ピクシブ百科事典

クジャタ

くじゃた

中世イスラムの宇宙観におけるバハムートの背で大地を支えているという牡牛。
目次[非表示]

概要

神によって創造されたとても巨大な牡牛で、中世イスラムの宇宙観では巨大魚バハムートの背で大地を支えている天使の立つルビーもしくはエメラルドでできた岩台を支えているといわれている。

その呼吸は潮の満ち引きを起こしているとされ、文献によって異なるが4万の目、耳、鼻、口、歯、足のいずれかを持つともいわれる。
海の水位はこの牛とバハムートが飲んで調節しており、満腹になった時は暴れだし、それが最後の審判の前兆だとされる。

実は…

本来アラビア語ではクユーサー(Kuyūthā)と読む。
この名はスペイン語圏の文学者ホルヘ・ルイス・ボルヘスによる『幻獣辞典』で紹介された誤記であり、そのため新英訳版ではクヤタに修正されている。

その他クユーター、クユーサーン、キーユーバーン(ルーヤーターン)、キブーサーン、ラカブーナー、アル・ラーヤンというたくさんの異名がイスラムの文献にはあり、リヴァイアサンがアラビア語で変化したものであるという説がある。

創作での扱い

誤記のままの表記で巨大な牛のモンスターとされることが多いが、擬人化によって牛娘とされる場合もある。

初出は『ファイナルファンタジー7』で、牛型の召喚獣として登場している。
※メイン画像は『FF15』のもの

神壊のレクイエム:クジャタ


pixivユーザーのミチズキ氏が担当。

クジャタ 白猫


他多数

関連タグ

バハムート ベヒーモス リヴァイアサン  
イスラム 幻獣辞典 アクパーラ

関連記事

親記事

バハムート ばはむーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クジャタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント