオナ
Leona Heidern レオナ・ハイデルン
ち、力はせ・・セイ・・・セイギ・・ォウオオォオォォッ!
レオナ
KOFログ
レオナ
KOF LEONA
レオナ・ハイデルン



関連タグ

KOF 怒チーム メタルスラッグ

pixivでは省略して、レオナタグも使われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナ・ハイデルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1780297

コメント