ピクシブ百科事典

バハムート

ばはむーと

バハムートとは、中東の伝承に登場する巨大魚の幻獣。あるいはそれを原典としたドラゴン姿の幻獣。
目次[非表示]

概要

バハムートとは、主に以下のことを指す。
ほとんどの場合、ドラゴンに関連することが多い。

曖昧さ回避

  1. 中東の伝承に登場する、世界を支える巨大な魚に似た幻獣ベヒーモスベヘモットとも関連付けられる。本項で解説。
  2. ゲーム『D&D』において、ドラゴンのキャラクターとされる。以降の多くの作品に受け継がれた元ネタといえる。
  3. ゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するの王:。→バハムート(FF)。シリーズによって召喚獣だったり敵だったりする。
  4. ゲーム『バハムートラグーン』に登場する、異世界アルタイルの龍王。ストーリーに重要な関わりを持つ存在。
  5. ゲーム『神撃のバハムート』に登場する存在。開発会社Cygamesシンボルでもあり、『グランブルーファンタジー』でも登場する。→バハムート(Cygames)プロトバハムート
  6. ロードオブヴァーミリオン』に登場する使い魔:バハムート(LoV)
  7. もしかして:バハムーチョ半熟英雄
  8. 絶対防衛レヴィアタンのキャラクター:バハムート。赤いネコミミのようなトンガリ帽子がトレードマークで、ミニスカート
  9. もしかして:最弱無敗の神装機竜(神装機竜をバハムートと読む)


伝承

中東伝承に登場する巨大なの幻獣。その背中で全世界を支えるとされ、7つの大海でさえバハムートの前では鼻孔に入る砂の小粒程に等しいと言われる。
「千夜一夜物語」ではかのイエス・キリスト(イーサー)もバハムートに遭遇しており、その目が反射した光に目をくらませ気絶したという。そして三日後に目を覚ましても、バハムートはいまだ背びれを揺らしていたという。
スケールは極めて巨大なものも、所謂空想上の生物としての知名度はメジャー級とは元来言い難く、昔はある程度ファンタジーや神話に詳しくなければ、ピンとこない人間も少なくはなかった。

また、前述の通り、アブラハム系神話の大怪獣ベヒモス、一部では同一存在だと語る者もいるほど。ただし、ベヒモスは魚ではなく河馬・象・犀など陸の大型草食動物をモチーフとするのに対し、バハムートは海原を泳ぐ魚であり、外見や住処はむしろベヒモスと対を成すレヴィアタンの方が近い。どちらかと言えば、両者の伝承が入り混じって伝わったと考える方が正確だろう。

ドラゴンになった経緯

原典では大海魚であるバハムートだが、近年ではドラゴンとして何らかの作品に登場することの方が圧倒的に多い。
バハムートがドラゴンとして浸透した背景には、アメリカの有名TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(D&D)でバハムートを善サイドの「神の竜」とした設定の影響が大きいとされる(因みに、同作では神の竜に相反する「悪の竜」としてティアマトが設定されている)。何ゆえにドラゴンでもない上に、当時決して著名であったとは言い難い大海魚の名前を使用したか、未だに明確な理由は判明していない。
日本においてはD&Dを参考としたファイナルファンタジー(FF)シリーズの影響が大きく、本シリーズで初めてその名を知った、という人は決して珍しくないだろう。
ドラゴンとしてのバハムートは「強大な存在である」と描写されることが多い一方、その立ち位置などはあまり定まっていないことが多い。D&DやナンバリングFFに見られるような善・光の竜とされることもあれば、近年の一部FFや神撃のバハムートのような闇・破壊者としての立ち位置も増えてきている。いずれにしても、弱々しいキャラクターとして配置されることは稀。

現在では半ば「魚のバハムート」と「ドラゴンのバハムート」が両立しているような状態であり、多くの神々や怪物が伝播の中で変質し、新たな存在になっていったことを考えると、興味深い存在とも言えるだろう。

関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ 召喚獣(FFシリーズ)

pixivに投稿された作品 pixivで「バハムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1318104

コメント