ピクシブ百科事典

ルクス・アーカディア

るくすあーかでぃあ

バトルアクション小説「最弱無敗の神装機竜」の主人公。
目次[非表示]

概要

CV:田村睦心

5年前にクーデターによって滅びた大国・アーカディア帝国の元第七皇子。
アティスマータ新王国の建国後は咎人の証である首輪を着けられたが、恩赦として「国家予算の5分の1にも相当する借金を背負い、国民の雑用をこなすことでその返済を行う」ことになった。
雑用を始めた頃こそ周囲から白い目で見られており、「雑用王子」だの「没落王子」だのと罵倒されることも少なくなかった。
そして現在でもごく一部からは「あいつは旧帝国の皇族の生き残りだ」と言う理由で嫌われている。
だがその一方で、「これが悪名高きアーカディア帝国の皇族(だった人)!?」と驚かれかねないほど、良くも悪くも善人であり、ゆえに過去のことを気にしない人からの受けはすこぶる良いという。

旧帝国時代、皇帝の政治を批判した母方の祖父ウェイド・ロードベルトが投獄されたことをきっかけに、母と妹のアイリ共々宮廷を追われた。その後、事故に遭った際に母が重傷を負い、周囲に助けを求めるも「憎き帝国の皇族」という色眼鏡で見られ、母はそのまま死亡する。
一時はこの不条理な世の中を憎んだが、幼馴染であったフィルフィ・アイングラムの支えで立ち直り、自分に出来ることを模索、装甲機竜の扱い方を第一王子であるフギル・アーカディアから学ぶようになった。

仕事中のアクシデントと、その後の模擬戦がきっかけで王女のリーズシャルテ・アティスマータに気に入られ、王国の貴族子女しか在籍していない王立士官学園に編入し、唯一の男子生徒となる。
度重なる活躍や人柄の良さから多くの女性たちから好意を寄せられているが、本命は現状いない。
加えて咎人である彼には婚姻の権利自体が剥奪されているため、アイリによると恋人を作るつもりもないとの事だが、これに関しては兄を他の女に取られたくないアイリの虚言の可能性もある。

また、ある人物の理由から女装をさせられたが…の3人曰く女性である自分達のプライドが砕けるくらいの美少女に化けてしまったそうな。

女装時の姿:ルノ

ルノちゃん


なお、『最弱無敗の無線通信《ウェブラジオ》』のある人物の中の人ゲスト回で、リーシャの悪ノリでルクスが女装させられ、ある人物(というかほとんど中の人)が嬉しそうな反応をすることとなった。

機竜使いとして

使用する機竜は飛翔型の汎用機竜・ワイバーンだが、装甲を追加した防御寄りの調整がなされている。戦闘スタイルは、ただただ防御に徹し、対戦相手がスタミナ切れを起こすことによって時間切れ引き分けに持ち込むという、何ともいやらしいもの。ゆえに「無敗の最弱」という、何とも矛盾したものが同居する称号で呼ばれ、バカにされている。もっとも、装甲機竜の操縦技術や戦術眼は相当なものであり、多くの機竜使いが彼を甘く見て痛い目を見ている。

だが、彼にはもうひとつの通り名がある。

漆黒の神装機竜


それは「黒き英雄」。
たった1機でアーカディア旧帝国の機竜を1000機以上撃墜し、革命成功の所以として新王国で語り継がれている、謎の機竜使いその人なのである。
この事実が伏せられている理由は、「旧帝国皇族のルクスが帝国を倒した」という事実が新王国建国にあたり不都合になるため。
加えて、その能力を危惧する反政府勢力などから狙われることを防ぐためでもある。

神装機竜・バハムート

「黒き英雄」の代名詞である漆黒の機竜。
元々はフギルが所有していたが、クーデターの際にルクスに譲渡される。
詠唱符は「顕現せよ、神々の血肉を喰らいし暴竜。黒雲の天を断て、〈バハムート〉」

汎用機で培った敵の動作の見切りを応用した攻撃特化の戦法で、単機で大勢を相手にできるほど強い。
ただし、その強力すぎる力ゆえに消耗しやすく、作中では無理をするとすぐ医務室送りになっている。

即擊
刻擊
どちらもルクス自身の経験の積み重ねにより身に付いた見切りの技能を応用した技であり、他人が模倣することはほぼ不可能。

神速制御(クイックドロウ)
強制超過(リコイルバースト)
永久連環(エンドアクション)
旧帝国時代に彼が開発した3つの奥義。
そのままでも十分強いが、バハムートの武装・能力と組み合わせることでより強い力を発揮することが可能。

関連タグ

主人公 銀髪 朴念仁
アーカディア兄妹:アイリとのコンビ・CPタグ
ゼクロム:黒き英雄&竜つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「ルクス・アーカディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212346

コメント