ピクシブ百科事典

七枷社

ななかせやしろ

七枷社とは、「KOF」オロチ編に登場するキャラクター。ファンからの愛称は「オトコマエ」もしくは「ゴリラ」。
目次[非表示]

ケンカが強い上に男前

概要

プロフィール

格闘スタイル主に打撃系の技が中心
誕生日12月31日
出身地日本
血液型O型
身長190cm
体重99kg
趣味バンド、旅行
好きな食べ物穂先メンマ、ラーメン(特にインスタント)
得意スポーツ水泳
嫌いなものナス、狭いところ
異名絶対不敵


人物

KOF97より登場したキャラクター。シェルミークリスらと共にバンドを組んでおり、担当はギター。バンドマンとして生計を立てている。
対バンでファンを根こそぎ八神庵に持って行かれ、その憂さ晴らしにKOFに参戦。
その際、とあるキャラクターがかませ犬扱いを受ける原因を作るが・・・、まぁ特別機にする必要もない。後、極限流道場に道場破りをしている。

八神庵嫌いは徹底しており、98ではKOFは「赤毛(八神庵の事)を潰す場所」と語っている。いい迷惑である。
「98」のインタビューにおいてもすべての質問において庵を引き合いに出して回答している(Q.誰と組みたいか?「赤毛。俺が引き立つ」Q.誰と組みたくないか?「赤毛。側にいるとムカつく」など)。いや、どっちやねん!
しかし、肝心の庵は社のことをほぼ無視している。

オロチの力を覚醒すると冷酷非道になるが、基本は若干ナルシストの要素も混じった豪快かつ筋肉モリモリなあんちゃんである。

嫌いなものに狭い所とあり、かつて狭い所に挟まってしまった嫌な思い出がある。あと、ナスが嫌い。理由は不明だが。

趣味の「バンドと旅行」は、自分以外のオロチ一族(シェルミー/クリス)を探すためのもの。
大切なものの琥珀(タツウル)はペットとして飼っている鷹。『'97』の勝利時で登場しその姿を見ることができる。
シェルミーやクリスとスキューバダイビングなど行っていることから、なんだかんだいって人間社会をエンジョイしている。

ファイティングポーズが表と裏とでは違い、表社ではカンフーみたいな構えで裏社では糸巻きみたいにぐるぐる回しているという変なニュートラルポーズをとっている。しかも2002UMでは更に早くなっている。

『2002』での勝利ゼリフは、アニメ「スクライド」をパクっているものと思われる。
「喧嘩が強い上に男前」の台詞は特撮ヒーロー番組『鳥人戦隊ジェットマン』の登場人物ブラックコンドル(結城 凱)の台詞「気前が良い上に男前」のパクりである。

ファンからの愛称は「男前」であるが、筋肉モリモリで銀髪なので「ゴリラ」、ごくまれに「スコット・スタイナー大先生みたいな奴」とも呼ぶ人もいる。
「97」と「98」のイラストでは男前のような顔であったが、どういう訳か「2002」のイラストではゴリラ顔になっている。更に覚醒後の絵がとにかく酷い(クリスにも言えることだが)。これは社内の混乱のせいで絵師との連絡がうまく取れず、キャラクターを把握してなかったことが原因である。「2002UM」では男前顔に戻ったが。

CVは劇団☆新感線粟根まこと

・・・で真面目な話

表向きこそは八神庵へ対する逆恨みでしかなかったが、本当の目的は別にあり、それこそが七枷社の正体となっている。
実はシェルミーやクリスと同じくオロチ八傑集の一員であり、社は「乾いた大地」の異名を持つ八傑集の中の「オロチ四天王」のリーダー格。
本来の目的はオロチ復活の為に必要となる膨大な精神力をかき集める為。
また作中では八神庵レオナの暴走を促している。
その後はオロチ復活の生け贄となるため、チーム全員がその命を捧げて絶命した。

が、ストーリーがないお祭り作品には必ず出場している。

性能

バンドマンとしての社(以下:表社)と、「乾いた大地の社」(以下:裏社)とでは性能が大幅に違う。
表社はラルフ・ジョーンズと同じく豪快な打撃技を豊富に取りそろえる典型的なパワーファイターで超必殺技がどれもラルフの超必殺技とだいたいが似ている。裏社は大門五郎の技を丸パク・・・いや、酷似した投げ技を多数取り揃える投げキャラだが、超必殺技のほえるだいちとMAX2のアルマゲドンがラルフのギャラクティカファントムと似たようなものになっているほか、そのほえるだいちが表社のファイナルインパクトとの動作と性質が似ている。

ただ必殺技の内容が異なるだけで通常技は共通となっており、中でも初登場となった97では、どう見てもローキックな近距離立ち強Kが中段となっており、わかっていても喰らってしまう技として猛威をふるった(最もこれは単純なプログラムミスであり、98では修正された)。
またしゃがみ強Kは判定が2回出るので、前述の近距離立ち強Kと併せてのお手軽2択で初心者にも扱いやすい(ただしそこからの攻めとなると、裏社は少々熟練を要する)。

欠点は飛び道具に弱く中でも巨大な飛び道具を所持するマチュアハイデルンには苦戦しやすい。また、表裏とも守りに便利な技が少なく、確定反撃や割り込み、連続技等様々な局面でファイナルインパクトを多用する事になるため裏社程ではないにしろゲージ依存が強いため、中堅または大将向きなキャラと言える。例外として'98UMでは無敵技になったアッパーデュエルがあるため、先鋒でも使いやすい。

大会では裏社の使用率が圧倒的に高く(キャラランクでも裏の方が表より上)、表社は上位キャラであるにもかかわらず使用率は上位の中ではかなり低く、影が薄い。が、あえて表社を使うプレイヤーも少なくなく、表社で3タテかますプレイヤーもいる。

「2000」ではラルフのアナザーストライカーとして登場している。

関連タグ

KOF オロチ編
オロチ八傑集 オロチ四天王
シェルミー
クリス
八神庵 嫌いな奴
ラルフ・ジョーンズ 何かと共通点が多い(性格、ファイトスタイルなど) 
大門五郎 同じく(というか一部の技が彼と似てる)投げキャラ

仙崎恵磨:性別も時代も会社も飛び越えたカップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「七枷社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247364

コメント