ピクシブ百科事典

セリスティア・ラルグリス

せりすてぃあらるぐりす

ライトノベル「最弱無敗の神装機竜」の登場人物のひとり
目次[非表示]

概要

CV:種田梨沙

アティスマータ新王国の執政に携わる四大貴族の一つ・ラルグリス公爵家の令嬢。通称は「セリス」。
新王国の王立士官学園の3年生であり、同校の士官候補生たちで構成された「騎士団(シヴァレス)」の団長を務める「学園最強」の機竜使い。
神装機竜〈リンドヴルム〉の使い手として非常に腕が立つが、元々の身体能力が並の兵士よりも遥かに高く、加えて才色兼備という完璧ぶりのため、同性からは慕われ、逆に異性からは嫉妬の目で見られる。

そんな一見完璧な彼女だが、「不器用」という大きな欠点を持っている。
具体的に言うと「意図せず相手に間違った認識を与える」、「他人に弱みを見せられない」などが挙げられる。
特に前者によって「異性との人付き合いが苦手」と言ったつもりが「男嫌い」として広まっており、後者については動物やぬいぐるみに話しかけることで鬱憤を吐き出しているなど、相当重症である。

こうなったことにはある原因がある。
それは、幼少時に自分に剣技を教えてくれていた師を、自分の言葉がきっかけで死なせてしまったという過去にある。
取り返しのつかないことをしてしまった彼女は、それ以来「正しさ」に固執して現在の自分を作り上げたのである。
そしてその師というのが、没落王子ことルクス・アーカディアの祖父であった。師のみならずその子や孫にまで不幸な人生を送らせてしまったことへの罪の意識から、ルクスを戦いから守るべく、男嫌いを建前にして学園から追い出そうと画策していた。
後に真相をルクス当人に知られてしまうが、彼からは許され「もっと他人を頼ってもいい」と諭されたことで、人付き合いが多少軟化した。さらに、それ以来ルクスのことを「頼れる異性」と認めたが、彼に対する感情が何なのか自分でも測りかねずにいる。
なお、自身とルクスとの「秘密」をバラしたのは、彼女の腹心であったサニア(CV:M・A・O)であるが、実はこのサニアは、アティスマータ新王国とあまり仲がいいとは言えない、ヘイブルグ共和国の犬だった。もっとも、後にそのサニアに引導を渡してはいる。

神装機竜リンドヴルム


詠唱符は「降臨せよ、為政者の血を継ぎし王族の竜。百雷を纏いて天を舞え、〈リンドヴルム〉」

追記

彼女の父親でラルグリス公爵家の当主・ディスト(CV:竹内良太)は、四大貴族(ただし後に「三大貴族」となった)の中では最も野心がなく、女王のラフィ・アティスマータ 寄りの人物。
なお、彼以外の3人は、大なる小なり野心を抱いており、特にワーグ・クロイツァー(CV:速水奨)はその権化であった。だがそのワーグは、息子・バルゼリッド(CV:間島淳司)の暴挙とその報いが元で失脚した。

関連イラスト

セリスティア
リンドヴルム
セリス姉さま
神装機竜 セリスティア



関連タグ

年上ヒロイン 残念な美人

pixivに投稿された作品 pixivで「セリスティア・ラルグリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234235

コメント